新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「いじめとハラスメントを語り考えるミーティング」
 30日、足助病院(岩神町)。豊田市青少年相談センター指導主事の鈴木京子氏が「豊田市いじめ防止基本方針」について話す。10-12時。参加費100円。ボランティアサークル山里センチメンツFAX050-3156-7295

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 31、1日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。31日はお絵かきアクアリウム。1日はきかんしゃトーマスキャラクターショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「リハビリテーションロボットが作る未来」
 31日、市福祉センター(錦町)。藤田保健衛生大の才藤栄一副院長=写真が辛いリハビリに楽しさを感じてもらう活動支援ロボットの可能性を語る。14時半。先着500人。無料。豊田地域医療センター☎34-3094

◇「日本料理と洋酒の妙」
 31日、名鉄トヨタホテル(喜多町)。旬の日本料理とともに楽しむハイボールの美味しい飲み方をサントリー山田麻裕氏が語る。18時。7000円。定員25人。同ホテル日本料理みかわ☎35-6092

◇「卸売市場一般開放」
 31日、市公設地方卸売市場(高崎町)。しいたけ・柿・卵の品評会やマグロの解体即売会、活魚すくい。保冷材やクーラーボックス持参。9時半-11時半。同施設☎33-3421

◇「オードリー洋子with音Girls」
 31日、シテイーカフェ(御幸本町)。ジャズを女性だけのユニットが演奏するハロウィンパーティー。食べ放題と飲み放題付4500円。同施設☎29-2480

PageTop

新三河タイムス第4602号(2015/10/29発行)

上郷・高岡 合併50周年式典来年3月
住民の発意から実施 11月1日実行委 トヨタ張元社長講演予定

20151029合併50周年
 トヨタ自動車の工場群が集積する一方、農業も盛んな豊田市南部の上郷・高岡地区の「合併50周年」記念事業が来年3月の記念式典を中心に行われる。市と中山間地6地区との合併10周年は昨年、今年と年間を通じて多彩なイベントが催されているが、「これまで市の発展に大いに貢献し、市の人口・産業・税収などで存在感のある上郷・高岡地区との合併半世紀がスルーされては…」との住民の発意から実現する運びになったようだ。
【鬼頭】


製材工場 奈良の業者誘致
豊田市が協定 県内最大規模へ

20151029航空写真
市町村合併で面積の7割を占める森林資源の活用に向けて製材工場の誘致を目指していた豊田市は23日、工場の運営事業者として「西垣工業」(奈良県桜井市)と立地協定を交わした。県内最大規模の製材工場となる見込みで、2018年度には豊田市御船町で操業を始める。太田市長は「合併後の政策課題で川上の間伐だけでなく、川下の製材工場までが一体とならないとうまくいかないだろう思っていた。それだけに嬉しいし、ミライにつなげたい」と話した。
【後藤】


1日から香嵐渓「もみじまつり」 香積寺に竹灯り
60回記念し光のイベント開催

20151029もみじまつり1
 秋も深まりまもなく訪れる紅葉シーズンを前に、豊田市足助町の香嵐渓で1日、もみじまつりが始まる。県内随一の紅葉スポットとして知られるが、60回の節目を迎える今年は光をテーマに記念イベントを開く。田口敏男実行委員長(68)=足助観光協会長=は「ライトアップした紅葉とのコラボは幻想的。ここでしか味わえない最高の美しさを味わって」と呼びかけている。
【九郎田】


ものづくりブランド 豊田市内16社17製品認定
期間は2年 展示会へ出展支援

20151029ものづくりブランド
 豊田市内の中小企業による優れた技術などに光を当てる「豊田ものづくりブランド」の認定式が22日、小坂本町の豊田商工会議所であった。商議所、市、市内企業などでつくる推進協議会が昨年度から実施。今年度は33件の応募があり、「独自性」「シェア」「革新性」の優れた16社の17の製品、技術を認定した。
【後藤】


豊田JC 歴史描いた絵本制作
シンポで披露 CBCアナ朗読

20151029豊田JC
 豊田青年会議所(柴田久尚理事長)は豊田市の歴史を振り返り、未来を考える絵本「とよたしだいすき」を制作した。17日に西中山町のつどいの丘で開催されたシンポジウムで多くの親子連れらの前でCBCアナの夏目みな美さんらが読み聞かせし、豊田の魅力について語った。
【後藤】


豊田市美術館リニューアル記念 市民公募で31日野外劇
「星の王子さま」を上演

20151029美術館
豊田市美術館のリニューアルオープン記念イベントの一環として市美術館(小坂本町)の庭園で31日、野外群読劇が上演。動くアート・演劇を公募市民の力で行うプロジェクトの第4弾。本番を前に出演者らは熱の入った稽古を続けている。
【岡田】


豊田産の米 市長にPR 生協とJA
20151029豊田米
豊田産の米を「食べまい豊田のお米」というパッケージで発売するトヨタ生協の山本哲夫理事長とJAあいち豊田の柴田文志組合長が20日、豊田市役所(西町)を訪れ、太田稔彦市長に報告=写真。品種ごとに異なる3種類のパッケージを披露し、太田市長は豊田産の新米を試食した。山本理事長は「市の米の収穫量は昨年実績で1万3400㌧と県内トップ。豊田産を消費者に広く知らせたい」と話している。


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「夢渡野ジャズライブ」
 24日、小渡神明社境内(小渡町)。名古屋を拠点に活動するギターの原努さんをリーダーに活動するチャンジャー5with清本りつ子のライブ。18時開演。入場料500円。旭商工会☎68-2620

◇「とよたハウジングガーデン催事」

 24、25日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。24日は仮面ライダーゴーストショー。25日はハワイアンフェスティバルと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「豊田市高校魅力発見フェスタ」
 25日、スカイホール豊田(八幡町)。市内公立高校の特色ある取組、教育課程、進路などを紹介。9時半-15時。市学校教育課☎34-6662

◇「シンポジウム不登校する子どものキモチ」
 25日、中京大名古屋キャンパスセンタービル(名古屋市昭和区)。13時半-16時半。運営協力費1000円。不登校・学びネットワーク東海、福山さん☎090-1723-6840

◇「かかしコンテスト参加者募集」
 31日午前中まで。永太郎町のうめや地内。かかし作りに挑戦1本100円。作品は31日―6日、国道419号線沿い同店周辺に展示。着せる服、帽子、軍手、白布など持参。同店・海老沢さん☎090-3484-2039

◇「いけばな池坊 花…こころ燃ゆ」
 26日まで、松坂屋豊田店サンシャインホール(西町)。会員400人が出瓶。華道池坊豊田支部、太田さん☎52-0040

◇「アンティークを楽しむ」
 25日まで、ギャラリー欅(喜多町)。19世紀にヨーロッパで作られた美しく実用的なアンティークを西洋骨董美術「樹友」が紹介。同会☎080-9488-5150

◇「映画『リトルプリンセス 星の王子さまと私』特別上映会参加者募集」
 25日まで。上映会は11月5日、18時半-21時、市コンサートホール(西町)。日本語版主要キャスト、鈴木梨央さんと津川雅彦さんの舞台あいさつと上映会。無料。豊田まちづくり上映会専用☎37-1015

◇「日本画 六人展 すずなり」
 27日まで、豊田画廊(喜多町)。豊田市折平町在住の加藤清香さんをはじめ女性日本画家6人のグループ展。同施設☎37-8567

◇「デザインフラワー」
 30日まで、日南町のあんず茶屋。柿本町の浅井陽子さんの作品展。日・月曜定休。同施設☎33-0964

◇「二木里恵 デザイン書道展」

 11月1日まで、道の駅どんぐりの里いなぶ どんぐりテーマ館(武節町)。百々町の二木さんが約20点展示。木曜定休。同施設☎82-3135

PageTop

新三河タイムス第4601号(2015/10/22発行)

市民の悲願 豊田南部に250床で病院進出
三重県の民間病院 2年後開業?

20151022南部に病院
 総合病院がなく、長年住民から病院建設が望まれていた豊田市南部の上郷・高岡地区に250床の民間病院が進出することが分かった。住民らは「公的病院でなくても不安はかなり払拭される。悲願がかなえられた思い」と歓迎している。
【鬼頭】


新屋の山車 11年ぶり引き回し みよし「天王神社」例大祭
火災で焼失 寄付集め再建

20151022新屋の山車
 みよし市三好町「天王神社」の例大祭で新屋行政区の山車が11年ぶりに引き回された。2004年に保存庫ごと焼失する火災に見舞われたが、区民らが寄付を集め昨年再建。秋空にお囃子の音色を響かせながら50㍍ほどの綱2本を150人が引き、区内1・2㌔を練り歩いた。
【九郎田】


豊田市管工事組合が設立50周年 民間連携で災害に強い水道事業に
20151022豊田市管工事組合
豊田市管工事業協同組合(豊田市常盤町)が1965(昭和40)年6月の設立以来、50周年を迎え23日、名鉄トヨタホテル(喜多町)で記念式典を開催する。金山翼理事長(67)=東洋工業取締役建設事業部長=は「故中根武雄理事長はじめ歴代の役員と組合員の努力と組合の発展を願う愛情により今日に至っている。今後も市民の皆さんや市全域にとって大切な水道の維持更新に携わりながら、市上下水道局と共存共栄できることを願っている」と話している。
【後藤】


学校の伝統から市の特産品へPR ドングリせんべい味わって
校庭の実使い26年間継承 みよし三吉小 学校祭で1万5000枚振る舞う

20151022マテバシイせんべい
みよし市三好町の三吉小学校で校庭のドングリの実を使ったせんべい作りが進められている。26年間続く伝統行事で、31日の学校祭で1万5000枚を近隣住民らに振る舞う。PTA役員らが連日焼き作業に励む一方、近いうちにみよしの特産品としても打ち出したい考えだ。PTA会長の鬼頭伸和さん(46)=福田町=は「地域活性化の起爆剤になれば」と力を込める。
【九郎田】


仮装大会とダンス披露 ハロウィン祭事 31日
20151022ハロウィン
 仮装を楽しむ「とよたアートハロウィン」が31日、豊田市駅前周辺で開かれる。市駅前の商店や大型商業施設、公共施設で構成する「市中心市街地まちなか宣伝会議」(河木照雄会長)主催。ダンスパフォーマンスと仮装コンテストの参加者を募集している。
【岡田】


建築会社がツーリング企画
ガレージハウス事業3年前着手 梅村工務店

20151022梅村工務店
 仮装を楽しむ「とよたアートハロウィン」が31日、豊田市駅前周辺で開かれる。市駅前の商店や大型商業施設、公共施設で構成する「市中心市街地まちなか宣伝会議」(河木照雄会長)主催。ダンスパフォーマンスと仮装コンテストの参加者を募集している。
【後藤】


コミセンで11月1日市民劇 高橋地区を歩き舞台化
豊田市拠点の石黒さん演出 芝居通じまち再発見

20151022市民劇
 参加者が実際に高橋地区を歩き、劇にして演じる「市民劇 タカハシ物語」が11月1日、高橋コミュニティーセンター(東山町)で上演される。企画から手がけた石黒秀和さん(45)=岡崎市桑原町=は「参加者だけでなく観客も自分の住むまちの良さを再発見してほしい」と訴える。交流館祭「ワンダフェスタ」の目玉。
【岡田】


豊田・深見在住 ユージンが校歌制作
田原市の福祉施設 地元の仲間でコラボ

20151022校歌制作
豊田市深見町在住の歌謡シンガーソングライター・ユージンさん(鎌田雄二)がこのほど、田原市の特定非営利活動(NPO)法人ゆずりは学園の校歌を制作した。ユージンさんは「児童生徒が校歌を歌うことで学園を愛し、未来に向けて力強く勉学に励む姿をイメージしながら合唱曲風の校歌を制作した」と話している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「講演会 登山文化とスキー」
 17日、豊田市社会福祉センター(錦町)。静岡山の文化交流センター山本良三理事長が登山やスキーを中心に山の文化を語る。14-16時。無料。市体育協会☎31-0451

◇「名古屋グランパスVSサガン鳥栖パブリュックビューイング」
 17日、コモ・スクエア屋外イベント広場(喜多町)。あそべるとよたDAYSのプロジェクト。18時半開始。無料。市駅前通り南開発☎37-1120

◇「つなげよう」
 17日、つどいの丘(西中山町)。笑劇派が豊田の誇れる歴史を劇で紹介しCBCアナ夏目みな美さん、フリーアナ氏田朋子さんが豊田の素晴らしさを語る。14時半-17時。豊田青年会議所事務局☎32-5777

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 17、18日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン、ハロウィンなりきり撮影会。17日はアンパンマンショー。18日はウルトラマンエックスショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「TIAナショナルデー フランス」
 18日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。市美術館のリニューアルに合わせて開催されている「ソフィ・カルー最後のとき/最初のとき」の展示に関して学芸員が作品を紹介。14-15時。無料。TIA☎33-5931

◇「豊田美術連盟展」
 18日まで、豊田市民文化会館(小坂町)。洋画、日本画、彫刻など約70人が出品。チャリティー展も同時開催。18日13時半-14時半は作家のギャラリートーク。同連盟、片桐理事長☎28-2717

◇「おとなの服とアクセサリー」
 19日まで、日進市米野木町のギャラリー森の響。有元和子さん(金谷町)、成瀬美登里さん(時瀬町)、尾川美代子さん(三重県熊野市)のシルバーアクセサリーと加藤恭子さん(三好町)の服。同施設☎0561-73-8763

◇「朗読会 乱歩さんにあいたくて」

 20日、みよし市三好丘あおばの三井アーツ。江戸川乱歩作の「お勢登場」「人でなしの恋」を清水睦子さんが朗読。14時。1000円。同施設☎0561-36-6323

◇「婚活ハロウィンin豊南」
 24日、豊南交流館(水源町)。仮装&カップリングパーティー。市内と近郊在住・在勤の25-39歳の独身男女各40人を募集。参加費は軽食代含1000円。同施設☎27-2866

PageTop

新三河タイムス第4600号(2015/10/15発行)

イオン豊田店 跡地に17年夏開店へ
地域の熱望応え建設決定 最新型テナント導入

20151015イオン
イオンリテールが9日、老朽化などに伴い8月末で閉店した「イオン豊田店」(広路町)の跡地に、新たに独自で店舗を建設すると発表した。市役所で記者会見した東海・長野カンパニーの辻晴芳支社長は「豊田市は県内第2の都市。全国的な人口減少の中、豊田市とその周辺は人口(市場)が増加している魅力的な地域。これまでの成功事例を盛り込み、最新型テナントで名古屋まで行かなくても満足できる売り場を目指したい」と話した。2017年夏までのオープンを目指している。
【後藤】


勇壮・華麗に17、18日「挙母祭り」
山車にGPS設置し混雑回避

20151015ころもまつり
 350年以上続く挙母神社の例祭「挙母祭り」が17,18日、豊田市の中心市街地一帯で勇壮・華麗に繰り広げられる。都心8地区から繰り出す愛知県有形民俗文化財指定の壮麗な山車の曳き回しや、乱舞する紙ふぶきで都心は興奮の坩堝と化す。ここ数年、市内外からの観客数も増えている。地域に住む人々の心をとりこにする祭りの重責を担う「挙母祭り保存会」の神谷勝二会長=小坂町=に話を聞いた。
20151015ころもまつり2
【鬼頭】


挙母祭りは箱寿司でおもてなし
とよた下町おかみさん会 郷土の伝統料理に挑戦

20151015箱寿司
挙母っ子が血湧き肉踊るほど興奮する「挙母祭り」が17、18日に開催されるのを前に、豊田市中心市街地の商店のおかみさんでつくる「とよた下町おかみさん会」(会員19人)のメンバーが7日夜、崇化館交流館(昭和町)で挙母地区に古くから伝わる色鮮やかな「箱寿司」作りに挑戦した。昨今家庭から消えゆく中、生粋の挙母っ子で現在も祭りに合わせて作ってもてなす鎌田洋子会長(64)=喜多町=は「今年の挙母祭りにはきっとそれぞれの家庭で新しいメニューのおもてなしがされることと思います」と話した。
【後藤】


豊田市猿投神社 “刀女子”が熱視線
国重2本 中条氏が奉納?

20151015猿投神社
 日本刀に萌える〝刀女子〟が全国的に増殖中だ。インターネット上のゲームがブームの要因で、実物を見ようと美術館や博物館を「巡礼」する女性も多い。その影響で猿投神社にも熱いまなざしが向けられているという。
【九郎田】


廃棄物の不法投棄 見逃しません
豊田市が愛知県警と「スカイパトロール」

20151015スカイパトロール
 豊田市環境部廃棄物対策課(課員16人)は7日、豊田・足助署の署員と合同でヘリコプターを使用して空中から産業廃棄物の不適正処理の監視を行う「スカイパトロール」を実施した。パトロールの結果、要調査地点を4件確認し、今後現地への立ち入り調査や指導を行っていく。
【後藤】


卓球の「愛知三好クラブ」日本一目指し奮闘 11月の東海大会に10人出場
82年設立 社会に必要な判断力身に付けて

20151015卓球
 みよし市総合体育館(三好町)を拠点に活動するする卓球クラブ「愛知三好クラブ」は「感謝の心を忘れずに与えられたことを一生懸命最善を尽くす」をモットーに全国制覇を目指して日々練習に取り組んでいる。
【岡田】


バレトン講座で笑顔
みよしスポーツクラブ主催 体動かすきっかけに

20151015バレトン
 バレエとヨガとフィットネスの要素を取り入れたバレトン講座が1日、みよし市明知町の明知上公民館であり、市民ら約20人が笑顔で体を動かした。同市打越町の光岡真希さん(39)を講師に「総合型地域スポーツクラブみよしさんさんスポーツクラブ」の短期講座。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「ユージン&かず葉 歌謡ライブ」
 10日、御幸本町のシティーカフェ。元教諭で市内在住の歌謡シンガーソングライター鎌田雄二さん(ユージン)と演歌界の新星「かず葉」の異色のコラボ。19時。1飲物付予約1500円、当日1800円。同店☎29-2480

◇「未来へのエコットーク 三河木綿の復活」
 10日、エコット(渡刈町)。ファナビス代表の稲垣光威氏が自然農法による和綿栽培やがら紡の復活を目指した商品開発、製造、販売の取り組みを語る。13時半-15時半。無料。先着50人。同施設☎26-8058

◇「オンリーワンまつり」
 10日、社会福祉法人オンリーワン(柿本町)。カレーパン、鮎飯、アジア料理の販売やワークショップなど出店。10時半-14時半。同施設☎28-0567

◇「秋の山草展」
 10、11日、足助町の百年草。足助山草会主催。同施設☎62-0100

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 10―12日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。10日はピカピカ☆フィーバー。11日はプリンセスプリキュアショーと住まい作り相談会。12日はハロウィンビンゴ大会。同施設☎37-7588

◇「ラムサール条約登録の矢並湿地 一般公開」
 11日まで、矢並町の矢並湿地。10―15時。平日は市環境政策課☎34-6650、土日曜・祝日は市自然観察の森☎88-1310

◇「市消防団1日体験入団参加者募集」
 12日まで。体験は11月22日9時-16時半、市消防本部(長興寺)。カラーガード隊演技体験や放水体験、消防団施設見学など。市内在住・在学の大学生、専門学校生約20人。参加費は弁当、飲物付500円。申し込みは新☆豊田市誕生10周年プロジェクト公式HPから。

◇「紅の会 和紙ちぎり絵作品展」
 9-11日。豊田市民文化会館(小坂町)。紅の会30周年記念展。同会・稲葉代表☎32-1830

◇「三裕会展」
 12-14日。豊田市民文化会館。日本画、水彩画、水墨画の三裕会の35回記念展=写真。同会・井木さん☎65-2421

PageTop

新三河タイムス第4599号(2015/10/08発行)

来年2月豊田市長選 共産候補近く発表へ
太田市長と一騎打ちの様相

豊田市選挙管理委員会は2日に会議を開き、市長選を2016年1月31日告示、2月7日投開票と決めた。共産党が「無投票阻止」で候補者擁立を打ち出しているが、同党系市民組織「住みよい豊田を創る会」(本多弘司会長)ではすでに擁立候補を決め、現在水面下で打診しており、先方からの返事待ち。近く正式発表する模様。大村義則市議は「主義主張、施策を戦わせる選挙はしなければならない。2回連続無投票は市民にとってよくない。必ず擁立する」と話している。
【後藤】


豊田市駅一帯ビジョン提示
東口広場・都心の顔 西口・島式バスターミナル

20151008都心ビジョン
 名鉄豊田市駅一帯の再整備を目指す市は核となる同駅前広場などの将来ビジョンを9月29日、第9回都心再整備有識者会議(座長・太田勝敏豊田都市交通研究所長)で公表した。案の骨格は①豊田市駅西に島式でバスターミナルを集約し②上部の西口デッキを広場空間にする③同駅ガード下を広く開口する④東口広場を広く屋根付きで確保し都心の顔にする⑤停車場線を歩行者専用にして親水施設も設ける-など。
【鬼頭】


意思疎通図り好感度↑
桜町に先月1日イタリアンバル 豊田好き高じて出店

20151008イタリアンバル
 豊田市桜町に先月1日オープンしたイタリアンバル「Rozetta」(ロゼッタ)が、早くもリピーターを増やし、話題を集めている。大治町生まれの店主、浜田英明さん(31)=越戸町=は「時を忘れて楽しんでもらえる空間にしたい」との思い入れが強く、店主自らお客とのコミュニケーションを積極的に図る姿が好感を得ている。
【高瀬】


モータースポーツ展開の「サード」 軽飛行機に本格着手
今秋 開発拠点・福島でテスト開始

20151008軽飛行機
 モータースポーツ事業を展開するサード(若林東町、佐藤勝之社長、社員30人)が水陸両用4人乗り軽飛行機の開発に本格着手した。7月には福島県福島市の農道空港「ふくしまスカイパーク」に研究開発拠点の新設を決定。空港内に整備場や格納庫を設置し、今秋にもエンジンテストを開始。2016年のテスト機完成、試験飛行を目指す。
【瓜生】


ギリギリの演技追求
10・11日猿投まつり 氏子有志が「棒の手」奉納

20151008猿投まつり
 豊田市の猿投神社で10、11日、秋の例大祭「猿投まつり」が催される。16世紀から続くとされる各種神事を執り行うが、最大の見せ場は「棒の手」の奉納。氏子有志が迫力ある演武を披露しようと、連日練習に熱を入れる。
【九郎田】


寒天ゼリー完売
JAあいち豊田特産の桃・梨PR メグリアなどと商品開発

20151008JAあいち豊田
 JAあいち豊田(柴田文志代表理事組合長)は1日から、豊田市の特産品「桃」と「梨」をふんだんに使った新商品「もも寒天」と「果汁ゼリー」の販売を始めた。豊田スタジアム(千石町)で26、27日開催された「とよた産業フェスタ」でお披露目され、来場者らからは「甘酸っぱくておいしい」「フルーツの味がしっかり出ている」などの声が聞かれた。
【後藤】



松平わ太鼓の簗瀬さん 個人で日本一
集大成で栄誉 重いバチに持ち替え 努力結実

20151008松平わ太鼓
東京都大田区で開催された大太鼓「大和」一人打ちコンテストで最優秀賞を受賞した松平わ太鼓の簗瀬和重さん(45)=岩倉町=が29日、豊田市役所(西町)を訪れ、太田稔彦市長に報告した。簗瀬さんは「求めてきた太鼓のスタイルが評価されて優勝できてうれしい」と喜びの言葉を伝えた。
【岡田】


豊田東名LC40周年 盲導犬育成に尽力 後援会も設立
記念事業で動物用エコー贈る

20151008東名ライオンズ40周年
豊田市南部を拠点に活動する国際奉仕団体「豊田東名ライオンズクラブ」(会員51人)が結成40周年を迎えた。8日、喜多町の名鉄トヨタホテルで記念式典を開く。盲導犬の育成支援を柱に、積極的な事業を展開するが、近藤修司会長(64)=竹元町=は「地域の皆さまとボランティア活動の和を広めるとともに、40年間代々引き継がれ培ってきた思いと事業を繁栄させたい」と力を込める。
【九郎田】



豊田の経営者有志 慈善ライブ企画
11月6日 学校の楽器購入に寄付

020151008鈴木勲
 82歳の生ける伝説として多くのファンの心をつかんで離さない天才ベーシストとして知られる鈴木勲さんのジャズライブが11月6日、豊田市西町の市コンサートホールで開かれる。売上金は豊田市内の小中学校の学校の楽器購入に寄付される。
【後藤】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 3、4日とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。3日は鰻祭。4日は「楽しいムーミン一家」ムーミン&ミイとあそぼうと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「真道流三真会 いけばな展」
 4日、市福祉センター(錦町)。10-16時。

◇「トヨタ自動車合唱部 定期演奏会」
 4日、カバハウス(丸山町)。14時開演。入場料500円。トヨタ人事部企画室コミュニケーション推進G☎23-1869

◇「加藤康平 作陶展」
 6日まで、豊田画廊(喜多町)。10-19時。同施設☎37-8567

◇「革工芸 小物・バッグ展」
 5日まで、日進市米野木町のギャラリー森の響。仁科康子さん(瀬戸市北山町)が代表の「くちなしの会」の革工芸作品展。豊田、岡崎などの教室で講師を務める安形朝子さん(豊田市双美町)、岩月睦美さん(花園町)、奥出征子さん(山之手)、藤塚仁美さん(岐阜県不破郡)が出品。同施設☎0561-73-8763

◇「シニアライフを豊かにする夫婦で学びたいコミュニケーションと孫育て 参加者募集」
 6日まで。セミナーは17日10-12時、24日10-11時半、とよた男女共同参画センター(小坂本町)。市内在住、在勤を含む2歳から未就学の孫と祖父母20組。祖父母はどちらかの参加可。孫の参加は2回目のみ。900円。同施設☎31-7780

◇「読み聞かせボランティア基礎講座 参加者募集」
 6日まで。講座は21、28日、市中央図書館(西町)。読書指導者松岡須美子氏から本の持ち方、読み方、選び方などの基礎を学ぶ。10時10分-12時10分。学校や園などで読み聞かせを始めてまもない人と今後始めたい50人。無料。同館☎32-0717

◇「歯のなんでも電話相談」
 8日、相談番号☎052-834-2020。 10月8日の「イレバデー」にちなみ、歯科医師がむし歯治療や入れ歯に関する悩み、歯周病や口臭、歯科治療に関わる疑問の相談に応じる。14-17時。

PageTop

新三河タイムス第4598号(2015/10/01発行)

みよし市在住 浜口氏民主比例から出馬
来夏 参院選 引退する直嶋氏後任

来夏の参院選にみよし市三好丘緑の浜口誠氏(50)が民主党の比例新人で出馬する。予定される参院選で民主党から出馬する比例代表候補として1月15日、自動車総連の組織内推薦を受けた。連合も先ごろ8人を推薦決定したが新人4人の1人。引退する直嶋正行氏の後任として出馬予定。
【鬼頭】


太啓建設 リフォーム事業に本格参入
東梅坪町にショールーム完成

20151001太啓
 土木建設業の地場最大手「太啓建設」(東梅坪町、大矢伸明社長)がリフォーム事業に本格参入する。これまでも公共施設や企業の社屋、工場などの修繕や口コミによるリフォームは手がけていたが、路面店にショールームを構え、一般消費者を取り込む。新築事業と合わせ初年度売上3億円を目指す。永田雄司常務は「国は新成長戦略で新築重視からストック重視の住宅政策への転換を促進するとしており、地元企業として消費者に求められるビジネスを積極的に行っていく」と話している。


地元逢妻中で講師 ラグビーW杯PR 神谷豊田市議長
20151001逢妻中
豊田市の神谷和利議長が25日、地元の逢妻中学校(新町)の3年生社会科授業の講師を務め、ラグビーW杯2019開催に向けた市の取り組みなどについて話をした。開催地に決まってから市内の学校でW杯について議員が話をするのは初めて。神谷議長は「4年後はすぐ。各地域で地元市議や担当のスポーツ課職員は積極的に出向くので、学校や自治区、事業所から積極的に手を挙げていただくとありがたい」と呼びかけている。
【後藤】


トヨタ手法 資産運用に活用
九大出身 元技術者 6棟103戸保有 資産6億円

20151001人材マッチング
 トヨタ自動車で培ったビジネススキルを資産運用でも活用し、成功を収めている久門広尚さん(42)=下林町=が「トヨタ式不動産投資塾」を昨年開講し、早くも反響を呼んでいる。「サラリーマン大家さん急増の陰で、失敗している人も多い。不動産投資は決して甘くはない。しっかり学んで成功を勝ち取ってもらいたい」と思いを語る。
【高瀬】


都市緑化フェア 駅前3会場で10日から 教室や展示など
20151001都市緑化フェア
都市緑化の普及・啓発を図る「とよたガーデニングフェスタ・とよた都市緑化フェア2015」が10-12日に中心市街地や豊田スタジアムを会場に開かれる。市、中日新聞、花のあるまちづくり協議会共催。同実行委員会では「市は花と緑があふれる地域を目指しており、家族みんなで楽しみ学んでもらいたい」と来場を呼びかけている。
【後藤】


三好特別支援学校 2年の小川春菜さん
「ジャパンパラ水泳」で3位 自己記録更新 憧れの日本代表へ一歩

20151001小川春菜さん
 みよし市打越町の三好特別支援学校2年小川春菜さん(17)=三好町=が国際パラリンピック委員会公認の「ジャパンパラ水泳大会」で3位に輝いた。3回目の出場で初めて表彰台に立った上、自己記録も塗り替えた。
【九郎田】


高校生が梨レシピで腕競う
農産物料理コンテスト 豊田市の特産PR

20151001ナシレシピ
高校生が豊田特産のナシを使った料理の腕を競う「とよたの農産物料理コンテスト」が19日、JAあいち豊田グリーンセンター松平店(松平志賀町)であった。地産地食に取り組む市とJAあいち豊田、市農産物ブランド化推進委員会の共催。
 市特産の梨を使い、「梨の風味を引き立たせる家庭で作れる料理」をテーマに予選を通った4チームがメーンとデザートの2品で挑んだ。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop