新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

年末・年始休業のお知らせ

 新三河タイムス社は、12月26日(土)から1月3日(日)まで休業させていただきます。
 読者の皆さまには何かとご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。なお本号に続く24日号は休刊し、1月1日号を増ページで発行します。
 それでは読者の皆さま、ご健康で良いお年をお迎え下さい。

新三河タイムス社

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 19、20日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。クリスマスデー。19日は松ぼっくりミニツリー作りとミニブーツ釣り抽選会。20日はウルトラヒーローサンタがやってくるとクリスマス抽選会。同施設☎37-7588

◇「アフタヌーンコンサート」
 27日、豊田スタジアムレストラン・ヴェルデロッソ(千石町)。豊田Jrオーケストラでコンサートマスターを務め国内外のコンクールで受賞歴を持つ五ケ丘在住のヴァイオリニスト戸島翔太郎さんとパリ在住のピアニスト斎藤一也さんの新進気鋭デュオが演奏。14時半-15時半。ケーキセット付2500円。戸島さん☎090-6463-5118

◇「婚活陶芸」
 1月17日陶芸体験形成、2月7日釉薬かけ。21日が窯出しと交流会、崇化館交流館(昭和町)。市内在住、在勤の25-39歳の独身男女各12人を募集。参加費1750円。市青少年センター☎32-6296

PageTop

新三河タイムス第4609号(2015/12/17発行)

旧豊田東高跡地に新博物館
学芸員中心に構想づくり 地域資料館のセンター的役割も

20151217東高跡地
 豊田市は旧豊田東高跡(小坂本町)に博物館を建設する検討を始めた。かつて文化・歴史施設などが計画されたが、リーマン・ショックによる財政悪化で頓挫。博物館建設が実現すれば一帯は市美術館や市民文化会館とともに多様な文化施設が集積する地区となるが、公共施設の延命化で維持管理費が増えていく中、市民からは懸念の声も少なくない。8日の市議会定例会で自民クラブの加茂三樹雄議員=6期、小坂本町=の質問で明らかにした。他の一般質問は②③面で掲載。
【鬼頭】


老舗酒蔵 浦野酒造 火災乗り越え新酒蔵出し
2種類発売 出来栄えに笑顔

20151217浦野酒店
 銘酒「菊石」で知られる豊田市四郷町の老舗酒蔵「浦野酒造」(武内純子代表)が2種類の新酒を発売した。店頭には新酒ができたことを表す杉玉がお目見えし、新年を地元の日本酒で迎えたい、今年の味を楽しみたい日本酒愛好家が訪れている。地域に親しまれていた漆喰が施された築150年の事務所は今年7月初めに火事で焼失してしまったが、蔵は難を逃れた。蔵人らは精神的な苦労や片付けなどに追われながらも今までと変わらず美味しい酒を蔵出し、訪れた人の笑顔を誘っている。
【後藤】


三好特別支援学校の教室不足解消を
鈴木雅博県議 初の一般質問

20151217鈴木県議
今年4月の愛知県議選で11期44年間県議を務めた倉知俊彦氏の後継として出馬し初当選した元代議士秘書、自民の鈴木雅博議員(36)=浄水町=が4日、12月定例会で初めて一般質問で登壇した。自民県議団(57人)の新人議員が16人と多く、6、9月議会を経てようやく順番が回った。傍聴席には豊田市から後援会の若手や女性を中心に約60人の応援団が駆けつけ、鈴木議員は「緊張して原稿から目を離せず、上を向くことができなかった」と振り返った。
【後藤】


豊田加茂医師会館が竣工 50年の節目に新たな門出
20151217医師会館
豊田市西山町で建設していた「豊田加茂医師会館」と「休日救急内科診療所」の竣工式が12日に行われた。前会館の老朽化と隣接する地域医療センターが現地で再整備される方針を受け、建て替えた。休日診療所は12月第3週から、会館は年内の開館予定。豊田加茂医師会の野場万司会長は「新施設はスペース的にも機能的にも充実しており、より市民ニーズに応えられるようになると思う」と話している。
【後藤】


家族向けコンサート 豊田フィル20日 本番向け稽古に熱
20151217豊田フィルハーモニー管弦楽団
 豊田フィルハーモニー管弦楽団のファミリーコンサートが20日午後2時、市コンサートホールで開かれる。本番に向けて団員は熱心に練習を重ねている。谷上正明代表(50)=鴛鴨町=は「オーケストラの生演奏を聞いて子どもたちにも音楽を肌で感じてほしい」と話す。全自由500円。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「杉屋事務器 創業60周年感謝祭」
 10日、若林西町の杉屋事務器。新製品展示会、ディズニーペアチケットが当たる大抽選会、来場記念品進呈。同店☎52-3736

◇「クリスマスおはなし会 サンタさんに会おう」
 12日、市中央図書館(西町)。図書館や小学校、こども園などで読み聞かせ活動をするボランティアグループによるお話会。14時。無料。同施設☎32-0717

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 12、13日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。12日はふわふわ「うしまる君」で遊ぼうとハウジングクイズラリー抽選会。13日はXマスビンゴ大会と住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「告井延隆LIVE」
 14日、カフェダイニングBEAT(桜町)。アコギ1本でビートルズを再現。19時。3000円。☎63-5167

◇「フェルト作品展」
 14日まで、日進市のギャラリー森の響。みよし市明知町の横関千恵子さんと豊田市京町の水野美代子さんのフェルトの作品とアンティーク雑貨を展示。10-18時。同施設☎0561-73-8763

◇「とよしん まごころツアー 南紀白浜温泉白良荘グランドホテルの旅 参加者募集」
 18日まで。旅行日程は1-3月1泊2日のバス旅行。3万1000円。各出発日180人。本部(元城町)出発は2月16日発。名鉄観光サービス☎32-3113
 
◇「わらび座 ジュリアおたあ」
 20日、市福祉センター(錦町)。日韓国交正常化50周年記念公演。午後14時半開演。全自由3000円。豊田地区日韓親善協会☎33-0195

◇「講演会 LIVESTRONGいつでも笑って がんになってありがとう」
 22日、市福祉センター(錦町)。がん治療による車いす生活を乗り越え、226㌔トライアスロンに出場し、がんサバイバーケアフィットネスを同市で立ち上げた牧野かおりさん=明和町=が語る。19時。無料。定員200人。新美さん☎63-5622

◇「松崎しげる、大橋純子Xマスディナーショー」
 23日、名鉄トヨタホテル(喜多町)。ディナー16時半、ショー17時半、ディナー19時半、ショー20時半の2回。S席3万3000円、A席3万1000円。同ホテル☎35-4629

◇「Xマス㏌トヨタ会館」
 23日、トヨタ会館(トヨタ町)。マジシャンDAIKIと大道芸人ゆうじ☆のパフォーマンスショーや小学生以下を対象にXマスプレゼント配布。もこもこXマスリ―スやコケ玉お正月飾りなどモノづくり体験。9時半-16時。トヨタ自動車社会貢献推進部企業PR室☎29-3345

PageTop

新三河タイムス第4608号(2015/12/10発行)

来年2月農振除外申請 一次救急診療所 南消防署付近
三重の病院進出 計画提出受け審査中

 豊田市が市南部で整備する「一次救急診療所」について、設置候補地として市南消防署付近で絞り、開発規制などの手続きの調整を進めていると明らかにした。今後は関係部局と調整しつつ施設の配置計画を整理しており、来年2月に農振除外申請をする予定。2016年度は造成計画を行い、17年度から用地買収、造成工事、建築設計、建築工事と進める。今井市民福祉部長は「できる限り早期の整備完了に向けて取り組んでいきたい」と話す。
 自民4期都築繁雄議員=桝塚東町=の質問に答えた。
【後藤】


民主 古本代議士 巨大与党に対し野党結集必要
野党再編を目指す民主、維新両党が7日、統一会派結成の合意にこぎつけたことについて、民主党愛知11区選出の古本伸一郎衆院議員は「選挙は一票の戦い。巨大与党自公と対峙する健全野党としてまとまっていた方がいい。野党がバラバラでは太刀打ちできない。札がばらけてたら自公が高笑いするだけ。一つ言えるのは政策の対立軸をしっかり示し、新しい旗を掲げ、そこで野党の結集を図るプロセスは大事だ」との考えを示した。
 本紙正月号特集でインタビューした際に明らかにした。
【後藤】


土橋支店移転オープン 豊信 営業室が旧店の1.5倍
20151210とよしん土橋支店
 豊田信用金庫(黒田連理事長)は7日、豊田市曙町に土橋支店を移転・新築オープンした。土橋駅近くの高台に位置し、夜間にライトアップされることもありランドマークとなりそうだ。
【後藤】


被告は無罪を主張 模擬裁判員裁判 中学生真剣に
竜神中 現役弁護士アドバイス

20151210竜中
 豊田市竜神中学校(杉山博久校長、生徒691人)で1日、模擬裁判員裁判の授業があり、3年生237人が7つのクラスごとに裁判官や裁判員らに扮し、現役弁護士の助言を受けながら審理の流れなどを体験した。裁判員裁判の問題点や市民参加の意義を考えてもらおうと同校と県弁護士会西三河支部(牧野守支部長)が企画し、同地域の中学校9校を巡回している。
【瓜生】


ルーテル挙母教会完成 幼稚園との連携期待 12日に献堂式
20151210ルーテル
豊田市桜町の挙母ルーテル幼稚園に隣接する日本福音ルーテル挙母教会の新会堂が1日完成し、12日午後1時30分献堂式が開かれる。
【高瀬】


色付き不調も 催事で人出確保 老木化が課題
20151210もみじまつり
師走になり冬の気配が一気に色濃くなってきたが、11月は温かい日が続き豊田市各地で紅葉の色付きが悪かったという。「第60回香嵐渓もみじまつり」は前半のイベント効果で人出こそほぼ横ばいだったものの、以前の渋滞は見られなかった。紅葉の老木化も目立つ中、足助観光協会の田口敏男会長(68)に今年のまつりを振り返ってもらい、今後の展望を聞いた。
【九郎田】


やりがいや厳しさ体感 三好丘中2年が職場体験
トヨタ出身 プロ野球選手取材


20151210職場体験1
みよし市三好丘中学校(生徒713人、花井伸校長)が2年生を対象に職場体験学習を行い、3、4日、新三河タイムスには牛島菜々美さん=黒笹、伊東純子さん=三好丘、加藤将大君=三好丘あおば=が参加した。初日は、新聞ができる過程や記事の書き方を学び、プロ野球ドラフト会議で指名されたトヨタ自動車選手による太田豊田市長への表敬訪問を取材。2日目は石野地区で認知症の徘徊防止訓練に訪れた。写真撮影では緊張して前に行けなかったものの、「誰も見てないから。読者を意識すれば恥ずかしさなどなくなる」との助言に積極的に前に出てカメラに収めた。
20151210職場体験2
【後藤】


豊田楽友協会楽団 13日定期演奏会
20151210定期演奏会
創立30周年を迎えた豊田楽友協会吹奏楽団が13日、市コンサートホール(西町)で定期演奏会を行う。今年から団長を任された渡辺祐希団長(32)=浄水町=は「節目の年。新たに編成されたスタッフが中心となり、定演に向けて練習に励んでいる」と話す。
【岡田】


非難時の英会話学ぶ 消防署員 ラグビーW杯備え
20151210消防署
 豊田市消防本部(長興寺)は外国人観光客の安全を守るためこのほど、消防職員を対象に消防本部で英会話研修を行った。
 外国人観光客が数多く来訪する2019年のラグビーW杯や20年の東京五輪に向け、消防職員が普段の職務で使っている救急業務や緊急の電話対応、自然災害、人災などを想定した英会話を研修した。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「桐山尚子ピアノリサイタル」
 3日、電気文化会館ザ・コンサートホール(名古屋市中区)。東京音大大学院修了し09年から今年3月まで独留学していた市内在住の桐山さんが演奏。19時開演。全自由2500円。チケットセンター☎052-204-1133

◇「どんな自分も抱きしめて トーク&ライヴ」
 6日、豊田産業文化センター(小坂本町)。うつ病やパニック障害など心の弱さと向き合った6人の歌とトーク。13時-17時半。前売3000円、当日3500円、ペア5000円(前売4日まで)。日本チキンハート協会・山田さん☎080-3654-1885

◇「東日本大震災復興海岸林再生プロジェクト 愛と絆を育てる講演会」
 4日、鴛鴨町区民会館。オイスカ啓発普及部吉田俊通副部長が海岸林再生にかける人生を語る。津波で撲滅した海岸林再生に取り組むオイスカ友の会主催、鴛鴨自治区協賛。18時半。無料。同会・佐藤さん☎42-1101

◇「性の多様性とセクシャル・マイノリティについて学ぶ」
 5日、とよた男女共同参画センター(小坂本町)。NPO法人PROUD LIFE代表で同市出身の安間優希さんから実体験を通したセクシャル・マイノリティの現状を学ぶ。13時半-15時半。無料。先着50人。同センター☎31-7780

◇「ユージン・別府たけし歌謡ライヴ」
 5日、City Cafe(御幸本町)。豊田市出身のポップス系歌謡シンガーソングライター・ユージン(鎌田雄二さん)と若手演歌歌手別府たけしさんの競演。19時から。予約1500円、当日1800円。同施設☎29-2480

◇「いなかとまちの文化祭」
 6日、ペデストリアンデッキ(若宮町)ほか。地元の農産物販売や木工体験、田舎暮らしトーク、演奏、伝統芸能など。10-16時。同実行委員会☎50-5684

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 5,6日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。5日はXマスオーナメントにお絵かき。6日は手裏剣戦隊ニンニンジャーショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

PageTop

新三河タイムス第4607号(2015/12/03発行)

元宮町Aパンの新設ビルに えぷろん出店 来年4月着工
市内初の複合施設に

20151203えぷろん
 食品スーパー地場大手の「えぷろんフーズ」(豊田市宮上町、河合岳史社長)が豊田市元宮町に新しく移転・建設されるパチンコ店「Aパンクラブ93店」の建物に「(仮称)元宮店」として出店する。来年4月着工でオープンは2017年1月の予定。建物は2階建てで2階には別のテナントも入居する予定。元宮店は5店目となる。完成すれば市内にはないパチンコ店とスーパーなどが入る複合施設となる。
【鬼頭】


高橋イオン「宝くじ売り場」で5億円出た!
オータムジャンボ1等前後賞大当たり 年末ジャンボに連日行列

20151203宝くじ
豊田市東山町のスーパー「イオン高橋店」の宝くじ売り場「高橋イオンチャンスセンター」で発売した10月23日抽選の「第685回オータムジャンボ宝くじ」で一等前後賞合わせて5億円の当たり券が出た。チャンスセンターは1996年7月に設置されたが、5億円の当たりが出たのは初めてという。過去には08年のサマージャンボで2等1億円が出たのが最高だった。
【鬼頭】


新・豊田市誕生10周年事業 新東名開通前に8000人走り、歩く
20151203ウォーキング
中日本高速道路(名古屋市中区錦2、宮池克人社長)が建設中の新東名高速道の浜松-豊田間が来年2月に開通するのを前に、豊田、岡崎両市は22日、本線を開放したイベント「ハイウェイマラソン&ウォーキング」を開いた。県内外から約8000人が集まり、ハーフ、10㌔、3㌔マラソンやウォーキングなどを楽しんだ。
【瓜生】


野球の楽しさ知って 12日ドラ5選手がトークショー
20151203ドラゴンズトークショー
プロ野球中日ドラゴンズの5選手を招いたトークショーが12日、豊田市錦町の市福祉センターで開催される。プロ選手と間近で触れ合い、子どもたちに夢を持ってもらおうと和牛焼肉「勢」(伊勢尚徳社長)が企画した。
【九郎田】


地域活性化のきっかけに有志企画
山登り好きが「職」と「住まい」求める地域に

20151203ボルダリング
 自然の岩場や壁を手や足を掛けて登るスポーツ「ボルダリング大会」が21日、東海地区のメッカ、豊田市松平地区で初めて開かれた。県内外から100人以上が参加し、真剣な表情で岩の切れ目など手でつかめる場所を探しながら岩を攻めた。地区の山には巨大な奇岩が多く、週末を中心に以前から岩登りの愛好家が足を運んでいた。近年室内ジムが増えるなど競技人口が上昇し五輪種目にも挙げられる中、地元有志が「過疎化が進む中で地域にすでにある資源を活性化につなげたい」と企画した。
【後藤】


神谷バレエスクールが公演 師走恒例「くるみ割り人形」など
12、13日市民会館 魅力伝えたい

20151203神谷バレエスクール
 豊田市小坂町の神谷久実子バレエスクールが12、13日、豊田市民文化会館(小坂町)で公演を行う。神谷代表は「習い事の1つとして始めた子どもたちが、練習を重ね素晴らしい踊りを踊れるようになっている。発表の場を増やし、バレエ芸術の魅力を多くの人に伝え、広げていきたい」と意欲を燃やしている。 
【岡田】


LEDで「光のトンネル」
みよし市保田ヶ池 5日からイルミイベント

20151203みよしイルミ
みよし市三好町の保田ケ池周辺を光で彩るイルミネーションイベント「ラヴァーズストリート」が5日から始まる。1月31日までの毎夜、街路樹に取り付けた約2万8000個のLED電球を灯し、幻想的な光の世界をつくり出す。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop