新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4680号(2017/05/18発行)

選挙や政治参加テーマに討論会 豊田JC 若者11人が意見交換
20170518豊田JC
 豊田市内の18-25歳の11人が選挙や政治について意見を交わす討論会が西町のJAあいち豊田本店ふれあいホールであった。選挙権年齢が昨年、満18歳以上に引き下げられたことから、豊田青年会議所(今野公介理事長、会員123人)が政治に興味を持ってもらおうと企画。会員や市民250人が若者の率直な思いに耳を傾けた。同JCが政治関連の例会を開催するのは初めて。
【後藤】


上郷・高岡 合併50年記念誌を刊行 支所、交流館などに配布
2017051850年史
 豊田市と合併して50年の上郷、高岡町の歩みをまとめた2町の記念誌がこのほど完成、両町の支所や交流館などに配布された。
 市南部の上郷町は1964年3月、高岡町は65年9月に豊田市と合併、昨年3月、両町の合併50周年記念式典が高岡コミュニティセンターなどで開催され、それを機に両町の合併50年を振り返る記念誌を両支所で制作することが決まった。
【鬼頭】


事務所に防災倉庫新設 管工事業協同組合 対策本部の機能強化
20170518管工事組合
 水道工事業者などでつくる豊田市管工事業協同組合(会員44人、兼子謙三理事長)はこのほど、常盤町の組合事務所敷地内に防災倉庫を新設した。災害時、配水管などの応急復旧にあたる組合員や市外からの応援者のため飲料水や非常食、簡易トイレなどを備蓄する。
【九郎田】


健康食材として注目 相次いで商品化
稲武の小沢商店 菊芋の柚子ポン漬け発売

20170518柚子ポン漬け
山ゴボウ漬けなど漬物の製造販売業小沢商店(豊田市武節町、小沢敬史社長)は地元産の菊芋を加工した商品開発に力を入れている。3月に「菊芋の柚子ポン漬け」を新発売。健康志向の高まりの中、健康食材(血糖降下野菜)として注目されている菊芋の漬物の販売が伸びていることから、より健康的に美味しく食べられるよう柚子果汁が入ったさっぱりとした商品として開発した。
【後藤】


アーティスト66組出演 26日から豊田大橋 第6回橋の下世界音楽祭
20170518昨年の橋の下音楽祭
 豊田の春の風物詩、第6回橋の下世界音楽祭が今年も豊田市千石町の豊田大橋下・千石公園で26-28日に開催される。地元のロックバンド「タートルアイランド」(永山愛樹主宰)などの主催で国内の他アジアなどのバンドや音楽家、劇団66組が出演、延べ約1万人の観衆で賑わう野外フェスティバル。
【鬼頭】


恒例のマス釣り大会 野原川観光センター21日 親子で一日楽しんで
20170518野原川観光センター
 豊田市下山地区の観光交流体験施設・野原川観光センター(野原町)で21日、第48回野原川マス釣り大会が催される。
【後藤】


フリースタイルスキー世界大会 中京・堀島選手2冠 日本初 平昌五輪金誓う
20170518堀島選手
 2018年平昌冬季オリンピックの代表選考を兼ねたフリースタイルスキー世界選手権で2冠を達成した中京大スポーツ科学科2年堀島行真選手が豊田市役所に太田稔彦市長を訪ね、喜びを報告した。同大会での優勝は日本男子初の快挙。
【後藤】


鞍ケ池アートサロン 企画展「生命の花たち」 百花繚乱の時描く
8月27日まで 春から夏へ 欧州、日本画家の23作品展示

20170518アートサロン
 トヨタ自動車所蔵の絵画を展覧する鞍ケ池アートサロン(池田町)で会期中の企画展「生命の花たち-春から夏へ-」が開かれ、市民など多くの愛好家らが訪れている。8月27日まで。
【岡田】


仲間と楽しく字を あんず茶屋6月2日まで 「香山会」書道展
20170518あんず茶屋
 今年度の市文化振興財団文化功労賞に決まった書道家の黒野芝香さんが代表を務める「香山会」メンバーらによる書道展が現在、日南町のあんず茶屋で開かれ、愛好家らで賑わっている。6月2日まで。
【岡田】


ホットショット
豊田市出身の広島堂林選手 優勝争いの中、定位置確保へ
やまもとスポーツ サイン色紙プレゼント
「不甲斐ない成績 背水の覚悟」

20170518ホットショット
 昨年優勝した広島にあって1軍への昇格降格を繰り返し貢献できなかった地元出身の堂林翔太外野手(崇化館中、中京大中京高卒)。7日の阪神戦では2番・左翼で今季初スタメン。初回は無死一塁、5回は1死一、二塁の好機で打席に立ったが、空振り三振に倒れた。「ここ数年悔しい成績で不甲斐ないシーズンだったが、今季は背水の覚悟で臨んでいる。定位置を確保しいい報告ができるよう頑張っていきます」と抱負を語っている。
【後藤】
(※サイン色紙プレゼントの応募要項は本紙にてご確認ください)


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4679号(2017/05/11発行)

「県森と緑づくり事業」完了 豊田市栃本町 地域住民ら桜記念植樹
20170511森作り事業
 豊田市栃本町(足助地区)で6日、あいち森と緑づくり事業完了記念式が開催され、鈴木雅博県議や鈴木章市議、地域住民らが桜の記念植樹を行った。
 あいち森と緑づくり事業は、森と緑の持つさまざまな公益的機能を発揮するため、2009年度から導入されている「あいち森と緑づくり税」と寄付金などを財源に県内各地で地域事情に合わせて森林、里山林、都市の緑を整備保全している。
【後藤】


入会規約を改正 少年院訪問継続 豊田保護区協力雇用主会
20170511協力雇用主会
 犯罪・非行の前歴で定職に就くのが困難な人の雇用を支援する事業者団体「豊田保護区協力雇用主会」の定期総会が4月28日、小坂本町の市青少年センターであり、2017年度の事業計画などが承認された。入会規約を改正したほか、新たに会費制度も導入した。
【九郎田】


自民党愛知県11区支部 次期衆院選へ結束 みよしで初の支部大会
前経済再生大臣・甘利氏が講演

 自民党愛知県第11区・みよし市支部の支部大会が4月30日、福谷町の福谷区民会館であり、前経済再生大臣の甘利明衆院議員が記念講演した。みよし支部が同大会を催すのは初めて。党員ら約170人に加え、藤川政人、酒井庸行参院議員らも来賓出席し、年内に予想される次期衆院選に向け足並みを揃えた。
【九郎田】


米国テネシー州ジョンソンシティ市長が来豊
元愛知みずお大学長 冨田輝司さんの長男 市民の生活ファーストが責務

20170511冨田家
 豊田市簗平町(小原地区)の元愛知みずほ大学長冨田輝司さん(86)宅に長男で米国テネシー州ジョンソンシティ市長のデビッドさん(58)が訪れ、大型連休中(30日-5月4日)滞在。パーキンソン病で療養中の冨田さんの見舞いに訪れた。
【鬼頭】


バザー収益金を寄付 SI豊田 創立20周年記念事業
20170511ソロプチミスト・チャリティバザー
国際奉仕団体の国際ソロプチミスト豊田(松岡由美子会長)がこのほど、豊田産業文化センター(小坂本町)でチャリティバザーを開催した。創立20周年記念事業の一環。会員はじめ協賛店、国際NGOのオイスカ、猿投農林高なども出品した。
 衣料品や食料品、日常雑貨などが並び、猿投農林は学校農園で収穫した梨を使った地産地消の焼肉のたれや卵を販売。Sクラブの豊田東高生徒も参加し、販売などを手伝った。
【後藤】


NPO法人・グリーングラスロッツ バラに囲まれ音楽鑑賞
12日から 光岡邸でチャリティカフェ

20170511バラ
 砂漠化防止支援と震災復興支援活動を行うNPO法人グリーングラスロッツ(光岡保之理事長)が本新町の光岡邸で12日、「ミュージック・ローズ・カフェ」を開催する。14日まで。
【岡田】


鞍ケ池公園 夏に向けサッパリ 恒例のヒツジの毛刈り
20170511ひつじ
 豊田市矢並町の鞍ケ池公園で恒例のヒツジの毛刈りが行われた。
 同公園では動物と触れ合ってもらうため園内観光牧場で7頭のヒツジを飼育。7頭ともニュージーランド原産の毛肉兼用種のコリデール種。オスもメスも角がないのが特徴で、頭から足の指先近くまで白い毛でおおわれている。
【岡田】


木と蝋で感覚表現 市東庁舎6月末まで 柄沢さんの作品展示
20170511ルミアールプロジェクト
豊田市稲武地区出身の作家柄沢健介さん(30)の作品が豊田市東庁舎1階の玄関脇展示スペース(西町)で展示されている。6月30日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

新三河タイムス第4678号(2017/05/04発行)

「名古屋丸八食堂」出足好調
T-FACE8階 「矢場とん」など4店 有望な商圏と出店

20170504名古屋丸八
名古屋めし専門店を集めた「名古屋丸八食堂豊田店」が豊田市若宮町のT-FACE B館8階に先日オープンし、家族連れ、カップルで賑わっている。
 出店したのはいずれも豊田初で、みそカツで有名な「矢場とん」、名古屋コーチンの「鳥開総本家」、同店をプロデュースしたJプロジェクト経営のひつまぶしの「うな匠」、きしめん、天むすの「カネ勘」の4店。
【鬼頭】


県境の稲武・大野瀬町 耕作放棄地で芋焼酎
2年ぶり29日発売 金城学院生と再コラボで地域活性化

20170504芋焼酎
金城学院大(名古屋市守山区)の女子学生とのコラボで豊田市稲武地区産さつま芋と米を原料にした芋焼酎がGW初日29日、武節町の農林水産物直売施設・どんぐりの里いなぶで発売され、行楽客らから早くも人気を集めている。販売は2015年5月以来2年ぶり2回目。前回販売した2000本が2週間で完売し好評だったことから第2弾の商品化を決めた。2000本を販売。
【後藤】


セブン&アイ 日進赤池に大型モール
東海地区に初出店 シネコンやライブ施設も

20170504プライムツリー赤池
 日進市赤池に大型ショッピングモール「プライムツリー赤池」が今年秋にオープンする。イトーヨーカドー、セブンイレブンを運営するセブン&アイ・ホールディングス(東京都)が運営。同社による大型商業施設は東海地方初出店。
 場所は地下鉄鶴舞線・赤池駅南東400㍍、国道153号線にも近く、公共交通、車でのアクセスの高い場所を確保。新たに誕生する面積40㌶、総個数1440戸の豊かな森林を活かした自然との調和を図る区画整理街区「日進赤池ヒルズ」の中核施設に位置付ける。
【後藤】


老舗料亭「一の谷」が世代交代
足助の皆さんよろしく まずは「やなの復活」を 創業者の孫夫婦が営む

20170504一の谷
豊田市足助町の和風料亭「香嵐渓一の谷」が今年、創業者山岡弥さんから孫娘の夫萩山俊一さん(37)に代替わりした。数年前から繁忙期に手伝いに来ていたが、会社勤めからの転身。萩山さんは「プレッシャーはあるが、人から直接喜ばれることにやりがいを感じ決断した。まずは『やなの復活』から取り組みたい」と意欲を燃やしている。
【後藤】


地酒「菊石」が蔵開放 愛好家のツアーに同行
“大人の遠足”を満喫発見の連続 いつも静かな無人の四郷駅が人であふれる

20170504利き酒
 銘酒「菊石」で知られる豊田市四郷町の創業150年の「浦野酒造」(武内純子代表)が23日催した春の風物詩「酒蔵開放」に参加する自営業者や会社員、団体職員ら市内愛好家による蔵ツアーに同行した。いつもは静かな最寄りの愛環四郷駅に人があふれ蔵へ向かう人の波に驚嘆。県内外の酒蔵開放を訪れ周辺地域を探訪するのが趣味の皆さんとの〝大人の遠足〟は新たな発見の連続だった。
【後藤】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

新三河タイムス第4677号(2017/04/27発行)

旧東高跡に新博物館 基本構想今月末に提示
自然と一体の歴史継承拠点として整備

20170427東高跡地
 豊田市小坂本町の旧豊田東高跡地に建設予定の新博物館の第2回ワークショップが5月14日、市郷土資料館(陣中町)で開かれる。新博物館へのアイデアやイメージなどを市民サイドから語ってもらおうというものだが、一方で博物館の基本構想は4月末に提示され、2017年度中に基本計画を策定する予定。歴史継承拠点とされる新博物館の整備はどこまで進むのか。
【鬼頭】


本社横に物流倉庫を移転新築 創業53年の自動車プレス 三ツ矢鉄工所
20170427三ツ矢鉄工所
 自動車のプレス、溶接加工の「三ツ矢鉄工所」(豊田市広久手町、中村泰子社長)が本社隣に倉庫を建設した。少し離れた場所にあった倉庫を集約化。親会社の豊田鉄工から土地を借り受け、1187平方㍍の敷地に建物は690平方㍍。豊田鉄工三宅英臣相談役や日本発条斎藤清一豊田工場長、豊田信用金庫黒田連理事長らを招き27日、竣工式を行う。創業以来、安心される「良い商品」の提供をモットーにリーマン・ショックの08年を除き、一貫して黒字経営。無担保・無借金経営を掲げる中村社長は「厳しい経営環境の中、さらなる品質改善でお客さまに満足してもらえるベストサプライヤーとして成長発展させたい」と話す。
【後藤】


あゆのなわばり行動回復へ
矢作川中流部で検証実験スタート 2年間の手法応用し中心市街地でも

20170427あゆのなわばり
 豊田市や矢作川漁協組合員らでつくる「天然アユ生態調査実行委員会」は24日、豊田市藤沢町の矢作川中流で玉石を投入して川底環境の改善とアユのなわばり行動の回復を検証する実験を始めた。実験は全国初の試み。効果の検証は2019年3月まで行う予定。同実行委員会では「アユのなわばり行動が回復し、アユが元気に育つ環境になることを期待している」と話している。
【後藤】


豊田西高 宇宙物理学を一緒に受講
SSH事業英国に派遣 帰国後もLINEで交流

20170427SSH
文部科学省のSSH(スーパーサイエンススクール)事業の一環で豊田市と姉妹都市提携を結ぶイギリス・ダービーシャーなどに派遣された豊田市小坂町の豊田西高(杉山賢純校長)の派遣団が帰国した。市役所を訪れ、市長や議長に報告し感謝の気持ちを述べた。
【後藤】


Uターン組 意気投合しDJ祭り 旭地区の森のレストランがクラブに GW初日29日
20170427渓流荘
 豊田市旭地区(田津原町静滝)の森の中にある「カントリーレストラン渓流荘」で29日、初のDJパーティーが催される。季節料理と豊田産ジビエの店が一夜限りのクラブと化す。地元で生まれ若いころを都会で過ごした30代が田舎暮らしの中で生活の楽しみをと意気投合。川の流れを横目に見ながら、体揺らすひとときが味わえ「大人も子どもも新しい年度の始まりを田舎の夕暮れと心地よい音楽で迎えましょう」と呼びかけている。
【後藤】


創意工夫功労者 小島グループの2人が受賞 リスク減らし作業効率アップ
20170427創意工夫
みよし市内の自動車部品メーカーに勤める2人が「文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞」を受賞した。作業効率の向上や技術改善に貢献した人に贈られるもので19日、市役所を訪問し、小野田賢治市長に取り組みを紹介した。
 小島プレスグループ「小島産業」(莇生町)の西山徹さん(54)と同「昌和合成」(同)の津橋信也さん(26)が初受賞した。
【九郎田】


P-BEANS マレットゴルフ楽しむ 障がい者向け大会を企画
20170427マレットゴルフ
 豊田市河合町の河合池マレットゴルフ場で22日、障がい者向けの大会が開催された。市内のデイサービス施設などでリハビリに励む高齢者ら23人がそれぞれのペースでプレーを楽しんだ。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

新三河タイムス第4676号(2017/04/20発行)

民間の発想で満足できるサービスを
豊田市中央図書館 前川新館長に聞く 地域連携も深めたい

20170420前川図書館長
 豊田市西町の豊田市中央図書館が今年度から、市直営から指定管理者(TRC・ホーメックス共同企業体)による運営に変わり、新館長に民間から前川千陽さんが就任した。「民間の自由な発想で満足できるサービスを行っていき、皆さんと相談しながら図書館をよりよくしていきたい」と話す前川さんに新しい図書館ビジョンなど話を聞いた。
【鬼頭】


平芝町「花成」 萩野、池江選手らの花束制作
水泳日本選手権の装飾など担当
ジャパン杯13準優勝 3男英之氏15年から担当 技術見込み実家に依頼

20170420花成
 世界選手権代表選考会を兼ねた水泳の第93回日本選手権が16日まで25年ぶりに名古屋市で開催。リオ五輪で活躍した萩野公介や瀬戸大也、池江璃花子選手ら昨年のリオ五輪で活躍した選手の出場や日本記録更新ラッシュで日本ガイシアリーナは盛り上がりを見せたが、豊田市平芝町の生花販売、花成が入賞者に手渡すビクトリーブーケや会場を彩る鉢花を提供した=写真㊦。
20170420花成2
【後藤】


魁夷大作の障壁画68面公開 豊田市美術館 唐招提寺開祖・鑑真の苦難表現
20170420《唐招提寺御影堂障壁画 山雲》(部分)1975(昭和50)年 唐招提寺蔵 (2)
 戦後の代表的日本画家、東山魁夷が10年かけて制作した唐招提寺御影堂の障壁画展が22日から、豊田市小坂本町の市美術館で開催される。多くの苦難を乗り越え中国から来日し唐招提寺を開基した鑑真和上に捧げるため、日本や中国各地を歩いてスケッチを重ね、全身全霊を持って臨んだ作品。豊田市、中日新聞社、日経新聞、ひまわりネットワークなど主催。6月11日まで。
【鬼頭】


関谷醸造 稲武工場で仕込みツアー 蔵見学や杜氏がレクチャー
20170420酒造り体験
銘酒「蓬莱泉」で知られる関谷醸造(北設楽郡設楽町田口、関谷健社長)が名古屋市西区で展開する人気の日本酒バー「圓谷」が22日、豊田市黒田町(稲武地区)の酒造工場「蓬莱泉吟醸工房」で仕込みツアーを催す。
【後藤】


観光庁優秀事例に 豊田プレステージ 清掃業務でカイゼン取り組む
2017420豊田プレステージ
 豊田プレステージホテル(喜多町、稲熊真佐子社長、資本金1000万円)は昨年から公益社団法人日本生産性本部講師から労働生産性向上のセミナーを受講、施設で取り組む課題を見つけ、参加者の前でプレゼンテーション。参加者投票で優秀と認められ、観光庁に参考となる「宿泊業の生産性向上事例集」として紹介されている。稲熊社長は「大変栄誉なこと。まだまだ社内で向上させることはたくさんあり、今後ともスタッフと取り組み、仕事の効率がアップするような環境づくりを継続していきたい」と話している。
【後藤】


豊田舞台の映画 「星めぐりの町」撮影快調 17、21日市民向け見学会
20170420小原ロケ
豊田市舞台の映画「星めぐりの町」(黒土三男脚本・監督)の撮影はほぼオールロケで3月末から始まり、4月末終了に向け大車輪。
 17日午前11時前から、小原地区の永太郎町洞の文化展示施設「和紙のふるさと」和紙工芸館裏で撮影見学会が行われ、主演・小林稔侍さんと一般オーディションで選ばれた豊田市在住の少年役、荒井陽太君(11)の絡みのシーンを撮影した。
【鬼頭】


「こめったくん」で農業PR JA LINEスタンプ販売
20170420LINEスタンプ
 JAあいち豊田(西町、柴田文志代表理事組合長)は3日、同JAキャラクターで宣伝部長として子どもたちに親しまれている「こめったくん」を生かしたスマートフォン向け通信アプリ「LINE」のスタンプの販売を開始した。
【後藤】


松坂屋屋上 ビアガーデン20日開店 4月中フェア クーポン提示60分延長
20170420ビアガーデン
 豊田市中心市街地に昨年初デビューし旋風を起こした屋上ビアガーデン「ザ・プレミアム ビアガーデン豊田」が20日、市駅前の複合商業施設T-FACEA館(若宮町)にオープンする。7月末に開店した昨年から3カ月前倒し、10月末までと1カ月間期間を延長し需要を取り込む。屋上ビアガーデンとしては、国内最大規模の1200席を用意し、都市の知名度はあっても外から人が集まらない豊田で誘客を図る。
【後藤】


セレクトCMB 全国百貨店で限定展開 オーダースニーカーで差別化
娘が中国留学 現地製造者と関係構築

20170420オーダースニーカー
豊田市若宮町のセレクトショップCMB(篠沢佐代子代表)のブランドIDXJapanのカスタムスニーカーなどが多数並ぶ期間限定ショップ(POPUP)が豊田市西町の豊田松坂屋で18日まで7日間行われ、多くの人が自分好みのスニーカーを注文した。       【岡田】


豊田・寺部町 江戸期の長屋門公開 池坊が生け花展示
20170420花展示
 歴史ある佇まいが残る豊田市高橋地区、寺部町に残る江戸時代の遊佐家と松本家の長屋門の春の特別公開が8、9日、開催された。華道家元池坊の青年部による花展や街並みを歩きながら地元ボランティアによる解説を聞き、多くの市民らが寺部の春のひとときを楽しんだ。
【後藤】


桃の産地猿投で受粉最盛期 満開を迎え春の風物詩 農家が雄しべに丁寧に
20170420授粉作業
 ピンクの花が満開を迎え桃源郷となっている桃の産地、豊田市猿投地区で栽培農家らが人工授粉作業に追われている。
 農家50戸でつくるJAあいち豊田桃部会では部会員が14日、舞木町にある桃のほ場で作業を行った。「白鳳」という品種の桃の花から採取した花粉を毛ばたきに付け、ピンク色に咲いた「川中島白桃」という品種の花の中央にある雄しべにやさしく丁寧に花粉を付けていった。
【後藤】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop