新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 6日まで、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。30日は、ものづくり体験、キッズクラフトガーデン。1日は「習う!もらう!癒される!春らんまん花時間」。2日はお笑い劇団「笑劇派」爆笑ステージ。3日は住まいづくり相談会。4日は「スーパーマリオブラザーズマリオがやってくる」とお菓子争奪「だるまさんがころんだ」大会。5日は手裏剣戦隊ニンニンジャーショー。6日はホテルトヨタキャッスルのマスコット「キャッスルくん」がやってくる。同施設☎37-7588

◇「語りで聴く人魚姫」
 3日、喜多町の珈琲工房「楽風」。長嶋浩さんのジュゴンの絵をバックにうめむらまりさんの語りを聴く。18時開演。同施設☎32-0233

◇「香恋の里 三河湖ウォークラリー参加者募集」

 6月6日、香恋の里(羽布町)。成人1人を含む4人1組250チームを8日まで募集。1チーム1万800円。香恋の里しもやま観光協会☎90-2530

PageTop

新三河タイムス第4577号(2015/04/30発行)

豊田市議選 自民系現職1人落選
地域推薦受ける岡田氏除き 無党派候補は全滅

 26日投開票の豊田市議選(定数45)は1地域で6人が立候補した高橋南部(美里・益富地区)で現職3人と自民系新人の当選にとどまる一方、自民系で2人に割れた豊田西部で新人2人が入った。自民系では南部派が13人を維持する一方、北部派が旭と松平地区で擁立を断念したのに加え、藤岡地区で現職1人が落選。八木哲也氏が国政に転じ空白だった高橋北部では後継者の自民系新人が初陣を飾った。来年2月の市長選を控え、自民系市議の果たす役割は大きいが、バッチを外した倉知前県議の影響力は落ちると見られ、鈴木雅博新県議にのしかかるプレッシャーは大きい。  
20150430浅井保孝
(元豊田市部長の父・弘氏とお礼をする浅井氏)
20150430原田隆司
(光岡前市議からバッジを引き継ぐ原田氏)
2015043みずのさん
(八木代議士とともにバンザイする水野氏)
【後藤】


みよし市議選 現職13人揃って当選 
新人林文夫氏トップ掴む

 みよし市議選(定数20)は26日投開票し、現職13人が揃って当選を果たした。当初の予想通り4人出馬の三好上行政区内が激戦に。当落線上で現職3人がしのぎを削る一方、知名度の低い無党派新人が涙を飲んだ。打越でも現職、元職が一騎打ち。行政区推薦を受ける現職に元職が迫ったが、一歩届かなかった。民主系は盤石な組織力で上位を固めたほか、無党派現職2人も躍進した。
20150430林さん
(トップ当選を果たし、支援者に大きな拍手で迎えられる林氏と妻、真由美さん)
20150430渡辺さん
(組織力に支えられ初当選したトヨタ労組の渡辺氏)
20150430広瀬さん
(区民の団結力で当選を掴みバンザイする広瀬氏)
【九郎田】




街中の買い物難民救います
玄関先に生鮮品など400点積む軽トラ やまのぶ27日から事業化

20150430やまのぶ
街中の買い物難民救います-。食品スーパー「やまのぶ」を豊田、岡崎市内などで展開する山信商店(豊田市、山中浩晃社長、資本金4990万円)は街中の買い物難民向けに生鮮食品などを積んだ軽トラックを消費者宅の玄関先に付け、商品を購入してもらう移動スーパー事業をこのほどスタートさせた。高齢化などで買い物に行けない人が増える中、市内でもネットなどで注文を受け付けるサービスが広がっている。山中社長は「商品を手に取り選ぶ買い物本来の楽しみを提供していく」と話す。


個性豊かな力作55点 5月2日、3日つどいの丘 石愛好家が展示
20150430石愛好家
藤岡愛石会が5月2、3日、豊田市西中山町の全トヨタ労連研修センター「つどいの丘」で「第19回愛石展」を開く。50代から80代の男性会員22人が川などで採取した石を動物、滝、山などに見立て、手作りの台座や水盤に乗せた個性豊かな水石作品55点が並ぶ。
【瓜生】


稲武の自然を満喫 5月17日 10周年記念ウォーク
20150430歩かまい稲武
 豊田市稲武地区で春の訪れや豊かな自然を感じながら歩くウォーキング大会「歩かまい稲武」が5月17日、どんぐり工房(武節町)を発着点に開かれる。10周年の節目の大会で実行委員会では「自然豊かな稲武の魅力に触れてほしい」と話している。
【後藤】


小原地区 安藤、二村氏初の出展
10日まで 県産工芸展 名古屋・古川美術館

20150430あおこち蒟醬箱302-3

20150430童夢302-4
愛知初の愛知県産工芸展「メイド・イン・愛知-工芸の架け橋」が古川美術館(名古屋市千種区)で開かれ、豊田市出身の和紙・漆作家安藤源一郎氏(39)と和紙作家二村純生氏(48)が作品を展示している。10日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 25、26、29、30日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。25日はGO!プリンセスプリキュアショー。26日は手裏剣戦隊ニンニンジャーショーと住まいづくり相談会。29日はオオクワガタのつかみ採りと世界のクワガタ&カブト展など。30日は「ハンカチ絞り染め」や「ダンボールで鎧兜を作ろう」などキッズクラフトガーデン。同施設☎37-7588

◇「論古書展」
 24―26日、豊田市民文化会館(小坂町)。論古社(伊保町)の生徒らの書や刻字など約400点。特別展示「現代中国書作家展」は劉藝氏の5作品。10-17時。論古社 安藤豊邨さん☎45-6404

◇「石黒美行 陶展」

 28日まで、みよし市黒笹町のギャラリーCar-Den。豊田市御作町の石黒氏の作品。同施設☎0561-35-5015

◇「ナショナルデー ポーランド」
 26日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。世界遺産の古都クラクフや妖精の町ヴロツワフ、水都ビドゴシチなど都市によって異なる魅力をもつポーランドの歴史や文化、食べ物などをポーランド北部の都市グダニスク出身エヴァ・オオサワさんが紹介。エヴァさん手作りのポーランドの揚げ菓子「ファボルギ」の試食、先着100人。無料。申し込み不要。市国際交流協会☎33-5931

◇「消防ふれあいコンサート」

 26日、鞍ケ池公園プレイハウス(矢並町)。消防や火災予防をPRする市消防音楽隊がブラスバンドの楽しさとカラーガードの華やかさを知ってもらおうと毎年開催。アンパンマンのマーチやイスパニアカーニなど6曲を演奏。ひまわりフェアリーズの演技やファイヤーマンショーなど。11時半-12時半。無料。市消防本部☎35-9717

◇「豊田西校吹奏楽部定期演奏会」
 26日、豊田市民文化会館(小坂町)。組曲「惑星より 木星」やアンデルセン「雪の女王 ゲルダの鏡」、時代劇メドレーなど。14時開演。無料。同校☎31-0313

◇「第15回平和リレー講座」
 29日。戦後70年となるが、「豊田でも戦争があった」ことを集めた証言や資料を毎年8月『戦争展』として市内で展示するなどしている市民団体。
 講座は毎年、戦争展に向け、市内各所に住む戦争体験者などを訪ね、戦争の実相を聞き、資料や地元の戦跡を訪ねる催しだが、今回は出征兵士約650人が戦死した挙母地区にある挙母神社や終戦前日に3発の模擬原子爆弾の爆撃を受けたトヨタ本社周辺、終戦の1945年春から朝鮮人労働者らによる突貫工事で建設された同社の半地下工場跡などを訪ねる。
 午前9時半、市民文化会館南の枝下公園集合。貸切バスで回る。参加費1500円(弁当は各自持参)。
 問い合わせは冨田さん☎53-3357

PageTop

新三河タイムス第4576号(2015/04/23発行)

26日の投開票日まで激しく戦う
豊田市議選 「維新」旗頭に「豊田改革宣言」 注目候補の出陣式追う

豊田市議選(定数45)は19日午後5時に立候補の受付が締め切られ、52人が届け出た。現職33人、元職2人、新人17人。自民系では地区をしっかり線引きして地域に根ざした選挙を展開する一方、トヨタ系労組が擁立する民主系は組合員を動員した組織選を繰り広げる。公明、共産は現有議席確保、維新は豊田市出身の重徳和彦代議士が連日入り、同市で初挑戦。最大激戦区の高橋南部(美里・益富地区)では現職、元職、新人の6人が乱立。自民系1人を出してきた豊田西部では地域が分裂し2人が立ち激しい選挙戦を展開。過疎化が深刻な旧町村部では現職が引退する旭地区で後継者が決まらず、初めて地元議員が不在。注目地区の出陣式を追った。=関連記事(本紙)②-⑦面。

20150423鈴木さんとしげとくさん
(維新の重徳和彦代議士とガッチリと握手する鈴木候補)

20150423中西さん
(地区推薦がなくスーパー前などで街宣活動を展開する中西氏)

20150423ひえのさん
(中心市街地の商店街の役員らの前で意気込みを語る日恵野氏)

20150423みえさん
(街宣車で地区内をくまなく回り支持を訴える三江氏)
【豊田・みよし市議選取材班】


みよし市議選 定数20に22人が立候補
4人乱立で激戦 三好上 当落線上でしのぎ削る

みよし市議選は定数20に22人が立候補した。現職13、元職2、新人7人が26日まで熱戦を繰り広げる。特に4人が名乗りを上げる三好上行政区内が混戦模様で各陣営が危機感を募らせる。無党派層が多い北部地区では票が読めず苦しむほか、南部は打越で現職、元職が一騎打ち。トヨタ労組出身候補が2人になったことも各陣営に影響を与えそう。
20150423塚本さん
20150423河合さん
(出陣式で意気込みを語る塚本氏(上)と街宣活動する河合氏(下))
 【九郎田】


「エコールド・パリ展」開催中
鞍ケ池アートサロン6月7日まで シャガール、モディリアニ、ユトリロなど24点

トヨタ自動車所蔵の絵画を展示する鞍ケ池アートサロン(豊田市池田町)で企画展「エコール・ド・パリ 自由を謳歌する若きエトランジェたち」が開かれ、市内外から多くの愛好家らが訪れている。6月7日まで。 
20150423鞍ケ池アートサロン
 エコール・ド・パリは第一次世界大戦後の1920年ごろ、芸術の都パリに集まった外国人画家たちの総称。共通する画風や理論はなく、パリ中心部から離れたモンマルトルやモンパルナスに共同アトリエを構え、それぞれの故国の伝統や民族性などにパリの文化を溶け込ませ、各自の画風を展開し、2つの大戦の合間の平和な時代、パリの自由な空気が当時まだ無名だった画家たちの創作意欲を支えていた。今展ではエコール・ド・パリの作品とパリの華やかさが描かれた24点を展示する。
【岡田】


57匹掲げ「親子こいのぼり」 17日 大畑こども園
20150423こいのぼり
5月5日の子どもの日を前に17日、豊田市篠原町の大畑こども園(黒野巳保子園長、園児37人)の園児と保護者、地域の自治区関係者ら約100人が同園で「親子こいのぼりあげ」を行った。
 子どもたちの成長を願い地域住民と一緒にこいのぼりを揚げ、園児に地域を支える人へ感謝の気持ちを持たせようと30年ほど前から、同園東側の傾斜地、通称「ハイジの丘」に揚げている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「脇田万貴子 Band」
 18日、シティカフェ(御幸本町)。ジャズボーカリスト脇田さんと県内で活躍するピアノ、ベース、ドラム奏者が演奏。19-21時(2セット入れ替え無)。1500円(1飲物付)。同施設☎29-2480

◇「Wish Live」
 18日、ロッキン豊田店ライブホール(丸山町)。市内五ケ丘のWish ボーカル・ミュージックスクールのライブ。県内で活躍するTOY VOXとTUT-1026もゲスト出演。12時、17時半の2回。1500円(前売り1000円)。Wish豊田校☎36-5479

◇「とよたハウジングガーデン催事」

 18、19日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。18日はご当地アイドル「Star☆T」ライブステージ。19日はそれいけ!アンパンマンショーと春のハワイアンライブステージ、すまいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「彩と陶の調べ」
 20日まで、日進市米野木町の「ギャラリー森の響」。岡本達也さん=高岡本町=の水彩画と弟の岡本勲夫さん=花園町=の陶芸、義弟・杉江誠一さん=名古屋市千種区=の水墨画展。杉江尚子さんがピアノ演奏。10-18時。同施設☎0561-73-8763

◇「松田光司彫刻展」
 21日まで、豊田画廊(喜多町)。春日井市出身の彫刻家松田さんのバレリーナをモデルにした「夜会舞踏シリーズ」を中心にエレガントな作品を多数展示。10-19時。同施設☎37-8567

PageTop

新三河タイムス第4575号(2015/04/16発行)

豊田市議選 「定数45」に52人出馬情勢
都市部では維新、みんな善戦すれば自民系にも大きく影響

 19日告示、26日投開票の豊田市議選は定数45(1減)に52人が立候補を表明している。ここ数回、後継候補の擁立が難航し、年明けになって決まるケースが多かったが、今回は各地で早々と決まり、中でも高橋南部(美里・益富地区)では現職、元職、新人などが乱立して最大激戦地区。また1地域から自民系2人が出馬する豊田西部、地元有権者数が少ない合併町村や補欠選挙が無投票だったため初めての選挙で基礎票が把握できていない猿投地区の候補が当落線上に上がっている。前回高得票した現職は安心感から他候補に流れるため各選対も引き締めに躍起だ。
【後藤】


みよし市議選 各陣営が事務所開き
選挙ムード高まる

 22人が立候補を予定しているみよし市議選(定数20)。各陣営の事務所開きが10日から始まり、本格的に選挙ムードに突入した。票田が大きい一方、新興住民が多く投票率が低い北部地区。中部では4人が名乗りを挙げる三好上行政区内で激戦が予想されるほか、三好下、福田は草刈り場の様相を呈す。基礎票自体が少なく苦戦を強いられる南部地区と、どの陣営も予断を許さない状況だ。現職、元職、新人3候補の動向を追った。
 【九郎田】


無門福祉会 グループホーム新築
豊田市高町 プライバシーに配慮

20150416たかまちライブ
社会福祉法人・無門福祉会(三浦孝司理事長)は豊田市高町に知的障がい者向けグループホーム「たかまちライブ」を新築した。ワンルームマンションをつなぎ合わせたような造りで、プライバシーに配慮した。
 約330平方㍍の敷地に建物は木造2階建。20平方㍍の個室4室に加え、約33平方㍍の共有リビング・ダイニングを設けた。2階は職員の仮眠室や体験室として使用する。
20150416p-base 2
運動を通して介護からの卒業を目指す-。豊田市内でリハビリデイサービスを展開する「P-BASE」(坂元玲介代表)が清水町の国道155号沿いに新施設をオープンした。2012年の寿店に次ぐ2施設目。新たに訪問看護と認知症予防トレーニングを加え、複合施設として立ち上げた。
【九郎田】


シダレザクラ名木満開
稲武・瑞龍寺 幻想的な夜桜に酔う

20150416瑞龍寺②
豊田市稲武町の瑞龍寺(竪山裕一郎住職)境内の樹齢約370年のシダレザクラが現在見ごろを迎え、西三河や名古屋方面から訪れている。桜まつりが開催されている19日までの日没から午後9時までライトアップを実施。昼間とは一味異なる幻想的なサクラを楽しむことができる。
【後藤】


豊田看護専門学校40人入学
男子3人 上は34歳 元気になれる看護師に

20150416豊田看護学校
 豊田地域看護専門学校(近藤貴史校長、生徒120人)の入学式が8日、豊田市西山町の同校で行われ、新入生らは引き締まった面持ちで式に臨んだ。新入生は男子3人を含む40人で、社会に出てから看護の道を目指す生徒も多く、18歳から34歳までが気持ちも新たに希望を胸に入学の日を迎えた。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 11、12日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。11日は知育ブロックLaQゲーム大会。12日はウルトラマンタロウと遊ぼうと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「センチュリー室内管弦楽団定期演奏会」
 11日、市コンサートホール(西町)。モーツアルトの交響曲「プラハ」ニ長調やドヴォルザークの管楽セレナードニ短調などを演奏。14時開演。全自由1000円。高校生以下無料、未就学児入場不可。同団増田さん☎27-5414

◇「花まつりチャリティ筍コンサート」
 12日、寺部町の守鋼寺。ソプラノ歌手・竹内支保子さんとピアニスト・藤田理粧さんが演奏。「寺部大正琴の会」「みのりコーラス」、住職渡辺晃純さんから「仏さまの話し」。13-15時。高校生以上1000円。純益は東日本震災復興支援に充てる。同寺☎80-1250

◇「洋画 水野博子展-翔」
 12日まで、名古屋市中区のギャラリー名芳洞。人間の内なるものの表現にこだわり追求し、制作に取り組んできた主体美術会員で陣中町在住の水野さんの作品25点を展示。11-19時。水野さん☎31-2178

PageTop

新三河タイムス第4574号(2015/04/09発行)

県議選豊田市区 鈴木氏無投票で初陣飾る
候補者自身も支持数わからず残念

20150409鈴木さん
3日告示の県議選豊田市選挙区(定数5)とみよし選挙区(定数1)はいずれも定数と同じ5人と1人が届け出て無投票当選が決まった。本格的な選挙がないままの幕切れにどの選対からも「後援会組織の立ち上げからせっかく準備してきたのに候補の訴えができないまま決まってしまったのは残念」などの声が聞かれた。県議選の無投票は豊田市で8年ぶり、みよし市では旧三好町時代の西加茂郡選挙区だった2003年以来、12年ぶり。地域政党が送り出した前回とは一転、両市とも既成政党以外に新しい出馬の動きがなく、有権者が主義主張を聞く機会を失った。 
【後藤】


みよし市区 「新年と情熱を」 民主小山氏が3選
20150409小山県議
みよし市区では民主小山祐氏(36)=三好丘緑=が3選を決めた。後藤幸治事務局長(古本伸一郎事務所長)は「他の立候補がなかったのは小山県議の地道な地域活動、県政での活躍が認められている証拠。改めてみよしに小山ありと確認できた」と振り返った。
【九郎田】


下町唯一の八百屋 おふくろの味提供 豊田・桜町の「八百代」
20150409八百代
昔ながらの素朴な「おふくろの味」で常連客の胃袋を支えている豊田市桜町の「八百代商店」。店を切り盛りする相羽朝美さん(58)=西町=の曽祖母が始めた八百屋が起源で、約1世紀もこの地で続く老舗店だ。豊田市駅前通り北地区再開発(喜多町、河木照雄理事長)に伴い、古くから市民に愛されてきた下町の老舗が消える中、店舗は小さくなっても気概を見せる。
 【高瀬】


豊田市体協表彰 渡辺賞に全国一の松中弓道部
世界、全国大会出場者に賞状

20150409豊田市体協表彰
豊田市のスポーツ振興に貢献した人を称える2014年度市体育協会表彰式が27日、喜多町の名鉄トヨタホテルで開かれ、世界大会やアジア大会、全国大会に出場するなど優秀な成績を収めた144個人・団体を表彰した。豊田市を代表して全国大会で優秀成績を上げた選手団体に贈られる「渡辺賞」には全日本少年少女武道錬成大会弓道男子団体戦で優勝した松平中弓道部男子に贈られた。
【後藤】


創立10周年 青木幼稚園 卒園生の演奏で盛り上げる
28日記念式典 初の民間移管 節目祝う

20150409青木幼稚園
 創立10周年を迎えた豊田市青木町の学校法人希望学園青木幼稚園(森岡さつき園長)は3月28日、記念式典を行い、市や地域の関係者ら67人が10年間の思い出を語り、今後の発展を祈った。
 【岡田】


女子生徒117人迎え入学式
杜若高 開校40周年 共学化始まる

20150409杜若入学式
開校40周年を迎えた豊田市平戸橋町の杜若高で男女共学化が始まった。6日、入学式が行われ、新たに374人が入学。うち117人の女子生徒を迎え入れた。
 豊田市内には豊田大谷高(保見町)含め2校の私立高があるが、私学に女子生徒を通わせたいとする保護者や地域のニーズに合わせ共学化に踏み切った。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「桜並木の一般開放」
 4日、浄水町の愛知少年院。旧海軍名古屋航空隊の飛行場だった当時に植えられた桜を含む280本の桜並木。107本は市名木に指定。10-15時。10時半、11時半、13時半から同院概況説明会。同施設☎45-0511

◇「平戸橋桜まつり」
 4日、平戸橋公園一帯(平戸橋町)。野外ステージでは小原歌舞伎保存会や足助棒の手「近岡見當流」保存会など。手作りソーセージやアユの塩焼き、下山五平餅などの食品バザー。市民芸館では「芸能発表会」も同時開催。10-15時。平戸橋いこいの広場☎45-7977。市民芸館☎45-4039

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 4,5日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。4日はスタンプラリーで豪華おもちゃをもらっちゃおうなど。5日はおさがりマーケットや時短お弁当講座、住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「豊田フォトグループアイ」
 3-5日、市民ギャラリー(西町)。写真家石田真典氏の下、稲葉紀子氏、児嶌龍次氏、吉田幸子氏など全国公募で入選者約20人が入選作品や自信作を展示。10-18時。児嶌さん☎090-7692-3470

◇「そばまつり」
 4,5日、川の駅松平(瑞穂町)。そば打ち実演や体験、早食い大会など。4日はおやじバンド・ラ・シェリーや和太鼓かがり火の演奏と親子で紙工作。5日は和太鼓龍桜流やBD Gの演奏と親子で竹細工。山室花はうす、五平餅、陶芸家作品なども出店。同施設☎58-0988

◇「元気祭」
 4、5日、旭高原元気村(旭八幡町)。ハーレーダビットソン愛好家が集まる。飲食、物産ブースやステージイベントも開催。同施設☎68-2755

◇「観桃会」
 5日、猿投北交流館(加納町)。桃の花見散策や桃の花饅頭体験会ほか、ステージでは中京大ダンス部などが披露。9-13時。12日まで会議室を花見台として開放する桃の花菜ウィークも行う。月曜休館。9-16時。同施設☎45-5480

◇「六鹿花まつり」
 5日まで、六鹿会館(高岡町)。雛人形飾りと山野草、盆栽展など。5日10-14時花見茶会。1服300円。読み聞かせ会や農産物販売など。

◇「TIAナショナルデー バングラデシュ」
 5日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。バングラデシュ出身で市外国人市民会議メンバーのファテウル・イスラムさんが文化や建国記念日の過ごし方を話し、子どもたちが現地語で歌を披露。14-15時。無料。同施設☎33-5931

◇「小川喜数・国亜起2人展」
 7日まで、豊田画廊(喜多町)。日本画家小川国亜起氏と父親で小原工芸作家の故喜数氏の一般家庭でも飾りやすい小作品中心に展示。10-19時。同施設☎37-8567

PageTop

新三河タイムス第4573号(2015/04/02発行)

豊田市議選 豊田市西部 両者の対立鮮明
光岡市議地元 本地新田が勝敗の鍵

20150402豊田市議選
 19日告示、26日実施の豊田市議選に向けてムードが高まってきた。豊田西部8自治区では、さまざま情報戦が飛び交うなど北部の元会社員浅井保孝氏(53)と自営業原田隆司氏(52)の対立が目立ってきた。三浦派7期光岡保之市議=本新町=の後継者として統一候補の名の下、原田氏の擁立を決めたというが、北部の自治区は浅井氏に推薦状を出しており、ガチンコ選挙。勝敗の鍵は光岡市議の地元本地新田自治区が握る。地元老人クラブ「明朗会」(杉本巧会長)を中心に基礎票の多い北部・浅井派がやや優勢だ。
20150402豊田市議選2
【後藤】


みよし市議選 定数20に22人出馬予定 三好上、打越で激戦模様
みよし市議選(定数20)に1日現在、22人が立候補を予定している。うち現職13人、新人・元職9人。地区推薦を出さない行政区が増えているのが今選挙の特徴だが、大半の候補は地元行政区内を中心に支持基盤を固める構えだ。特に4人出馬の三好上、2人が名乗りを上げている打越で激戦が予想される。一方で票田が大きく、昨年12月末時点では4人の立候補も取りざたされていた三好下は1人のみになりそうな情勢。福田も候補擁立が難しい状況になっており、両行政区が草刈り場の様相を呈してきた。=関連記事②面。
 【九郎田】


「生活の党」から名乗り 名古屋市議選結果次第
高橋洋史氏

「生活の党」から河合町の元名古屋市議秘書、高峰洋史氏(42)が豊田市議選に出馬の意思のあることを表明した。ただし、12日投開票の名古屋市議選で同党から出馬の候補者が当選すると秘書に就くため出馬しない予定で、動向は不透明。
【鬼頭】

経験活かし逃げ切る
みよし市竹内さん 久米島トライアスロンで優勝

20150402トライアスロン竹内さん
 みよし市三好町東山のトライアスロン選手、竹内鉄平さん(38)が沖縄県で8日開かれた「第1回久米島トライアスロン」で優勝し、初代王者として大会の歴史に名を刻んだ。他レースも含め4年振りの優勝。竹内さんは「心技体とも充実して大会に臨むことができた。雄大な自然を楽しめたし、沿道からの応援も温かかった。やはり優勝は気持ちいい」と笑顔を見せる。
 【九郎田】


豊田商議所飲食業部会 初の「地産地消セミナー」
キャッスル総料理長創作

20150402豊田商議所飲食業部会
豊田市で2019年に開かれるラグビーワールドカップを盛り上げようと豊田商工会議所飲食部会(宮道千代江部会長)による「地産地消セミナー」が25日、ホテルトヨタキャッスル(喜多町)で開催され、会員ら約50人が豊田産の食材を使った弁当を試食した。
 今年に入り太田稔彦市長が地域の持続可能を実現するため地産地消「WELOVEとよた」を再び強調しているが、飲食店経営者らでつくる同部会が「会員から率直な意見を聞き、W杯開催時に高いもてなしで大会を成功しよう」(宮道部会長)と初めて企画した。
【後藤】


和食処「井筒亀」精肉店を改装 足助町
20150402井筒亀
豊田市足助町田町の老舗和食処「井筒亀」が店舗横の精肉店をこのほど、リニューアルオープンした。2011年に重要伝統的建築物に指定されたため外観はそのままで、内装を一新した。
【九郎田】


露・ソリスト、モロゾフ氏特別講習 「バレエスタジオフェーヤ」1日開校
水源町 開放的スペース「舞台に近い環境」

201050402バレエスタジオフェーヤ
ロシアの伝統を受け継いだ稽古や舞台創りを行う矢頭早弓さん(41)が1日、豊田市水源町に「バレエスタジオフェーヤ」を開いた。開校を記念し3月30日から3日間、新スタジオで露・ミハイロフスキー劇場ソリストのデニス・モロゾフ氏を招き特別講習会が行われ、未来のプリマが参加した。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop