FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4741号(2018/08/09発行)※08/16合併号

奈良の西垣林業 大型製材工場が本格稼動
地産地消掲げ地元材8割目指す

 豊田市域の7割を占める森林の有効活用を図るため御船町で整備を進めてきた大型製材工場が今月から本格稼働した。コンセプトとして木材の「地産地消」、そして実効性ある「地域との共生」を掲げて進出した西垣林業(奈良県桜井市)の西垣雅史社長は「豊田市産を中心に愛知県産の木材の価値を最大限引き上げ、地元市場に地元材を80%以上使用する。山から直接搬送するなど物流コストを下げ、皆さんの力を借りながら地元産材を市場に届けたい」と意欲を見せた。
【後藤】


「くずもちバー」でひんやり 近江屋 アイス感覚の和菓子人気
20180809くずもちバー
 35度を超える猛暑日が続く中、豊田市若林東町の老舗和菓子店「近江屋」が清涼感を前面に出した葛餅アイスバー=写真=の販売に力を入れている。葛餅特有のモチモチした口当たりと、シャーベットのようなシャリシャリした食感が味わえる夏の新定番商品で、和菓子離れが進む若者世代からも人気を集めている。
【九郎田】


前回上回る“世界一”勝ち取る 竜神中3年畔柳享丞選手 侍ジャパンU15選抜
20180809U15選抜
豊田市竜神中学校3年畔柳亨丞選手(15)=西田町、サスケ名古屋ヤング所属=が野球の日本代表(侍ジャパン)U-15に全国から選ばれ、11日から中南米・パナマ共和国で開催される「第4回WBSCベースボールワールドカップ」(18日まで)に出場する。豊田リトルで全国切符を手にした2年前に掲げた「U15で世界大会に出場する目標」を達成。全国各地から集結した将来プロ野球を志す同年代の選手たちと切磋琢磨しながら、メジャーリーグを目指す身長190㌢を超えるような世界基準の屈強な選手らと雌雄を競う。畔柳選手は「前回大会の準優勝を上回る成績で世界一をとって帰りたい」と意気込みを見せている。
【後藤】


インターハイ卓球選手権 豊田を初舞台に熱戦 地元の声援力に杜若が奮闘
20180809杜若卓球
 日本一を決める全国高校総体第87回卓球選手権が豊田市で初開催された。8日までの5日間、八幡町のスカイホール豊田を舞台に全国から集結した代表選手が熱戦を繰り広げた。豊田からも県代表として杜若(平戸橋町)が出場。学校対抗の団体戦では2回戦で敗退したものの、地元の大声援を力に奮闘した。
【九郎田】


県下1位の小菊産地 豊田で盆明け出荷ピーク 下山地区では年間1億円
20180809小菊出荷
 県下1位の小菊の出荷量を誇る豊田市で現在、お盆向け出荷のピークを迎えている。年間約350万本のうち約6割を7月下旬から8月上旬にかけて出荷。市内でも出荷量が多い下山地区では、23戸が共同で小菊を出荷する「下山高原生花生産組合」の組合員が早朝から出荷作業に追われている。梶孝光組合長(68)=大沼町=は「今年は気温が高く適度に降雨があったため、生育は例年に比べてやや進んでいる。組合員の努力で品質の高い小菊が多く出荷される見込み」と話している。
【後藤】


豊田市内で盆踊りや花火大会 夏真っ盛り 多彩な伝統行事
 夏真っ盛り。豊田市内では先祖をとむらう盆踊りや花火大会など昔から受け継がれてきた伝統的な夏祭りや、家族連れで楽しめるイベントなどが開かれる。
20180809花火
稲武で手筒や打ち上げ 夏の夜空200発で彩る 15日「宵まつり」
稲武まつりの「宵まつり」は桑原町の稲武中グランドで15日、午後6時から。誰でも参加できる手踊りや稲武太鼓などが楽しめる。花火は手筒や打ち上げ、スターマインなど約200発が打ち上げられる。「マス釣り大会」は16日、午前7時から。参加費竿1本1000円。
 問い合わせは同実行委☎83-3200


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4740号(2018/08/02発行)

最古参松井氏後継が本格始動 来年4月の豊田市議選
61歳 元保険会社社員 福岡靖純氏出馬

 来年4月の豊田市議選に向けて、市議会最大会派自民クラブ5期の最古参、松井正衛議員(72)=保見ケ丘=の後継者として元保険会社社員、福岡靖純(やすよし)氏(61)=保見町起間=が出馬することが本紙の取材で明らかになった。父親がPTA会長や自治区長、市区長会副会長、猿投や笹戸カントリーの役員を務めた名士の家系。保見地区は2005年には愛知万博が開かれ、名古屋東部からの豊田市との玄関口として重要な地域。福岡氏は「ひとつ、1人ひとりを大切に。安全で安心な暮らしやすい『保見の里』づくりに力を注ぎたい」と固い決意を誓っている。
【後藤】


ラグビーW杯会場豊田で披露 お祈りどこでも移動モスク
日野製で1台1億円 五輪までに10台整備

20180802どこでもモスク
大型トラックの内部でイスラム教徒が礼拝できる移動式モスクが23日、豊田市千石町の豊田スタジアムでお披露目された。豊スタは来年9月に開幕するラグビーワールドカップ日本会場の1つ。国内ではモスクが少ないため、2020年の東京オリ・パラリンピックも見据え、イスラム圏の選手や観客らが安心して祈られる場を提供する。現時点では1台1億円だが、今後値段を下げ、大会の組織委員会などに販売したり、全国の自治体に貸し出したりしたいとし「モバイルモスク」を制作する実行委員会の井上康治委員長は「選手も観客も落ち着いて祈りを捧げ合宿や試合に臨めるようにしたい」と話していた。
【後藤】


葬儀業フューネ 名古屋市に初進出
イオンモールナゴヤドーム前 現代仏壇店31日オープン

20180802ギャラリーメモリア
 豊田市小坂本町の葬儀業フューネ(三浦直樹社長)が名古屋市に初進出する。東区のショッピングモール「イオンモールナゴヤドーム前店」内に31日、同社直営の現代仏壇店「ギャラリーメモリア」をオープンする。イオンモール長久手内に次ぐ店舗展開で、全国からの集客が見込めるドーム前の好立地を生かし、企業認知度の浸透を図りたい考えだ。
【九郎田】


唄や踊り楽しむ「エイサーまつり」 沖縄文化の普及と交流を
19日豊スタ 石垣生まれのロッカー出演 ご当地グルメ並ぶ

20180802エイサー
伝統舞踊のエイサーを中心に沖縄文化の普及と交流を深める「第39回豊田沖縄ふれあいエイサーまつり」(舛田真由代表)が19日、豊田市千石町の豊田スタジアムで開かれる。入場無料。
【岡田】


豊田拠点の舞台人集結 11、12日「演劇祭」 美術テーマに3作品上演
20180802舞台
 豊田市を拠点に活動する舞台人が集結する「とよた演劇祭」が11、12日、小坂町の市民文化会館大会議室で開かれる。3回目となる今年は「美術がうみだす舞台」と題し、舞台美術イメージ図から想像して創作した中編の公募枠、短編の新人枠、ダンスパフォーマンスの招請枠の3作品を上演する。
【岡田】


市民芸館 西日本の郷土玩具展示 張子や凧、土人形など500点
20180802郷土玩具
 子どもの健やかな成長を願う祈りが込められた郷土玩具を展示する企画展「郷土玩具展-西日本を中心に」が豊田市平戸橋町の市民芸館で開かれ、市民らが訪れている。9月24日まで。
【岡田】


金魚すくいに3000匹 買い物客で賑わう 三貴フラワーセンター
20180802金魚すくい
園芸用品販売で東海地区最大の売り場面積と品揃えを誇るみよし市三好町の三貴フラワーセンター(小嶋美智代社長)のペット館で29日、金魚すくいが行われ、大勢の買い物客らで賑わった。
 500円以上購入した人に無料で参加券を配布する人気催し。リュウキンやデメキン、朱文金など約3000匹が用意された。「大きいのがとれた」などと歓声をあげながらすくい網を手に金魚すくいを楽しんでいた。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4739号(2018/07/26発行)

国内最大手・東横イン 豊田初進出 需要高くもう1店舗視野
20180726東横イン
 ビジネスホテル国内最大手東横イン(東京都大田区、黒田麻衣子社長)が豊田市西町に24日、「東横イン豊田市駅前店」(水谷洋子支配人)をオープンした。14階建て、155室。名鉄豊田市駅、愛環新豊田駅から徒歩2分の好立地。黒田社長は「愛知は景気がいい。需要を考えれば正直150室では足りず、まだ計画はないがオーナーとのご縁があればさらにもう1店舗も」と話す。県内12店舗目で西三河では三河安城に続き2店舗目。
【後藤】


太田副議長就任を支援者120人祝う
名鉄複線化や区画整理抱え 若林発展に力発揮を

20180726副議長
5月の豊田市臨時会で副議長に就いた4期太田博康議員(52)=若林西町=を祝う会が22日昼、若林東町の若林交流館で開かれ、120人が激励した。太田氏は「テーブルを回り、皆さん一人ひとりにお礼を直接言いたい。鈴木章議長を1年間しっかりとフォローしたい」と感謝し、「来年4月の選挙を経て、皆さんが住む地域のためにさらに力になりたい」と市議選へ出馬することを明らかにした。
【後藤】


猿投農林高3年 自家生産豚肉でアイデア弁当
メグリアとコラボ 各店で8月末まで販売

20180726猿投農林高校
 豊田市井上町の猿投農林高校(磯貝勝校長)の3年生が校内で育てた豚肉や地産地消を考え地元産のナス、シイタケ、コメ(コシヒカリ)などの野菜、味噌(桝塚味噌)を使った弁当2品を考案し、トヨタ生協メグリア(豊栄町)が商品化した。23日からメグリア本店(山之手)など10店舗の総菜コーナーで並び「豚と味噌で夏バテ防止になる」と人気を集めている。同校生徒とメグリアが協力した弁当の商品化は3回目。
【後藤】


全国高校総体 地元愛知池で30日開幕
豊田北ボート4年連続 大野監督に恩返しを

20180726北高ボート部
30日に開幕する全国高校総体ボート競技に豊田市千石町の豊田北(部員40人)が4年連続で出場する。出場するのは男子ダブルスカルと舵手付女子クオドルプル。選手は中学時代テニスやバレー、バスケなどを経て高校から始めた生徒ばかり。地元愛知池漕艇場東郷コース(東郷町)で開催されるとあって本番を4日後に控え「何でも相談できる尊敬、信頼する大野先生に恩返ししたい。地元開催でベストを尽くしたい」と意気込む。
20180726北高ボート部2
【後藤真一】


安城拠点 太鼓芸能集団発足1年 29日 記念公演 松平の青木さん出演
20180726青木よしあき
安城市の和太鼓集団「まといの会」の発足1周年記念公演「まといあわせ」が29日午後2時、市民会館であり、第49回岡谷太鼓まつり1人打ち男子の部3位(岡谷市長賞)に輝いた松平わ太鼓所属の青木よしあきさん(28)=豊松町=が出場。「できたばかりの会。これから和太鼓がもっと盛り上がっていくよう一歩ずつ前へ進んでいきたい。まずは29日、精一杯打ち込む」と意気込む。
【後藤】


郷土資料館で9月24日まで 防災意識向上へ 江戸時代からの爪痕展示 防災の記憶伝える
20180726郷土資料館
 豊田市陣中町の市郷土資料館で現在、「みんなであつめた災害の記憶-江戸時代から現代まで」が行われ、多くの市民らが訪れている。同館で展示ガイドやスクールサポートなどを行うボランティア・とよた歴史マイスターとの共働事業。9月24日まで。 
【岡田】


夏の定番メニュー視野に マリノ豊田上原店 9月中旬まで
猿投の桃で限定「冷製パスタ」

20180726桃パスタ
 昨年4月にオープンしたイタリアンとステーキが一緒に楽しめる豊田市上原町の「ステーキイタリアン マリノ豊田上原店」(杉下伸幸店長)で地元猿投産の桃を使った冷製パスタがメニューに加わり、話題を呼んでいる。
【岡田】


民芸の森 古民家にガラス作品 若手の新実さん展示
20180726民芸の森
豊田市小坂町出身のガラス造形作家新実広記さんの作品を展示する森のアート展「VESSEL-光のうつわ」が平戸橋町の市民芸の森で開かれ、市民らが訪れている。9月2日まで。
【岡田】


第50回豊田おいでんまつり 82連2758人が参加
豊田市の夏の一大イベント「第50回おいでんまつり」が28、29日に開催される。市駅前一帯を踊り歩く28日のおいでんファイナルには82連2758人が出場予定。50回の節目を迎える今年は27日に前夜祭を企画し、おいでんまつりの魅力を広くPRする。新たに「オーディエンス賞」も設け、参加者と観客の一体感を生み出したい考えだ。市民目線で踊りの普及や改善に取り組む「踊り部会」の本多勝幸会長(57)にまつりへの思いなどを語ってもらった。

華やかに市街地踊り歩く 最古参の踊り連 世界平和へ願い
今年も82の踊り連が華やかな衣装や振り付けで中心市街地を熱く盛り上げる。市道・駅前停車場線と竹生線を踊りコースに、各連が「ディスコ調・民踊調部門」と「アレンジ部門」に分かれて踊りを楽しむ。本紙では注目の踊り連の一部を紹介する。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4738号(2018/07/19発行)

旧三菱UFJ解体ほぼ終了
ペデッキ延伸 秋にも着工 19年W杯時は暫定広場に
20180719旧UFJビル跡
豊田市駅東の喜多町、旧三菱UFJ銀行豊田支店ビルの解体がほぼ終了した。「キタラ」などが建つ駅前通り北地区再開発事業のエリア内ビルで8月中に更地にされ、次いで同駅東のペデストリアンデッキをキタラ2階に接続させる延伸工事が開始、2019年5月末竣工を目指す。同年秋のラグビーW杯開催時に更地は芝生広場などおもてなしスペースに変身する予定だ。
【鬼頭】


豊田市都心 メガドンキ、無印増床 まちづくり会社は1階に移転
豊田市都心にある広路町の「メガドンキ」と若宮町のT-FACE内「無印良品」が相次いで増床し、リニューアルオープンする。大手流通業の両店の増床は消費意欲が高いといわれる豊田地区を有力商圏と見ての積極的展開と見られるが…。
【鬼頭】


OBの鈴木章議長就任祝う 豊田JC山田理事長 先輩の活躍は誇り
20180719自民クラブ
青年会議所出身で豊田市議会で議長や最大会派自民クラブ四役、委員長などに就任した議員を祝う会が16日夜、喜多町の名鉄トヨタホテルで開かれ、現役やOBら70人がエールを送った。
【後藤】


石破代議士が豊田で講演 八木氏には4,5期をとエール
防災庁創設し権限集中させること重要

防衛大臣や農林水産大臣を務めた政策集団「水月会」会長、石破茂衆院議員が16日、豊田市錦町の市福祉センターで「自民党は国民政党。国民の幸せを逃げることなく正面から向き合わなければならない。50年に一度国の歴史やあり方が変わってきたが、いつの世も都の権力者ではなく地方の大衆の知恵と行動だ。皆さんが応援する八木さんと新たな日本を創り上げていく」と訴えた。自民党愛知県第11選挙区支部(八木哲也支部長)定期総会の中で記念講演した。
【後藤】


夏の風物詩 小渡やな14日幕開け 10月末まで 地元園児がつかみ取り
20180719やな
 豊田市内の矢作川と巴川に架かる5つの観光やなのうち矢作川最上流部・小渡町(旭地区)のおど観光やなが14日、オープンした。連日35度を超える暑さの中、旬を味わおうと多くの家族連れらで賑わっている。関係者は「アユ料理ややなを知らない子育て世代にどう知ってもらうか。旭地区に人を呼び込む観光拠点として育んでいきたい」と意欲を見せる。期間は10月末まで。
【後藤】


JAが家電量販店エディオンで朝市 ついで買いが好評
20180719JAあいち豊田
豊田市三軒町の家電量販店エディオン豊田本店を会場に14日、初めての地元農産物の朝市が開かれた。JAあいち豊田(西町、柴田文志代表理事組合長)が今が旬の朝採りのトウモロコシはじめ、ナスやトマト、シイタケ、特産の桃などを販売。同店で取り扱う電化製品で農産物を調理した試食も行った。地産地消推進と農家の所得向上を目論むJAと地域貢献活動を試みるエディオンの思惑が一致、初のコラボが実現。農産物販売は今後も定期開催する予定。
【後藤】


旭地区 ダムカレーカード配布 小渡町で「夢かけ風鈴」
20180719ダムカレーカード
豊田市旭地区では矢作ダムを模した「ダムカレー」を地区の名物として売り出し中だが、旭観光協会(鈴木正晴会長)は23日から、新たに「ダムカレーカード」を配布する=写真㊤。ダムカレーを食べた人に無料で配り、観光客増加の糸口にしたい考えだ。
【九郎田】


鈴鍵経営 下山ブルーベリー農園 紫色たわわ 香り漂う
今季21日オープン 一ヵ月半の期間中5000人来場見込む

20180719ブルーベリー農園
 豊田市和合町の下山ブルーベリー農園が21日に開店する。すでにたわわに実りみずみずしい香りが辺りに漂う。土木造園業「鈴鍵」(中金町、鈴木元弘社長)が造成工事などで伐採した樹木やせん定枝のチップ化再生工場として環境を遊びながら学ぶテーマパーク「下山バークパーク」内に開園以来、有数の観光地に成長。9月2日までの期間中、5000人以上の来場を見込む。 
【後藤】


ものづくりの魅力を サポーター活動始動 図工授業で児童に手ほどき
20180719ものづくりサポーター
ものづくりを通じ子どもたちに楽しさ、道具やものの大切さ、人との協調性など社会に必要な規範を伝え、興味・関心を高めようと10年前に始まった「豊田市ものづくりサポーター」の今年度の活動がスタートした。市の特色ある事業として子どもたちのものづくり活動を支えるもので、プログラム研修会がこのほど行われた。 
【瓜生】


インターハイ卓球選手権 豊田で初開催 杜若高が出場
団結力で表彰台目指す

20180719杜若
地元の声援を後押しに表彰台を目指す-。豊田市八幡町のスカイホール豊田で8月4日に開幕する全国高校総体第87回卓球選手権に杜若(平戸橋町)が出場する。18年連続20回目の男子団体戦に臨むほか、シングルスとダブルスにも選手を輩出。同選手権が豊田市で開催されるのは初めてで、新留正作監督(55)は「今年は創部30年の節目の年。地元開催が決まってからこの大会に照準を合わせてきた。鉄の団結力で勝利を手繰り寄せたい」と意欲を燃やす。
【九郎田】


みよし消防団 PRソングで魅力伝える 加入促進へ歌制作
元演歌歌手段田男 深谷団長がよびかけ実現

20180719みよし消防団
市民への周知と加入促進、団員の士気高揚を目指してみよし市消防団(深谷委宏団長、団員344人)が応援ソング「進め!みよし市消防団」を作成した。
【岡田】


分かりにくい障害配慮 20日ヘルプマーク配布
20180719ヘルプマーク
 援助や配慮を必要としていることを周知する「ヘルプマーク」が20日、県下で一斉に配布される。2012年に東京都が初めて作成し昨年度日本工業規格(JIS)に登録され、統一マークとなった。6月当初で半数の都道府県が導入している。
【岡田】


トヨタベンチャー アドマテックス 拠点置くみよし市と協定 地域スポーツを振興
20180719地域スポーツ振興
 援助や配慮を必要としていることを周知する「ヘルプマーク」が20日、県下で一斉に配布される。2012年に東京都が初めて作成し昨年度日本工業規格(JIS)に登録され、統一マークとなった。6月当初で半数の都道府県が導入している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4737号(2018/07/12発行)

台湾企業受け入れ視察研修
中部森林研究会 リサイクル技術海外へ 支部設立目指す

20180712木くず処理工場
中部森林開発研究会(豊田市中金町の「鈴鍵」内、梅村正裕会長)が木くずのリサイクルに関心を持つ台湾企業を受け入れ、視察交流研修を行った。8月には研究会が台湾で現地調査し、10月にセミナーを開催予定。梅村会長は「交流会を契機に16番目の支部を作りたい。国内で長年培ってきたリサイクル技術を海外でも共有し、社会的な役割を果たしたい」と意欲を見せる。
【後藤】


企業の障害者雇用率改善へ みよし明知町 貸し農園11月プレオープン
20180712障害者農園
 障害のある人たちの就労を支援する「エスプールプラス」(東京)が知的、精神障害者らの雇用の受け皿となる農園をみよし市明知町鏡塚に整備する。障害者を雇用したい民間企業に農園を貸し、企業側は農園の賃料やサポート料を支払う仕組みで、定められた障害者の法定雇用率を満たせない企業のニーズに応える。県内では豊明市に次ぐ進出で、11月にプレオープンし、最終的に障害者60-70人が働く予定。
【九郎田】


青少年の非行防止地域の協力求める 杜若高
20180712杜若高校
 豊田市平戸橋町の杜若高校(鈴木利介校長)の生徒が10日、学校周辺の商業施設で「愛のパトロール運動」を行った。地域住民らに青少年の非行防止などへの協力を呼びかけた=写真。
【九郎田】


100年使われた巨大木桶解体 東京の飲食店入口に設置
桝塚西町の野田味噌商店

20180712野田味噌商店
 豊田市桝塚西町の野田味噌商店(野田清衛代表、資本金700万円)で5日、味噌を天然醸造するため100年以上使われた巨大な木桶が解体された。9月には長男好成さん(33)が東京・渋谷区代々木で営む味噌料理店の入口に設置し、人口の集積する首都で絶滅の危機に瀕している木桶文化に親しんでもらう。
【後藤】


3大夏まつりPRへフォトコン みよし「インスタ」コースも用意
20180712大提灯まつり
 みよし市は8月中に市内で開催される3大夏まつりを被写体としたフォトコンテストを初めて企画する。昨年ギネス世界記録に認定された三好稲荷閣の大提灯はじめ、いいじゃん踊りや三好池花火の魅力などをPRするのがねらいで、みよしに行ってみたいと感じさせる1枚を募集する。
【九郎田】


豊田の和出さんら西三河から出店 岡崎・園福寺で15,16日クラフトと職一堂に
20180712円福市
 豊田市の心と体のエナジーセラピスト和出真由美さんら西三河地方を中心にこだわりのハンドメイドのクラフトや食を一堂に集めた「円福市-己発見伝」が15、16日、豊田市の隣町、岡崎市岩津町の圓福寺で開かれる。主催者の安倍嘉乃さん=岡崎市岩津町在住=は「さまざまなこだわりを持って生きている皆さんとのふれ合い、交流を通じて人生を立ち止まって考えてもらう時間、空間にしてもらいたい」とPRしている。
【後藤】


浄水ひかりこども園 不審者進入想定し訓練 園児に命の大切さ伝える
職員と署員連携し防犯意識醸成

20180712浄水ひかりこども園
 豊田市浄水町の社会福祉法人正紀会浄水ひかりこども園(松葉純奈園長、園児140人)で3日、不審者対応訓練があり、全園児と職員、警察OB、豊田署員ら170人が参加した。
【岡田】


松平高 近隣園児と温もり交流 地元お年寄り 竹炭作り手ほどき
20180712松平高1
豊田市鵜ケ瀬町の松平高校(加藤敏実校長、生徒485人)の有志43人が2日、近隣の松平こども園(九久平町、小木曽雅代園長、園児155人)で5歳児46人と交流した。
20180712松平高2
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop