新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「語人サヤ佳 語りの会」
 28日、豊田市産業文化センター(小坂本町)。三好特別支援学校、豊田高等特別支援学校卒でストーリーテラーとして活躍するサヤ佳さんが東京を拠点に活躍する水城ゆうさんの演奏で語る。13時半から。大人1300円、子ども700円(前売大人1000円、子ども500円)。小林さん☎090-4466-6800

◇「児ノ口ふれあい落語」

 28日、崇化館交流館(昭和町)。西三河を中心に活動する社会人落語「喜楽会」(安城市)の落語会。竹生町在住の藤家宿六さんなど6人が出演。14-16時。無料。同会・藤家さん☎090-3152-3592

◇「一坪ショップ」
 28日、三井アーツ(みよし市三好丘あおば)。ビーズアクセサリーやエコクラフト、布小物、ブランド品、子ども服、リサイクル着物など。10-12時。同施設☎0561-36-6323

◇「TIAナショナルデー 韓国」

 29日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。TIAの日本語教室でボランティアをしている韓国出身の岩井京子さんが誕生日や結婚式など年中行事を通して韓国人の一生を紹介。14-15時。無料。TIA☎33-5931

◇「豊田三曲会 箏、三弦、尺八 演奏会」
 29日、市能楽堂(西町)。13時半開演。無料。同会小林さん☎88-4680

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 28、29日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。28日はラジコンカー体験会。29日はパンパカパンツバラエティーショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「猿投棒の手保存会演技披露」
 29日、梅坪小(梅坪町)。10時半から。

PageTop

新三河タイムス第4606号(2015/11/26発行)

来年2月の豊田市長選 太田市長2選出馬表明
後援会「21の会」擁立決定

20151126市長
 来年2月7日投開票の豊田市長選に現職太田稔彦市長(61)=住吉町=が正式出馬することが24日、決まった。名鉄トヨタホテル(喜多町)であった党派や各種団体の枠を超えた市長の後援会組織「21世紀の豊かなまちをつくる会」(渡辺祥二会長)の臨時総会で4年間の実績を評価し、太田市長の擁立を決めた。太田市長は「市民力、地域力、企業力の強さをさらに生かすとともに、地域、企業それぞれが愛着を持つ『WE LOVE…』を充実させたい」と抱負を述べた。一方「2回連続の無投票は断固阻止」を掲げ候補者擁立を決めている共産だが、依然決まっていない。
【後藤】


鈴木県議後援会21日発足 会長に天野元市議
当選以降130自治区訪問 地域の声を聞き課題解決へ

20151126鈴木県議
11期44年県議を務めた倉知俊彦氏の後継として今年4月の県議選で無投票で初当選した元代議士秘書、鈴木雅博議員=浄水町=の後援会設立総会が21日、豊田市錦町の市福祉センターであり、前市議の天野弘治会長をはじめ副会長、幹事長、事務局長などの各役員、地区支部長が選出された。会場には各地区から500人を超える支援者が集まり、鈴木議員は「地域に出向いてしっかりと耳を傾け、直接地域課題について聞き全力で取り組む」と改めて決意表明した。
 【後藤】


ブランド立ち上げ初製品発表 豊田市産杉を原材料
新・豊田市誕生 10周年事業採択 一級建築士や家具職人らコラボ

20151126家具
豊田市の製材業者や一級建築士でデザイナー、木工家具職人などでつくる「人と木をつなげるプロジェクト」が新規ブランド「hitotoki」として初の製品となる豊田市産の杉を使ったスツール(背もたれなしイス)を25日、東京である「日本の木ニッポンの家具」展で発表する。今年度の新・豊田市誕生10周年プロジェクト「まちシン展事業」採択事業。「始まったばかりで息の長い取組。成果物として形を示しつつ地道に継続していきたい」と話す。
【後藤】


お歳暮商戦で気勢
松坂屋豊田店 商品券駆け込み期待

20151126夢濃人
豊田市駅前の松坂屋豊田店(西町)に18日、お歳暮ギフトセンターが開設され、週末は中高年を中心に賑わった。名古屋店で10月から始めているが、全国的にもお歳暮商戦は年々前倒し傾向。加えて今年は暖冬で冬物衣料が不振を極めており、豊田店では従来の催事場からギフトサービスセンターに会場を移し、これまで以上の力を注ぐ。
【後藤】


小学生親子 プログラミング体験 まちさとミライ塾の一環
20151126プログラミング体験
子どものためのプログラミング体験が14日、豊田市竹生町のコワーキングスペース「MG TOYOTA」で開かれ、小学生の親子ら10人が参加した。市内の産業や文化の体験交流型プログラム「とよたまちさとミライ塾」の一環。WebデザイナーとしてHP制作やアプリ、LINEスタンプなどを開発する講師の西村みはるさん(33)=平戸橋町=は「子どもたちに頭脳を使う楽しさを教え、個人の能力を発揮する場を提供することで可能性を発見してもらいたい」と初開講した。
【高瀬】


豊田平芝出身 世界的フラワーアーティスト 丹羽英之さんが披露
崇化館交流館 開館30周年事業 一流の演奏に合わせパフォーマンス

20151126花成
豊田市平芝町出身のフラワーアーティスト/フロレアルブランドディレクター丹羽英之さん(42)が音楽とともにパフォーマンスを披露する「花と音の協奏曲」が12月6日、市コンサートホール(西町)で開催される。
【岡田】


小原地区で四季桜見ごろ 今月一杯まつり
20151126四季桜
春と秋に花を咲かせる四季桜が現在、小原地区で見ごろを迎え、薄桃色の桜と色づき始めた紅葉のコントラストが観光客らを楽しませている。11月末ごろまで。   
【岡田】


樹齢140年の一本松と別れ 青木小 地域住民も見守る中伐採
20151126一本松
豊田市青木町の青木小学校(東野泰久校長、生徒839人)のシンボル「一本松」が伐採されることになり、12日、同校児童と地域住民約100人、「貴重樹木を守る会」(藤井昌敏会長)らが見守る中「一本松を偲ぶ会」を行った。
【岡田】


写生大会で親子の絆を 豊田加茂LC創立45周年
地域特性に合わせた奉仕活動展開

20151126豊田加茂ライオンズ①
 国際奉仕団体、豊田加茂ライオンズクラブ(大谷理身会長、会員38人)が創立45周年を迎え12月2日、喜多町の名鉄トヨタホテルで記念式典を開く。結成まもなく始めた写生大会は40回を数え、多くの親子に絆を再確認する場を提供する。節目の年に大谷会長(73)=花本町=は「会員の結束力を高め地域の皆様と共に奉仕の輪を広げていきたい」と決意を新たにする。
【九郎田】


聖夜の夢世界に 豊田シティバレエ団
29日「くるみ割り人形」上演

20151126エトワールバレエ
 NPO法人豊田シティバレエ団(豊田市若林西町、諏訪等芸術総監督)の冬季特別公演「くるみ割り人形」が29日、小坂町の市民文化会館大ホールで上演される。ダンサー43人がクリスマスの夜に少女が見た夢の世界を踊りで表現する。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 21-23日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。21日は仮面ライダーゴーストショー。22日はアンパンマンショーと住まいづくり相談会。23日はクリスマスキャンドル作り。同施設☎37-7588

◇「TIAナショナルデー 台湾」
 22日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。台湾出身で市内在住の山本貴美さんが日本と台湾の歴史的つながりを感じながら観光名所を紹介しウーロン茶と定番茶菓子試食。14-15時。無料。TIA☎33-5931

◇「天狗と魔女アートプロジェクト まな板をつかってスープづくり」
 22日、上高町のたきみ山清通寺境内。スギとみつろうワックスでまな板を作り、まな板を使ってスープを作る。保険とおやつ代込1000円。エフ☆アートクラブ(カワムラ)☎090-5035-2459

◇「DVについてのお知らせコーナー」
 28日まで、市中央図書館(喜多町)。12日から25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの「女性に対する暴力をなくす運動」期間に合わせて「DVやデートDVがおこる社会的背景やしくみ」などを展示。10-19時(土日祝日は18時)。とよた男女共同参画センター☎31-7780

◇「豊田市民美術展」
 29日まで、写真とグラフィックデザインの部は豊田市民ギャラリー(西町)、日本画、洋画、彫刻、工芸、書道の部は市民文化会館(小坂町)。10-18時。

◇「矢作ダム臨時放流見学会 参加者募集」
 24日15時まで。見学会は12月4日14―15時と5,6日11―12時。ゲートから約50㍍の近距離で迫力を体感。抽選で各日程20人。矢作ダム管理所までメール、郵送(24日必着)☎68―2321

◇「夫婦の二人展 水彩画」
 28日まで、日南町のあんず茶屋。長谷川裕隆、明美夫妻の作品を展示。日、月曜定休。10-18時。同施設☎33-0964

◇「秋の読書マラソン」
 29日まで。市中央図書館(西町)と交流館図書室など。貸し出し1回につき1枚の「応募券付返却のしおり」を配布。応募券を指定の台紙に3枚貼り窓口に提出した人にオリジナルポケットティッシュを配布。終了後に抽選を行い当選者に商品を送付。市中央図書館☎32-0717

◇「星空ウォッチング スマホで月を写そう 参加者募集」
 21日から。イベントは12月19日18時、市総合野外センター(坂上町)。市内在住の小中学生を含む家族。先着10組未満40人まで。無料。同施設☎58-1388

PageTop

新三河タイムス第4605号(2015/11/19発行)

こども発達センター20周年
28日記念式典 三浦清邦センター長に聞く

障がいのある子の総合通園施設、豊田市こども発達センター(西山町2)が今年で20周年を迎える。障がいの心配のある子すべてに対応できるよう医療・相談・保育を行う全国でもユニークな施設で豊田、みよし地区の親子への支援を続け、信頼を育んできた。28日午前9時半から市福祉センター(錦町)で記念式典・公開セミナー「共にひらこう すてきな未来」を開催するのを前に三浦清邦センター長に話を聞いた。    
20151119発達センター
センター20周年記念式典・公開セミナー「共にひらこう すてきな未来」は28日午前9時半から午後3時まで福祉センターで開催。参加無料。
 午前の部=式典、記念鼎談(太田稔彦市長、市福祉事業団、高橋脩理事長、三浦センター長)など。午後の部=豊田高特別支援学校音楽部の演奏、公開セミナー「子どもの発達支援の今と未来Ⅰ」
講演、野邑健二名大心の発達支援研究実践センター特任准教授。「同Ⅱ」三浦センター長
 定員500人。要事前申し込み。希望者は必要事項記入の上、℻(32-8987)でセミナー事務局へ24日まで申し込む。
 問い合わせは同センター(溝口・西脇さん)☎32-8980
【鬼頭】


スーパー戦争激化の一途 フェルナの9店目「志賀店」19日開店
トミーも小坂店来年2月開業

20151119フェルナ志賀
豊田市内で驚異的にミニスーパー「フェルナ」の出店を進める食品スーパー「カネスエ」(牛田彰社長、資本金4800万円)の市内で9店目となる「志賀店」(五ケ丘)が19日開店。関係者によると同店は藤岡地区での10店目建設も模索し市内の激化するスーパー戦争は止まらない様相だ。
【鬼頭】


小渡小5年生 地元米をPR
20151119小渡小
豊田市笹戸町(旭地区)の笹戸会館と公園で21、22日に開催される「じねんじょもみじまつり」を前に地元小渡小学校(酒井容子校長、児童41人)の5年生児童が来場者に配る米の袋詰め作業を進めている。地区の特産品を知ってもらおうと学校田で収穫したミネアサヒ約60㌔を150袋に分け無料で振る舞う。
【九郎田】


半年の基礎履修終え 志を胸に秘め戴帽式
12月から医療センターで実習

20151119看護学校
豊田地域看護専門学校(西山町、近藤貴史学校長)の新入生40人が4日、同校で戴帽式を迎えた。看護の道を志す4月に入学し半年間の基礎履修を終え、医療現場での実習を前に行われた。
【岡田】


ウィーン・フィル主席奏者と名フィル出演 豊スタでディナーショー
名門ウィーン・フィル首席クラリネット奏者エルンスト・オッテンザマー氏と名フィル奏者の絶妙なアンサンブルが12月7日、豊田市千石町の豊田スタジアムのレスロランヴェルデロッソで行われる。ディナー&コンサート「名フィルの仲間たちVol5」。
コンサートは午後6時、ディナーは7時から。40人。ディナーと飲物付7000円。コンサートのみ20人。3000円。
 問い合わせは同施設☎87-5208

【岡田】


新三河賞に沼崎さんら 豊田加茂LC写生大会 21日まで産文で展示
豊田加茂ライオンズクラブ(大谷理身会長)主催の第40回親と子で楽しむ写生大会(新三河タイムス社後援)の入賞者が決まった。新三河タイムス社賞に堤小3年沼崎千昂さん、松平こども園年中市川心芭ちゃんが選ばれた。
20151119新三河タイムス社賞 (2)(沼崎千昴さんの作品)
20151119新三河タイムス社賞 (1)(市川心芭ちゃんの作品)


豊田西ロータリー 輝き放ち創立45周年
職業通じ社会貢献 28日文化会館で記念式典

 国際奉仕団体の豊田西ロータリークラブ(野田清衛会長、会員96人)が創立45周年を迎え、28日に豊田市民文化会館(小坂町)で記念式典を開催する。記念事業では、地域の伝統文化を継承しようと後継者を育てるこども歌舞伎など支援。野田会長は「ロータリアンとしてこれまで同様、常に他人に対する思いやりや他人のために尽くすことを理念に己の『職業』を通じて社会に貢献していきたい」と決意を新たにしている。
【後藤】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「市民公開講座 あれ!?その症状は関節リウマチではありませんか?」
 14日、豊田厚生病院(浄水町)。「関節エコーで何がわかるの」「関節リウマチの最新の診断と治療」「今日からできるリウマチに良い運動」を演題に講演。13-15時。無料。同施設☎43-5000

◇「二胡ライブ」
 14日、喜多町の楽風。自ら二胡を制作し演奏する岡崎出身の龍樹さんと不思議な雰囲気と魅力を併せ持ち音楽の趣味も幅広い犬飼さんの男女2人組「ぺけぺけ」が演奏。18時半。予約1000円。同施設☎32-0233

◇「第2回新そばまつり」
14日、川の駅松平(穂積町)。そば体験は1500円。早食い大会は11時半から。500円。演歌歌手花咲里佳さんやジャズ、ラテンバンドのライブは12時入場。1000円。実行委員会☎58-0988

◇「三大テノール世紀の競演」
 14日、市コンサートホール(西町)。都築義高氏を講師にパヴァロッティ、ドミンゴ、カレラスが競演したコンサート記録を鑑賞。14-16時。お茶付1000円。とよたクラシック音楽同好会・都築さん☎32-7013

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 14、15日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。14日はふれあい動物園。15日はプリンセスプリキュアショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「桂雀喜 ごくらく寄席」
 15日、極楽山随応院(寺部町)。古典落語を中心に新作落語の創作にも力を入れ、大阪の天満天神繁昌亭で毎年独演会を行う落語家・桂雀喜さんの寄席。14時開演。1000円。雀喜をジャッキで支える会、竹内さん☎58-0270

◇「手染めの小物とジュエリー」
 16日まで、日進市の森の響。美里のレイアートジュエリーの作品と埼玉の大森久仁子さんのバックや小物などを展示販売=写真。同施設☎0561-73-8763

◇「タンゴヴァイオリニスト 水野慎太郎コンサート」
 20日、みよし市の三井アーツ。飲み物、菓子付1500円。先着60人。同施設☎0561-36-6323

PageTop

新三河タイムス第4604号(2015/11/12発行)

来年2月豊田市長選挙選 共産 依然候補名です
21世紀の会 24日の総会で現職決定へ

来年2月7日投開票の豊田市長選で「2回連続の無投票は断固阻止」と候補者擁立を決めている共産だが、依然具体名が出てこない。一方、党派や各種団体を超えた市長の後援会組織「21世紀の会」(渡辺祥二会長)は臨時総会を24日に開き、現職太田稔彦市長=住吉町=に決める方針。共産は新人擁立で知名度を考えれば早いうちに公表したいものの中々決められず、「21の会」ものんびりムード。共産が擁立できるのか。選挙の中で市長が公約を訴える機会はあるのか。勝敗が見える戦いに市民の関心は低い。
【後藤】


まず市長と杯傾け交流を 福田彩乃 地元豊田市PR
スペシャルサポーター就任「私の本当のふるさと」

20151112福田彩乃さん
ものまねタレント福田彩乃さんが5日、地元豊田市の魅力をPRする「WE LOVE とよたスペシャルサポーター」に就任し、市コンサートホール(西町)で行われた任命式に出席した。任命式は映画『リトルプリンス星の王子さまと私』(11月21日公開)の特別上映会の中で実施。太田稔彦市長とともにステージに登場した福田さんは得意のローラのモノマネを披露、さらに市長のむちゃぶりに応える形で、ニワトリとボビー・オロゴンのものまねも続け、集まった700人の観客を笑わせた。
【後藤】


豊田商議所青年部設立30周年
杉浦健一会長に聞く 名古屋出身 人とのつながり財産

20151112豊田商工会議所青年部
豊田商工会議所青年部が創立30周年を迎え28日、JAあいち豊田本店ふれあいホール(西町)で記念式典を開催する。45歳までの若手経営者や後継者が研修事業や親会(商議所)から委託を受けた事業などを通じて異業種の仲間と研さんを積む青年部。4月の就任以来、歴代会長を訪問するたびに人生訓として聞き胸を打ったのが初代会長の故・村山栄次郎氏が掲げた言葉「成果はかけた情熱に比例する」。名古屋市出身で元教師から電気工事業に転じ、節目の会長に就くなどいくつもの人生の転機を経験してきた影浦健一会長(宮田電工社長)=若宮町=に話を聞いた。
【後藤】


行政調査を市民に報告 みよし市議会 他市町の取組紹介
20151112行政調査報告会
 議会活動を広く市民に知ってもらおうとみよし市議会は7日、行政調査報告会を三好町のふれあい交流館で開いた。各市議が所属する3常任委員会が今年7月に実施した行政視察を踏まえ他市町の先進的な取り組みを紹介。みよしとの比較を展開しつつ今後行政へ提言すべき課題も盛り込んだ。
【九郎田】


選挙の重要性学ぶ 五ケ丘東小 中京大生が企画提案
20151112選挙体験
 豊田市五ケ丘東小学校(藤田武士校長、児童97人)の5、6年生32人が30日、企画した大学生8人と選挙の重要性を学ぶ「選挙出前トーク」を体験した。立候補者の主張を間違ってとらえないよう内容をしっかり確かめることの重要性を学んだ。
【瓜生】


23万人の署名 厚労省へ
みよし福谷町 ALS患者・大津さんが要望書

20151112大津さん
原因不明の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘うみよし市福谷町の会社員、大津泰弘さん(47)が6日、厚労省を訪問。再生医療や創薬への応用が期待されるiPS細胞研究への助成費拡大を訴える要望書に約23万人分の署名を添え、塩崎恭久厚労相に手渡した。
【九郎田】


着物でモデル体験 豊田市能楽堂 プロカメラマンが撮影
20151112モデル体験
 着物を着て能舞台に立ち、プロのカメラマンに記念撮影をしてもらうイベント「豊田のジャポニズム」が7日、豊田市西町の市能楽堂で行われた。親子や三世代、友人などで53人が体験した。
【岡田】


イチゴの苗の植えつけ体験 グリーンセンター朝日丘店 近所の親子5組
20151112イチゴの苗植え付け
豊田市小川町のJAあいち豊田グリーンセンター朝日丘店の花壇で29日、近隣の親子連れがイチゴの苗を植えた。「赤くなったイチゴが楽しみ」と話しながら親子で穴を掘り、手で植栽した。
【後藤】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「ビートルズ・ナイト」
 7日、ニューヨークパパ・カバハウス店 (丸山町)。元教諭で豊田市深見町在住の歌謡シンガーソングライター鎌田雄二さん(ユージン)らがザ・ビートルズの名曲を演奏。19時開演。フリードリンク付1500円。同施設☎090-3857-8080

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 7、8日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。7日はハウジング写生大会。8日は手裏剣戦隊ニンニンジャーショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「創立70周年メグリアフェスタ」
 7、8日、メグリア本店(山之手)。7日10時半、マグロの解体ショーと握り寿司。8日10時半、一色産炭焼うなぎ。各日先着1000人に振る舞う。7日11時、生協会館(御幸本町)。アレルギー対応や介護職など宅配食品試食会。8日13時、生協会館。つボイノリオ司会に伝説のステージ「歌の広場」が復活。ボーイズ・アンド・メン、スタートが出演。同日15時、本店。名古屋グランパス小屋松知哉、矢田旭選手トーク&握手会。チンドン屋が風船をプレゼントしたり飴細工やポン菓子を振る舞う。臨時駐車場を設け、シャトルバス運行。

◇「TIAナショナルデー ベルギー」
 8日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。TIAで日本語を学ぶベルギー出身のダフネ・ヤンセンスさんが得意の料理や世界遺産、言葉などを紹介。14-15時。無料。TIA☎33-5931

◇「影山公人 作陶展」
 8日まで、アートスペース彩(栄生町)。東萩平町に陶房を構える影山さんの作品展。同施設☎35-8787

◇「小野美術教室美術展」
 9日まで、豊田市民ギャラリー(西町)。井上町の小野美術教室の児童部、油絵部、研究部など約300点を展示。同教室☎45-3344

◇「強くなれない君たちへのメッセージ いじめについて皆で語り合いませんか?参加者募集」
 11日まで。イベントは15日13時から、とよた市民活動センター(西町)。障害のある子の自立に向けたサポート活動をするWith☆とよたっ子主催。参加費1000円。豊田・みよし市在住の35人を募集。同会cyoi-ba.bal3.9@ezweb. ne.jp

◇「刻字講習会参加者募集」
 10日まで。論古社、本部道場(伊保町)で同会、安藤豊邨代表を講師に彫りは12月13日、着色と金箔仕上げ1月24日。9時半-16時。受講料1万5000円。同施設☎45-6404

PageTop

新三河タイムス第4603号(2015/11/05発行)

家康公400年祭 7・8日ピーク
松平東照宮拝殿108枚天井画披露
 境内で戦陣鍋・五平餅800人振る舞い
7日名鉄トヨタホテル 記念式典や後援会

20151105108枚天井画
徳川家康公四百年祭記念大会(会長・三宅英臣豊田商工会議所会頭)は記念大会事業のメーンとなる記念式典・講演会を8日、豊田市喜多町の名鉄トヨタホテルで、前日の7日に松平東照宮拝殿の格天井画完成披露、イベントなどを松平郷・東照宮境内などで行う。昨年4月発足した記念大会の記念事業は7,8日のメーンイベントで最高潮を迎える。記念事業は来年4月まで続くが、同2月6日から3月21日まで家康公に関連した国宝級の遺品などを展示する「遺宝展」が豊田市美術館(小坂本町)で催される予定。
【鬼頭】


鈴木県議 後援会21日設立 伊勢神宮初詣企画
 倉知俊彦県議後継として今年4月の県議選豊田選挙区で初当選した元代議士秘書、鈴木雅博議員=浄水町=の後援会が21日、豊田市福祉センター(錦町)で設立される。すでに県議選を戦う上で組織として必要な会長とし天野弘治元市議、出納責任者として中根鍵治氏(中根管工)は決定しており、総会では他の役員や中学校別支部長が提案・承認される見込み。
【後藤】


ロボットと人間の交流表現 子供が笑える希望込め
こども創造劇場 文化会館で8日

20151105こども創造劇場
 演劇の持つ力で未来の地域文化を担う子どもたちの育成を目指す「とよたこども創造劇場」が8日、豊田市小坂町の豊田市民文化会館で5周年特別公演「なきむしロボット」を上演する。子どもたちは本番を前に熱の入った稽古を行っている。
【岡田】


消防本部 消防士の日常公開 7日フェスタ 伝統の賄飯試食も
20151105とよた消防フェスタ
楽しみながら防火防災に関心を持ってもらう「とよた消防フェスタ」が7日、豊田市消防本部(長興寺)で行われる。担当の予防課の土屋英輔さんは「普段見ることができない消防施設の裏側紹介がみどころ」と呼びかける。SKE48が1日消防署長としてトークショーを行う。2年ぶりの開催。
【岡田】


夢農人とパン屋コラボ商品販売 11、12月限定
20151105パンコラボ1
豊田市の若手プロ農家集団「夢農人」(石川龍樹会長)と市内老舗パン屋が作る地元農産物使用のパンが11、12月、ころも農園マルシェ(桜町)で予約限定発売される。
20151105パンコラボ
【岡田】


4月に消防団長就任 藤村匡泰さん
何も起きず平穏に終わるのが一番

4月から全国有数の団員数2088人を誇る豊田市消防団を率いる藤村匡泰団長(49)=昭和町。団長としては15代目、合併後からは4代目。9日から始まる「秋の火災予防運動」を前に、「いざ災害、火災などが起こった時によくやったと言われるかもしれないが、当たり前のこと。何も起きずに平穏に終わるのが一番」と語気を強める。
【瓜生】


中高年バンドがライブ 楽風で6日 英国ロックを披露
20151105楽風
豊田市駅前を中心にバンド活動している「The・Radio・Band」のライブが6日、喜多町の珈琲香房楽風である。ディープ・パープル、レッド・ツェッペリンなど70年代のブリティッシュロック12曲をアレンジして演奏し、当時の雰囲気を再現する。
【高瀬】


軟式野球大会「中部日本都市対抗」 豊田鉄工が出場 一戦必勝を誓う
20151105豊田鉄工野球部
 中部地区10県の代表が集う軟式野球大会「第60回中部日本都市対抗」に豊田市細谷町の豊田鉄工が出場する。7-9日、市運動公園と毘森公園野球場を舞台に13チームが熱戦を繰り広げる。同社は開催地代表として切符をつかんだ。樋江井聖監督(36)=営業部=は「目標は優勝だが、後先考えず一戦必勝にこだわりたい。守備、攻撃とも攻めていく」と意気込む。
【九郎田】


和紙コースター新作 小原観光協会「おばらきー」PR
20151105小原観光協会
 秋と春に咲くシキザクラの名所、豊田市小原地区一帯で1日から始まった「四季桜まつり」に合わせ、小原観光協会は和紙製の使い捨てコースターを作った。30日までの期間中、メーン会場の小原ふれあい公園や川見四季桜の里、和紙のふるさとで販売する。
【九郎田】


新三河タイムス賞に平戸橋の西村さん家族 ハロウィン仮装大会
20151105ハロウィン
豊田市中心市街地の活性化イベント「とよたアートハロウィン」の一環で31日、仮装コンテストがあり、「新三河タイムス賞」に平戸橋町の西村新さん(39)家族が選ばれた。
 西村さんは地域に根ざした食や農、暮らしや環境に関するイベントなどの情報を発信するフリー雑誌「耕Life」を発行する広告代理店こいけやクリエイト代表。「観るだけでなく自ら仮装して楽しんじゃおう」と昨年に続き参加した。
【後藤】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop