新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 26、27日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。26日は本窯ピザ焼き体験と野菜マルシェ、野菜・果物プレゼント抽選会。27日はふれあい動物園と住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「沢田研二・テレサテンの世界」
 26日、City Cafe(御幸本町)。ポップス系歌謡シンガーソングライターの同市在住ユージン(鎌田雄二さん)と実力派シンガーみえこりんの異色ライブ。19時。前売1500円、当日1800円(1ドリンク付)。同施設☎29-2480

◇「TIAナショナルデー トルコ」
 27日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。市内でエンジニアをするトルコ出身のアーメット・ウグルタユさんがトルコの魅力的な歴史と文化を紹介。14-15時。無料。市国際交流協会☎33-5931 ◇「豊田フォトグループアイ写真展」 25-27日、とよた市民ギャラリー(西町)。石田真典氏の指導の下全国公募展に入選したアマチュア写真家17人のグループ。今展は約70点の秀作が並ぶ=写真。10-18時。

◇「彩画展」
 27日まで、県美術館ギャラリー(名古屋市)。日本画、水墨画公募展。10-18時。無料。事務局土屋さん☎65-2008

◇「春休み特別おはなし会&マジックショー」
 27日、市中央図書館(西町)。はらっぱの会の手遊びや絵本、紙芝居の読み聞かせとマジックゼロのマジックショー。14時半-15時半。無料。同館☎32-0717

◇「豊田市ジュニアオーケストラ定演」

 27日、市コンサートホール(西町)。15時開演。全自由1000円(学生500円)。同施設☎35-8200

◇「加藤英水彩画展」
 29日まで、豊田画廊(喜多町)。豊田中日文化センターで水彩画教室を開く加藤さんの水彩画展。同施設☎37-8567

◇「アズマヒキガエル卵塊観察」
 今月下旬まで、市自然観察の森(東山町)。同施設☎88-1310

◇「切り絵師 俊寛作品展」
 27日まで、ホテルフォレスタ2階ロビー(岩倉町)。豊田市在住の切り絵師俊寛さんの作品展。11-18時。同施設☎58-3520

PageTop

新三河タイムス第4622号(2016/03/24発行)

支所長2人女性登用 高岡-野田、松平-坂井氏
4月1日付豊田市職員人事

豊田市が18日に発表した4月1日付人事異動では開催地となる2019年ラグビーW杯の準備を本格化させるためスポーツ課から分離する形で「国際まちづくり推進課」を新設し、職員12人(担当副参事を含む)を配置する。ラグビーW杯やリニア中央新幹線の開業など将来を見据えたまちづくりの新たな局面を切り拓くための施策を推進するため、重点的に人員を配置した。

今回注目されるのは支所長に2人の女性を登用したことだろう。市町村合併以降、旧町村と地域の拠点となる上郷、猿投、高岡、高橋、松平地区に支所を設けた。今回高岡支所長に野田洋子子ども家庭課長、松平支所長に坂井京子次世代育成課長が異動した。支所では地域会議やわくわく事業、市民提案事業など地域住民と深くかかわりながらさまざまな種類の仕事を共働で進めていかなければならない。「いずれもコミュニケーション能力に長け、地域住民の声を吸い上げながら仕事を進められる人物」(関係者)
【後藤】


豊田西から東大エースへ
野球部出身の山下大志さん 高い集中力 1浪経て難関突破 木曽学習を徹底

20160324山下大志さん
 豊田西高野球部出身の山下大志さん(19)=瀬戸市=が東京大学文科三類に合格した。野球部で培った集中力を武器に、1年間の浪人生活を経て難関を突破した。大学でも野球を続ける考えで、エースとして神宮球場のマウンドに立つことが目標だ。山下さんは「この1年間は勉強ばかり。野球がやりたくてうずうずしている。チームの勝利に貢献できる選手を目指したい」と力を込める。
【九郎田】


青木小に新たなシンボル 2代目一本松植樹
20160324代目一本松
豊田市青木小学校(児童823人)で1日、2代目一本松植樹式が行われた。シンボルとして長年親しまれてきた樹齢140年を超える一本松が寿命で枯れてしまったため昨年11月に伐採。校内に植えられていた別の樹齢30年の一本松を初代一本松が植えてあった場所に植え替え、新たなシンボルにする。
【後藤】


技能向上と講は育成を評価 倉地忠雄氏 叙勲祝賀会
20160324秋の叙勲①
県広告美術技能士会を設立し多数の資格合格者、全国大会入賞者を輩出するなど業界の地位向上に貢献したことが認められ、秋の叙勲で「瑞宝双光章」(技能検定功労)を受章した倉地忠雄氏(75)の祝賀会が19日、名鉄トヨタホテルであり、政財界や業界関係者ら約250人が自動車の街で異なる分野の栄誉を盛大に祝った。倉地氏は「60年間多くの人に支えていただいたお蔭。期待にそえるようさらなる努力を重ねていきたい」と感謝の言葉を述べた。
【後藤】


ころも農園1周年 「夢濃人とよた」プロデュース
メニュー大幅改訂「女子力UPコース」登場

豊田市周辺域の若手プロ農家集団「夢農人とよた」(石川龍樹代表、29農家)がプロデュースするオープン1周年を迎えた豊田市桜町の蔵カフェ「ころも農園」のメニューが大幅リニューアルし、話題を集めている。
20160324ころも農園
女性客をターゲットにしたディナータイムのコース名は「女子力UPコース」。美容と健康の意識が高い女性に喜ばれる野菜たっぷりメニューを考案した。女性を含む2人から注文可能で、カップルや家族連れに好評だ。
 コース内容は具だくさんミネラルスープ、農家のてんこ盛りビタミンサラダ、旬の夢農人素材を使用したドリア、パスタ、キッシュ、米粉ピザから1人1品選べる。みんなでシェアし合えるのも醍醐味。食後にスイーツまで付いて1500円(税別)は利益を度外視した価格設定。
【高瀬】


三好高女子剣道部全国初出場
「精一杯チームワークで頑張る」 1、2年の女剣士5人

20160324三好高校剣道部
 みよし市三好町の三好高校(藤嶋典弘校長)剣道部女子が27、28日に春日井市である全国高校剣道選抜大会に出場する。石原たまみ顧問(48)は、「今年のチームは粘り強さが魅力。5年越しの全国出場にOGからも熱い応援が寄せられている。思う存分戦える準備をして本番に臨みたい」と話している。
【岡田】


カフェ&アトリエ「ハレルゥガーデン」
英国田舎風の花・雑貨と料理評判

20160324ハレルゥガーデン
「おしゃれな空間で美味しい料理が食べられる」と話題を呼んでいるみよし市三好町のカフェ&アトリエ「ハレルゥガーデン」。オーナーは名古屋市天白区にあった「はなあーと」に20年間務め、仕入れからレイアウトまで総合プロデュースを任されていた大宮司晴子さん(47)=東郷町。
20160324ハレルゥガーデン2
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「manaca導入イベントリニモ春まつり」
 19日、愛知高速交通本社(長久手市茨ケ廻間)。車両基地見学と徳川家康と服部半蔵忍者隊演舞、介助犬デモンストレーションなど。10-15時。

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 19-21日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。19日は動物戦隊ジュウオウジャーショーとお楽しみ抽選会、リサイクル絵本販売。20日は魔法つかいプリキュア!ショーと住まいづくり相談会。21日は出張ハンドマッサージとグラスリッツエン。同施設☎37-7588

◇「ほんわか里山交流まつり㏌香恋の里しもやま」
 20日、まどいの丘(神殿町)。原木しいたけや手作りこんにゃく、地元野菜の漬物など販売。もちピザ、こんにゃく作りの体験や大沼雅楽や和太鼓、アフリカンダンスなどのステージ。10-15時。同実行委員会 新実さん☎090-8672-9374

◇「平芝公園梅まつり」
 20日まで、平芝公園(平芝町)。広さ6・28㌶の園内に植えられた「しだれ紅梅」や「しだれ白梅」など35種類、約550本の梅が見ごろを迎えている。

◇「えりあ61すぴーちこんてすと」
 20日、とよた市民活動センター(若宮町)。14-17時。参加無料。神谷太郎さんcbj53730@pop02.odn.ne.jp

◇「ファミリーキャンプ」
4月9、10日、市総合野外センター(坂上町)。市内400円、市外1000円(中学生以下半額)。先着12家族。同施設☎58-1388

PageTop

新三河タイムス第4621号(2016/03/17発行)

板倉氏安部総裁から表彰状
自民党大会で優秀党員411人の代表 党員拡大などに功績

20160317板倉さん
第83回自民党大会が13日、東京都内のホテルで行われ参院選勝利へ向けた運動方針案などが採択され、その後、全国の411人の優秀党員の表彰式が行われたが、代表として豊田市駅前通り南開発社長で同党豊田市支部相談役、板倉猛氏(90)=大林町=が安倍晋三総裁から賞状などを受け取った。
【鬼頭】


障がい者ヘルプマーク導入を 鈴木雅博県議 議案質疑
20160317鈴木さん
 県議会2月定例会は8日、議案質疑が始まり、自民1期鈴木雅博議員=浄水町=が登壇。真っ赤な「ヘルプマーク」を掲げ、4月に全面施行される県障害者差別解消推進条例で障害のある人への「合理的配慮」が行政の義務、民間事業者の努力義務になったことにふれ、「配慮を求める意思表明それ自体が難しい人もいる」とヘルプマークの導入を提案した。東京都から全国の自治体に普及しつつある現状を紹介し、「援助や配慮を必要とする人が身に付けることで周囲に知らせ、適切な支援行動につながる」と訴えた。
【後藤】


県高校職業認定事業 松平高3年植田さん今年度頂点へ
情報処理1級など12資格取得 他の模範と表彰 主席合格で県職員採用

20160317松平高
 愛知県高校職業教育技術認定事業で今年度グランプリを受賞した松平高3年植田朱音さん(18)=古瀬間町。4月からは県職員として勤務。採用試験では主席合格を果たし、さらなる飛躍が期待される。「正直私が取れると思っていなかった。頑張った成果が評価され、とても嬉しかった」と瞳を輝かす。
【瓜生】


ルーテル幼稚園に送迎バス寄贈 日本財団 名称「にこにこ」発表
20160317ルーテル幼稚園
幼保連携型認定こども園挙母ルーテル幼稚園(豊田市桜町)に9日、日本財団から送迎用バス1台が贈られた。
【後藤】


豊田拠点 劇団ドラマスタジオ公演 卒業式で君が代歌わす歌わせない
文化会館26、27日 本番に向け稽古に熱

20160317劇団ドラマスタジオ
豊田市で活動する劇団ドラマスタジオ(岡田隆弘代表)が26、27日、豊田市民文化会館(小坂町)で永井愛作、岡田代表演出「歌わせたい男たち」を上演する。団員らは本番向けて熱心な稽古を続けている。岡田代表は「面白味のある場面がたくさんある。多くの人に来場して芝居を楽しんで欲しい」と呼びかける。
【岡田】


豊田楽友協会 20日コンサート 迫力ある大人数編成など
20160317音友協会
 豊田楽友協会吹奏楽団(渡辺祐希団長)が豊田市民文化会館(小坂町)で20日、アンサンブルコンサートを行う。本番に向けて団員らは練習に励んでいる。
 同楽団は20代から60代の約50人が所属し、定期演奏会と同公演を中心に依頼公演や吹奏楽コンクールへの参加などを行っている。アンサンブルコンサートは5回目。合奏の最小形態であるアンサンブルに挑戦し、団員が担当楽器の演奏技術向上に努めようと開催する。
【岡田】


稲武地区の中心部 旧暦ひな人形飾る 4月3日まで
20160317いなぶ旧暦のひなまつり
 旧暦に雛人形を飾りひな祭りを祝う「いなぶ旧暦のひな祭り」が稲武地区の中心部一帯で催され、週末を中心に観光客らで賑わっている。いなぶ観光協会(大内政春会長)主催で4月3日まで。
 メーン会場のどんぐり工房では約350体の福よせ雛が飾られている。家庭でお雛さまの役割を終えた雛人形を活用し「学校生活」をテーマに授業風景や部活動でラグビーやサッカーをする雛人形などを展示している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたフレッシュコンサート」
 12日、市コンサートホール(西町)。豊田市を中心に近隣地域にゆかりのある2014年3月から16年3月に音楽専攻の大学や大学院を卒業か卒業見込みの若手演奏家7人とゲストがピアノやヴァイオリンなどを演奏。14時。全自由1000円(学生半額)。同施設☎35-8200

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 12、13日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわキッズガーデン。12日は亀田製菓ターン王子がやってくる。13日はゲッターズ飯田トークショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「成田環日本画展」
 13日まで、豊田市民ギャラリー(西町)。豊田中日文化センター日本画教室21人と講師の成田氏の作品展。10-17時。

◇「和紙のひなまつり展スペシャルライブ」
 13日、小原交流館(永太郎町)。バラエティ豊かなアーティストがピアノ、朗読、ギター&フラなどを披露。13時半-17時。お茶と菓子付300円。中学生以下無料。要予約。展示は同館で31日まで。月曜休館、9-21時。小原和紙ペーパーアートファンクラブ 奥村さん☎090-5631-0286

◇「ひな人形展 さまざまなひな人形たち」
 21日まで、みよし市歴史民俗資料館(三好町)。江戸時代から平成までのさまざま人形約200点を展示。月曜休館(21日は開館)。9-16時半。同館☎0561-34-5000

◇「みよしお好み寄席」
 18日、みよし文化センターサンアート(三好町)。ナイツや三遊亭小遊三などが出演。18時半。全指定4000円。同施設☎0561-32-2000

◇「フラメンコの夕べ」
 20日、珈琲香房楽風(喜多町)。三好カルスポ(三好丘ひばり)に教室を持つ榑松葉子さんが「春の予感とスペインの舞」を披露。18時半。2000円。同施設☎32-0233

PageTop

新三河タイムス第4620号(2016/03/10発行)

前林交流館 地域住民の意見反映 4月1日新築オープン
20160310前林交流館
豊田市前林町の前林交流館が4月1日に新築オープンする。既存施設が老朽化、手狭になったため、道路を挟んだ隣接地に建て替えた。市のまちづくりに対する「共働」の理念から、計4回のワークショップを開催するなど地域住民の意見を反映させたのが特徴。市内交流館で初めて木造平屋建てにした。
 4443平方㍍の敷地に、建物は延べ約1500平方㍍。既存施設の1・5倍の延床面積を確保した。地元区長やコミュニティ会議委員、小中学生の意見を踏まえ、部屋の機能、形を決めた。
【九郎田】


豊田市副市長に議会事務局長の杉山基明氏 市長の議会対応重視の表れか
豊田市の幸村的美副市長(61)の後任に、市議会事務局長の杉山基明氏(60)=山之手2=が就任する。2012年4月に就任した幸村副市長の任期満了に伴うもの。3日の市議会3月定例会に上程され、選任同意された。
 国交省からの派遣を除いて、この間の中根芳郎氏、中村紀世美氏と副市長はいずれも議会事務局長経験者。事務局長は議員から多種多様な注文、難題が寄せられ、議会対応としてすべての部に指示を出ししっかりとした答えを引っ張り出さなければならないなど全体を見なければならない立場だ。
 幸村氏に特別落ち度があったこともなく再任されるのではと言うのが大方の味方だったが、市長1期を終え、得意の行政全般は自身が、重要性を認識した議会対応を杉山氏に委ねる意向とみられる。
【後藤】


県との関係など首長の苦労吐露
鈴木元市長 まちづくり講演 上郷・高岡のJCOB・現役企画

20160310鈴木さん
元豊田市長の鈴木公平氏が3日、市南部の経営者を前に司町の「創作割烹 和乃風」で「今後の市のまちづくり」を演題に話した。「トヨタの進出で製造業の立地が進み人口が爆発的に増加した豊田市だが、成長を最も担ったのが南部。先祖代々の土地を手放したから今がある。後世にしっかりと継承していかなければならない」と熱っぽく話した。
【後藤】


「フラワーデザイン希花亭」松坂屋で展示即売展 15日まで
豊田市駅前に「春」招く ブリザードフラワーなどの花束注目

20160310希花亭
 豊田市保見町のフラワーデザイン希花亭(倉知希巳子代表)が現在、松坂屋豊田店2階イベントスペース(西町)で「春咲きギフトショップ」を行い、買い物客らが足を止めている。倉知代表は「さまざまな来場者を想定して制作。実際に見てたくさんの作品の中から選べる年1回のチャンスなので多くの人に来て欲しい」と呼びかけている。15日まで。
【岡田】


和紙ステンドグラスで卒業生送る
小原中 自分の花咲かせて

20160310小原中
 豊田市永太郎町の小原中学でこのほど、3年生28人の卒業を祝う会が行われ、1年生24人が和紙で作ったステンドグラスを披露した。6年目。
 和紙のステンドグラスは、デザインが描かれた台紙を窓枠風に切り抜き、その形に合わせて青や緑、赤色の和紙を貼り付けたもの。背面から光を照らすと、本物のステンドグラスのようにカラフルで柔らかな光が差し込む。
【岡田】


「カリヨン」の音色242人旅立ち祝う
4日 三好丘中卒業式

20160310カリヨン
みよし市の名鉄三好ケ丘駅一帯に4日、卒業ソングが鳴り響いた。三好丘中学校の卒業式に合わせ地元三好丘行政区(小嶋忠光区長)が企画。駅前にある市営施設「カリヨンハウス」のシンボル、カリヨンの鐘の演奏で卒業生を送り出した。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 5、6日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。5日はウルトラマンティガショー。6日はアンパンマンショーとかえっこバザール、住まいづくり相談会 同施設☎37-7588

◇「ARtists絵画写真展」
 4-6日、豊田市民ギャラリー(西町)。9年間続いたアラコ絵画・写真クラブ合同展から名称を変えて12年目の展示会。10-18時。浅岡さん☎090-1292-1129

◇「峯月流いけばな展」
 7日まで、松坂屋豊田店8階催事場(西町)。創流70周年記念事業。10-18時。入場500円(中学生以下無料)。峯月流会館☎32-1729

◇「寺井尚子クインテットジャズコンサート」
 6日、カバハウス(丸山町)。ジャズヴァイオリニスト寺井氏とピアノ、ベース、ドラムス、パーカションによる寛仁親王記念とよた光の里ウェルフェアコンサート。15時開演。全指定5000円。とよた光の里後援会事務局☎46-1164

◇「みよし少年少女合唱団定期演奏会」
 6日、みよし市文化センターサンアート(三好町)。13時半開演。無料、要整理券。同団保護者会 藤森さん☎090-2138-3524

◇「喜楽亭雛祭茶会」
 6日、喜楽亭(小坂本町)。10-15時。1席400円(前売り350円)。豊田産業センター☎33-1531

◇「豊田市民の誓い あったかフェスタ」
 6日、下山基幹集落センター(大沼町)。10-15時。同推進協議会事務局☎34-6629

◇「未来に残したい豊田の風景展」
 13日まで、市美術館ギャラリー(小坂本町)。月曜休館。10-17時半。市教育委員会☎34-6631

◇「ひいなの春 資料館と喜楽亭のひなまつり」
 13日まで、市郷土資料館(陣中町)と喜楽亭(小坂本町)。内裏雛や御殿飾り、段飾り、土雛など市民から寄贈された明治から昭和の雛人形を展示。月曜休館、9-17時。市郷土資料館☎32-6561

◇「TIAナショナルデー マレーシア」
 6日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。マレーシア出身のシティ・ノルバイズラ・ビンティ・マッド・レジャブさんが多民族、多宗教の国マレーシアの生活や観光地の魅力を紹介する。14-15時。無料。TIA☎33-5931

PageTop

新三河タイムス第4619号(2016/03/03発行)

四郷駅周辺区画整理事業 起工式に約100人出席20年度末完成目指す
20160303起工式
豊田四郷駅周辺土地区画整理事業の起工式が21日、同市四郷町で行われた。
 事業は豊田市四郷町の愛知環状鉄道四郷駅東の面積約26㌶を整備し宅地開発などを行うもので、地権者140人で構成する同土地区画整理組合(梅村利幸理事長)が施行、2020年度末完成を目指す。
【鬼頭】


斉藤議員 豊田で対談 夏の参院選愛知県選挙区勝利へ
20160303参院選
 夏の参院選愛知選挙区(定数改選4)に立候補予定の民主1期斎藤嘉隆議員(51)が20日、豊田市社会福祉センターで地元古本伸一郎衆院議員と対談した。元名古屋市小学校教諭の斎藤議員は「子どもに対する痛ましい事件が相次いでいるが、政治が国民に明るい未来を示さなくてはならない」と訴えた。
【後藤】


倉知元県議 豊田名誉市民授与
高校誘致、道路整備など功績 4月29日に「感謝の会」

愛知県議を11期連続で務め昨年春、引退した倉知俊彦氏(84)=保見町=を豊田市名誉市民として顕彰する授与式が5日、市民文化会館(小坂町)で豊田市制65周年式典と合わせて行われる。
 倉知氏は1931年7月、現在の豊田市生まれで50年、豊田西高を卒業後、県職員を経て52年、太啓建設(豊田市東梅坪町)に入社。71年4月、県議選に出馬し、初当選。その後、11期連続(44年間)で愛知県議を務め、15年の統一地方選には出馬せず、引退した。この間、87年、県議長、02年、自民党県議団団長などを歴任した。
【鬼頭】


みよし 関所3ヵ月 22人が就職
ジョブサポート 40代女性からの相談多く

20160303ジョブサポートみよし
 国、ハローワーク豊田と一体で仕事情報を提供する「ジョブサポートみよし」が三好町のふれあい交流館内にオープンして4カ月経ったが、1月末までの3カ月間で864人が利用し、うち22人が就職した。来年度は面接時の対応や自己分析などを身に付けられるセミナーも計6回開催する予定で、さらに手厚い支援を提供していく考え。
【九郎田】


豊田市内で模擬選挙企画 中京大・千村さん
子どもに教えることで自身も仕組み再認識
社会で輝く女性目指す

20160303模擬鮮魚
 豊田市内で小学生対象の「選挙出前トーク」を企画した中京大2年千村小夏さん(20)=名古屋市天白区。「自分の企画を小学校で実施できるのが楽しい。子どもたちが体験したことのない選挙に関心を持ってくれる。子どもたちの反応を見たり、投票して楽しかったと言われた時は企画が成功したんだなととても嬉しくなる」と瞳を輝かす。
【瓜生】


東海6大学 ダンス発表会 シュワッとはじける東海の味
6日岡崎女子大 合同含め15作品

20160303ダンス発表
東海地方の6大学から成る「東海学生舞踊連盟」が6日、岡崎女子大・短大のSKホール(岡崎市中町)で「学生ダンス発表会 スパークリング-シュワッとはじける東海の味」を行う。実行委員の三宅史洋さん(20)=名古屋市西区=は「それぞれの大学が特徴を生かした作品を楽しんでほしい」と話す。入場無料。
【岡田】


風船作家個展 6日まで楽風
20160303風船作家
豊田市の風船作家「ダンディーふくちゃん」が現在、楽風アートギャラリー欅(喜多町)で個展を開き、来場者を楽しませている。6日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop