FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4757号(2018/12/06発行)

巨星逝く 倉知前県議死去 市の礎構築に多大な貢献 6日通夜、7日葬儀
県議を11期、44年務め、元県議長の地元倉知俊彦氏=豊田市保見町=が2日に亡くなった。享年87。倉知氏が理事長を務めた社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会、豊田興産、倉知家との合同葬で通夜は6日午後6時30分、葬儀・告別式が7日午前11時、小坂本町のイズモ葬祭豊田である。
【後藤】


みよし・山伏行政区 旧雇用促進住宅で外国人急増 民間売却「保証人不要」に魅力
20181206山伏行政区
みよし市山伏行政区で外国人住民が急増している。国の雇用福祉事業で整備された勤労者向け公的賃貸住宅「雇用促進住宅」が2016年10月、民間の合同会社に売却されたのが要因。リノベーションした物件を低価格賃貸住宅として貸し出す上、職業や国籍も問わず、「礼金、仲介手数料、保証人不要」などとする入居条件が外国人にとって魅力的に映るようだ。一方、同行政区では文化が違う外国人との垣根を取り払おうと交流会などを開き、地域の一員として温かく迎え入れている。
【九郎田】


ウナギ釣り愛好家から祝福 鈴木前市長「8020」達成
豊田加茂歯科医師会提唱30年 健康のバロメーター

20181206前市長
鈴木公平前豊田市長が「8020」を達成した。「肉の日」の29日、月見町の焼肉店で市内の歯科医でウナギ釣り愛好会が、メンバーでもある鈴木さんをお祝いした。8020運動は、全国に先駆け市発祥の80歳で自分の歯が20本残っているという健康のバロメーター。鈴木さんは「現役を離れても気の置けない仲間から祝福してもらえてありがたい。さらに自分の歯で楽しみでもある美味しい物が食べられるよう健康に努めたい」と喜びを表した。
【後藤】


エイズへの偏見なくそう SI豊田 Xマスツリーにレッドリボン
20181206ソロプチミスト豊田
 12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、女性経営者や管理職などでつくる国際奉仕団体、国際ソロプチミスト豊田(加藤庸子会長)が26日、エイズウイルス(HIV)感染者やエイズ患者への理解を深め偏見をなくし、感染拡大の防止を訴える「レッドリボン」で市内3カ所を飾り付けた。今月25日まで展示される。
【後藤】


地域交流盛ん生きがいに 「小清水ふれあい朝市」4年90回
20181206ふれあい朝市
 豊田市宮口町の宮口神社で毎月第1・3土曜に催している「小清水ふれあい朝市」が地域住民に親しまれている。出店者も支える裏方、お客も地元住民。交流の場として高齢者の生きがいだけでなく、無農薬栽培のため食に関心の高い若い母親も訪れている。中条幸夫代表(75)は「仲間と会えると楽しみながら参加しいきがいづくりになっている」と話す。
【後藤】


豊田市マーチング 全国大会 節目の20回目 感謝の気持ち演奏に込める
20181206マーチング
 豊田市ジュニアマーチングバンド(大山輝美団長)が16日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区)である全国大会に出場する。10月28日に日本ガイシホールで行われた東海大会で金賞を受賞し、通算20回目の全国大会出場を決めた。「応援していただいた全ての皆さんに感謝。地区代表としてより高みを目指して練習を重ねていきたい。より一層努力し、全国の舞台で演奏演技してきますので応援よろしくお願いします」と意気込んでいる。
【後藤】


みよし商工会 渡辺さんが主張発表日本一 幼なじみとの絆で県内初
20181206主張発表日本一
みよし商工会の渡辺貴志さん(44)=莇生町=が「商工会青年部主張発表全国大会」で最優秀賞に輝いた。愛知県の代表が日本一に選ばれたのは初めてで、渡辺さんは「青年部メンバーはじめ支えてくれたすべての人のおかげ」と感謝する。裏方として二人三脚で渡辺さんをサポートしたのが元同青年部長の近藤慎一さん(44)=同。100時間以上を費やし、心をつかむ主張発表をつくり上げた。2人は小学校からの同級生で、幼なじみの絆でつかみ取った日本一だ。
【九郎田】


豊田市消防本部 応急手当 楽しく学んで マンガで紹介
心肺蘇生やAED「ファーストエイド」描く

20181206消防本部
豊田市消防本部(児玉増夫消防長)は少年期から応急手当に慣れ親しむ環境づくりの一環で「マンガで学ぼう応急手当」を作成した。
【岡田】


「圧倒的な描写力」 市長賞に安達さん 障害者作品展
20181206豊田市長賞
 豊田市は現在、市福祉センター(錦町)で「市障害者作品展」を開催し、市民らが足を運んでいる。
【岡田】


「働き方改革」、職場のホンネは? 中部産政研がセミナー
20181206働き方改革セミナー
「働き方改革」が労使間の今日的テーマとなる中、公益財団法人の中部産業・労働政策研究会(鶴岡光行理事長、賛助会員48団体)の公開セミナーが30日、名古屋・名鉄ホテルで開かれ、「職場の競争力向上に向けたマネジメントとリーダーシップ」の今年度調査研究のテーマに沿って産業・組織心理学が専門の高橋潔立命館大教授らが講演。北海道から九州まで労組のトップら約130人が聴き入った。
【柴田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4756号(2018/11/29発行)

豊田はスポーツ施設充実 生活に密着 まちづくりで関わりたい
元日テレアナ 上田まりえさん 「WE LOVE サポーター」就任

20181129上田まりえ
豊田市は市の魅力を発信する「WE LOVE とよたスペシャルサポーター」に市在住の元日本テレビアナウンサー上田まりえさん(32)を任命し、18日に豊田スタジアムであった豊田マラソン開会式で授与した。タレント福田彩乃さん、カヌー競技選手羽根田卓也さん、テレビアニメプロデューサー諏訪道彦さん、歌手加藤ミリヤさんに続いて5人目だが、現在唯一豊田市在住。鮮やかなジョガーファッションでジョギング4㌔の部を走るのを前に豊田への思いなど話を聞いた。
【後藤】


八木元豊田市議 旭日双光章受章 ラグビーW杯開催時 花でもてなしたい
秋の叙勲で旭日双光章を受章した豊田市水源町の元市議八木三郎さん(73)が20日、市役所に太田稔彦市長を訪ね、受章の喜びを報告した。
【鬼頭・後藤】


19年度の納税表彰 太啓の大矢氏ら
20181129納税表彰
納税意識の高揚と環境整備に努めた功績が顕著な人を顕彰する2019年度納税表彰式が15日、豊田市小坂町の豊田商工会議所であり、名古屋国税局表彰の田端稔氏(豊田法人会副会長)、豊田税務署長表彰の大矢伸明氏(同理事)=写真=はじめ4つの表彰に18人が選ばれた。
【後藤】


活性化補助金の継続を みよし商工会 小野田市長に陳情書
20181129みよし商工会
みよし商工会は16日、経営支援や補助金拡充などを盛り込んだ陳情書を小野田賢治市長に提出した。県内57商工会の会長会議で決議した7つの要望に加え、みよし商工会が独自にまとめた4項目も添え、2019年度予算へ反映してもらえるよう陳情した。
【九郎田】


新方式で豊田からカンヌ目指す監督を 12月「とよたいかんぬ映画祭」 地元製作短編4本上映
20181129映画祭
 豊田から映画人を生み出そうと市内で自主映画をつくるクリエイターらがタッグを組み映画づくりの輪を広げようと今夏から活動を始め、第1弾として同市在住監督や市内撮影の映画を上映する「とよたいかんぬ映画祭」を12月9日、錦町の市福祉センターホールで開催する。市在住の監督か撮影地を市内で撮った15分の短編映画3本と豊田市のアイドルグループ「STAR☆T」3人の30分映画などの上映と監督あいさつなどが内容。
【鬼頭】


トヨタ下山工場 ボッチャで地域つなぐ 東京パラ五輪へ 普及活動に力
20181129ボッチャ
トヨタ自動車下山工場(みよし市打越町)が、2020年の東京パラリンピックに向けて障害者スポーツ「ボッチャ」の普及活動に力を入れている。17年から3年計画でさまざまな取り組みを進めており、五輪後も地域をつなぐスポーツとして根付かせたい考えだ。25日には地元行政区や小学校、障害者チームを招いた競技大会を初めて企画し、28チームが熱戦を繰り広げた。
【九郎田】


ししカレーの取組 内閣府発表
足助高、ココ壱、山恵がコラボ 高校生の若い力中心に「つながり」奏功

20181129内閣府表彰
 「とよた里山猪肉カレー」開発、販売の取組が内閣官房・農林水産省主催「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定され、22日に首相官邸で選定証授与式と首相、農林水産大臣などとの交流会に商品開発チームを代表して足助高3年梅村凛音君と高山竜河君らが出席した。
【後藤】


「劇団ドラマスタジオ」公演 「光の春」30人で創る
12月1,2日 初のオリジナル「超3D映画的演劇」

20181129演劇
 豊田市を拠点に活動する演劇団体「劇団ドラマスタジオ」(岡田隆弘代表)が12月1、2日、小坂町の市民文化会館で作演出・石黒秀和さん(48)=岡崎市=の「光の春」を上演する。出演者らは本番に向けて熱の入った稽古を続けている。
【岡田】


「夢とろろ」最盛期 3トンの出荷見込む 旭地区
 県有数の自然薯産地、豊田市旭地区で自然薯「夢とろろ」の出荷が最盛期を迎えている。12月上旬まで。
 「夢とろろ」は山間に適した農作物をと稲武町の県農業総合試験場山間農業研究所で育成した品種で、天然自然薯と変わらない強い粘りと食味の良さが特徴。旭自然薯組合(松井久美組合長)では2003年から本格的に栽培している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4754号(2018/11/15発行)

ラグビーW杯備え 外国人の避難誘導確認 コモ・スクエアで消防訓練
20181115消防訓練
豊田市駅前の大型複合商業施設「コモ・スクエア」(喜多町)で30日、消防訓練が行われた。避難者や負傷者への対応に加え、来年9月に開幕するラグビーワール
ドカップ日本大会で豊田市が会場の一つであるのに備え、実戦さながらに外国人への対応の手順も丁寧に確認した。
【後藤】


謎の「宇宙イモ」収穫期 食物繊維豊富 美容にイイ
20181115宇宙イモ
ヤマイモ科の新生スーパーベジタブルと称される「宇宙イモ」が旬を迎え、豊田市内の農家でも収穫作業に追われている。たこ焼き屋を経営する親戚から3年前に栽培方法を伝授され、市内で数少ない大規模生産者の杉本善紀さん(54)=本新町=は「食物繊維が豊富で腸内をきれいにしてくれるので食べて健康になってもらいたい」とPRする。
【高瀬】


週8時間農業で年100万円稼げる 永覚の高木さん新しい形を提案
20181115s-ネットラジオで発信 農業に親しんで
豊田市永覚町の農家高木宏道さん(46)が、インターネットラジオでパーソナリティとして週1回農業の魅力や作物の旬の情報を発信している=写真。ラジオの内容は農場で起きた出来事が中心で、仲間の農家をゲストに招くなどさまざまな話題を提供する。
【後藤】


東京五輪新種目にクライミング 岩登りのメッカ 人気に拍車 松平地区でシーズンイン
20181115クライミング
 ボルダリング岩場のメッカとして以前から早稲田や慶応大生も訪れるなどクライマーにはよく知られていた豊田市松平地区などの岩場が、東京五輪の新種目にスポーツクライミングが選ばれたこともあって最近人気が高まっている。同地区坂上町重石の宿泊施設「マクロビレッジ」(篠田貴代美さん経営)では「シーズンの冬までに施設整備してクライマーの役に立ちたい」と話している。徳川家の始祖・松平家発祥の歴史あるまち松平地区のまちおこしのきっかけになるかもしれない。
【鬼頭】


主張発表日本一へ壮行会 みよし商工会 渡辺貴志さん 思いを全国に 250人が後押し
20181115渡辺さん壮行会
 若手経営者らが活動発表する「商工会青年部主張発表全国大会」に中部ブロックを代表してみよし商工会の渡辺貴志さん(44)=莇生町=が出場する。みよしに初の日本一を持ち帰ってもらおうと9日、渡辺さんを応援する壮行会が三好町の文化センター・サンアートであった。同商工会青年部有志でつくる実行委が企画し、商工会関係者や市民など約250人がエールを送った。
【九郎田】


カードゲームでSDGsを体験 みよしワークショップ
20181115SDGsワークショップ
 2030年までに世界が共通して取り組む行動計画SDGs(持続可能な開発目標)を市民目線で考えるワークショップが7日、みよし市三好丘のカリヨンハウスで開催された。参加者はカードゲームを通じ、楽しみながらSDGsの概念に触れた=写真。
【九郎田】


豊田市山間部 農村舞台に作品展示 地域の絆 芸術でつなぐ 全国から公募 アートプロジェクト
20181115農村舞台
豊田市文化振興財団(大山輝美理事長)は18日から、市内の5つの農村舞台で全国公募作家による農村アートプロジェクト2018アート展を開く。25日まで。
【岡田】


実物そっくりに 保見ケ丘 奥村さん 植物画展に21点
20181115植物絵
豊田市保見ケ丘の画家奥村博子さん(79)の「植物画展」が現在、日進市米野木町のギャラリー森の響で開かれ、愛好家らが足を運んでいる。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4753号(2018/11/08発行)

三浦県議後継決定が難航 本人指名迫られる時期か
 来年4月の愛知県議選に向けて豊田地区の自民の重鎮5期三浦孝司議員(75)=竹元町南嶋=の後継者選びが難航している。後援会会長幹事長会議で9月半ばに正式に引退を表明して即発足した選考委員会(都築明秀委員長)では組織体制やリーフレット、パンフレットなどの制作やバックアップ体制を整えることを考え、当初「11月初旬までには後継決定したい」と方針を示した。ただ三浦派市議15人を通じて候補に挙げられた人に直接当たると、早急な返答が求められ、当人からは家族や仕事、周囲の支援などを懸念して前向きな返事は現在届いていない。「本人や家族にとっても人生の大きな決断。それでもなんとか今月半ばぐらいには」と話すが。
【後藤】


「おいでんファイナル」来年度からリニューアル 総踊りに名称変更 基本の踊りに「第3の振付」追加
 豊田市駅前を踊り歩く夏の一大イベント「おいでんファイナル」の名称が変更される。来年7月27日開催予定の第51回から「おいでん総踊り」に一新。新たに振り付けを追加するほか、踊りコースのエリアごとに特色を持たせた演出も施す。2日に市役所であった実行委員会で基本計画が協議、承認された。
【九郎田】


10日文化会館 中京大ダンス部が公演 今ある世界 踊りで表現 全日本フェス入選作披露
20181108中京大学ダンス部
 豊田市貝津町の中京大ダンス部の公演が10日、小坂町の市民文化会館で行われる。牧田翔部長(21)=名古屋市=は「さまざまな世界観の12作品を披露。ダンサーの作品ごとの異なる表現を楽しみに多くの人に観に来てほしい」と呼びかけている。
【岡田】


ポールを手に散歩公認コースで教室 11日旭高原元気村
20181108元気村
豊田市旭八幡町の旭高原元気村で11日、秋のノルディックウォーキング教室が行われる。
 ノルディックウォーキングコースは昨年新設され、今年10月1日に全国で10番目のJNFA公認コースに認定された。初級3㌔、中上級5・8㌔の2コースで自然林や牧用地を周回する=写真。



「とりとり亭」開店15周年 故郷豊田で独立 親しまれる店に
20181108とりとり亭
 愛知環状鉄道新豊田駅東口ロータリーに店を構える居酒屋「とりとり亭豊田店」(若宮町)が30日、開店15周年を迎える。店主の金谷憲明さん(44)=小坂町=は「さまざまな店で修行し培った味や技術を糧に試行錯誤してきたことがお客さまに支持され、15年間やってこられて大変ありがたい。味には絶大な自信があり、満足してもらえるはず」と笑顔で感謝する。
【高瀬】


ひまわりネット山田さん ドキュメント作品 新人賞受賞
ママ起業の頑張り 自分の人生に投影

20181108新人賞
 豊田市若草町の地元CATV、ひまわりネットワークのメディアサービス部制作のドキュメンタリー作品がこのほど「第44回日本ケーブルテレビ大賞 最優秀新人賞」を受賞した。番組は市内でママ起業にチャレンジする3人のママやサポート会社の姿を追ったもので、全国のケーブル会社40社の同賞応募作の中からトップに輝いた。制作したメディアサービス部の山田由梨奈さん(30)=豊田市=に話を聞いた。
【鬼頭】


石野の魅力発見をウォーキング大会 12月2日
豊田市石野地区の歴史や自然などの魅力にふれながら歩いて巡るイベント「のんびり歩く石野めぐり」が12月2日にある。今月22日まで。先着150人。
【後藤】


小原地区でまつり 四季桜の葉で土産品 菓子と茶販売「ティータイムを」
20181108小原四季桜
 豊田市小原地区で開催中の四季桜まつりに合わせ、小原観光協会と商工会が四季桜の葉を使った商品の販売に力を入れている。試行錯誤を重ねて生み出したオリジナル焼き菓子と紅茶、緑茶で、同地区を代表する土産品として根付かせたい考えだ。両商品とも夏場に剪定した四季桜の枝から摘み取った葉を使用、担当者らは「小原の名物でティータイムを」と呼びかけている。
【九郎田】


イオンスタイル豊田 ベビーサイン体験会 身ぶりで話そう20181108ベビーサイン
豊田市十塚町のイオンスタイル豊田(井上良和店長)で25日、話す前の赤ちゃんと手話やジェスチャーでコミュニケーションを取る育児法「ベビーサイン」を体験する教室が開催された。親子連れらはベビーサインを使うと早く言葉を覚えたり、一般的に使われる主なサインなどを学んだ=写真。
【後藤】


フィッシングパーク開設 フォレスタヒルズ 釣って味わって
20181108フィッシングパーク
 豊田市岩倉町のフォレスタヒルズにこのほど、釣り堀施設「フィッシングパーク」がオープンした。敷地内にある屋外流水プールを活用し、来年1月末までの限定レジャースポットとして打ち出す。食用川魚がメーンの釣り堀は市内で初の試み。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4752号(2018/11/01発行)

崇化館地区から奥村氏名乗り 来春の豊田市議選 区長経験者から候補を
豊田市崇化館地区から新たに祭り男で知られる居酒屋店主奥村峰生氏(62)=西町=が来年4月の豊田市議選に出馬する。構成する全12自治区の現元区長やコミュニティ会議関係者らが28日昼、地元交流館で後援会を設立。再開発事業などは終わったが、行政主導で住民が横に置かれた駅前通りの公園化などの懸案事項が残る。奥村氏は「謙虚に皆さんの声を聞き、市政に届けられるよう頑張りたい」と決意を誓う。
【後藤】


完成間近の矢作大橋見学 周辺住民200人参加懸案の渋滞緩和を期待
20181101矢作大橋
平戸橋の200㍍南で建設中の豊田市民にとって母なる矢作川をまたぐ新橋「矢作大橋」が29日、完成を待ちわびる地元住民に公開された。現場周辺在住の200人が雲一つない秋晴れの中、日光でコンクリートが白く輝く橋を往復した。
【後藤】


豊田高専の清水さん 国際会議で優秀発表賞 みよしの施設無料開放実験 関心のある人に焦点を
20181101豊田高専
 豊田高専(栄生町)環境都市工学科の5年清水千江さん(21)=豊橋市=が、長岡技科大主催の国際会議で研究発表に臨み、優秀発表賞に輝いた。みよし市三好ケ丘駅前の市営施設「カリヨンハウス」の賑わい創出をテーマに実施した実証実験の研究内容や調査結果を伝えた。
【九郎田】


南アのテレビ局 歴史、文化など豊田の魅力体験取材 車以外のワクワク初発見
20181101南アフリカ①
来年のラクビーワールドカップ日本大会の会場の一つ、豊田スタジアム(豊田市千石町)で試合がある強豪国・南アフリカ共和国のテレビのクルーが20日から4日間、市内を取材した。地元ならではの挙母祭りや五平餅、日本酒作りを体験取材。トヨタ自動車の工場が古くからあり何かと縁深いが、トヨタとは別の豊田の歴史や文化などの日本らしい魅力を撮って回った。
【後藤】


小幡氏叙勲受章 政財官600人参加 張富士夫トヨタ相談役発起人代表に祝う会
20181101小幡さん
 春の叙勲で旭日中綬章を受章した名古屋東部陸運(西新町)創業者で全日本トラック協会副会長小幡鋹伸氏(81)を祝う会が17日夜、総勢600人が参加して名古屋東急ホテルであった。豊田の経営者で国を動かす政治力のある団体のトップ級に就いた人はトヨタ系を除き初。発起人は張富士夫トヨタ自動車相談役を代表に大村秀章知事、藤川政人参院議員、坂本克己全日本トラック協会長、川淵三郎日本サッカー協会相談役、三宅英臣豊田商議所会頭、吉野雅山県トラック協会副会長が務めた。 
【後藤】


MIRAI工場など大人の社会見学 豊田で県の観光誘客企画
20181101工場見学
10月から12月にかけてJRグループと県が展開する大規模観光誘客企画「愛知デスティネーションキャンペーン」が始まり、豊田市でも地域を代表する自動車関連産業の見学を組み込んだツアーが行われた。ツーリズムとよたの協力で実現した。
【後藤】


「星へ行く街」地球を救う 「子ども創造劇場」公演
4日市文会館 小中学生37人が個性豊かに

20181101こども創造劇場
 豊田市の未来の地域文化を担う人材育成事業「とよたこども創造劇場」の演劇公演「星へ行く街」が4日、小坂本町の市民文化会館で行われる。作、演出の鹿目由紀さんは「街ごと宇宙を飛んでいる状態をどう子どもたちが表現するかなどが見どころ」とPRする。
【岡田】


手作り図書館バッグ発売 3日から 開館20周年記念し製作
20181101図書館
 開館20周年を記念して18日まで各種行事を開催中の豊田市中央図書館(西町、前川千陽館長)が3日から、手作りの図書館バッグを館内で販売する。
【鬼頭】


豊田市の高齢者園児とイモ掘り シニアアカデミー
20181101いもほり
 豊田市の老後の生きがいを考える事業、とよたシニアアカデミー(近藤雄司局長、生徒101人)の環境農学科学生17人とが18日、上郷地区体験農場(畝部東町)で地元畝部こども園の4歳児とサツマイモと落花生を収穫した。
【瓜生】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop