新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「豊田・みよし地区 郵政アートクラブ展」
 29日まで、市民文化会館(小坂町)。油彩、水彩、日本画、ちぎり絵、切り絵、書、写真、工芸、陶芸などの作品を展示。10-17時。

◇「柿の木窯・みよし窯作品展」
 28―30日、みよし文化センターサンアート(三好町)。柿の木窯・みよし窯会員の力作を展示。10-16時。

◇「オンリーワンまつり」
29日、社会福祉法人オンリーワン(柿本町)。天然酵母ピタサンドやカレースパイス、有機野菜、自家製ジュースなどの販売や木の実モービル、木材でおうちとイス作り、まつり限定ランチほか多数出店。10時半-14時半。同施設☎28-0567

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 ちびっこ縁日とふわふわランドで遊ぼう。29日はハロウィンイベントモデルハウスを巡ってお菓子をもらおう、一緒に英語であそぼうハロウィンパーティ、ケンタッキーフライドチキンのギフト券が当たる抽選会。30日は「ウルトラマンオーブ」主人公クレナイガイ役石黒英雄トークショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「ほっこりサロン 参加者募集」
 前林交流館(前林町)。1日はハーブで作るエッグポマンダー。参加費200円。20人募集。15日は民謡を楽しむ。無料、50人募集。10-12時。同館☎52-5474

◇「ミルクからチーズを作る体験会」
 29日、井郷交流館(四郷町)。チーズプロフェッショナル資格を持つ市川鈴子氏を講師に2種類のチーズ造りを通してチーズについて学ぶ。1部13時、2部16時から。各部16人を募集。持ち帰りチーズ付き参加費3500円。エスポア・アオミ☎28-0869

◇「お寺ヨガスタート」
 3日から、本新町の如来寺。ゆっくり楽しむヨガ。10時―11時15分。月4回2500円。飲み物とバスタオル持参。同施設☎32-6026

◇「インディゴ風の器とエトセトラの器展」

 2―6日、長久手市のギャラリースペース「木もれ陽」。豊田市東萩平町の影山公人氏の食器や花器と菅原信子氏のデニム風のカップやブローチなど展示販売。10-18時。同施設☎0561-61-1150

◇「三象会 洋画展」
 8日まで、喜多町の豊田画廊。2015年豊田芸術選奨受賞者で日展作家の森木明氏を中心に4人の作家の洋画展。風景や花、静物など約20点。10-19時。同施設☎37-8567

PageTop

新三河タイムス第4652号(2016/10/27発行)

豊田商議所 役員改選 三宅氏はじめ正副会頭再任
北地区、ラグビーW杯控えて手腕期待

 地域唯一の総合経済団体、豊田商工会議所は24日夜、「臨時議員総会」を開き、三宅英臣会頭(71)=豊田鉄工相談役=をはじめ、副会頭3人、専務理事1人の再任を決めた。3期目を迎える三宅会頭は「来年秋のシネコンを核とした駅前再開発ビルのオープン、2019年のラグビーW杯、20年の東京五輪・パラリンピック、27年のリニア中央新幹線開通など数々のビッグイベントを控え、地域社会の明るい未来へ総力を注ぐ使命と責任を感じている。引き続き理解と協力をお願いしたい」と決意を新たにした。任期は11月1日から3年間。
【後藤】


みよし市議会行政調査報告 協議会の発足提案
文教委 総合型地域スポーツクラブ

20161027みよし行政調査報告会
 議会活動を広く市民に知ってもらおうと、みよし市議会(20人)は行政調査報告会を三好町の保田ケ池センターで開いた。3常任委員会が今年7月にそれぞれ実施した行政視察で他市町の先進的な取り組みを調査研究したが、22日は文教厚生委が「総合型地域スポーツクラブの役割」をテーマに紹介。視察先とみよしの比較を交え、行政へ提言すべき課題も打ち出した。
【九郎田】


香嵐渓 1日から「もみじまつり」 幻想的な光の演出
香嵐渓広場でジャズ演奏も

20161027もみじまつり
まもなくシーズンを迎える紅葉の名所、豊田市足助町の香嵐渓で1日、もみじまつりが始まる。ライトアップした紅葉とのコラボを楽しめる光の演出で観光客を迎える。竹灯篭を香積寺周辺に並べるほか、願い事を書いて置くガラスキャンドルも用意。ジャズ演奏などのステージイベントが花を添える。主催する足助観光協会の田口敏男会長(69)は「紅葉の見ごろは20日前後を予想。香嵐渓でしか味わえない雰囲気と美しさを楽しんでほしい」と呼びかけている。31日まで。
【九郎田】


元豊田市部長で行政相談委員 真田さん総務大臣表彰
市民の声届け解決策探る

20161027表彰
 総務大臣表彰を受賞した豊田市鴛鴨町の市行政相談委員真田勝雄さん(76)が20日、市役所に太田稔彦市長を表敬訪問した。行政相談委員として13年の長きにわたり市民からの声を行政につなげ解決の糸口を探ってきたことが認められた。
【後藤】


新聞スリッパ作り 暗闇で災害体験も 美山小
20161027美山小
親子で学ぶ防災教室が22日、豊田市美山町の美山小学校(川上泰弘校長、児童777人)で開かれた。全児童が親子で参加し災害時の連絡方法や非難場所などを確認し合った。防災グッズを作ったり、災害体験もした。
【九郎田】


豊田市消防本部 矢作川で水難救助訓練 県警と合同 ドローンで上空から
20161027水難救助訓練
豊田市消防本部は県警と合同で7日、石野町の矢作川鎮平橋上流付近で水難救助訓練を行った。職員ら60人が本番さながらの真剣な表情で訓練に向かった。他の組織の訓練を見る機会は少なく、装備資機材や隊員の動きを互いに参考にしていた。
【後藤】


6日のフェスタ向け奔走 子どもに「ものづくり」の魅力伝える サポートセンター
20161027和菓子
豊田市九久平町の松平交流館は地元和菓子店と高校生、住民有志と特産品づくりに取り組む。同施設で29日から始まる4回連続の交流館講座「輝きUP!地元パワーでアンチエイジング」の初回で地域の女性参加者と美容に効果があるスイーツを作る。
【後藤】


ころも農園 ランチに新メニュー お客の声取り入れ「玄米食」
20161027オムライス
豊田市と近郊の若手農家集団「夢農人とよた」の農産物を使ったメニューが楽しめる桜町の「ころも農園蔵カフェ&マルシェ」で17日、冬ランチの新メニューに玄米を使った和風メニューがスタートした。「玄米飯にはひじきも混ぜ込み、栄養価も抜群」とPRしている。
【後藤】


桜町のレストランで29日ハロウィン市場 ビストロ・モコ
20161027ハロウィンイベント
豊田市桜町の仏レストラン「ビストロ・モコ」と姉妹店「ダ・モコ」が29日、ハロウィンマーケットを開催する。オーナーシェフ古茂田真之介さん(45)=岡崎市矢作町=が「駅前一帯の商店街中心を盛り上げるイベントを催し、地域を活性化したい」と近年国内でも盛り上がるハロウィンに目を付け、昨年始めた。
【高瀬】


ガーデンプラン紹介 「花遊庭」天野さん NHK出版から著書刊行
20161027花遊庭
 豊田市寿町の豊田ガーデン(天野勝美社長)が管理する「ガーデニングミュージアム花遊庭」のヘッドガーデナー天野麻里絵さん(36)が、NHK出版から「宿根草でつくる自分好みの庭」を出版。9月30日から書店に並び、話題を呼んでいる。出版は父勝美さんとの共著も合わせ5冊目。
【岡田】


大地震想定し防災訓練 17日 グリーンシティ・イオン高橋店
20161027防災訓練
豊田市高橋町のショッピングセンター「グリーンシティ・イオン高橋店」で17日、防災訓練が行われた。従業員142人と豊田消防署東分署員9人が参加し、避難経路や防火シャッターなどを確認した。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「ダンボールコンポスト講習」
 22日、エコット(渡刈町)。ダンボールコンポストを使って生ごみからのたい肥作り。13時半から。参加費1380円。定員20人。同施設☎26-8058

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 22、23日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。22日は原木しいたけ狩り体験とBBQ、23日ハワイアンフェスティバルと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「中村広子作品展 じいちゃんが言っとったなあ」
 30日まで香恋の館(羽布町)。25日閉館。同施設☎90-4120

◇「石井桃子さんドキュメンタリー映画 上映会」
 25日、市福祉センター(錦町)。こどもの本勉強会・はらっぱの会主催。「ノンちゃん雲に乗る」の作家で「クマのプーさん」などの翻訳者石井桃子さんのドキュメンタリー映画を上映。森英男監督が解説。13時から。1000円。定員250人(小学生以下入場不可)。森下さん☎080-5139-0286

◇「コスモス鑑賞会」
 26日、丸根町。宮口上老人クラブの協力で種まきし鑑賞会を行う「宮口上緑を守る会」の環境保全活動。駐車場は3カ所用意。汁粉を提供。10-12時。

◇「ファミリーキャンプ11月参加者募集」
 5、6日、家族で自由に秋の六所野外センターを満喫できる参加者限定の施設開放に初めてのキャンプ体験やミニ家族旅行、学校キャンプのリハーサルなど目的に応じ自由に計画できる。プチアウトドア教室は拾い集めた木の実や木切れを使った炭を作り、五平餅を焼いて食べる催事を開催。先着で小中学生を含む12家族を募集。市内在住は1人400円(中学生以下は半額)、市外の人は1000円(同)。同施設☎58-1388

◇「豊田市公設地方卸売市場開放」
 29日、市公設卸売市場(高崎町)。柿やシイタケの品評会と青森リンゴ「とき」、キノコ料理試食。マグロの解体即売会や活魚すくいと旬の野菜や果物、水産物即売会など。9時半から。同施設☎33-3421

PageTop

新三河タイムス第4651号(2016/10/20発行)

トヨタ本社近くに新店舗 車検のコバック 新車や健康機器販売
豊栄店15日オープン 100事業部構想へ着実に手

20161020コバック
車検、板金など自動車整備業のコバック(豊田市梅坪町、小林憲司社長)が15日、トヨタ自動車本社にほど近い国道248号沿いの豊栄町に「豊田豊栄店」をオープンした。市内では陣中、梅坪、若林店に次いで直営店として4カ所目。新車、新古車、中古車などを含む自動車販売や健康器具の販売など従来の店舗にはない実験的な試みをする。市街地を南北に走り昼夜を問わず車の通行量が多く会社の認知度アップにもつなげる。朝7時過ぎに小林社長らがテープカットをして開店を祝った。
【後藤】


豊田初の劇映画「星めぐりの町」 製作へ本格始動
「実現する会」協賛金受付中

20161020星めぐりの町
 豊田市を舞台にした初の劇映画「(仮題)星めぐりの町」が豊田在住の監督黒土三男さん(69)の脚本・監督で製作される動きが8月明かされたが、市民や市の支援体制も整いいよいよ映画作りが本格化する。豆腐作りにこだわる職人とその家族などを通して「モノづくりの魂」や豊田の風物を描く作品で順調なら来年春、クランクインして同年秋開館の市駅前北街区ビルのシネコンのこけら落としで初公開される予定。


豊田ルネッサンスLC創立25周年 矢並湿地に案内板寄贈

20161020矢並湿地
国際的に重要な湿地の保全・利用を図るラムサール条約に登録されている豊田市矢並町の矢並湿地が16日まで一般公開され、自然愛好家や環境コンサルタント団体など市内外から過去最高の人が詰めかけた。公開初日13日には国際奉仕団体豊田ルネッサンスライオンズクラブ(昭和町、杉浦義和会長)が案内掲示板を贈呈した。
【後藤】


地域に根ざした農業教育を 猿投農林高 創立110周年迎え記念式典

20161020猿投農林110周年
創立110周年を迎えた豊田市井上町の猿投農林高校(小久保清隆校長、生徒591人)で17日、記念式典が催された。同窓生やPTA関係者ら約100人とともに110年の歩みを振り返ったほか、生徒がパフォーマンスを披露し花を添えた。
【九郎田】


行政、法律相談所 豊田に14日開設 総務省
20161020相談会
 国、県、市による行政・法律なんでも相談所が14日、豊田市小坂町の市民文化会館に開設された。17日から始まる「行政相談週間」(23日まで)にちなみ、行政機関だけでなく、弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士などが市民からの相談にのった=写真。
【後藤】


太啓建設 リフォーム店1周年 国の成長戦略 商機生かす
20161020リフォーム1周年
豊田市東梅坪町の「LIXILリフォームショップ太啓建設」の1周年感謝祭が8、9日、同所などで行われ、2日間で140組350人が詰めかけた=写真。同社では「道路や学校、病院の整備など公共や大型施設の工事のイメージが強い中、より身近に感じてもらい皆さんの暮らしを支えるよき相談相手になりたい」と話している。
【後藤】


垣根越えた社員の交流を 遊技業・善都 四日市ドーム貸切 初の大運動会
20161020綱引き
 遊技業地場大手「善都」(豊田市若宮町、都筑善雄社長)は4日、三重県四日市市の四日市ドームで初の運動会を開いた。「大運動会 遊べ、もっと。」をテーマに部署や店舗の垣根を越えたコミュニケーション、健康増進、ワークライフバランスを促すなど福利厚生の一環として企画。社員やバイトなど全スタッフとその家族800人が心地よい汗を流した。
【後藤】


豊田北高卒業から30周年 フォレスタで11月6日 6回生が記念事業
20161020北高
 豊田北高校(藤井達也校長)6回生の卒業30周年記念事業が11月6日、フォレスタヒルズ(岩倉町)で催される。3部構成。2016年度同窓会定期総会に続き、2部で6回生の飯田牧子さんのソプラノコンサート、3部で懇親会がある。当時の模様を収めた動画を中心に現在の北高の様子が映像で流される。耐震工事のため会場を移した。



赤い糸探して婚活イベント みよし商工会
20161020婚活イベント
みよし商工会は立食パーティーを楽しみながら男女の出会いを後押しする婚活イベント「赤い糸大作戦」を12月10日、豊田市岩倉町のホテルフォレスタヒルズで開く。企画する女性部では20-40歳の参加を呼びかけている。11月10日まで。
【九郎田】


大池に白の衣装 幻想的世界へ 水の中で群読劇
豊田市美術館23日「蜘蛛の糸」展に合わせ

20161020朗読劇
水の中で上演する野外群読劇「蜘蛛の糸」が23日、豊田市小坂本町の美術館2階大池で開催される。演出の石黒秀和さん=岡崎市桑原町=は「本番は何が起こるかわからないが、当日の天候や自然が演出と合わさってできる一期一会の完成形を楽しんでほしい」と話している。豊田市美術館ミュージアムフェスタ市民企画の1つ。
【岡田】


あんず茶屋で折り紙作品展 28日まで
20161020折り紙作品展
 豊田市日南町のあんず茶屋の折り紙教室「はいひーる」の指導者宮崎君子さん(73)=広久手町=と生徒5人の作品展が同施設で開かれ、愛好家が足を運んでいる。28日まで。 干支の猿と紅葉を組み合わせた合同作品のほか、角の形や大きさが異なる20個の兜を並べた作品。サイズや柄が異なる45足のハイヒール、鶴の羽を花びらに見立てたダリアや本物と見間違うようなユリやスズランなどが並ぶ。
【岡田】


中心市街地で仮装を 豊田 ハロウィンイベント
20161020ハロウィン
 秋のイベントとして日本でもすっかり定着してきたハロウィンが豊田市内でも開催される。魔女やお化けなど思い思いの仮装をして子どもも大人も盛り上がる。 
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「センチュリー室内管弦楽団定期演奏会」
 15日、市コンサートホール(西町)。平光真彌氏指揮でベートーヴェンの歌劇「エグモント」序曲、交響曲第1番ハ長調、ブラームスのセレナーデ第1番二長調を演奏。17時半開演。全自由1000円(高校生以下無料、未就学児入場不可)。増田さん☎27-5414

◇「鍵盤楽器で音楽のお楽しみ会」

 15日、西部コミュニティセンター(本新町)。創作パフォーム青い金魚企画で演奏と朗読。13時開演。無料。同会☎090-8327-4837

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 15、16日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ縁日とふわふわランドで遊ぼう。15日は親子でわくわく牧場体験。16日は仮面ライダーエグゼイドショーと住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「豊田高専オープンキャンパス」
 15、16日、豊田高専(栄生町)。説明会と自由見学、学生寮公開。10時-14時半。申し込みは所属中学校へ。

◇「陽水・拓郎の世界」
 16日、足助のかじやさん(足助町)。フォーク界の両巨匠、陽水と拓郎時代を経験した中高年だけでなく若い人にも魅力ある企画。元教諭で同市在住の歌謡シンガーソングライターユージン(鎌田雄二さん)と刈谷市在住の品川敏樹さんが出演。19時開演。入場料1500円。
同施設☎62-1000

◇「イクメン応援講座 パパ力輝き☆Max 参加者募集」
 16日まで。講座は30日9時半、「親子で一緒に星空教室」。11月13日11時、「休日のんびりブランチクッキング」。12月4日10時、「挑戦!親子でコンビネーションダンス」。会場は豊田産業文化センター内(小坂本町)。市内在住、在勤の全回参加できる父親と5歳から小学3年の子ども(子どもは2人まで、子どもの参加は10月30日と12月4日)12組を募集。父親と子ども1人で1900円(追加の子ども1人150円)。とよた男女共同参画センター☎31-7780

PageTop

新三河タイムス第4650号(2016/10/13発行)

総事業費81億円 新高橋片側分開通交互交通スムーズに
4車線前面完成は21年3月

20161013高橋①
豊田市民にとって母なる矢作川をはさんで市の東西をつなぐ県道豊田則定線の「高橋」(川田町・寺部町)架け替え工事は前半の下流側が完成、9月30日から開通し、スムーズな交互交通に変わった。往復4車線が完成するのは2021年3月の予定。一部姿を現したことで市民の全面開通への期待が高まっている。
【鬼頭】


豊田南LC設立50周年事業 地元出身山崎さん プロ野球人生振り返る
20161013山崎さん
今年度設立50周年を迎えた豊田南ライオンズクラブ(海老沢要造会長)が9日、錦町の市福祉センターで「記念講演会」を開き、セ・パ両リーグで本塁打王を獲得した地元出身の元プロ野球選手山崎武司さんが「3度のクビから現役27年」をテーマに話をした。山崎さんは目立った成績を残せなかった野球を始めた幼年期から戦力外を味わった節目に師匠と言える指導者との出会いなど引退するまでの野球人生を振り返った。
【後藤】


“嫌われもの”を有効活用 歳暮前にシシ鍋セット
足助の獣肉加工所「山恵」が発売 豊田の味噌ダレとうどんで商品化

20161013しし鍋セット
お歳暮シーズンを前に獣肉処理加工施設を運営する豊田市足助地区の「山恵」(新盛町、小沢庄一社長)が、農家が丹精した農作物を荒らすと嫌われる有害獣のイノシシ肉の「鍋セット」を商品開発し、今月から販売を始めた。昨年冬に捕獲した脂ののった臭みのない柔らかい冬の御馳走・シシ肉を、こだわりの地元の桝塚味噌のタレで食べる。うどんは稲武地区の天日干し半生めんを使用し、家庭で本格的なシシ鍋を楽しむことができる。「イノシシは地元の山の幸で育ち、まさしく地産地消。自然が育んだ逸品を味わって」とPR。販売は今月一杯。商品の発送は12月から。
【後藤】


豊田市岩滝自治区 地元高齢者の長寿祝う
文化発表会と初の同時開催

20161013岩滝自治区
 市民の憩いの場として親しまれている鞍ケ池公園にほど近い豊田市岩滝町自治区の敬老祝賀会が2日、地元区民会館で開かれ、地域住民らが地元高齢者の長寿とこれまで長年にわたる社会貢献を祝った。高齢者が文化活動を発表する「秋の文化・芸術品の集い」と初めてコラボ開催し、多くの人が齢を重ねてもなお没頭する趣味の作品に見入った。
【後藤】


ドローンで分布調査 矢作川研究所と市職員ら 外来種カメ駆除へ
20161013ドローンで調査
 ドローンを活用してアメリカ原産の外来種「ミシシッピアカミミガメ」の分布調査が4日、豊田市汐見町の逢妻女川で行われた。市ドローン飛行隊員でもある市矢作川研究所研究員がドローンを操縦し、河川の状況を撮影。今後分布状況などをしっかりと把握し、駆除などにつなげる。
【後藤】


全日本中学陸上800メートルで優勝
33年ぶりの日本新 プレッシャー乗り越え 年代敵なし東京五輪に期待

20161013馬場選手
 7月に安城市であった西三河中学校選手権の陸上男子800㍍で日本中学新記録をたたき出した上郷中3年馬場勇一郎選手(15)=和合町=が8月末に長野県であった全日本中学校陸上競技選手権でも800㍍で優勝、3000㍍では準優勝を飾り、まさにこの年代で敵なしだ。2020年の東京オリンピックも視野に期待を集める。
【瓜生】


「劇団ドラマスタジオ」公演 味わい深い模擬家庭描く
22日・23日文化会館 精一杯生きる姿伝える

20161013劇団ドラマスタジオ
地元の演劇団体「劇団ドラマスタジオ」が22,23日、豊田市民文化会館(小坂町)で永井愛作「こんにちは、母さん」を岡田隆弘代表演出で上演する。役者らは本番に向けて熱の入った稽古を続けている。岡田代表は「人は記憶や時代を背負って生きている。年齢を重ねても精一杯生きる大切さを伝えたい」と話す。
【岡田】


独居房を模擬展示 15・16日 名古屋刑務所で矯正展
20161013矯正展
地域との交流を深める「第28回東海北陸・みよし矯正展『地域とともに』」が15,16日、みよし市ひばりケ丘の名古屋刑務所(別府公昭所長)で開催される。昨年は1万1388人が来場。16日に名鉄ハイキング「秋を満載!愛知牧場と矯正展コース」にも組まれ、さらに多くの来場者を見込んでいる。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「イレバの日 歯の供養祭」
 8日、名古屋覚王山日泰寺(千種区)。10月8日は語呂合わせで「入れ歯の日」。長年、身体の一部として役割を果たしてきた入れ歯や歯牙に感謝を込めて供養する法要と歯科医師による「口の健康について」の話。13時から13時45分。無料。県保険医協会、歯科担当事務局☎052-832-1349

◇「秋の山草展」
 8、9日、足助百年草(足助町)。足助山草会主催で特設即売も開催。8日は9-16時、9日は9時-15時半。同施設☎62-0100

◇「あつ子の刺し子展」
 9日まで、みよし市三好丘桜のアトリエKei。三好ケ丘あおば在住の河隅貴子さんのタペストリーやテーブルクロスなど大作から巾着などの小物まで美しい刺し子の作品を展示。12-17時。同施設☎0561-36-1431

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 8、9、10日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。8、9日はちびっこ縁日とふわふわランドで遊ぼう。8日動物戦隊ジュウオウジャーショー。9日それいけアンパンマンショーと住まいづくり相談会。10日秋野菜ピザと秋野菜・果物マルシェ。同施設☎37-7588 

◇「堀江淳&中沢けんじジョイントライブ」
 9日、みよし市黒笹町のカーデン。代表曲メモリーグラスで有名な堀江淳氏と元H2Oの中沢けんじ氏が共演。14時開演。1飲物付き4500円。同施設☎0561-35-5015

PageTop

新三河タイムス第4649号(2016/10/06発行)

JAあいち豊田 移動スーパー「とくし丸」スタート
中山間の買い物難民救います

20161006とくし丸
中山間地の買い物難民救います- JAあいち豊田(豊田市西町、柴田文志代表理事組合長)は3日、豊田市下山・羽布地区の買い物難民向けにAコープ下山支店(大沼町)を拠点に生鮮食品などを積んだ軽トラックを消費者宅の玄関先に付け、商品を購入してもらう「移動スーパー事業」をスタートした。高齢化などで買い物に行けない人が増える中、市内でもさまざまな事業者がネットなどで注文を受け付けるサービスが広がっている。柴田組合長は「商品を選ぶ買い物本来の楽しみを提供。事業ベースに乗せて、単発ではなく息の長い事業として他地域への広がりを期待している」と意欲を見せる。
【後藤】


イオン長久手に現代仏壇店 葬儀業フューネが出店
全葬儀会館にショールームも

20161006FUNE
 豊田市小坂本町の葬儀業フューネは長久手市に12月9日オープンする「イオンモール長久手」に現代仏壇店「ギャラリーメモリア」を出店する。商業施設への進出、直営の現代仏壇店を展開するのは共に初めて。現代仏壇、仏具を扱うほか、葬儀に関する相談窓口も設ける。多くの集客が見込まれる中、同社の商品やサービスを発信するサロン的店舗にしたい考えだ。
【九郎田】


都心再整備案提示 駅前の顔・東口に大階段
第3回都心環境会議 参合館前に可変水盤

20161006豊田市駅大階段_水盤OFF
 名鉄豊田市駅周辺の再整備を推進する豊田市と商工会議所など関係団体で構成する都心環境計画推進会議(会長-太田稔彦市長)の第3回会議が3日、市役所(西町)で開かれ、空間デザイン設計案が提示・確認された。今年度中に基本計画案に整備される予定という。
 設計案は地元住民参加のワークショップなどの意見も反映され、同駅西口と東口エリア案に分けて計10点を提示。
【鬼頭】


猿投まつり 力強く棒の手奉納
8,9日 町外から初の「若い衆頭」

20161006猿投まつり
豊田市の猿投神社で8、9日、秋の大祭「猿投まつり」が催される。各種神事を執り行う中、力強い棒の手の奉納が見どころ。太刀と棒を手に2人1組で立ち回る。氏子有志でつくる「猿投棒の手保存会」では9月中旬ごろから連夜、練習に汗を流す。小中学生が棒の基本を体に染み込ませるほか、大人たちは息づかいを読むように互いの太刀筋を確かめ合う。近藤秀俊会長(57)は「観客を引き込むギリギリの演技と子どもたちの勇姿を見てほしい」と呼びかけている。
【九郎田】


3度目の出場 悲願の銅メダル 喜びを地元で分かち合う
豊田市生まれ 単身スロバキアへ 羽根田選手祝勝会に300人

20161006羽根田さん
 リオデジャネイロ五輪のカヌースラローム男子競技でアジア初の銅メダルを獲得した豊田市小川町出身の羽根田卓也選手(28)=ミキハウス所属=の祝勝会が2日、名鉄トヨタホテル(喜多町)で催された。日本人やアジア人でメダル獲得など考えられなかった10年前に単身スロバキアへ。異国の地で暗中模索の中で武者修行。地元出身の北京、ロンドンに続き3大会連続出場で悲願のメダル獲得に、日曜夜にもかかわらず300人を超える市民が参加し喜びを分かち合った。
【後藤】


自動車総連 梅ケ丘学園に1BOX贈る

20161006車贈る
自動車産業の77万人が加盟する自動車総連(全日本自動車産業労働組合総連合会、相原康伸会長=全トヨタ労連出身)は、豊田市梅坪町の児童養護施設・梅ケ丘学園にトヨタ製ワンボックス車・ノア(250万円相当)を寄贈した。同施設と日ごろから交流を深める東梅坪町の日本発条労組豊田支部が提案し、実現した。
【後藤】


小島プレスと系列が優勝独占 電話対応コンテスト 言葉遣いなどで審査
20161006電話対応コンクール
 日本電信電話ユーザー協会主催の「電話応対コンクール西三河大会」(西三河地域の各商工会議所、商工会など後援)がこのほど、岡崎市竜美の岡崎商工会議所で開かれた。豊田市からはトヨタ系自動車部品製造の小島プレス工業と系列の内浜化成、大和化成工業、丸和電子化学、昌和合成、プラマックなどから多数が参加。社員教育の一環として取り組んでいる姿勢が垣間見えた。
【後藤】


「科学の甲子園ジュニア」 三好丘中 権大会準V 団結力で難問挑む
20161006三好丘中
 全国の中学生が都道府県代表として科学の思考力と技能を競う「科学の甲子園ジュニア」の県大会が東郷町の県総合教育センターで行われ、みよし市三好丘の三好丘中学校チーム(花井伸校長、生徒687人)が準グランプリ(2位)に輝いた。
【岡田】


23団体151人の力作並ぶ 2日まで 豊田市書道連盟展
20161006豊田書道連盟展
 第36回豊田書道連盟展が2日まで、豊田市民文化会館(小坂町)で行われ、多くの市民らが足を運んだ。
 3日間の展示期間中、23団体と個人が出品した。元市長の鈴木公平会長や相談役の佐々木嵓邦氏、石川小歩氏、安藤豊邨氏と加藤矢舟理事長を含めた151人。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop