新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

イベントガイド(今週号掲載分)

 ◇「とよたハウジングガーデン催事」
 30、31日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。30日は愛知県の地名を使ったルーレット。31日はウルトラマンエースと遊ぼうと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「エコットフェスタ」
 31日、環境学習施設エコット(渡刈町)。ミニエコ体験ブース「エコ屋台村」や「渡刈クリーンセンター見学ツアー」など。9時半-15時。無料。同施設☎26-8058

◇「多和田光男陶展」
 31日まで、アートスペース彩(栄生町)。土橋町の多和田さんの初個展。10-18時。同施設☎35-8787

◇「スニーカー展示会&オーダー受注会」
 6月2日まで、豊田松坂屋(西町)。10-19時。スニーカーカスタムオーダーPOPUP☎37-1677

◇「安藤和久 紙と漆展」
 6月3-7日、豊田市民文化会館(小坂町)。豊田芸術選奨受賞記念展。10-18時。同施設☎33-7111

◇「シライトソウが見ごろ」
 5月末ごろまで、和紙のふるさと(永太郎町)。シライトソウは白い花が天に向かって伸びるユリ科の多年草。月曜休館。9-16時半。同施設☎65-2151

◇「みよし夏の第九演奏会合唱メンバー募集」
 5月31日まで。小学5年以上を募集。演奏会は8月30日、みよし市文化センターサンアート(三好町)。練習は6月13日の発会式から毎週土曜15-17時(8月は変則)、同施設。参加費5000円(小中高生3000円)とチケット代1家族5000円負担。同施設☎0561-32-2000

 ◇「DV被害者支援のためのサポーター養成講座参加者募集」

 6月2日まで。全回出席できる市内在住勤の支援活動に関心のある女性20人を募集。講座は6月18、25日、7月9、16日の全4回、とよた男女共同参画センター(小坂本町)。10-12時。無料。同施設☎31-7780

PageTop

新三河タイムス第4581号(2015/05/28発行)

睦会会長に杉浦弘高氏
北部地盤の豊田市議でつくる 自民団長も務め手腕注目

 豊田市議会の最大会派自民クラブ議員団(28人)のうち、北部地区を地盤とする13議員で組織する「睦会」。松井正衛会長(69)=5期、保見ケ丘=の後任に杉浦弘高議員(68)=4期、四郷町=の就任が決まった。20日に開催された定例総会で決定した。改選後初めての総会で県議も11期44年間務めた倉知俊彦氏(倉知派)から鈴木雅博議員(鈴木派)に継承された。自民クラブ団長にも就き、倉知氏の引退で名実ともにリーダーとなった杉浦議員の采配に注目が集まる。
20150528睦会役員
 睦会は羽根田八束氏や岩松文一氏ら元古参市議らが創設した北部が地盤の市議の組織。1期4年の役員改選に伴い、交代した。松井前会長は八木哲也衆院議員が2012年12月に市議から国政へ転じたのに伴い会長に就き、特例的に2年5カ月間のみ務めた。
 【後藤真一】


連休明け 地権者に説明 マックスバリュ初出店中止
フェルナ新7店目井上町に 出雲殿跡に別スーパー

大手小売業イオン(千葉市)系スーパー、マックスバリュの豊田市内初出店取り止め-。計画では元宮町のパチンコ店「Aパンクラブ93」の再開発と合わせ、総面積約9500平方㍍を整備するものだったが、5月の連休明けにマックスバリュ側から地権者に対し「新規進出はせず、既存店整備に留める」と説明され、進出取り止めが明らかになった。
20150528フェルナ
20150528Aパン
半面、今年40周年を迎え市民に長年親しまれている売り場面積延べ2万2000平方㍍の大型スーパー、イオン豊田店(松ケ枝町)が今年夏で閉店予定など混沌としており、地元スーパー側も対応を迫られる。
【鬼頭】


「もみじまつり」 光テーマに60回記念催事
足助観光協会総会 田口新会長が就任

20150528足助観光協会
足助観光協会の新会長に田口敏男氏(67)=萬屋、足助町本町=が就任した。鱸雅守氏(64)=中立町=の後任で任期は2年。足助町の足助交流館で19日あった第11回通常総会で決まった。
 田口会長は、昨年6月まで足助町成瀬で「挙母石油」を経営。協会によると、これまで町役場OBや旧足助公社職員を起用してきたが、一般企業からの採用は初めて。
【九郎田】


中部盲導犬後援会 犬用医療機器贈る
豊田東名LC40周年事業 新会長に近藤修司氏

20150528殿塚理事長から感謝状を受け取る子ども会役員=豊田・上郷町の上郷交流館で
創立40周年を迎える豊田東名ライオンズクラブが支援する中部盲導犬協会後援会の斉藤勝会長の後任に近藤修司氏(豊田東名LC次年度会長)が就任する。上郷交流館(上郷町)で16日にあった総会で提案決定した。
【後藤】


浄土宗総本山 知恩院伊藤管長はじめて豊田に
洞泉寺 乗用車寄付のお礼

浄土宗総本山の京都・知恩院の伊藤唯真管長が21日、豊田市小坂町の洞泉寺を訪れた。
 大型バイク6台、黒塗り乗用車、ワンボックスカーなどに先導されたセンチュリーで午後2時45分ごろ、同寺に到着した伊藤管長らの一行は檀家衆ら約300人が合掌して迎える中、山門から玄関まで敷かれた緋もうせんの上をゆっくり進んだ。
20150528洞泉寺
洞泉寺の話では、知恩院管長が三河地方を訪れるの初めてという。
【鬼頭】


作家工房回り交流
30日 小原地区で恒例企画

20150528小原
和紙工芸作家の工房を訪問して作品を鑑賞し、作家と交流する「工房めぐり」が30日、豊田市永太郎町の和紙のふるさとと小原地区で行われる。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 23、24日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。23日は地元キャラクターを狙え!ご当地サイコロゲーム。24日はひつじのショーン ミニミニバラエティショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「細井邦博吹きガラス展」
 31日まで、美里のあとりえシトロエン。岡崎市の細井さんが花器やボール、コップ、カタツムリの皿など生活雑器約250点を展示販売。水・木曜定休。10-18時半。同施設☎80-5767

◇「森口沙也香イラスト展」
 31日まで、下山香恋の館(羽布町)。表現活動を通して活きた交流を目指す「青い金魚」(こうむらゆきな代表)会員の森口さんのイラストが並ぶ。火曜定休。10―17時。創作パフォーム青い金魚☎090-8327-4837

PageTop

新三河タイムス第4580号(2015/05/21発行)

豊田市議会臨時会 議長に神谷和利氏 年功より実力重視
2010521神谷 20150521ひえの
 申し合わせ任期1年に伴い、議会役職を改選する豊田市議会5月臨時会が15日にあり、議長には三浦派神谷和利議員(54)=柿本町=に決定した。6人でつくる選考委員の委員長、三浦派近藤光良団長(67)=西岡町=が頭を悩ませた副議長ポストには鈴木派日恵野雅俊議員(58)=西町=に決まった。いずれも最大会派自民クラブで4期。今年は中核市議長会長が回ってくるだけに議長が市外に出ることも多く、代理で来賓出席しあいさつする副議長も重要度が増していた。
 【後藤】


2代連続 近藤議長に
みよし市議会 慣例より経験重視か

⑥近藤鋓男
 みよし市議会(20人)の新議長に自民系最大会派・新世紀の会3期の近藤鋓男議員(71)=莇生町=が就いた。任期は申し合わせで2年。18日、臨時会を会期1日で開き、決まった。
【九郎田】


安永川 トンネルが完成
通水前最後のお披露目 24日ウォーキング大会

20150521貫通し大仕事を終えて喜ぶ工事関係者ら
 水害防止のため豊田市が進めてきた安永川の改修工事で長さ2・1㌔の新たなトンネルが完成した。24日には市民へのお披露目を兼ねた通水前に最後となるトンネル内のウォーキング大会が開かれる。豊田市主催。
【後藤】


下山地区に新名所誕生 
直売所とコンビニ併設 加藤オーナー 謝意貢献が今後の役目

20150521コンビニ開店
 豊田市下山地区にこのほど、新たに民間による名所がオープンした。同地区の特産で美味いと評判の五平餅などを売る直売所と野菜や米なども買うことができるコンビニを併設。オーナーとして運営する元村議で建設業、加藤建設会長の加藤繁広氏(65)=花沢町=は「トヨタ自動車研究開発施設ができる下山は可能性がある地域。行政だけに頼るのではなく地域活性化の拠点として育てていきたい」と話している。 
20150521ミネアサヒ
【後藤】


最多70組出演 第4回橋の下音楽祭 22日から
20150521橋の下
 海外も含めた多くのロックバンドなどが集まる「橋の下世界音楽祭」が22-24日、豊田市千石町の豊田大橋下千石公園で開催される。同市が拠点のロックグループ「タートルアイランド」(永山愛樹主宰)主催のフェスティバルで、今年で4回目。
【鬼頭】


立体手芸絵画の魅力知って
あんず茶屋29日まで 篠田さん指導の教室展

20150521立体手芸絵画
豊田市東新町の篠田明美さん(75)が指導する「とき絵」教室の展示会が日南町のあんず茶屋で開かれ、篠田さんと生徒7人が制作した季節の花や動物、風景などの立体手芸絵画が並ぶ。29日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「昭和歌謡歌声喫茶」
 16日、小原地区の「音やペンギン食堂」(北篠平町)。ソングリーダーは元教諭で市内在住の歌謡シンガーソングライターユージン(鎌田雄二さん)。13時半から。チャージ料500円、定員40人。同施設☎50-5157

◇「とよたハウジングガーデン催事」

 16、17日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。初夏の山野草と野生ラン展、ちびっこ縁日、ふわふわキッズガーデン。16日はシャボン玉パフォーマンスやシャボン玉に入って記念撮影。17日は仮面ライダードライブショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「ワルツ コーヒー教室 美味しい珈琲のいれ方」
 20日、みよし市三好丘あおばの三井アーツ。コツが分ればプロの味が楽しめる。実際に抽出しながら学ぶ。菓子付500円。要予約。先着30人。同施設☎0561-36-6323

◇「サンアートロビーコンサート」
 21日、みよし市文化センターサンアート(三好町)。ハンドベル、ピアノ弾き語り、歌の3団体出演。19時から。無料。同館☎0561-32-2000

PageTop

新三河タイムス第4579号(2015/05/14発行)

議長は神谷、近藤氏で調整 来年2月市長選控え自民団長も注目
 豊田市議会の役職を改選する5月臨時会が明日15日、会期1日(申し合わせ)で開かれるが、実質役職選考を決める絶対的与党・自民クラブの総会が今日14日にあり、最終的に今年度の体制が決まる。13日までの期数別の意見徴取を経て、主要を占める4期の中から市議会のリーダー鈴木派杉浦弘高市議(68)=四郷町=が強く唱える筋論でいけば、神谷和利市議(54)=柿本町=が有力、年功を重んじれば現在団長を務める近藤光良市議(67)=西岡町、三浦派=がそ上に上る。今期4年間の役員もイメージするなど幅広い見地に立ち、議論が進められている。
【後藤】


浅井市議 三浦派入り 両派重鎮「後援会の決定尊重」と冷静
倉知前県議「派閥云々の時代ではない」

4月26日投開票の豊田市議選の戦いの最中、倉知俊彦前県議派市議でつくる「睦会」とのかかわりを強めていた浅井保孝市議(53)が当選後三浦派に入った。だが意外に両派閥重鎮とも冷静だ。後援会幹部で緊急会議を開き決定。倉知前県議も「これからは倉知、三浦と言っている時代ではない。世代が変わり、浅井君にも気にすることはないと話したよ」と話す。
【後藤】


みよし市議会 2期連続議長へ 近藤市議が有力
みよし市議会(20人)の新議長に自民系最大会派・新世紀の会3期の近藤鋓男市議(71)=莇生町=の再任が有力と関係者への取材で分かった。任期は慣例で2年。18日に会期1日で臨時議会を開き、正副議長や常任・特別委員会の役職を一新するが、各会派間で調整が続いている。
【九郎田】


春の交通安全運動スタート
20日まで啓発展開 街頭で呼びかける
17日 スカイホールで啓発行事

20150514春の交通安全運動
「春の交通安全市民運動」(20日まで)が11日、豊田市内全域でスタートした。初日は全市一斉街頭活動が行われ、市内の自治区はじめ、事業所、団体などを中心に市民らが街頭に立ち、交通安全を訴えた。市区長会など111団体で構成する市交通安全市民会議(井原邦和会長=市区長会長)が主催。
【後藤】


葬儀業フューネ 三浦社長が「幻冬舎」から著書
終活のノウハウ伝授

20150514フューネ三浦社長
豊田市小坂本町の葬儀業フューネの三浦直樹社長(39)が終活のノウハウをまとめた著書「間違いだらけの終活」をこのほど、出版大手「幻冬舎」の経営者新書シリーズから販売した。自著出版は13年に次ぐ2冊目。両書とも終活をテーマに据えているが、今回はより踏み込んだ内容に仕上げた。三浦社長は「終活に関心を持つ人が増えているが、正しい情報を持たないまま進めている人が圧倒的に多い。自分に合った終わり方を導く手助けになれば」と話している。
 【九郎田】


杜若高 女子ダンス部が始動 学校行事での披露目指す
20150514杜若高ダンス部
豊田市平戸橋町の杜若高(鈴木利介校長)が共学化して1カ月。ハンドボール、剣道、バスケットボールなど各部活動でも女子生徒を迎え、練習に力を入れる。女子生徒のため新設されたダンス部では部員9人が8月の入学希望者向け学校説明会、10月にある文化祭での発表を目指し汗を流している。
【九郎田】


尾張拠点に活動「ケヤキ吹奏楽団」 難曲に挑み最後の仕上げ
24日サンアート 60人で多彩な演奏

尾張東部を中心に活動する「ケヤキ吹奏楽団」(西あゆみ団長)の定期演奏会が24日、みよし市文化センターサンアート(三好町)で開かれる。本番を前に団員らは真剣な表情で練習に取り組んでいる。
20150514ケヤキ吹奏楽団
 公演は、団員以外の音楽仲間も加わり、約60人が演奏。吹奏楽の父とも言われるアルフレッド・リード特集。「アルメニアン・ダンスパート1、2」「ハムレットへの音楽全曲」などを披露する。
【岡田】


豊田・本新町 光岡保之邸 慈善カフェ15日から
バラ見ごろ 砂漠化防止など支援

20150514光岡邸
チャリティー事業「ミュージック・ローズ・カフェ」が15日から、豊田市本新町の光岡保之さん宅の庭で行われる。NPO法人グリーングラスロッツ(光岡保之理事長)主催。17日まで。
 見ごろを迎えた500本の色とりどりの美しいバラなどたくさんの花が咲く中でカフェやランチを楽しみながらコンサートを鑑賞する。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 9、10日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。9日はわんわん動物園がやってくる。10日はGO!プリンセスプリキュアショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「第2とよた苑開設記念祭」
 9日、第2とよた苑駐車場と地域交流スペース(大清水町)。社会福祉法人恩腸財団愛知県同胞援護会(倉知俊彦会長)の特別養護老人ホーム第2とよた苑(倉知孝行施設長)の開設記念式典と模擬店や演芸発表など。11-13時半。同施設☎43-0672

◇「喜楽亭端午茶会」
 10日、喜楽亭(小坂本町)。10―15時。当日400円、前売り350円。豊田産業文化センター☎33-1531

◇「集い、愉しむ」
 31日まで、一宮市奥町のカフェギャラー「Dan Te」。豊田市加納町の螺澤智子さんの和紙と一宮市の土屋保徳さんの家具が並ぶ共同展示。金、土、日曜営業、10-17時。ワンドリンクオーダー要。同施設☎0586-61-5370

PageTop

新三河タイムス第4578号(2015/05/07発行)

イオン豊田店今夏閉店へ
今年40周年 現地立て替えの方向

 1975年開業で今年40周年を迎える豊田市広路町のイオン豊田店(河内元雄店長)が今年夏に閉店し、現地で立て替えする方向であることが関係者への取材で明らかになった。豊田市の市街地に位置するアクセスの良さから、多くの市民に親しまれ続ける同店。同店は「まだ何も決まっていない」と話している。
20150507豊田イオン
関係者には昨年末、今夏で閉店し、現地建て替えする方向だと伝え、本社のイオンリテール(千葉県千葉市、岡崎双一社長)などと調整を進めているようだ。
 イオン豊田店の川島修人事総務課長は「外部から今後について聞かれるが、何も決まっていない」と話している。
【鬼頭】


住みよさや魅力内外へPR 「豊田暮らし応援」が始動
20150507豊田暮らし応援
 豊田市は全国と比べて安価な保育料や乳幼児の保育施設受け入れ定員の拡大など全国的にトップクラスの子育て支援施策をはじめとする市のさまざまな取り組みを、主に結婚・子育て世帯を対象にPRする「豊田暮らし応援プロジェクト」を始める。同市では結婚から家族構成が変化する25-29歳の世代を中心に市外への転出が転入を上回る傾向にあるため、住みやすさの魅力を「コンセプトブック」と「専用ウェブサイト」を使って分かりやすく伝える。
【後藤】


駅前立地で学生に好評 青少年センターが移転
20150507青少年センター
豊田市東梅坪町から今年度、小坂本町の豊田産業文化センター内に移転した青少年の社会参画の拠点「豊田市青少年センター」が、活動場所や放課後児童クラブとして早くも利用者らに親しまれている。駅前立地で「車を持たない学生が公共交通機関で利用しやすくなり、利用者の増加を見込んでいる」と話す。
【後藤】


老舗の蔵解放 1500人が酔う 浦野酒造 春の恒例行事
20150507浦野酒造
日本酒に親しんでもらおうと創業150年の「浦野酒造」(四郷町)が26日昼、酒蔵を開放した。昔ながらの製法にこだわる酒蔵の見学ほか、冬に仕込まれた新酒を限定販売。雲一つない好天にも恵まれ、地元豊田市だけでなく名古屋方面などから昨年より500人多い約1500人が日本酒の魅力に触れた。
【後藤】


キングパン共同組合
給食で人気 米粉パンスーパー店頭に
市六次産業化塾契機 4種類商品開発 添加物未使用で安全

学校給食のパン屋として地元の子どもたちに親しまれる豊田市広美町のキングパン協同組合(倉橋良幸代表理事)が、4月から給食で人気の「米粉パン」を市内のスーパーで販売している。
20150507キングパン
米粉パンは、もっちりとした食感が特徴で、市内の小中学校で月1回程度出されているほか、安城市、知立市、西尾市などの一部へも提供している。児童、生徒から好評を得て、「家庭でも味わいたい」という声が寄せられていた。
【岡田】


日南町 宇井さんが17日ライブ
みよしカーデン 映画音楽聴かせる

20150507宇井さん
豊田市日南町在住のシンガーソングライター宇井かおりさん(44)が17日、みよし市黒笹町のCar-Denで映画音楽をメーンとしたライブを行う。
 ライブは学生時代の仲間の協力を得て、昨年に続く2回目。神戸市から招いた西村泳子さんのヴァイオリンと加藤雅夫さんのギターでケルト音楽やクラシック、ジャズなどが含まれる映画音楽を披露。オープニングには県内を拠点に活動する3グループも出演する。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop