FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4820号(2020/03/19発行)

豊田市副市長2人交代 国交省出身4年ぶり
太田市政集大成に安田氏登用

 豊田市の副市長2人が4月1日に交代する。市議会が3月定例会最終日の13日に太田稔彦市長提案の人事案に同意した。土木・建築系部門を担当する副市長に国交省職員が就くのは4年ぶり。太田市長は「ラグビーワールドカップに向けて市が一体となって取り組むにあたって市職員OBに担っていただく意義は高かったが、100年に一度といわれる変革期を迎えた次世代移動手段の普及や河川の防災対策など実務と財政両面で国とのパイプの必要性が高まっていると判断した」と話す。新副市長の任期は2024年3月31日までの4年間。
【後藤】


丸太運び ネット学習 見守り訪問 休校2週間、地域が支え
20200319ガキ大将講座
 新型コロナウイルスの感染拡大で学校や公共施設が突然、休校・休止して2週間が過ぎた。長い1カ月を子どもたちはどう過ごしているのか。学校任せにせず、できることは自分たちの手でと、大人たちも支援の輪を広げている。まちを歩いてそんな試みを続ける人たちから話を聞いた。
【柴田】


和紙のふるさと28日オープン 国際紙フォーラムに対応
20200319和紙のふるさと
 豊田市永太郎町(小原地区)の交流体験施設・和紙のふるさとが改修工事を終え、28日にリニューアルオープンする。当初改修記念で予定していた和紙の展示館の無料観覧や半額でできる紙漉き体験は新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止となった。
【後藤】


学校休み 食事は家で JAでコメの販売量増加
20200319コメ
JAあいち豊田(柴田文志代表理事組合長)の店頭精米売り場では、コメの販売量が2月下旬から増加している。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小中学校が臨時休校したことにより家庭で調理する機会が増えたためで、JAでは「販売するコメは十分確保できているので、落ち着いてお買い求めください」と呼びかけている。
【後藤】


大学生が議員活動体験 自分の考え持つ機会に
新型コロナで臨時休校 自宅での学習法考案

20200319水谷議員インターン
〉 地方自治の仕組みを学ぼうと、みよし市の3期水谷正邦市議(38)の下で大学生2人がインターンシッププログラムに取り組んでいる。2月上旬から市内各地に足を運び、みよしの魅力や課題を探ったり、3月定例会を傍聴したりした。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、議員になったつもりで社会問題にも目を向けた。
【九郎田】


農林畜産物 12品目で品評会 金賞受賞者が一堂に
20200319品評会
豊田市と市農産物ブランド化推進協議会(柴田文志会長、JAあいち豊田組合長)は、同JA(西町)で13日、2019年度の市農林畜産物品評会金賞受賞者に各賞を授与した。
【岡田】


染物に自分らしさを 民芸の森 小原の別府さん個展
 豊田市民芸の森(平戸橋町)で現在、小原町の染織家別府佳代子さん(58)の個展、森のアート展「日々折織-自然・季節・暮らし」が開かれ、多くの愛好家らが訪れている。4月19日まで。
 別府さんは小原中、豊田西高、名古屋造形芸術短大造形芸術科染織コース卒、同大専攻科修了で、同大実習助手も務めていた。子育て期間を経て、2008年に染織を再開し、10年から市民芸館講座講師を務めている。
【岡田】


豊田東高1年の中さん 4コマ漫画で日本一
 豊田東高1年の中智奈望さん(16)=配津町=が、全国の小・中学高校生を対象に開催された「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」の4コマ漫画部門で6578点の応募から最優秀賞に選ばれた。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4819号(2020/03/12発行)

業績悪化 懸念7割超す 「雇用維持」「取引先見直し」…悲痛な声続々
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、豊田商工会議所(三宅英臣会頭、6267会員)が事業の影響への緊急アンケートを行ったところ、わずか3日で175件の回答が寄せられ、業績悪化を懸念する声が7割を突破していることが分かった。アンケートは3月末を締め切りに、6日配布の会報に折り込んだが、回答のファクス電話は成りっ放しで続々寄せられているという。
【柴田】


愛され続けるモミジに 豊田東RC創立40周年 香嵐渓で会員ら70人が植樹
東海地方随一の紅葉の名所として知られる豊田市足助町の香嵐渓で4日昼、イロハモミジ1本が植樹された。国際奉仕団体・豊田東ロータリークラブ(会員81人)が創立40周年記念事業の一環で足助観光協会に寄贈し植樹式には、同RC会員はじめ協会関係者ら70人が参加した。植樹式には地元足助中2年生47人も参加する予定だったが、新型コロナ肺炎の感染拡大の影響で断念した。
【後藤】


「災害に強い家」内覧 トヨタホーム丸山展示場
 豊田市丸山町のトヨタホーム住宅展示場で、トヨタ・プリウスPHVを使えば4日間は家全体に給電ができるなど「災害に強い家」の内覧が行われている。
【柴田】


お菓子で感謝届けて 豊田の抹茶 特産品PR
 豊田市駅前の案内所「コンテナーN6(通称:エヌロク」(西町)でホワイトデーの商品が登場し話題を呼んでいる。店長の田中秀美さん(32)は「春らしく華やかなパッケージで、大切な人への感謝の気持ちを豊田産のお菓子で届けて」と呼びかけている。14日まで。
【岡田】


古布で野菜や花描く 若宮町の前田さん 傘寿記念し初個展
豊田市若宮町の前田美千子さん(80)の傘寿を記念した個展「布で絵描く創作アップリケ」が8日までの3日間、市民ギャラリー(西町)で行われ、友人知人や愛好家らが足を運んだ。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4818号(2020/03/05発行)

空白1ヵ月「子どもの居場所ない」 新型肺炎に悲鳴 家庭も企業も
20200305卒業式
 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が豊田、みよし市でも市民生活に深刻な影響を及ぼし「トヨタショックを超えるのでは」という声も出始めた。ホテルや飲食店は客足が途絶え、小、中、高校は春休みを大幅に前倒しして臨時休校。鞍ケ池公園や市営プール、トレーニングジムやプラネタリウムなども休止した。マスクや消毒液どころかトイレットペーパーも消えつつある。家庭からは1カ月以上続く突然の春休みに「子どもがどこで、どう過ごしたらいいのか」と悲鳴があがる。
【柴田】


フューネ 葬儀の相談気軽に 13日松坂屋にサロン出店
20200305フューネ 仏事サロン
仏壇、仏具販売や葬儀の事前、事後相談などに応じる「葬儀仏事サロン」が13日、松坂屋豊田店(西町)にオープンする。葬儀業フューネ=小坂本町、三浦直樹社長(44)=が手掛ける新店舗で、現代的な家具調仏壇をメーンに扱うほか、専門スタッフが常駐し「葬儀の悩み事」を解決する。
【九郎田】


「フグ白子」に有毒部分混入か 豊田の3店舗 「絶対に食べないで」
20200305えぷろん生鮮館
豊田市内の三つのスーパーで、有毒部位が混入した恐れのあるフグの白子が販売されたことが28日に分かり、市は返品を呼びかけている。
【後藤】


軟式野球連盟 新会長に山本耕二氏 C級に特別ルール設定
豊田市軟式野球連盟の新会長に山本耕二氏(75)=みよし市三好町=が就任した。このほど市福祉センターで開かれた定時総会で承認された。会長交代は9年ぶり。任期は2年。
【九郎田】


ホーメックスが創業50周年 餅原社長「ビジョン2030」を宣言
20200305ホーメックス
 廃棄物処理、人材派遣業地場最大手のホーメックス(豊田市松ケ枝町)が、今年12月に創業50周年を迎える。名鉄トヨタホテルで27日に開かれた記念式典で餅原幹也社長(53)は人手不足や施設の老朽化など日本が克服すべき重要な社会課題に関わる事業を展開していることから、次の10年後を示す「ビジョン2030」として「社会の課題に立ち向かう環境サービスのリーディングカンパニーを目指す」と宣言した。
【後藤】


お祝い、ギフトに花を 「希花亭」が期間限定店
フラワーデザイン希花亭(豊田市保見町)が11日から、松坂屋豊田店2階(西町)でプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーを使った春のフラワーショップを開催する。16日まで。


95歳の世界観表現 「楽風」で15日まで 「水」テーマに絵画展
20200305ホーメックス
 豊田市喜多町の珈琲香房楽風内のギャラリー欅で青井トシ子さん(95)=豊川市=の絵画展「aoi展」が開かれ、客の目を楽しませている。15日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4816号(2020/02/20発行)

豊田市予算案 法人市民税減 基金で対応
小4から中3まで全員にタブレット 国方針前倒しで実施

 豊田市が14日に発表した2020年度当初予算案は、一般会計が前年度比0・9%減の1826億円で、2年ぶりに前年を下回ったものの、過去3番目の規模となった。法人市民税の急激な落ち込みを自治体の預貯金に相当する「基金」の取り崩しでカバーする。太田稔彦市長は「地域医療センターの再整備事業、幹線道路整備、教育施設整備などの継続中の大型事業を計画通りに推進するため、それぞれ目的のために積み立ててきた基金を財源として活用していく」と話した。
【後藤】


粗大ごみに1100万円 危うく灰に 「オレのかも…」騒動3日
粗大ごみの中から1100万円―。豊田市藤岡飯野町の市の一般廃棄物処分場「グリーン・クリーンふじの丘」から11日見つかった現金は、だれかが誤って捨てたものか、あるいは何らかの事情があって投棄されたものなのか、ナゾを深めていたが、3日後に持ち主が現れ急転直下、解決した。
【柴田】


「持続可能なクラブ」へ飛躍 記念事業で杜若高の「子ども食堂」支援
豊田中RCが創立20周年

 豊田中ロータリークラブ(加藤敦会長、会員53人)の創立20周年記念式典が25日夜、名鉄トヨタホテルで開かれる。国際ロータリー第2760地区伊藤靖祐ガバナー、米山記念奨学会の斎藤直美理事長、スポンサークラブの豊田東RC石橋博文会長、市内のRC関係者、会員らが節目を祝う。記念事業では継続事業として市内こども園67園に絵本を贈り、紅葉の名所香嵐渓にモミジを植樹。今年度新たに杜若高校が始めた子供サポートプログラム「子ども食堂」への支援に取り組む。加藤会長は「今年度のテーマに掲げた『次の10年に向けて持続可能なクラブ』となっていけるよう会員の増強を図りたい」と力を込める。
【後藤】


笑いや声出しで健康に 認知症施設で腹話術 脳に近い口周り動かして
20200220腹話術
おざわ歯科クリニック(浄水町)の前院長婦人小沢たみ子さんが7日、栄生町の認知症対応型共同生活介護施設・グループホームさちで腹話術を活用し、「口の健康」をテーマに講話を披露した。男の子の人形の「けんちゃん」との絶妙なかけ合いで笑いを交え、日常生活で実践できる健康体操の事例を挙げ「笑いや声を出すことで免疫力が高まり健康になる」と呼びかけた。
【後藤】


グラ激励 豊スタで得点シーンを
20200220グラを激励
 名古屋グランパスのキックオフパーティーが12日、名古屋市内で開かれ=写真、マッシモ・フィッカデンティ監督(52)は「今季は本当に楽しいサッカーを絶対にできる。選手がやってくれると、私が保証する」と決意表明した。
【後藤】


みよしで災害物流訓練 搬入出、仕分け円滑に
20200220みよし災害物流訓練
 大規模災害に備えた災害物流訓練が15日、みよし市で行われた。市とJAあいち豊田、商工会運輸分科会、トヨタ自動車が協力し約50人が支援物資の搬入、搬出手順を確認し合った。
【九郎田】


障がい者の心を歌に 「わたぼうしコンサート」24日 個性豊かな「語りも」
20200220コンサート
豊田市柿本町の市民活動団体ゆめぱレット(小林佐椰伽代表=語人サヤ佳)が24日、市民文化会館(小坂町)で障がいのある人の心を歌う「わたぼうしコンサート」を開催する。
【岡田】


アート・スペース彩 動物を多彩に表現 23日まで 障がい者作家3人展
20200220アートスペース彩
 豊田市柿本町の市民活動団体ゆめぱレット(小林佐椰伽代表=語人サヤ佳)が24日、市民文化会館(小坂町)で障がいのある人の心を歌う「わたぼうしコンサート」を開催する。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4815号(2020/02/13発行)

豊田市長選 太田氏大差で3選 投票率36.56% 過去最低“平熱並み”
9日に投開票された豊田市長選は、無所属現職の太田稔彦氏(65)=住吉町=が、動画配信業で無所属新人の山内真也氏(29)=上野町=を大差で破り3選を果たした。当選の知らせが届くとくす玉が割られバンザイの声が響き渡った。太田氏は「皆さんのお陰で3期目を担うことができる。自信を持って次の4年間にあたりたい」と深々と頭を下げ、支援者から受けた花束を高々と掲げた。太田氏は自民系、トヨタ労組系議員や経済団体、各種団体など「オール豊田」から幅広い支持を得て、安全で活力あるまちづくりを訴えた。山内氏はインターネットを活用したり大型スーパーでチラシを配る選挙戦を展開したが、支持は広がらなかった。当初太田陣営が「45%死守」と掲げた投票率は36・56%で前回を11・20㌽下回り、1996年の39・12%にも届かず過去最低となった。
【後藤】


豊田初の専用スタジオ 動画の発信 もっと気軽に
20200213スタジオ
地元の人たちが気軽に動画発信できるスペースをと、豊田市初の動画専用スタジオ「ドウガベース」が6日、小坂本町にオープンした。手ぶらでスタジオに来てもらい、難しい機材の操作は専門スタッフがサポートするため、2時間あれば4、5本の映像コンテンツ(情報内容)作成も可能という。県内に貸しスタジオは数あるなか、専門スタッフが初心者を一からサポートして動画が制作できるこの種のスタジオは珍しい。
【柴田】


吉田整形外科 最先端ロボ中部初導入 人工関節手術を支援
20200213吉田整形外科
豊田市御立町の医療法人慈和会「吉田整形外科病院」(山田高士理事長)が人工関節手術を支援する最先端医療ロボット「Mako」(メイコー)を導入し注目を集めている。中部地方では初、全国で8台目。坪井真幸医師(49)は「今まで以上に満足度の高い医療が提供できると確信している。痛みを我慢せず、気軽に何でも相談してほしい」と呼びかける。
【高瀬】


カリヨンハウス 「廃止手段の一つ」 豊田高専 学生が活用策提案
20200213カリヨンハウス
みよし市三好ケ丘駅前の2階建て市営施設カリヨンハウスの賑わい創出をテーマにした研究発表会がこのほど開かれ、豊田高専(栄生町)の学生が新たな活用策を提案した。駅前の好立地にありながら、施設に足を運ぶ人が少ない現状を踏まえ実施したもので、学生たちは「施設をどのように利用したいのかを地域で考えることが一番大切」と住民らに呼びかけた。
【九郎田】


豊田市4月から稼動 新北部給食センター完成 老朽化と子ども減少で合理化
20200213給食センター
子育て世代待望の豊田市北部給食センターが亀首町に完成し、5日に報道陣に公開された。市では2例目となるPFI(民間資本主導)方式で整備した給食センターで、老朽化した現北部給食センター(井上町)と藤岡給食センター(木瀬町)を集約して建て替えた。扱う食材ごとに搬入場所を変え、配送まで一方向の動線で行えるように設計されている。今月から開業準備がスタートし、4月から本格稼働する。 
【後藤】


セリの活気で買い物楽しんで ピカイチ梅坪15日 お客参加型「たたき売り」開催
20200213叩き売り
豊田市東梅坪町のスーパー「市民市場ピカイチ梅坪店」で15日、「令和のたたき売り」イベントが行われる。昔ながらの「バナナのたたき売り」をヒントに、その場に集まったお客と会話を交わしながら「特売価格をその場で決める」参加型イベント。鈴木正也社長は「その日の早朝に仕入れてきた生鮮品を通常の店頭価格よりお値打ちに値付けします。利益度外視価格や数量・時間限定もあり、来ていただいた人だけが楽しめます」とPRする。
【後藤】


町ぐるみ旅客もてなし 足助でまちやどスクール
20200213まちやどスクール
豊田市足助地区の空き家を活用して事業創出を目指す「まちやどスクール」の第3回講座が5日、足助支所で開かれ、参加者から空き家2棟の活用方法が提案された。
【柴田】


喜楽亭「小さな石」200個展示 「味わい深い情景を」 東海3県から11団体参加
20200213小さな石展
愛石クラブとよたが幹事を務める愛石連合会が各地の愛石家所蔵の小さな石を展示する「小さい石の展示会」を15、16日、豊田市小坂本町の喜楽亭で開催する。 
【岡田】


髪漉きから表装まで 畝部西町の兼貞さん あんず茶屋で書展
20200213あんず茶屋
豊田市畝部西町の兼貞ひとみさん(64)が、日南町のあんず茶屋で小原和紙とデザイン書道展を行い、愛好家らが足を運んでいる。28日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。


【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop