新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4547号(2014/09/25発行)

北地区再開発 地元商店
閉店セール相次ぐ 工期遅れても予定通り?

20140925北地区
昨今の建設業界事情などから豊田市駅前北地区再開発の着工遅れが明らかになったが、一方で同地区再開発の地権者でもある商店の閉店セールが9月に入って相次ぎ、仮店舗への移転も進んでいる。解体・着工は来年3月に同時スタートの運びだが、11月解体予定だったため仮店舗営業や閉店セールが長引くケースもあり、戸惑う店主もいる。


呉服の川平屋創業120周年 
池坊美佳さん記念トーク 「守る強さ 変えていく強さ大切」

20140925川平屋
豊田市挙母町の呉服店「和ギャラリー川平屋」(伊藤正人社長)は創業120年を記念した特別企画「華物語」の一環として19、20日、「和の心と日本の文化」をテーマにトークショーを行い、大勢の愛好家らが訪れた。 
 【岡田】


レースクイーンが盛り上げる
善都 名古屋北区の交通博に協賛

20140925乗車体験&フォトセッション風景
遊技業大手の善都(豊田市若宮町、都筑善雄社長)は19日、4月にグランドオープンした「ZENT名古屋北店」に隣接する「あいち自動車学校」(名古屋市北区)で開かれた「ふれあい交通博14」に協賛。「ZENT CERUMO SC430」の乗車体験やレースクイーンの「ZENTsweeties」2人が1日女性警察官に扮して会場を盛り上げた。
【後藤】


おいでんGP3部門に15店
ご当地グルメ王者 栄冠はどこの店に

豊田市の食材を使ったご当地グルメの王者を決める「おいでんグランプリ」が27、28日に豊田スタジアムで開かれる。豊田産業フェスタと同日開催で、4年目の今年は部門が3つに分かれ、多彩な15種類の料理が集結する。
20140925おいでんGP
市内には自動車以外にもさまざまな魅力がありながら、知られていないのが現状。おいでんグランプリは、市民が誇れる料理を創造することで地域を活性化することを目指したイベントとして豊田青年会議所(横山栄介理事長)設立50周年の2011年に始まった。
【後藤】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「絵本作家 鈴木まもる講演会」
 20日、みよし市三好丘あおばの三井アーツホール。絵本と鳥の巣の不思議を語る。14-15時半。菓子・飲み物付1500円。要予約先着60人。同施設☎0561-36-6323

◇「月見のあかり展」
 20日、道の駅どんぐりの里いなぶ(武節町)。間伐材を使った木製ランプシェードを飾り、稲武小4年有志がミュージックベル&うた、地元ママたち「まあむ」ゴスペル風コーラスなどがミニコンサート。月見そばやラーメン、炭焼きフランクなどを販売。夕暮から20時まで。雨天中止。同施設☎82-3135

◇「音楽でつなごう心の輪 サンライズコンサート」
 20日、旭中学校体育館(杉本町)。旭交流館(三宅美代子館長)と旭中(伊藤秀治校長)、同地区コミュニティ会議文化部会(鈴木多枝子部長)、青少年育成部会(松井恒雄部長)共催。豊田ゴスペルクワイアと旭中生徒が出演。10-12時。無料。旭交流館☎68-2215

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 20、21日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。20日は「はなかっぱ&篠ケ谷美穂」ライヴ。21日は烈車戦隊トッキュウジャーショーと住まいづくり相談会。☎37-7588

◇「豊田市民クラシックコンサート」
 20、21日、市コンサートホール(西町)。応募のあった市内在住・勤・学、出身の音楽愛好家計48組が独唱やピアノ演奏、弦楽合奏など日ごろの練習の成果を発表。20日は11時-19時25分、21日は11時-20時05分。各日500円。同施設☎35-8200

◇「和紙~washi~でグラスアートatおばら」
 20、21日、小原の国道419線沿い。店や施設の窓ガラスを和紙で飾る。20日は小原町の「品野屋」10時集合。21日は永太郎町の「紙の花」10時集合。昼食など持参。10-15時の好きな時間に参加可能。小原ペーパーアート・ファンクラブ奥村さん☎090-5631-0286

◇「石上誠 絵画展」
 21日までアート・スペース彩(栄生町)。10-18時。同施設☎35-8787。

◇「笑劇派」
 21日13時、喜多町の浄久寺。「お江戸でご猿」と「お江戸でご猿リターンズ~おれん逆襲の巻」。大人1500円、20歳未満500円、小学生100円。笑劇派☎34-1383

◇「秋のミュージックフェア」
 21日14時、丸山町のニューヨークパパ・カバハウス店。元教諭で豊田市深見町在住の歌謡シンガーソングライター鎌田雄二さん(ユージン)やアミューゼダンススクールのフラダンスなど。チャージ料当日1200円、予約1000円、フリードリンク付。同施設☎090-3857-8080。

◇「愛環いけばな協会展」
22日まで、松坂屋豊田店8階催事場(西町)。「花の和でつむぐ」をテーマに秋を彩る15周年記念展。入場500円。稲本さん☎32-1729

◇「動物愛護フェスティバル」
 23日、鞍ケ池公園四季の古里(矢並町)。20-26日の動物愛護週間に合わせ「迷子にしないで大切な家族を」をテーマにマイクロチップ読み取り機を使って迷子ぬいぐるみを探すゲームや市開業獣医師会所属獣医師、県動物保護管理センター職員がペット健康・しつけ相談、協力団体が犬のしつけデモンストレーション披露など。10-15時。市健康部保健衛生課☎34-6181

◇「立体手芸絵画 とき絵」
 26日まで、日南町のあんず茶屋。東新町の篠田明美さんの作品を展示。日・月曜定休。10-18時。同施設☎33-0964

◇「サンキューこころのほっとライン」
 30日まで。豊田市自殺対策予防月間の9月、心の相談電話「サンキューこころホットライン」を開設。17―22時。☎090-7911-5802

PageTop

新三河タイムス第4546号(2014/09/18発行)

北地区再開発50億円アップ
資材・人件費高騰 賃料などへの影響不可避

20140918豊田北/イメージパース
将来を見据えた豊田市中心市街地活性化の核となる「豊田市駅前通り北地区再開発」は、「挙母まつり」のある今秋着手予定の現市街地の解体工事が、諸般の事情などで来年3月に延びることが9月豊田市議会一般質問で明らかにされたが、185億円の総事業費も震災復興、東京五輪など最近の需給ひっ迫で50億円増の約235億円となることが試算で分かった。国や市の補助金などの増額で一部をカバーする算段だが、圧縮努力してもテナント賃料やマンション分譲価格への反映は避けられない見通しだ。
 【鬼頭直基】


みよし市議選 三好丘旭の渡辺氏擁立
トヨタ労組 初の議員2人体制へ

 来年4月のみよし市議選(定数20)でトヨタ自動車労働組合(鶴岡光行執行委員長)は新たに下山工場勤務の渡辺郁夫氏(44)=三好丘旭=を擁立する。同労組では渡辺氏に加え現職2期の高木和彦市議(51)=東山台=の2人を次期選で推薦する構えで、同市議会に複数の議員を送り込むのは初めて。渡辺氏は今月30日にカバハウス(丸山町)である労組の評議会で承認された後、正式に名乗りを挙げる。
【九郎田】


往年の昭和歌謡に合わせ運動
「敬老の日」合わせ ホリデイスポーツ 高齢者から好評

20140918ホリディスポーツ
 70年代の懐かしい曲を聴きながら全身運動で体を動かす「青春体操」が豊田市丸山町の「ホリデイスポーツクラブ豊田店」で行われ、60歳以上の参加者から好評を得ている。15日の「敬老の日」に合わせ、60歳以上の会員と、会員から招待パスポートを受け取った一般人向けの9月限定無料プログラム。利用者からは早くも「期間限定ではなくもっと続けてほしい」と惜しむ声が出ている。
 【瓜生】


要望応え永代供養強化
豊田・小坂の洞泉寺 桜の木の下やペットと一緒
今月23日 秋のお彼岸で「寺子屋人生塾」

20140918洞泉寺
豊田市小坂町の霞渓山・洞泉寺では永代にわたって寺に供養や管理をお願いする「永代供養」に力を入れている。少子高齢化や核家族化、離婚の増加などにより社会構造は大きく変化。「跡継ぎがいない」「身寄りがいない」「息子や娘に迷惑をかけたくない」などの切実な要望に応え、開院700年、浄土宗総本山知恩院の直末という由緒ある寺にもかかわらず、現代人に新しい墓のあり方を提案。吉田法明副住職(45)は「当たり前が当たり前でなくなっている時代、求められるものが変わり、寺も変化していかなければならない」と話す。
【後藤】


中高年 昭和歌謡口ずさむ 竜神交流館で「歌声喫茶」
20140918歌声喫茶
豊田市竜神交流館(竜神町)で7日、市内深見町在住の歌謡シンガーソングライターユージン(鎌田雄二)さんらが歌声喫茶を行った。年4回行われる竜神サロンに招かれた。   
 ユージンさんと岡崎市在住の演歌歌手かず葉さんがソングリーダーを務め、音楽仲間2人が打楽器で盛り上げ、100人を超える参加者が「学生時代」「思い出の渚」など懐かしい昭和歌謡を歌集を手に、一緒に口ずさみ楽しんだ。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

わが街わが人~夢~

父と二人三脚で技術磨く
日本Jrゴルフ選手権に出場 伊藤夏樹さん


20140911わが街我が人

豊田市石野中3年の伊藤夏樹君(14)=芳友町=が8月20-22日に埼玉県であった「日本ジュニアゴルフ選手権」に中部代表として出場した。結果は32位だったが、予選をかねた中部大会では優勝するなど全国レベルで戦う手応えをつかんだようで「技術的には充分やれた。今後は相手を意識せず自分のプレーに集中できる精神力を磨かなくては」と目標を語る。
 大会には12-14歳の中学生54人が出場。3日間の日程で行われ、トータルスコアを競った。伊藤君は初日と2日目をそれぞれ77、76のスコアでまとめ予選を通過。決勝ラウンドに進出したが最後に81と大きくスコアを崩した。「予選を通過し安心してしまった。何より上を目指す気持ちが足りなかった。来年は優勝だけを見据え調整したい」
 一方、本戦前の予選では過去最高のプレーを見せた。予選通過を最低限の目標に挑んだ県大会。「ゾーンに入ったというか何から何まで上手くいった」と振り返るようにドライバー、アイアン、パターとも絶好調で、自身のベストスコアを3打更新する67を叩き出し2位に食い込んだ。
 さらに勢いは東海、北陸の代表50人がエントリーした中部ジュニア選手権(2日間)でも続いた。両日とも気温が37度に迫る中、初日をイーブンで回り3位に。優勝を意識したのか2日目はOBを叩く場面もあったが、ショートアイアンがキレをみせ6バーディー、4ボギーの70で回り、初優勝を手繰り寄せた。
 ゴルフを始めたのは2歳。父親の練習に付いていったのがきっかけで、自然とクラブを握るように。これまで教室に通うなど専門的な指導を受けることなく、父親と二人三脚で技術を突き詰めてきた。本格的に大会に出場するようになってからもスタイルは一貫しており、父親への信頼は絶大だ。
 「将来はプロになることしか考えていない」と伊藤君。授業後にはゴルフ倶楽部大樹豊田コースで毎日練習、土日曜は県内の強豪・栄徳高の部員に交じりコースに出るなどゴルフ中心の日々を送る。「上に行くための努力だからすごく楽しい。将来賞金王になれるよう頑張りたい」と力を込める。 
【九郎田】

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「ヘッドマッサージ講座」
 12日、風の道ギャラリーかしわや(元城町)。解毒、顔のリフトアップ、眼精疲労などに効果がある。13-15時。おやつセットとテキスト、教材費込4200円。タオルと卓上鏡持参。同施設☎35-6886

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 13-15日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。13日は敬老の日イベントでマグカップ作りなど。14日はハピネスチャージプリキュアショーと住まいづくり相談会。15日は絵本の上手な読み聞かせ講座やかけっこ&縄跳び教室など。同施設☎37-7588

◇「救急の日 書道展」
 13日まで保見交流館(保見町)。9日の「救急の日」を含む救急医療週間中に応急手当の普及と救急車の適正利用を呼びかける救命をテーマにした書道作品展を貝津町の径香書道教室の協力で開催。市北消防署管理課保見出張所☎43-1630

◇「足助こども消防ひろば」
 13日10時、桑田和町の市足助消防署。こども消防レスキューやハシゴ車体験、防災パネルシアターや非常食試食など。市足助消防署管理課☎62-0180

◇「西山自治区敬老会」
 14日11時、西山区民会館。敬老会で99歳の成瀬ゆきえさんが日本舞踊を披露する。同施設☎32-5112

◇「癒しスクエア&ママン・マルシェ」
 14日、コモ・スクエア(喜多町)。ハンドマッサージや整体、ヒーリングなどの癒しスクエアと雑貨やクラフトなどのママン・マルシェ。10-16時。予約不要。ルーコ&エスポアール☎34-2171

◇「みよし市郷土芸能伝承活動発表会」
 15日、みよし文化センターサンアート(三好町)。お囃子、棒の手、巫女舞、和太鼓演奏など。13時半から16時15分。無料。市歴史民俗資料館☎0561-34-5000

PageTop

新三河タイムス第4545号(2014/09/11発行)

旭地区後継 鈴木元市部長打診も固辞
豊田市議選「自由投票」の様相高まる

来年4月の豊田市議選で後継問題が難航している旭地区で、先週、全自治区長の総意とし地元稲垣幸保後継に元豊田市産業部長で都市と農山村の交流をコーディネートする「おいでん・さんそんセンター」(足助支所内)所長の鈴木辰吉氏にお願いした。稲垣市議が引退表明後、鈴木氏を後継指名したのは6回目。鈴木氏は「現在の都市と農山村をつなぐ仕事にやりがいを感じており、議員は自分の性分に合わない」と丁寧にきっぱりと固辞。当初、「地域からの擁立を断念して自由投票に」という最悪の想定があったが、いよいよ現実味を帯びつつある。
【後藤】


豊田市内に『マックスバリュ』初進出 来年8月オープン予定
今夏格安スーパー「カネスエ」4店一挙開店

 大手スーパーマックスバリュが来夏、豊田市元宮町に初進出-。かねてから噂されていた大手小売業イオン(千葉市)系スーパー、マックスバリュが、豊田市内では初めて元宮町に進出することが分かった。同町1のパチンコ店「Aパンクラブ93」と同時に整備するもので、総面積は計約9500平方㍍。11月中旬着工、来年8月中旬オープン予定。市内の市街地では中規模スーパーの進出が続いており、スーパー戦争は激化の様相。
【鬼頭】


初のオリジナルCD販売 みよし市アイドル「ピンクフォックス」
20140911ピンクフォックス
みよし市のご当地アイドルグループ「ピンクフォックス」が初のオリジナルCDを18日、販売する。イベントなどで披露してきた4曲を収録した。
【九郎田】


地産地消イベント 新鮮な農産物並ぶ みよし市
20140911みよしイベント
地産地消を促す市民向けイベント「ふれあいフェスタ」が6日、みよし市打越町のさんさんの郷であった。JAあいち豊田はじめ各団体が農産物を販売したほか、フリーマーケットや工作ブースなども設けられ多くの家族連れで賑わった=写真。


豊田市美術館で朗読野外劇
日没前の空間で独自の演出
 公募した50人「ハムレット」上演

豊田市美術館(小坂町)の空間を活かした朗読野外劇「ハムレット」が14日、行われる。公募で集まった出演者らは本番に向け練習に取り組んでいる。
20140911朗読劇
市美術館が主催するミュージアムフェスタの市民企画事業の一環で、普段演劇に触れたことのない市民が主役となり気軽に演劇に触れる機会を提供しようと企画した。公演は企画ごとに公募で参加者を募り、手弁当で運営し3回目。
【岡田】


宮口もども園 甘くて美味しい 園児50人ブドウ狩り楽しむ
20140911ぶどう狩り
豊田市宮口こども園(前田真由美園長、園児204人)の5歳児60人が2日、園近くの福岡秀孝さんの「福岡ぶどう園」(天王町)でブドウ狩りを楽しんだ。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
6、7日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。6日はオオクワガタ幼虫の掘り出し体験、7日は住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「とよしんcup少年サッカー大会」
 6日9時、豊田スタジアム(千石町)。小学4年生以下の市内チームを含む12チームでトーナメント戦とフレンドリーマッチ15試合。ゲームや抽選会なども。無料。豊田信用金庫・土屋さん☎36-1380

◇「思春期教室公開講座」
 6日、スカイホール(八幡町)。中学3年を対象の思春期教室の保護者向け公開講座。10時-11時半。市内在住の中学生の保護者など80人を募集。無料。市子ども家庭課☎34-6636

◇「オカリナコンサート&新美南吉童話語りと音楽」
 7日、シティカフェ(御幸本町)。朗読は「ごんぎつね」「手ぶくろを買いに」、演奏は「さとうきび畑」「Let it go」など。チャージ料無料(飲み物代のみ)。同施設☎29-2480

◇「歌声喫茶」
 7日、竜神交流館(竜神町)。元教諭で豊田市深見町在住の歌謡シンガーライター鎌田雄二さん(ユージン)と「学生時代」「思い出の渚」など昭和歌謡を一緒に歌う。10-12時。参加費100円。定員120人。申込み不要。

◇「親子消防ふれあいひろば」
 7日、市北消防署(四郷町)。消防音楽隊演奏や救急マンショー、ハシゴ車の試乗、起震車体験など。9時半-13時。市北消防管理課☎43-2130

◇「市史講座 江戸時代の山村と猿投神社の仏像」
 7日、市中央図書館(西町)。中部大人文学部教授の篠宮雄二氏が「江戸時代の山村と百姓のイエ」、県芸術大名誉教授の山﨑隆之氏が「猿投神社の仏像―廃仏毀釈を越えて」を演題に話す。13時半-16時。市史編さん室☎36-0570

◇「Jポップを踊ろう」
7、14、21、10月5、12、19日、青少年センター(東梅坪町)。ストリートダンスを楽しむ6回講座。Jポップに合わせたダンスをマスターし11月8日の同市桜町本通りの「八日市」で披露。18時-19時半。市内在住・学・勤の18-39歳の独身男女先着10人を募集。参加費2000円。同施設☎32-6296

PageTop

新三河タイムス第4544号(2014/09/04発行)

杉浦昇市議後継 倉知元秘書 宮本剛史氏
梅坪台一枚岩で支援体制

20140904市議選
 来年4月の豊田市議選で杉浦昇市議=3期、梅坪町=が引退表明して以降、後継問題が難航していた新興著しい浄水を抱える梅坪台地区で、後継者に倉知俊彦県議秘書、宮本剛史氏(38)=浄水町原山=が正式に決まった。杉浦市議が強調していた「各自治区単独ではなく梅坪台が一枚岩になれる認められる人材を」という基準に当てはまり、選考委員会で後継指名された宮本氏と杉浦市議は固い握手で協力体制をアピールした。
 【後藤】


人事面で「太田色」打ち出す 新教育長に福嶋元企画政策部長
教育委互選で決定へ

20140904福嶋部長
豊田市は9月末に任期満了となる笠井保弘教育長の後任に福嶋兼光元市企画政策部長を充てることとし、5日開会の9月市議会定例会(会期30日までの26日間)の同意を得て任命する方針だ。議会同意とその後の教育委員会の互選で決まる予定。太田稔彦市長は就任当初、「1期目は鈴木公平前市長時代の方針を踏襲する」などと話していたが、鈴木前市長が慎重だった防犯カメラ条例、南部地区への診療所整備に続いて、人事面で「太田色」を打ち出し、一枚岩で市政運営を図る。
 【鬼頭、後藤】


参加者減に歯止めを
おいでんまつり 踊り手が意見交換

20140904おいでん
豊田の夏の風物詩「おいでんまつりファイナル」のあり方について語り合う意見交換会が30日、錦町の市福祉センターで開かれた。2007年の規模縮小以降、右肩下がりに踊り手が減る中、魅力的なまつりを市民目線でつくりあげようとNPO法人おいでん(安本和外代表)が初めて企画。各踊り連のメンバーを中心に50人が参加し、不満や改善点などをぶつけ合った。
【九郎田】


内田クリニック 写真展「母と子の絆」
出産控えた妊婦 穏やかな表情並ぶ 子育ての大切さ感じて

20140904内田クリニック写真展
豊田市喜多町の老舗産婦人科医院「内田クリニック」でこのほど、妊婦の穏やかな表情を収めた写真展「母と子の絆展」が開かれ、3日間の期間中患者や近所の女性らが訪れ、これから無事の出産と子どもの健かな成長を願う親として芽生えた愛情たっぷりの表情に見入った。 
【後藤】


3人で豊田の魅力発信 PR大使2期生決まる
20140904PR大使
豊田商工会議所は豊田市の魅力を発信する「とよたPR大使」の2期生3人を決定した。任期は1年。任命式が29日、小坂本町の会議所であり、意気込みを語った。
 任命されたのは、豊田高専専攻科1年の下家優さん(21)=宮町、愛知淑徳大3年の光岡真里奈さん(21)=田中町、豊田信用金庫土橋支店勤務の渡辺知香さん(23)=岡崎市。56人の応募から書類、面接審査を経て選ばれた。今後、市内外のイベントやメディア出演を通じてPR活動する。
【九郎田】


豊スタで7日「エイサーまつり」 ディアマンテスが出演
屋台も出店 本場沖縄から大学生も参加

沖縄の伝統芸能エイサーを中心に沖縄文化の普及と交流を深める「第35回豊田沖縄ふれあいエイサーまつり」が7日、豊田スタジアム(千石町)で開かれる。
20140904エイサー
県内外から15団体が参加。沖縄から名桜大の学生チーム「名桜エイサー」も集い、本場エイサーを披露。地元の豊田沖縄民謡同好会も出場する。ゲストには沖縄を拠点に「ガンバッテヤンド」「勝利の歌」などのヒット曲で知られる「DIAMANTES」が出演する。
 会場では琉装や好きな団体の衣装を着て写真を撮ることもでき、豚の角煮、ソーキそばなど沖縄の屋台も多数出店し見どころ満載。
【岡田】


竹灯篭灯し月見会
6日増福寺 地元演奏家も出演

20140904竹灯篭
 豊田市小渡町(旭地区)の中心にある風鈴寺こと増福寺境内で6日、「夢竹灯籠と十五夜お月見」が開かれる。
 小渡自治区(鵜居利行区長)で河畔林や小渡城址整備などを行う小渡山里愛護会(松井三樹雄会長)が伐採した竹を利用して灯籠を作り5年前から実施している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop