新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4737号(2018/07/12発行)

台湾企業受け入れ視察研修
中部森林研究会 リサイクル技術海外へ 支部設立目指す

20180712木くず処理工場
中部森林開発研究会(豊田市中金町の「鈴鍵」内、梅村正裕会長)が木くずのリサイクルに関心を持つ台湾企業を受け入れ、視察交流研修を行った。8月には研究会が台湾で現地調査し、10月にセミナーを開催予定。梅村会長は「交流会を契機に16番目の支部を作りたい。国内で長年培ってきたリサイクル技術を海外でも共有し、社会的な役割を果たしたい」と意欲を見せる。
【後藤】


企業の障害者雇用率改善へ みよし明知町 貸し農園11月プレオープン
20180712障害者農園
 障害のある人たちの就労を支援する「エスプールプラス」(東京)が知的、精神障害者らの雇用の受け皿となる農園をみよし市明知町鏡塚に整備する。障害者を雇用したい民間企業に農園を貸し、企業側は農園の賃料やサポート料を支払う仕組みで、定められた障害者の法定雇用率を満たせない企業のニーズに応える。県内では豊明市に次ぐ進出で、11月にプレオープンし、最終的に障害者60-70人が働く予定。
【九郎田】


青少年の非行防止地域の協力求める 杜若高
20180712杜若高校
 豊田市平戸橋町の杜若高校(鈴木利介校長)の生徒が10日、学校周辺の商業施設で「愛のパトロール運動」を行った。地域住民らに青少年の非行防止などへの協力を呼びかけた=写真。
【九郎田】


100年使われた巨大木桶解体 東京の飲食店入口に設置
桝塚西町の野田味噌商店

20180712野田味噌商店
 豊田市桝塚西町の野田味噌商店(野田清衛代表、資本金700万円)で5日、味噌を天然醸造するため100年以上使われた巨大な木桶が解体された。9月には長男好成さん(33)が東京・渋谷区代々木で営む味噌料理店の入口に設置し、人口の集積する首都で絶滅の危機に瀕している木桶文化に親しんでもらう。
【後藤】


3大夏まつりPRへフォトコン みよし「インスタ」コースも用意
20180712大提灯まつり
 みよし市は8月中に市内で開催される3大夏まつりを被写体としたフォトコンテストを初めて企画する。昨年ギネス世界記録に認定された三好稲荷閣の大提灯はじめ、いいじゃん踊りや三好池花火の魅力などをPRするのがねらいで、みよしに行ってみたいと感じさせる1枚を募集する。
【九郎田】


豊田の和出さんら西三河から出店 岡崎・園福寺で15,16日クラフトと職一堂に
20180712円福市
 豊田市の心と体のエナジーセラピスト和出真由美さんら西三河地方を中心にこだわりのハンドメイドのクラフトや食を一堂に集めた「円福市-己発見伝」が15、16日、豊田市の隣町、岡崎市岩津町の圓福寺で開かれる。主催者の安倍嘉乃さん=岡崎市岩津町在住=は「さまざまなこだわりを持って生きている皆さんとのふれ合い、交流を通じて人生を立ち止まって考えてもらう時間、空間にしてもらいたい」とPRしている。
【後藤】


浄水ひかりこども園 不審者進入想定し訓練 園児に命の大切さ伝える
職員と署員連携し防犯意識醸成

20180712浄水ひかりこども園
 豊田市浄水町の社会福祉法人正紀会浄水ひかりこども園(松葉純奈園長、園児140人)で3日、不審者対応訓練があり、全園児と職員、警察OB、豊田署員ら170人が参加した。
【岡田】


松平高 近隣園児と温もり交流 地元お年寄り 竹炭作り手ほどき
20180712松平高1
豊田市鵜ケ瀬町の松平高校(加藤敏実校長、生徒485人)の有志43人が2日、近隣の松平こども園(九久平町、小木曽雅代園長、園児155人)で5歳児46人と交流した。
20180712松平高2
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4736号(2018/07/05発行)

藤藪こども園の壁に補強材ない
豊田市ブロック塀点検 15施設で安全性に問題 早急に撤去など対応

20180705こども園
大阪府北部地震で倒れたブロック塀で小学生が死亡した事故を受け、公共施設で安全点検をしてきた豊田市は2日、結果を公表した。ひび割れや高さ超過など建築基準法に適合していない塀がこども園や消防署などを含む15施設、16カ所で見つかった。不適合な塀が見つかった15施設については早急に壁の撤去や改修を行う。
【後藤】


加藤理事長が就任 17年度売上横ばい トヨタ生協総代表
 トヨタ生協(豊田市豊栄町)は25日、総代会を開き、7年間務めた山本哲夫理事長(65)が退任し、新理事長に加藤昭夫副理事長(58)が就任した。
 加藤氏は、1959年12月27日岡崎市生まれ。東京大卒。93年にトヨタ自動車に入社。四川一汽トヨタ自動車社長(2011年1月)などを歴任し、17年4月にトヨタ生協顧問に就任。同年6月から副理事長を務めた。
 同日、18年3月期決算を発表した。
【後藤】


トヨタ優勝願い市民420人激励 都市対抗野球 8年ぶりの第一代表
20180705都市対抗野球
 6月1日のホンダ鈴鹿戦(岡崎市民球場)で見事な勝利を収め、東海地区第一代表として7月13日から東京ドームで始まる「第89回都市対抗野球大会」(日本野球連盟主催)に豊田市代表として出場する地元トヨタ自動車の壮行会が25日夜、西町の豊田参合館前広場で開かれ、選手らに市民420人から熱いエールと拍手が送られた。トヨタが第一代表になったのは8年ぶり。
【後藤】


豊田JC 生きる力育む企画始動 地元企業のPR動画作成
20180705豊田JC
 豊田青年会議所(山田洋介理事長)が子どもに地元企業や団体などを調査研究させ、企業のPR動画を作成する「生きる力プロジェクト」を展開している。企画した生きる力醸成委員会では「身近にある魅力を再発見することで故郷愛を育て、自ら考える機会になれは嬉しい」と話している。
 28日には東広瀬小学校(東広瀬町)では観光やなの「広瀬やな」と地域密着型の特別養護老人ホーム「石野の里」の職員を招き、JCメンバーのサポートを受けながら画像を作るに当たって、ストーリーの構成を考え、コンテを作成した。
【後藤】


西町にカラオケ店進出 「旧タイガー」跡 12日開店
遊技愛好者の激減で全国的にパチンコ店が閉店に追い込まれているが、豊田市内でも同じような現象が起きている。
 豊田市西町5の名鉄豊田市駅南東の「旧パチンコ店タイガー」跡にカラオケ店が12日午後1時、オープンする。
【鬼頭】


三好高 運動分野の人材育成など支援 大塚製薬と連携協定
サッカー元日本代表川口選手の講演予定

20180705三好高校
 スポーツ科学科を持つ唯一の県立高、みよし市三好町の三好高校(古井成之校長、生徒870人)が27日、食品大手大塚製薬と連携協定を結んだ。同校はスポーツ科学科があることから、県内初の高校との締結となった。
【岡田】


ヴァイオリン名曲届ける 14日 平芝町の古賀さん演奏
20180705古賀さん
とよたクラシック音楽同好会の例会「魅惑のヴァイオリン名曲集」が14日、豊田市西町の市コンサートホール多目的ホールで行われ、ヴァイオリニストの古賀智子さん=平芝町=が演奏する。
【岡田】


児童が力士と交流 大きさと食事の量にびっくり
20180705力士と交流
 児童と鳴戸勝紀親方(元大関琴欧洲)とのふれあう会が27日昼、児童39人の小規模校、豊田市御作町の御作小学校(塚本哲也校長)で開催された。



英国について英語で紹介 TIA 国民食が想像と違う
20180705TIA.jpg
 英国ロンドン出身の元豊田市英語指導助手アティフさんが24日、小坂本町の市国際交流協会で「英国」を英語で紹介した。TIA(豊田彬子理事長)ボランティアグループ「GLOBE」が定期開催する「ナショナルデー-ワールドカフェ」の中で英国の国旗の意味や成り立ちに始まり、観光地、食、スポーツ、文化などをクイズや映像を交え楽しく紹介した。
【後藤】


第100回全国高校野球選手記念東愛知大会
チームに一体感 一戦必勝す バッテリー軸に最小失点で勝機見出す

 夏の甲子園大会出場校を決める「第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会」が6月30日、開幕した。今大会は県内186校が東西2地区に分かれて対戦し、それぞれ優勝校2校が甲子園大会への切符をつかむ。地元の強豪豊田西(小坂町、部員34人)は85校が出場する東愛知に入り、8日に岡崎市民球場で渥美農業との初戦に臨む。大会を前に古和田雅章監督(45)と選手に意気込みなどを聞いた。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4735号(201806/28発行)

選考方法、人気で自治区に格差 古川利孝区長会長に聞く
 豊田市区長会長に益富地区の元トヨタ自動車社員古川利孝さん(72)=大見町=が就いた。2010年以来2度目の会長は区長会の歴史上初。定年延長で区長の担い手不足を市全体の課題に挙げる一方、地元ではトヨタの下山地区研究開発施設のアクセスとして301号拡幅の事業化決定が控える。古瀬間や五ケ丘などトヨタ系社員
戸建てを求める中で急発展を遂げ豊田市の縮図ともいえる地区が地元の古川会長に聞いた。
【後藤】


豊田市で20年 国際紙会議 実行委会長 豊田彬子氏が就任
20180628国際紙会議
豊田国際紙フォーラムが東京オリ・パラリンピックイヤーの2020年に豊田市にやって来る。9月18日から5日間で、市駅前周辺施設、和紙のふるさとなど4会場で開催。市では来年9月のラグビーワールドカップや20年の東京オリ・パラと国際的なイベントが目白押しで、都市の国際化や活性化、国際交流促進につなげる。
【後藤】


「カリヨンハウス」イベント広場を無料開放 机とイス設置 利用実態探る
豊田高専学生6人 三好ヶ丘駅前で実証実験

20180628カリヨンハウス
 豊田高専(栄生町)環境都市工学科の学生が、みよし市三好ケ丘駅前の活性化を目的とした実証実験を行っている。駅前にある2階建て市営施設「カリヨンハウス」のイベント広場を無料開放する実験で、利用実態を調査し賑わいに欠ける施設の利用促進策を探る。
【九郎田】


市内唯一の楽屋付農村舞台 豊田市怒田沢町「宝栄座」で地域再生
20180628農村舞台
 豊田市内の中山間地に残る農村舞台84棟の一つ怒田沢町平岩の「宝栄座」は市内唯一の楽屋併設舞台で昨年4月、舞台を管理する「農村舞台宝栄座協議会」が設立。以来、記念歌舞伎公演など多彩なイベントが催され、6月には会報も創刊。29日には中国映画を観る会、7月8日はスーパー歌舞伎公演も行われる。協議会長の青木信行さん(68)=川面町=は「文化資源として活用し、同地区を文化芸術村として再生させたい」と話している。
【鬼頭】


ラグビー代表テストマッチ 地元姫野選手トライ ファンゾーンに1万2000人
20180628ラグビー
ラグビーワールドカップまで1年3カ月。豊田スタジアムで23日に開かれた日本代表戦に合わせ、スカイホール豊田で試合を盛り上げるイベント「愛知・豊田ラグビーファンゾーン」があり、地元トヨタ自動車ラグビー部ヴェルブリッツ選手が子ども連れらに手ほどきした。駅前では日本文化やものづくり体験、豊スタ対岸の白浜公園では水辺空間を活用した催しを企画。スタジアムでは無料招待した市内小中学生、市職員で大応援団を結成し、トヨタ所属の姫野和樹選手らに声援を送った。懸念された観客も1万4776人を集めた。
【後藤】


豊田西高野球部 チーム力で一戦必勝誓う
夏の甲子園初の出場へ OB、父母会の激励胸に

20180628豊田西 激励会
30日開幕の夏の甲子園大会出場校を決める「第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会」を前に、初出場を目指す豊田西高野球部(小坂町、部員34人)の激励会が20日、西町のJAあいち豊田で開かれた。野球部OB会のメンバーが選手、監督らを力強く鼓舞し、選手の親らでつくる父母会も全力サポートを約束した。
【九郎田】


能楽堂が笑いの渦 SI豊田 狂言の会に満席の430人
20180628能楽堂
 京都を拠点とする著名な狂言師一家茂山家から狂言の楽しみ方を学ぶ「狂言の会」が豊田市西町の市能楽堂であり、市内外から満席となる430人の観客が詰めかけた。愛好家も多かったためか、会場は笑いで包まれた。
【後藤】


棒の手クッキー販売 地域の伝統芸能PR 猿投温泉
20180628猿投温泉
豊田市加納町の猿投温泉が棒の手をイメージしたクッキーを新たな土産品として売り出している=写真。地域の伝統芸能を宿泊客や施設利用者にPRしようと開発した。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4734号(2018/06/21発行)

自治区ごとの定住化計画策定必要 鈴木章議長に聞く
 豊田市議会第63代議長に自民クラブ4期鈴木章議員(54)=足助町=が昨年の三江弘海議員に続き2年連続で合併町村から選ばれた。「山里を守る」を掲げ2期連続で地盤の有権者を超える票数でトップ当選。合併後の山間部のリーダーとしての期待を背負う鈴木新議長に話を聞いた。すでに地元の自治区や祭りの山車・消防団などから祝福を受けているが、7月27日に石破茂代議士を招き足助交流館飯森座で祝賀会を開く。
【後藤】


視察報告書自費作成 引退後は神職を全う 旭日双光章 中根元市議
豊田市政の発展と住民福祉の向上に多大な貢献を果たしたことが評価され春の叙勲で「旭日双光章」を受章した元市議中根大氏(73)=坂上町=が太田稔彦市長を15日訪ね、喜びを報告。「思ってもいなかった。支えていただいた皆さんのお陰で一緒にいただいたと思っている」と感謝の言葉を述べた。
【後藤】


スポーツで国際交流 150人が汗 共通の目標へ国籍越えて
20180621豊田JC
 外国人と日本人がスポーツにより一緒に心地いい汗をかきながら国際交流を深める運動会「トヨタスポーツフェスティバル-世界とつながろう」が16日朝、豊田市貝津町の中京大であった。豊田青年会議所(山田洋介理事長)主催。今年完成した新体育館を会場に市内外からブラジル、中国、日本の出身者150人が参加した。
【後藤】


歌って動いて元気に ミュージックケアの会 初の介護予防教室24日
20180621ミュージックケア
音楽の持つさまざまな効用を活用して健康づくりにつなげようとシニア・シルバー世代を対象にした介護予防教室が24日、豊田市若宮町のとよた市民活動センターで開かれる。
【後藤】


劇団ドラマスタジオ 団員追悼し公演 感謝の思い出舞台で
家族、故人のつながり表現

20180621追悼公演
豊田市を拠点に活動する演劇団体「劇団ドラマスタジオ」が23、24日、小坂町の市民文化会館で堤泰之作「煙が目にしみる」を岡田隆弘代表演出で上演する。昨年5月に亡くなった団員・近藤博さん(享年70)の追悼公演。
【岡田】


西中山町の森さん 身近なもの絵に 高橋コミセンで小作品展
20180621作品展
豊田市西中山町の主体美術協会会員の森伊津子さん(59)が現在、高橋コミュニティーセンター市民ギャラリー(東山町)で小作品展を行い、愛好家らが足を運んでいる。29日まで。
【岡田】


地元農家に米作り学ぶ みよし三吉小 5年生が田植え体験
20180621三吉小田植え
みよし市三好町の三吉小学校の5年生児童73人が5日、田植えを体験した。校舎東側にある約1000平方㍍の田んぼで、もち米の苗差しに汗を流した。
【九郎田】


障害あっても頑張る姿を 22日から市文化会館 玉越さん親子の作品展示
20180621親子作品展
 豊田市平戸橋町の自閉症の玉越哲也さん(48)と母の靖子さん(78)の習字、刻字、手工芸作品などを展示する「親子展」が22日から、小坂町の市民文化会館B展示室で開かれる。24日まで。
【岡田】


小清水小3年 親子で正しい歯磨き学ぶ 汚れを「染め出し」で確認
20180621歯磨き
100%磨きを目指そうと14日、豊田市田町の市小清水小学校(太田高史校長、児童847人)体育館で同小3年児童143人と保護者が歯の健康と正しい歯磨きを学ぶ催しが行われた。
【鬼頭】


県内75チームが激突 少年野球大会 積水カップ開幕
20180621積水カップ
小学5年生以下の軟式野球チームが集う大会「積水ハウスカップ」が10日、開幕した。豊田市高町の市運動公園で開会式があり、県内から75チーム約1200人の選手が顔を揃え、全力プレーを誓った。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4733号(2018/06/14発行)

阿垣藤岡商工会長 県連副会長に就任
廃業による会員減少 自主財源確保目指す 永井氏以来10数年ぶり

豊田市藤岡地区の商工業者などでつくる藤岡商工会の阿垣剛史会長(73)=上渡合=が今年度、愛知県商工会連合会副会長に就任した。任期は3年。副会長はこの地域では同じ藤岡の永井光彦氏(東京自動車)以来10数年ぶり。「全国的な傾向で高齢化、後継者不足など廃業による会員減少が課題。行政による補助金が減額される中、新会長の下会員増強など自主財源確保に行動を起したい」と意欲を見せる。
【後藤】


豊田市消防本部や地元市議2人を取材
やりがいや苦労知る 逢妻中2年生が職場体験

20180614社会体験
 豊田市新町の逢妻中学校(榊原益夫校長)の2年生が6日から3日間、職場体験学習を行った。新三河タイムスには7、8日、関根拓巳君、小林加弦君=いずれも田中町、深谷羽君=田代町=が参加。初日は午前中に新聞の書き方や情報の集め方を学び、午後は市消防本部(長興寺)で地震や暴風、火災の体験を取材。午後から地元の神谷和利・浅井保孝市議にインタビューをした。翌日は地元逢妻地区で長らく市議を務めた弊社の渡久地政司社長から地域の歴史や特徴を聞いた。生徒らは取材メモや資料を見ながら頭をひねらせて記事を作成した。
【後藤】


豊田市双美町の伊藤よし子さん 文化功労賞受賞を記念
「生命」テーマに個展 17日まで市美術館 無機質な世界を擬人化

20180614個展
豊田文化功労賞受賞と二科会会員推挙を記念して豊田市双美町の伊藤よし子さんの個展が、小坂本町の豊田市美術館ギャラリーで開かれ、愛好家らが足を運んでいる。17日まで。
【岡田】


養蚕農家の営み紹介 近代の産業とくらし発見館 7月1日まで企画展
20180614蚕
豊田市の近代の産業とくらし発見館(喜多町)で現在開催中の企画展「まゆまつり」の「ギャラリートークとカイコの餌やり」が9日に行われ、訪れた親子連れらがカイコに桑の葉を与えていた。7月1日まで展示。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop