FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4762号(201/01/17発行)

4月の豊田市議選 梅村後継に寺田康生氏
20年前の雪辱晴らす 来月半ばに後援会設立

安城市と接する豊田市最南端・若園地区では自民4期梅村憲夫議員(75)=吉原町=が引退し、NPO団体役員寺田康生氏(58)=花園町=が4月21日投開票の市議選に出馬する。今月末の三浦孝司県議の恒例の伊勢神宮ツアーで多くの地元住民に披露されるが、来月半ばに後援会設立総会を開催。寺田氏は「巨大災害時の避難場所・ルート、通信設備などの課題や交流館での生涯学習の改革、高齢者福祉、お茶など地域特産の後継者育成に取り組みたい」と意欲を燃やす。
【後藤】


みよし市議選 広瀬議員が2選出馬表明 自民系原色7人が立候補へ
4月14日告示、21日投開票のみよし市議選(定数20人)で、進退を保留していた自民系最大会派新世紀の会1期広瀬裕久議員(70)=明知町=が2選出馬を決めた。12日にあった新世紀の会主催の「伊勢参り」で支援者らを前に正式表明した。
【九郎田】


豊田JC 坂元新理事長 方針示す 未来へ挑戦 メンバー一丸で
ラグビーW杯 世界に示す絶好機

豊田青年会議所の新年度の幕開けを告げる新年賀詞交歓会が14日夜、名鉄トヨタホテル(喜多町)であり、来賓やメンバーなど出席者270人の前で第60代理事長坂元貞仁氏=運送業「キョウエイファイン」社長=が「明るい未来を切り開くにはチャレンジするしかない。いつの時代も若者は一石を投じるしかなく、諦めたらそこで終わりだ。さらに先人が過去に紡いできた歴史を次代につなげるため、メンバー一丸になって未来の創造者となる」と新たな決意を示した。
【後藤】


藤岡商工会・観光協会が新年会 支所新庁舎誕生起爆剤に
阿垣会長決意誓う ラグビーW杯に向け英知集結

 豊田市藤岡地区の経営者や事業主が一堂に会し新年の幕開けを祝う「新年交礼会」が13日夜、西中山町の全トヨタ労連つどいの丘で催された。商工会と観光協会主催で会員ら200人が互いの健康を確認し、平成最後の年の幕開けと商売繁盛を誓った。両団体の阿垣剛史会長は「6月の全国植樹祭、9月のラグビーW杯と国家的イベントを、観光を通じてしっかりと地域活性化に生かすため皆さんの英知を結集したい」と抱負を述べた。 
【後藤】


八木代議士囲む「新春文化サロン」 豊田が誇る農村舞台 日本遺産に近く申請
20190117新春文化サロン
 自身も陶芸に勤しむなど文化芸術の振興に力を入れる自民党八木哲也衆院議員(71)=高橋町=を豊田市の文化人が囲む「新春文化サロン」が13日夜、西町の飲食店「大割烹だるま」であった。市内の農村舞台の発掘、育成に力を注ぎ、日本遺産認定を目指す八木さんは「25日までに正式申請する。市も『歴史文化基本構想』の作成に着手するなど機は熟している。問われているのは市民の民度や盛り上がり、未来に向けた大胆な発想力、構想力と行動でもっと声を上げていこう」と力を込めた。
【後藤】


イルミの灯り消さないで みよし保田ケ池 商工会が独自で継続
20190117イルミネーション
約2万個のLED電球が、みよし市三好町の保田ケ池沿いを鮮やかに彩っている。みよしの冬の一大イベントとして10年間続いたイルミネーションイベント「ラヴァーズストリート」が昨年度で幕を閉じたが、商工会が独自で装飾を続けようと企画した。31日まで。
【九郎田】


足踏みからオフセットへ 発見館で企画展 印刷の歴史紹介
20190117発見館
 豊田市喜多町の近代の産業とくらしの発見館で企画展「とよたの印刷屋さん」が開かれ、市民らが訪れている。市内の印刷屋7社からの聞き取りと、昔の印刷物や印刷機械の展示を通して豊田市域の印刷の歴史を紹介している。2月24日まで。 
【岡田】


日本スポーツ大賞 新人賞に瀬内さんペア 貝津町出身 社交ダンスで大躍進

20190117日本スポーツ大賞
豊田市貝津町出身の瀬内英幸さん(32)、兵庫県出身の斎木智子さん(31)の社交ダンスペアが昨年度の内閣総理大臣杯・日本スポーツ大賞新人賞を受賞した。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4761号(2019/01/10発行)

来年4月の豊田市議選 神谷氏後継に隣の深谷氏
プロ写真家で熱心に地域活動 人生集大成 地元の笑顔が後押し

昨年11月末に自民5期三浦孝司県議の後継者として急きょ豊田市議4期の神谷和利氏=柿本町=が決まったため次期候補の選考が進められていた深田山・美山・東田自治区の地盤から、新人として写真スタジオ経営深谷亨さん(60)=柿本町=の擁立が決まった。地域の発展に力を注いだ父を昨年亡くし、自身も昨年9月に還暦を迎える人生の節目に降って沸いた市議選出馬要請。死んだ父なら「お世話になった地域のためにやってみろと言うだろう」と背中を押され、決断した。
【後藤】


地域提案事業で整備 稲武夏焼城ケ山に展望台 元旦当山でお披露目
20190110夏焼城ケ山展望台
 岐阜と長野と接する県境のまち豊田市稲武地区を象徴する夏焼城ケ山山頂(夏焼町青木洞)に展望台が完成し、毎年恒例の元旦登山で披露された。長年登山道の整備や希少植物群生地の保護活動を続けてきた城ケ山景を愛する会(河澄延行会長)が、市の地域活性化の取り組みを支援する地域予算提案事業として整備した。
【後藤】


豊田高専の久田さん 今春東大へ編入 TOEICも800点超え
20190110高専から東大へ
豊田高専電気・電子システム工学科5年久田淳司さん(20)=名古屋市=が今春東京大工学部物理工学科2年へ編入学する。大阪や名工大にも合格していたが「より優秀な人と物理工学を勉強したい」との思いが強まった。TOEICは800点超えでスポーツでも全国高専大会陸上競技で2種目優勝と充実した高専生活を過ごした。東京での新生活に不安を感じつつも「将来研究者になるためにやれることはしっかりコツコツやっていく」と意気込む。
【高瀬】


幼馴染みの崇中1年コンビ キッズダンス甲子園出場 世界で活躍する夢描く
20190110キッズダンス
 千葉県舞浜市の舞浜アンフィシアターで19日開催されるキッズダンスの最高峰「ALL JAPAN SUPERKIDS DANCE CONTEST2018」のファイナル(決勝大会)に豊田市崇化館中学1年片山舞さん(13)=神明町=と副島日毬さん(13)=瑞穂町=が組むダンスユニット「MaliB(マリブ)」が出場する。「いつか海外で活躍できるダンサーになりたい」とすでに世界を見据える。 
【高瀬】


「WE LOVE」サポーター トヨタラグビー部就任 短パンにロゴ スクラム時に見栄えよく
20190110ラグビー
豊田市が7日、「WE LOVE とよたスペシャルサポーター」に地元ラグビートップリーグの強豪トヨタ自動車ヴェルブリッツを任命した。9月に開幕する市が開催会場でもあるワールド杯の盛り上げや市内イベントや地域貢献活動への積極的な参加を通じて市とその魅力を全国に発信してもらう。具体的な取組として来季の公式戦ユニフォームに「WE LOVE とよた」のロゴ入りマークを入れてもらう。
【後藤】


大村知事に喜び語る みよし商工会 渡辺貴志さん 主張発表で日本一
20190110渡辺さん知事表敬
若手経営者が集う「商工会青年部主張発表全国大会」で最優秀賞に輝いたみよし商工会の渡辺貴志さん(44)=莇生町=が12月26日、愛知県庁を訪問し大村秀章知事に受賞の喜びを語った。
【九郎田】


大家たちが描く季節絵巻 鞍ケ池アートサロンで企画展 「吉田様式」色彩や筆づかいに工夫
20190110鞍が池アートサロン
トヨタ自動車所蔵の絵を展示する豊田市池田町の鞍ケ池アートサロンで現在、企画展「古都 四季の透明感-吉田善彦とその周辺」が開かれ、市民らが足を運んでいる。27日まで。
【岡田】


旭高原元気村 冬本番 雪ソリが人気 県内唯一の専用ゲレンデ
20190110元気村
豊田市旭八幡町(旭地区)の交流体験施設・旭高原元気村の雪ソリゲレンデは週末を中心に多くの家族連れで賑わっている。3月31日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4759号(2018/12/20発行)

牛田氏勇退 後継に海老沢氏 来春豊田市長選 稲武、藤岡が攻勢 厳しい小原地区
25日後援会設立 会長に加藤元森林組合長

 来春の豊田市議選で去就が注目されていた小原地区が地盤の自民3期牛田朝見議員(74)=下仁木町=が今期限りで引退し、後継者として建設業の海老沢要造氏(63)=李町=が出馬することが決まった。25日に後援会設立式を控える海老沢氏は「少子高齢化が進み閉塞感が漂う中、現状を打破し光が見える地域にという危機感は強い。地域の声を聞き住んでよかったと思える地域となるよう力を注ぎたい」と決意を誓う。
【後藤】


豊田市南庁舎西に新ビジネスホテル 来年2月10日開業
20191220リブマックス
 豊田市神田町の市南庁舎西に建設中のビジネスホテルがこのほど竣工、開業は来年2月の予定。同市で同年9月から開催のラグビーW杯など外国人客の増加が予想されホテル戦争は激化の様相。
【鬼頭】


豊田市駅東口 交流拠点と拡大屋根案提示 第7回都心環境会議
豊田市都心の賑わい創出と総合整備を目指す7回目の都心環境計画推進会議(会長・太田稔彦市長)が17日、開かれ、豊田市駅東口広場に市民の交流拠点と大屋根の設営が提示された。
【鬼頭】


豊田のちんどんグループ好成績 観客の笑顔が活力
20191220ちんどん
全国のちんどん愛好者が自慢の技芸を披露する「第16回全国アマチュアちんどん競演会」がこのほど群馬県前橋市であり、技術や表現力に秀でた「みどりや賞」に豊田市から出場した「ちんどん豊田倶楽部絆」が選ばれた。座長の元豊田信金職員生田英治さん(71)=大清水町=は「ちんどんやにとっては最も盛り上げた大賞よりプロが認めるこちらを目指して臨んだ賞。2度目の受賞だがやはり嬉しい」と喜びを表している。
【九郎田】


豪雨被災地支援へ 豊田の商議所青年部、LCらタッグ
若者らしくまずは行動 新たに絆育む

20181220青年部
今月1日に岡山県倉敷市で開かれた「平成30年7月豪雨」災害復興支援事業「倉敷るんるんフェスタ」に豊田市から豊田商工会議所青年部(YEG、井上和大会長)、松平手筒花火保存会、豊田ルネッサンスライオンズクラブ(山岸慎会長)のメンバー有志が参加した。ポスターにもメーンは夕方から実施の「手筒花火」で愛知県豊田市の「手筒花火保存会」のメンバーによって披露されると大々的に紹介され、迫力ある演舞に拍手が止まなかった。
【後藤】


ドラ7選手が軽妙トーク 和牛焼肉「勢」主催 「子どもたちに夢を」
20181220エンジョイドラゴンズ
プロ野球中日ドラゴンズの選手によるトークイベント「エンジョイドラゴンズ」が11日、豊田市錦町の市福祉センターであった。ベテラン、中堅、若手の7選手が約1時間30分、軽妙なトークを繰り広げ、会場を沸かせた。試合中とは違う素顔も随所に垣間見せた。
【九郎田】


文化会館23日 豊田フィルハーモニーがコンサート 家族向け「森の音楽会」
ナレーション付き 演奏で物語進める

20181220豊田フィル
豊田市を拠点に活動する豊田フィルハーモニー管弦楽団のファミリーコンサートが23日、小坂町の市民文化会館で開かれる。団員らは本番を前に熱心に練習している。
【岡田】


美しさと健康を ベーカリー開発 アイレクス
20181220フィットネスベーカリー
県内を中心に15店舗を展開するアイレクススポーツライフ(豊川市、笠原盛泰代表)が、良い身体づくりを促そうと「フィットネスベーカリー」を開発し販売している。
【岡田】


足助の鈴木家 四季風俗図屏風を修理 27日まで 郷土資料館で記念展
20181220屏風
県内を中心に15店舗を展開するアイレクススポーツライフ(豊川市、笠原盛泰代表)が、良い身体づくりを促そうと「フィットネスベーカリー」を開発し販売している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4758号(2018/12/13発行)

三浦県議後継に神谷市議 青年会議所OBらの声影響
県議会重鎮、自民5期三浦孝司議員(75)=竹元町=の後継者として8日、同派4期神谷和利市議(57)=柿本町=が正式に決まった。神谷市議は「地域に精通する皆さんの力を借り、手を取り合い、酒井、岩月、三浦と続く安全安心で豊かな水と緑を守る地域への思いを踏襲し、誇りが持てる地域としたい」と決意を誓った。
【後藤】


巨星逝く 関係者別れ惜しむ 懐深く気配り人情の人
倉知氏死去 無所属出馬で逆風の際も「志」と「謙虚な姿勢」一貫

20181213倉知さん
県議を11期務め、2日に亡くなった元県議長の地元倉知俊彦氏=保見町=は地域振興に尽力。倉知氏が理事長を務めた恩賜財団県同胞援護会、豊田興産、倉知家との合同葬(6日通夜、7日葬儀・告別式)では各界関係者が別れを惜しんだ。71年に39歳で県議に初当選し、87年に議長。自民党県連会長や幹事長、県議団長の要職を歴任。前回の県議選では鈴木雅博氏を後継指名し引退。16年に名誉市民に選ばれた。享年87
【後藤】


志賀ニュータウン沢田区長 47歳から26年 総務大臣表彰
20181213区長さん
豊田市志賀ニュータウン自治区の沢田康広さん(73)が長年に渡って自治区長として良好な地域社会を維持・形成した功績が認められ、2018年度の「地縁による団体功労者総務大臣表彰」を受賞した。同自治区長を47歳から26年間務め、地域リーダーとして地域住民の先導役となり、地域住民の連帯意識を醸成し、地域課題解決に尽力してきた沢田さんは「地域の皆さんの理解と協力のお陰。明日からの活力につながります」と感謝している。
【後藤】


文化会館16日 豊田市楽友協会吹奏楽団が定演 30回記念 感謝込めて
20181213吹奏楽
 豊田市楽友協会吹奏楽団が16日、小坂町の市民文化会館で第30回記念定期演奏会を開く。団員らは本番に向けて熱心に練習に取り組んでいる。
【岡田】


市内唯一の女子チーム ドッジボール全国大会へ
20181213ドッジボール
豊田市ドッジボール協会(木本文也会長)所属のガールズチーム「平成BLUEtree」が県大会で準優勝し、16日から福岡県で開催される全国大会に出場する。


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4757号(2018/12/06発行)

巨星逝く 倉知前県議死去 市の礎構築に多大な貢献 6日通夜、7日葬儀
県議を11期、44年務め、元県議長の地元倉知俊彦氏=豊田市保見町=が2日に亡くなった。享年87。倉知氏が理事長を務めた社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会、豊田興産、倉知家との合同葬で通夜は6日午後6時30分、葬儀・告別式が7日午前11時、小坂本町のイズモ葬祭豊田である。
【後藤】


みよし・山伏行政区 旧雇用促進住宅で外国人急増 民間売却「保証人不要」に魅力
20181206山伏行政区
みよし市山伏行政区で外国人住民が急増している。国の雇用福祉事業で整備された勤労者向け公的賃貸住宅「雇用促進住宅」が2016年10月、民間の合同会社に売却されたのが要因。リノベーションした物件を低価格賃貸住宅として貸し出す上、職業や国籍も問わず、「礼金、仲介手数料、保証人不要」などとする入居条件が外国人にとって魅力的に映るようだ。一方、同行政区では文化が違う外国人との垣根を取り払おうと交流会などを開き、地域の一員として温かく迎え入れている。
【九郎田】


ウナギ釣り愛好家から祝福 鈴木前市長「8020」達成
豊田加茂歯科医師会提唱30年 健康のバロメーター

20181206前市長
鈴木公平前豊田市長が「8020」を達成した。「肉の日」の29日、月見町の焼肉店で市内の歯科医でウナギ釣り愛好会が、メンバーでもある鈴木さんをお祝いした。8020運動は、全国に先駆け市発祥の80歳で自分の歯が20本残っているという健康のバロメーター。鈴木さんは「現役を離れても気の置けない仲間から祝福してもらえてありがたい。さらに自分の歯で楽しみでもある美味しい物が食べられるよう健康に努めたい」と喜びを表した。
【後藤】


エイズへの偏見なくそう SI豊田 Xマスツリーにレッドリボン
20181206ソロプチミスト豊田
 12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、女性経営者や管理職などでつくる国際奉仕団体、国際ソロプチミスト豊田(加藤庸子会長)が26日、エイズウイルス(HIV)感染者やエイズ患者への理解を深め偏見をなくし、感染拡大の防止を訴える「レッドリボン」で市内3カ所を飾り付けた。今月25日まで展示される。
【後藤】


地域交流盛ん生きがいに 「小清水ふれあい朝市」4年90回
20181206ふれあい朝市
 豊田市宮口町の宮口神社で毎月第1・3土曜に催している「小清水ふれあい朝市」が地域住民に親しまれている。出店者も支える裏方、お客も地元住民。交流の場として高齢者の生きがいだけでなく、無農薬栽培のため食に関心の高い若い母親も訪れている。中条幸夫代表(75)は「仲間と会えると楽しみながら参加しいきがいづくりになっている」と話す。
【後藤】


豊田市マーチング 全国大会 節目の20回目 感謝の気持ち演奏に込める
20181206マーチング
 豊田市ジュニアマーチングバンド(大山輝美団長)が16日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区)である全国大会に出場する。10月28日に日本ガイシホールで行われた東海大会で金賞を受賞し、通算20回目の全国大会出場を決めた。「応援していただいた全ての皆さんに感謝。地区代表としてより高みを目指して練習を重ねていきたい。より一層努力し、全国の舞台で演奏演技してきますので応援よろしくお願いします」と意気込んでいる。
【後藤】


みよし商工会 渡辺さんが主張発表日本一 幼なじみとの絆で県内初
20181206主張発表日本一
みよし商工会の渡辺貴志さん(44)=莇生町=が「商工会青年部主張発表全国大会」で最優秀賞に輝いた。愛知県の代表が日本一に選ばれたのは初めてで、渡辺さんは「青年部メンバーはじめ支えてくれたすべての人のおかげ」と感謝する。裏方として二人三脚で渡辺さんをサポートしたのが元同青年部長の近藤慎一さん(44)=同。100時間以上を費やし、心をつかむ主張発表をつくり上げた。2人は小学校からの同級生で、幼なじみの絆でつかみ取った日本一だ。
【九郎田】


豊田市消防本部 応急手当 楽しく学んで マンガで紹介
心肺蘇生やAED「ファーストエイド」描く

20181206消防本部
豊田市消防本部(児玉増夫消防長)は少年期から応急手当に慣れ親しむ環境づくりの一環で「マンガで学ぼう応急手当」を作成した。
【岡田】


「圧倒的な描写力」 市長賞に安達さん 障害者作品展
20181206豊田市長賞
 豊田市は現在、市福祉センター(錦町)で「市障害者作品展」を開催し、市民らが足を運んでいる。
【岡田】


「働き方改革」、職場のホンネは? 中部産政研がセミナー
20181206働き方改革セミナー
「働き方改革」が労使間の今日的テーマとなる中、公益財団法人の中部産業・労働政策研究会(鶴岡光行理事長、賛助会員48団体)の公開セミナーが30日、名古屋・名鉄ホテルで開かれ、「職場の競争力向上に向けたマネジメントとリーダーシップ」の今年度調査研究のテーマに沿って産業・組織心理学が専門の高橋潔立命館大教授らが講演。北海道から九州まで労組のトップら約130人が聴き入った。
【柴田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop