新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「中京大スポーツ科学部 創作ダンス発表会」
 23日、市民文化会館(小坂町)。スポーツ科学部のダンス受講生をメーンにしたパワフルでバラエティーに富んだ発表会。14時開演。無料。

◇「おはなし会、ガア子の卒業祝賀会」
 26日、みよし市三好丘あおばの三井アーツ。11時から。無料。同施設☎0561-36-6323

◇「バック・トゥ・ザ・とよた安全安心フェスタ」
 27日まで。市防災学習センター(長興寺)。5月の安全安心フェスタを振り返るロビー展。1日安全安心大使を務めたタレントのスギちゃんとBOYS AND MEN辻本達規さん着用のサイン入りレンジャー服や猿投ダンプ事故から50年パネル、地震や風水害に備えた啓発などを展示。月曜休館。9-16時半。同施設☎35-9716

◇「城ケ山 元旦登山」
 1月1日、城ヶ山頂上(稲武地区)。山頂では御嶽山、白山、恵那山を望むことができる。いなぶ観光協会☎83-3200

◇「どんど焼き」
 1月上旬、道の駅「どんぐりの里稲武」東側田んぼ(武節町)。小正月の伝統的な火祭り。正月飾りや書初めなど持ち寄り燃やし、その火にあたりながら餅を焼いて食べ無病息災、五穀豊穣を祈る。いなぶ観光協会☎83-3200

◇「六所山星空ウォッチング」
 1月14日、市総合野外センター(坂上町)。金星、火星など日中の星の観察。14-15時半。先着40人。無料。同施設☎58-1388。

PageTop

新三河タイムス第4660号(2016/12/22発行号)

フェルナ前山町店 旧水源ボウル跡地に建設中
来年3月完成 市内では最大規模 豊田市内10店舗目

20161222フェルナ
格安小型スーパー「フェルナ」を豊田市内で積極展開しているカネスエ(一宮市)が市内10店舗目となる豊田前山町店を11月末から建設中。来年3月末オープン予定。同エリアでは地場大手のトヨタ生協が自動車学校と併設の「Мパーク」を開いたばかり。来年1月には地場えぷろんフーズが元宮町の複合商業施設に入るなど群雄割拠。流通競争が過熱する市内で最激震地と化している。


冬季限定の新酒発売 浦野酒造 新年を地元の日本酒で
新井杜氏「思い描いた通りの酒」と太鼓判 松坂屋で27日から試飲会

20161222浦野酒造
銘酒「菊石」で知られる豊田市四郷町の酒蔵「浦野酒造」(武内純子代表)が2種類の新酒を発売した。新年を地元の日本酒で迎えたい、今年の味を楽しみたい愛好家が訪れている。
 甘みがあってさらっとして飲みやすく、やさしく飲み続けられる「にごり酒しろうま菊石」(1・8㍑1850円)と、原料のコメの味わいが楽しめて後味がすっきりしている旨味とコクが特徴の「菊石本醸造もと初しぼり生酒」(1・8㍑2300円)の2種類。いずれも税別。
【後藤】


三河豊田駅前に23日元町次ぎ市内2ヶ所目 ABホテル
20161222ABホテル
ABホテル(安城市三河安城町、沓名一樹社長)は豊田市山之手4に23日、客室128室のABホテル三河豊田をオープンする。西三河地方を中心に名古屋、金沢、奈良などホテル事業を展開し、三河豊田は14カ所目。市内では2007年12月にオープンした東新町の「ABホテル豊田元町」に次いで2カ所目。同社は「今後も積極的に店舗展開を行うことを計画しており、全国各地にABホテルの出店を推進していく」としている。
【後藤】



「現場主義」でまい進
みよし市小山県議 在職10周年祝う 節目に支援者900人

20161222小山県議10周年
 みよし市の民進3期小山祐議員(38)=三好丘緑=の県議在職10周年を祝う会が17日、三好町の文化センター・サンアートで催された。大ホールを埋めた約900人の支援者らを前に小山県議は10年間の感謝の思いを伝えるとともに、改めて自身の政治信念を明確に掲げた。
【九郎田】


エイズへの理解を街頭啓発 SI豊田 歌で呼びかける
20161222エイズ啓発
 エイズウイルス(HIV)感染者やエイズ患者などへの理解を呼びかける「レッドリボンメッセージコンサート」が17日夜、豊田市駅前のペデスストリアンデッキで開かれ、豊田東高校の生徒がクリスマスソングや演奏を披露した。師走で賑わう買い物客や豊田スタジアムであったラグビー観戦者らが足を止め、ハーモニーに聞き入った。
【後藤】


太啓建設 障がい者を労いXマス会 フェンスに絵を採用 環境向上に貢献
20161222太啓建設
地場総合建設業最大手太啓建設(東梅坪町、大矢伸明社長)は工事現場のフェンスや卓上カレンダーなどで採用する絵の作者である知的障がい者とその保護者を招いたクリスマス会を18日、自社が営むステーキワン豊田元町店で開いた。感謝の気持ちを込め記念品も手渡した。知的障がい者の創作活動を支援するアティックアート(須藤伸枝理事長)の支援の下、西三河の特別支援学校に通う生徒の鮮やかな色遣いや独特な表現が話題を呼び、工事現場周辺の環境向上に大変役立っている。大矢社長は「地域の皆さんや取引先から心温まると大変好評を得ている。これからも創作活動に励んでもらいたい」とエールを送った。
【後藤】


「旭日双光章」受章 中村元市議喜び報告 引退後 地域SC会長として奮闘
20161222中村元市議
2016年の秋の叙勲で「旭日双光章」を受賞した豊田市岩滝町の元市議中村綋和さん(73)が9日、市役所に太田稔彦市長を訪ね、受章の喜びを報告した。市議として連続4期16年務め、幅広い識見で市政の発展や住民福祉の向上に貢献したことが認められた。
【後藤】


右足切断の大事故から再起 カートレースに情熱
東海学園大の井谷俊介さん リハビリに汗 優勝も経験

20161222カートレース
 「義足だからってどうということはなく、歯医者で差し歯を入れたのと同じ。多くの人に支えられているありがたさを感じ、今あることが幸せ」と語るカートレースで活躍する東海学園大3年の井谷俊介さん(21)=名古屋市天白区。今年2月にバイク事故で右足の膝から下を切断。「一番辛かったのは、義足をつければいろいろなことができると聞いていたのに実際つけてみると痛みが強く『好きだったスポーツはできるようになるのだろうか』と思ったころだった」と振り返る。
【岡田】


豊田少年少女合唱団 Xマスに定期演奏会 芝居やダンスも披露
20161222少年少女合唱団
豊田少年少女合唱団が25日午後3時、市コンサートホール(西町)で定期演奏会を行う。本番を前にメンバーは熱心に練習を続けている。
 前半は「あめつちのうた」や「ア・カペラ聖歌集」など合唱曲を披露。後半は「クリスマス☆アトラクションステージ」と銘打って、芝居やダンスを交えた楽しい構成となっている。
【岡田】


卓越した技術極める 現代の名工 受賞者が市長訪問
20161222現代の名工
今年度の「現代の名工」を受賞した小島プレス工業(下市場町)の杉浦利幸さん(53)と加納裕治さん(45)、テクノハマ(深見町鳥目)の永野秀雄さん(52)が2日、市役所を訪れ、太田稔彦市長に受賞の喜びや評価された技能を報告した。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「サラダブーケをパーティーに」
 17日、おかしと雑貨tete(久保町)。サラダを花束のようにアレンジ。10―14時。ブーケは持ち帰りでき1200円。toyota.tete1023@gmail.com

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 17、18日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。17日はハッピークリスマス!ミラクルイベントとふわふわボールプールでケンタッキーフライドチキンをもらおう。18日はクリスマスちびっこ縁日ラリー、トイザらスガードが当たる抽選会、ふわふわボールプール、住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「伊丹靖夫日本画展」
 18日まで、市美術館(小坂本町)。10-17時半。

◇「TIAナショナルデー ベトナム」
 18日、とよたグローバルスクエア(小坂本町)。市外国人市民会議委員として活躍するベトナム出身ラン・ティー・ミリンさんが観光地、民族衣装アオザイ、お茶を紹介。14時。TIA☎33-5931

◇「影山公人作陶展」
 20日まで、妙香園画廊(名古屋市中区栄)。東萩平町の影山さんの花器、茶器、食器など100点を展示販売。10-17時。同施設☎052-241-0228

◇「西班牙 時間旅行」
18日、楽風(喜多町)。小原道雄氏のチェンバロと森本奈月美氏のフラメンコのライブ。18時開演。チャージ料2000円。同店☎32-0233

◇「油絵展」
24日まで、あんず茶屋(日南町)。岡崎市細川町の岡本治司さんの油絵を展示。日・月曜定休。10-18時。同店☎33-0964

PageTop

新三河タイムス第4659号(2016/12/15発行)

豊田北BP・矢作橋 ラグビーW杯開催19年開通
慢性的な渋滞緩和に期待 三河線と交差し名鉄と現在調整

 国交省名四国道事務所は国道153号線豊田北バイパス(BP)の東海環状道・勘八ICとつながり矢作川に架かる「矢作川橋」を含む0・8㌔の区間について、2019年度に開通する見通しを明らかにした。
【後藤】


リフトの脱排ガスを提案 スズヒロフォークリフト30周年
職場環境をクリーンに 超高性能車導入

20161215フォークリフト
フォークリフトレンタル・販売業のスズヒロフォークリフト(豊田市広久手町、資本金3000万円、鈴木宏延社長)は創業30周年を迎え、取引先の職場環境をクリーンにする新たな提案を行う。電気自動車世界シェア1位の「BYD社」が開発したバッテリーフォークリフトをメンテナンス付長期レンタルでサービスを提供する。同社では「まずは約100台あるエンジン車の長期レンタル顧客に対し、バッテリーフォークリフトへの切り替え提案を図りながら、幅広い現場へバッテリー車の普及を促し、クリーンな職場環境実現を目指したい」と話している。
【後藤】


家族でクラシック楽しんで 豊田フィル19日音楽界 団員ら練習に熱
20161215クラシック
豊田市を拠点に活動する豊田フィルハーモニー管弦楽団のファミリーコンサートが18日、小坂町の市民文化会館で開かれる。世代や職業を越えてクラシックに情熱を注ぐ団員らは本番を直前に控え、練習も熱を帯びている。
【岡田】


年末年始前に 食品の一斉取り締まり
期間中300施設 監視員が表示を確認

20161215食品取締り
多種多様な食品が大量に製造・流通する年末を前に食品、添加物による事故を防止する恒例の一斉取り締まりが豊田市内の大型商業施設などで始まった。イオン高橋店(東山町)では初日の先月28日、食品衛生監視員が監視指導や食品などの抜き取り検査などを行った。市保健衛生課では「一斉取り締まりを実施することで食品の安全確保を図っていきたい」と注意を喚起している。
【後藤】


鉄道テロ備え訓練 名鉄、警察、消防が連携
20161215鉄道テロ訓練
三河線の車両内でテロが発生したとの想定で名鉄、警察、消防が連携した鉄道テロ対策訓練が豊田市土橋町の土橋駅構内で行われた。4両編成の先頭車両で不審者が可燃性の液体を被り、ライターで火をつけたとの想定で通報を受け駆け付けた豊田署員、市消防本部職員が名鉄社員と一緒に後方車両を避難誘導した。
【後藤】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「プラネタリウム クリスマスコンサート 夜空で奏でる月のメロディ」
 10日、とよた科学館プラネタリウム(小坂本町)。満天の星の下でヴォーカル大友玲子氏、マリンバ、ヴィブラフォン山下真理氏で本格的なジャズライブ。15―16時半はポップな雰囲気を取り入れた家族向け。18時―19時半は大人向けの演出で本格的なジャズライブ。全指定500円。同施設☎37-3007

◇「高齢者作品展」
 9-11日、市民文化会館(小坂町)。豊田市高齢者クラブ連合会(安藤茂会長)は60歳以上が習得した知識と経験を生かして制作した洋画、写真、手芸などの作品481点を展示。10-17時。

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 10、11日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。10日はクリスマスツリーを作ろうとミニブーツ釣り大会。11日は最新ゲームソフトが当たるクリスマスビンゴ大会と住まいづくり相談会。同施設☎37-7588

◇「豊田楽友協会吹奏楽団第28回定期演奏会」
 11日、市コンサートホール(西町)。和泉正憲氏指揮で「波の見える風景」「魔女と聖人」「ノートルダムの鐘」などを演奏。14時開演。全自由700円。同実行委員会長藤岡さん☎090-8182-6578

◇「クリスマスお楽しみ工作とおはなし会」
 工作は25日まで、ツリー、カード、簡単な折り紙工作、10-17時。おはなし会は11日、ボランティアグループによる幼児向けの人形劇やパネルシアター、紙芝居の読み聞かせ、手品。14-15時。いずれも市中央図書館(西町)で無料、申込み不要。

◇「真道流三真会 秋季いけばな展」
 11日、市福祉センター(錦町)。10-16時。 

PageTop

新三河タイムス第4658号(2016/12/08発行)

名古屋-豊田間40分圏内へ 三河線整備同盟会設立
鉄道アクセスの悪さ解消へ

 名鉄名古屋駅と豊田市駅を40分で結ぶ交通圏実現に向けた名鉄三河線整備促進期成同盟会の設立総会が30日、小坂本町の豊田商工会議所で開かれ、三宅英臣豊田商工会議所会頭、太田稔彦市長、地元選出の県議、市議ら関係者42人が出席した。
【鬼頭】


新設・生涯活躍部に「文化振興課」 豊田市 新総合計画合わせ機構改革
豊田市は2017年4月に市の部署編成を刷新し、6部を新設、4部を廃止する。第8次総合計画の重点施策を見直し、高齢者対策に重点を置き市民の生涯学習を支援する「生涯活躍部」と高齢者の在宅ケアに力を入れる「福祉部」を設ける。19年に開催されるラグビーW杯準備のため「ラグビーワールドカップ推進課」を新設する「経営戦略部」に置く。定例会見で太田稔彦市長は「健康寿命を伸ばす上では地域活動や文化・スポーツで幅広く市民が活躍することが大切」と話した。新設部・課の名称はいずれも仮称。
【後藤】


控え選手に活躍の場を ホーメックス中学野球大会 主力が審判務め支える
20161208ホーメックス
 ビルメンテナンス、廃棄物処理、指定管理業を手がけるホーメックス(豊田市錦町、餅原幹也社長)が4日、同社が指定管理する豊田市の高岡公園野球場、豊田地域文化広場、猿投棒の手ふれあい広場を会場に「第7回中学交流野球大会ホーメックス杯」を開催した。
【後藤】


冬に備え雪氷対策 太啓建設 国道153号に氷結防止剤散布
20161208太啓建設
本格的な冬到来に備え岐阜・長野両県と接する県境のまち豊田市稲武地区の御所貝津町にある中部地方整備局名古屋国道事務所「稲武雪寒基地」で1日、国道153号の雪氷対策出発式があった。
 豊田市中山間地の153号は伊勢神トンネル(標高640㍍)やいなぶ道の駅(520㍍)など標高が高く、冬場は路面凍結や降雪で雪氷対策が必要。国道事務所所属の基地に配備された排雪板付き8㌧車や4-6㌧の凍結防止剤散布車4台が12月1日から3月末まで長野県境までの約25㌔を必要に応じて出動している。昨年度は122日出動して87日、150㌧の防止剤(塩化ナトリウム)を散布した。
【鬼頭】


大船渡市へ義援金贈る 豊田東名LC
20161208東名ライオンズ
 国際奉仕団体豊田東名ライオンズクラブは、東日本大震災で被災した岩手県大船渡市の小中学校などへ義援金を贈った。11月28日、クラブメンバー8人が現地を訪問。黒柳喜恒会長が募金活動などを通じて集めた37万円を手渡した=写真。
【九郎田】


ギャラクシー賞獲得 ひまわりネットワーク 成瀬さん制作の「ロド先生」
20161208ひまわりネットワーク
 今年4月、地元CATVのひまわりネットワークで放映されたドキュメンタリー「3年1組ロド先生」が放送関係者で成る「放送批評懇談会」の選ぶ第54回上期ギャラクシー賞奨励賞を受賞した。外国人生徒の多い保見ケ丘の保見中学校で教鞭をとる日系3世、伊木ロドリゴさん(29)ことロド先生の人間味あふれる奮闘ぶりを収録した作品。制作した成瀬裕平さん(32)に話を聞いた。
【鬼頭】


エイズ患者支援の願い込めツリー ソロプチミスト 豊田市役所など3ヵ所
20161208ソロプチ
 1日の「世界エイズデー」に合わせ、エイズに苦しむ人への理解と支援を示すシンボル「レッドリボン」をあしらったツリーが豊田市役所南庁舎1階(西町)にお目見えした。市が25日までの1カ月間を「エイズ予防啓発月間」としてキャンペーンを展開している。
【後藤】


神谷久実子バレエスクール 白鳥の湖全幕公演
文化会館25日 オデットに豊田東高の谷口さん

20161208バレエ
豊田市小坂町の神谷久実子バレエスクール(スクール生110人)が10周年公演に次ぐ2回目白鳥の湖全幕公演を25日、市民文化会館(小坂町)で行い、小学生から一般の部の65人とゲスト8人が出演する。出演者らは舞台本番に向けて練習を重ねている。
【岡田】


衣丘小でみかん祭り 40年続く伝統行事 児童が2万個以上収穫

20161208みかんまつり
豊田市三軒町の衣丘小学校(大地和弘校長、児童530人)は1日、道慈小学校(千洗町、山本盛彦校長、児童48人)の児童や地域の人たちを招き、みかん祭りを行った。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

イベントガイド(今週号掲載分)

◇「歳末チャリティー作品展」
 2-4日、豊田市民ギャラリー(西町)。市文化振興財団会員が無償提供した美術、書道、工芸、写真、華道などオリジナル品の展示、販売。3日10―15時。豊田茶友会の呈茶販売。売上げは東日本大震災被災地に寄付する。10-18時。同施設☎33-2112

◇「野菜スタンプで年賀状を作ろう」
 3日、おかしと雑貨tete(久保町)。10-12時。参加費1人2枚200円(追加1枚50円)。同店toyota tete1023@gmail com

◇「とよたハウジングガーデン催事」
 3、4日、とよたハウジングガーデン(秋葉町)。ちびっこ集まれ!サンタリングゲームとふわふわランドで遊ぼう。3日お昼寝アート撮影会とサンタのバルーンプレゼントなど。4日それいけアンパンマンショーと住まいづくり相談会など。同施設☎37-7588

◇「クリスマスリース作り教室」
 5日、フォレスタヒルズ ガーデンテラスルシェーロ(岩倉町)。日比谷花壇の平井正店長を講師に自然の恵みを使ったリース作り。14-16時。飲み物1杯付2500円。食事割引券プレゼント。同施設☎58-3520

◇「野村証券 特別セミナー」
 7日、野村証券豊田支店(西町)。日本M&Aセンター代表の三宅卓氏が「企業の存続と発展を実現させるM&Aとは」を演題に語る。13時半-15時10分。先着50人。同社豊田支店☎33-1300

PageTop

新三河タイムス第4657号(2016/12/01発行)

「KiTARA」来秋デビュー 1年前で名称決定 市民に親しまれる施設へ
豊田市駅前北地区ビル

20161201KiTARAパース
豊田市喜多町の駅前通り北地区に商業や高齢者施設などを備えて2017年11月に開業する再開発ビルの名称が「KiTARA(キタラ)」に決定した。気軽に来訪を呼びかける「来たら」の言葉や所在地の「喜多町」などから「他の再開発にはない地名も盛り込まれ新鮮で親しみやすい」と評価された。豊田商工会議所で26日、施設名称発表会と表彰式が行われ、河木照雄理事長は「末永く親しまれる施設になってほしい。これからはキタラと読んで」と期待している。
【後藤】


最大手 東横イン豊田初進出 松坂屋南 18年3月開業へ
20161201ビル解体1
ビジネスホテル国内最大手、東横イン(東京都大田区蒲田、資本金5000万円、黒田麻衣子社長)が豊田市駅西南の豊田市都心に初進出する。
 場所は、松坂屋豊田店南の西町6の7。敷地面積634平方㍍で鉄骨造り地上14階建て、延べ2665平方㍍、高さ44㍍。
「(仮称)豊田市駅前ビル」として現在、既存の7階建て店舗付き住宅「光召ビル」を地元太啓建設(東梅坪町、大矢伸明社長)により解体中で、2017年2月に完了し、その後着工し18年3月末、竣工予定。
【鬼頭】


暴走車事故備え訓練 豊田市 関係機関の連携強化
20161201集団訓練
 高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違えや認知症などによる暴走車の事故が多発する中、多数の傷病者が発生した事故に備えた集団救急事故対策訓練が、今年度中学校と併設しオープンした豊田市大清水町の市生涯学習センター浄水交流館で行われた。
【後藤】


パラリンピック銅 太田市長に喜び報告 トヨタ佐藤さん
20161201パラ銅
9月に開催されたリオパラリンピック男子4×100㍍リレーで銅メダルを獲得したトヨタ自動車の佐藤圭太さんが豊田市役所を訪れ、太田稔彦市長に喜びを報告した。太田市長から市スポーツ栄誉賞と記念品(カクテルシェーカー、ミキシングティン)が贈呈された。
【後藤】


特産の白菜キムチ 豊田市 県やJAと体験会
20161201白菜イベント①
愛知県と豊田市、JAあいち豊田(柴田文志代表理事組合長)共催で17日、豊田市の特産「白菜」の収穫とキムチ作り体験を開催した。
 日本で唯一3種(桃、梨、柿)の選果を行うことができる四郷町の同JA猿投選果場では現在最盛期を迎えている愛宕梨の選果や箱詰めの工程を見ることができ、初めて見る光景に関心を示した。
【後藤】


突き出たシンボル子宝に 豊田市中金町 知る人ぞ知る神体 地域で守る
20161201シンボル
五穀豊穣や子宝を祈願して男たちが男根型の神輿を担ぎ、巫女が木彫りの男根を抱えて歩く祭りとしてこの地域では小牧市の田縣神社豊年祭が知られているが、全国的に同様の祭りはある。豊田市にも中金町の山中に奇妙な形をした岩がある。古くから子宝に恵まれるご利益があると言われ、地元住民は「おはせの宮」と呼び敬っている。
【後藤】


8万個の電球鮮やかに みよし保田ケ池 3日からイルミ催し
20161201イルミネーション
みよし市三好町の保田ケ池公園周辺をLED電球で灯すイルミネーションイベント「ラヴァーズストリート」が3日から始まる。約8万個の電球で池沿いの街路樹や花壇などを色とりどりに彩り、幻想的な光の空間を演出する。1月31日まで。
【九郎田】


県市町村駅伝 2年ぶりのV奪還へ 豊田市日本一中学生の走り注目
20161201市町村対抗駅伝
3日に長久手市の愛・地球博公園「モリコロパーク」で開かれる「愛知万博メモリアル 第11回県市町村対抗駅伝競走大会」に出場する豊田市代表の8人が25日、市役所(西町)を訪れ、太田市長に意気込みを語った。
 2005年に開催された世界博覧会・愛知万博を契機にその意義を次世代に語り継ぐと同時に県内市町村同士の交流、市町村合併後の一体感、県民意識の高揚、スポーツ振興を目的に始まった。
【後藤】


手話付き合唱や演劇でXマス会 松平高生園児と交流 子どもをおんぶし頼もしい姿見せる
20161201松平高
豊田市鵜ケ瀬町の松平高校(渡辺昭校長、生徒570人)で24日、1年生185人が近隣のこども園幼稚園の年長園児130人を招き「クリスマス交流会」を行った。
【岡田】


シンガポールで公演 インド舞踊家 豊田の小久保シュヴァさん
20161201インド舞踊
豊田市在住のインド舞踊家小久保シュヴァさんがインディアンクラシカルダンストゥループのメンバー5人を率いてシンガポールで公演を行った。
【岡田】


恐竜テーマにイルミイベント 3日から豊スタ
20161201イルミ(スタジアム)
豊田市の冬を彩る人気イベント「スタジアムイルミネーション」が3日から、千石町の豊田スタジアムで始まる=写真。
 テーマは「ダイナソー恐竜の世界」。子どもたちが好きな恐竜の世界をイメージし、「恐竜と写真を撮ろう」恐竜パネルでフォトポイントを設置。また、ラグビーワールドカップ2019をPRするラグビーゴールとボールも登場する。


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop