新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4705号(2017/11/16発行)

みよし市長選 小野田氏 無投票で2選
磐石な支持体制 対立許さず

20171116小野田市長
 12日告示のみよし市長選は現職小野田賢治氏(66)=明知町=が無投票で2選を果たした。2013年の前回選に続き2期連続の無投票当選。市議会主要会派はじめ連合愛知豊田地協(労組)や農業、経済など各種団体からの盤石な支持体制が不戦勝を手繰り寄せた。同町内の選挙事務所で当選報告会があり、小野田氏は「子どもたちが年齢を重ねてもみよしに住んでよかったと思えるまちづくりが私の夢。成熟したまちをキーワードに魅力と活力を生み出したい」と新たな市政運営に向けた抱負を力強く語った。
【九郎田】


竹元町の「豊田若竹病院」 来年4月1日開院へ 救急機能も設備
20171116若竹病院
豊田市南部・竹元町荒子に建設中の社会福祉法人如水会(岐阜県揖斐郡大野町、武市冬彦理事長)の豊田若竹病院が来年4月1日開院を予定していることが分かった。
【鬼頭】


「リゾート安曇野」の存続を 2178人の署名 豊田市へ提出
利用料値上げや数年の猶予期間を 19年度末で廃止予定

20171116リゾート安曇野
 絶好の立地に良質な温泉と料理で市民の余暇施設として長年親しまれてきた長野県安曇野市の豊田市の保養所「市民山の家『リゾート安曇野』」が余暇の多様化から2019年度末で廃止されることになり、存続を求める要望書を住民が10日、豊田市に提出した。政党やイデオロギー色のないトヨタ自動車出身が集住する益富地区住民が2000人以上の署名を集めたのは豊田市の特性から珍しい。来年3月にも廃止条例案を提出する市の動向が注目される。
【後藤】


末野原中が職場体験 やりがいや苦労知る
東日本大震災被災地・女川町 須田町長を市長室で取材

20171116職場体験
 豊田市末野原中学校(林和幸校長)の2年生が8日から3日間、こども園や自衛隊などで職場体験を実施。新三河タイムスには9、10日、片桐恭平君=豊栄町=と金子淳哉君=永覚新町=が参加した。記事の書き方やネタの収集法を学んだ後、市職員が東日本大震災支援で派遣されている宮城県女川町の須田町長の市長訪問を取材。2日目は「リゾート安曇野」の存続を求め署名を市に提出した市民を取材した。太田市長にも物怖じせず質問するなど貴重な経験を積んだ。
【後藤】


三好ヶ丘駅前に賑わいを 豊田高専 学生5人が調査研究へ
20171116豊田高専
豊田市栄生町の豊田高専環境都市工学科の生徒が、みよし市三好ケ丘駅前のまちづくりをテーマにした研究調査に乗り出した。佐藤雄哉講師(31)の研究室に所属する4年生5人がこれまで授業などを通じて学んだまちづくりの知識を生かし、学生目線で賑わい創出につながる道筋を探る。
【九郎田】


浄水に本格イタリアン開店
厳選素材使い美味しい料理 有名店で腕磨いたシェフが経営

20171116イタリアンのお店
 新興団地が連なる豊田市浄水町に14日、イタリアンレストラン「トラットリア・ノーチェ」がオープンした。2匹のリスがクルミ(娘の名前)を抱えるかわいらしいキャラクター。有名店で長らく腕を磨いてきたオーナーシェフの山形剛さん(39)は「本物のイタリアンを知ってもらうため厳選した素材をお求めやすい価格で提供したい。夫婦で運営するので地道に末永く豊田の人に愛される店づくりに励みたい」と意気込んでいる。
【後藤】


稲武地区 新たな観光名所誕生 押山に案内板 一面に雲海見える
20171116押山展望台①
岐阜県恵那市と接する豊田市押山町(稲武地区)の押山山頂に案内板が完成した。押山は「愛知の130山」に選定される山で三つの川が合流する特異な地形に位置することから雲海を見られる絶好のスポットとして知られる。標高773㍍の山頂は周囲270度を眺望できる絶景ポイントで北は木曽御嶽山、西は駒山や猿投山、南に面ノ木峠風力発電所も見ることができる。
【後藤】


地域住民と交流図る 高橋コミセンでフェスタ
20171116高橋コミセン
 地域住民と交流を図る「ワンダフェスタ17」が5日、豊田市東山町の高橋コミュニティセンターであり、約4000人が来場した。指定管理するホーメックス(錦町、餅原幹也社長)が企画。美里中生徒20人が職場体験をした。
【後藤】


旭地区特産の自然薯堪能 18,19日 笹戸公園でももみじまつり
20171116自然薯麦とろ体験
 豊田市笹戸町の笹戸公園一帯で18、19日、「じねんじょ・もみじまつり」が開催される。山々に色づいた約3000本の紅葉を眺めながら、旭地区特産の自然薯「夢とろろ」を堪能できる。
【九郎田】


オペラグルッポ 創立20周年記念公演 素敵なワルツと歌声を
18,19日 Jシュトラウスの名曲を日本語上演

20171116オペラ
「オペラを楽しく身近なものに」と活動する豊田オペラグルッポの創立20周年記念事業「オペレッタ こうもり」が18、19日、豊田市小坂町の市民文化会館で行われる。
【岡田】


市民合唱団 ソロやアカペラに注目 19日 著名な高谷氏指揮で定演
20171116合唱団
 豊田市民合唱団(森下哲行団長)が西町の市コンサートホールで19日、定期演奏会を開く。本番を前に団員らは熱の入った練習を続けている。
 昨年に引き続き客演にウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団常任指揮者で、東京混声合唱団など数多く団体を指揮する高谷光信氏を迎え、魅力ある合唱の世界を演出。
【岡田】

豊田北高同窓会総会 卒業から30年の学年が記念事業 元C-C-B笠さんがライブ
話したこともなかった同級生と「絆」

20171116北高
 豊田市民合唱団(森下哲行団長)が西町の市コンサートホールで19日、定期演奏会を開く。本番を前に団員らは熱の入った練習を続けている。
 昨年に引き続き客演にウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団常任指揮者で、東京混声合唱団など数多く団体を指揮する高谷光信氏を迎え、魅力ある合唱の世界を演出。
【岡田】


豊田の山間 紅葉真盛り 藤岡では18日からまつり
20171116紅葉
秋の行楽シーズン真っ盛り-豊田市内の山間地域でも紅葉が見ごろを迎え、週末を中心に観光客らで賑わっている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。


【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4704号(2017/11/09発行)

ラグビーW杯日程決定 日本戦など豊田で4試合
「今からすごく楽しみ」 期待に胸躍らせる

20171109ラグビー
2019年のラグビーワールドカップ日本大会の試合日程が発表された2日午後、試合会場の豊田スタジアムがある豊田市の市役所には1階ロビーに特設スクリーンが設けられ、市民ら約200人が見守った。豊田での日本代表の試合が決まると、大きな歓声を上げ、拍手して喜んだ。アジア初の大会はラグビー伝統国以外での開催とあって現状の認知度は高いとは言えない。今夏の調査での大会認知度は全国平均51%。会場で観戦する意向を持つ人は7・8%にとどまる。試合をこれまで見たことがない人たちをどう開拓するか。2年間でやるべきことは多い。
【後藤】


豊田市役所サッカー部50周年 グランパスと連携でシンポ
半世紀振り返り節目祝う

20171109サッカー
 豊田市役所サッカー部(児嶋恒夫部長)が今年度創部50周年を迎えた。記念事業として市と名古屋グランパスとの共催でホームタウンを生かしたまちづくりを考える「トークセッション」が4日、名鉄トヨタホテル(喜多町)で企画し、現役、OBメンバーはじめ、サッカー愛好者ら200人が参加した。会場にはこれまでの赤色を基調としたユニフォームや自治体大会でのトロフィーなどが展示され、半世紀にも及ぶ歴史を振り返った。県サッカー協会、豊田スタジアムなど後援。
【後藤】


火災報知器の購入斡旋 豊田市 消防設備士会と協定結ぶ
20171109消防設備士会
 豊田市と市消防設備士会(金山翼会長)が31日、住宅用火災報知器の購入斡旋に関する協定を締結した。今後、設備士会が市内在住者を対象に住宅用火災警報器を販売する。
【後藤】


還暦軟式野球チーム「豊田フェニックス」 全国目指し県リーグで熱戦
笠井監督の下「楽しさ」追及

20171109豊田フェニックス (1)
60歳以上の選手でつくる軟式野球チーム「豊田フェニックス」が全国大会出場を目指し、愛知県の還暦リーグで熱戦を繰り広げている。12チームが集うリーグ戦で、前期を9勝2敗の2位で折り返し、後期も4日時点で5勝2敗と好調を維持する。前、後期の総合成績上位2チームに全国選手権の切符が与えられるが、笠井保弘監督(69)=美山町=は「この年齢まで野球ができる幸せを噛みしめながら残り4試合全力でリーグ優勝をつかみ取りたい」と力を込める。
【九郎田】


産地の猿投地区 白菜の収穫始まる 昨年より10トン多い710トン出荷
20171109はくさい
 これから迎える寒い冬の「鍋」に欠かせない白菜の収穫作業が県内有数の産地、豊田市猿投地区で始まった。上原町のJAあいち豊田猿投白菜部会の部会長吉田清仁さん(40)の畑では「黄楽」という品種の白菜を専用の包丁を使って一つひとつ丁寧に根元から切り取り、外側についた歯をはがす作業に追われている。
【後藤】


松平高で県建設業協会が出前事業 土のうの作り方学ぶ
防災意識向上へ リーダー役期待

20171109松平高
豊田市鵜ケ瀬町の松平高校(加藤敏実校長、生徒523人)の2年生180人が2日、土のうの作り方について学んだ。
【岡田】


小野美術教室 生徒作品240点展示 13日まで 豊田で作品展
20171109小野美術教室
 豊田市井上町の絵画教室小野美術教室(小野和伸主宰)の教室展が9日から、西町の豊田市民ギャラリーで始まる。13日まで。
【岡田】


溶接大会全国1位 トヨタの堤さん 浄水小で教室
諦める努力すれば夢叶う ゲーム通じて仲間と助け合い体感

20171109浄水小
トヨタ自動車の若手技術者が豊田市浄水町の浄水北小学校に登壇した。2015年溶接技術競技会(被覆アーク溶接の部)で最優秀賞を受賞した本社工場に勤める堤克明さん(29)が、これまでの人生において挫折しそうになったことや仲間に助けられたことなどを話した。
【後藤】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4703号(2017/11/02発行)

11月25日オープン イオンシネマ豊田 須田支配人に聞く
映画を活かしたまちづくり貢献
「星めぐりの町」先行上映 初日に監督、出演者登場 入場半券で当日特典 都心66店参加

20171102キタラ
 豊田市喜多町に駅前通り北街区再開発ビルがいよいよ25日、開業する。市民の要望から誕生したのがシネコン「イオンシネマ豊田KiTARA(キタラ)」。みよしや岡崎、昨年末の長久手のいずれもイオン内にできたシネコンに続いて、キタラのオープン前日24日には市街地から30分ほどの日進市赤池のショッピングモール「プライムツリー」内にも開業するなど競争が激化する中、須田義視支配人(38)に話を聞いた。
【鬼頭】


東横イン 豊田初進出
来年4月開業 地上14階建 客室は155室

20171102東横イン
松坂屋豊田店南に位置する豊田市西町6で建設中の同地区初進出のビジネスホテル最大手、東横イン豊田市駅前は来年4月末に開業することが分かった。同ビルは市内最高層レベルの地上14階建てで、客室は155室。愛知県内では12番目になる。


豊田市亀首町 内藤邦治さん ボケ防止に定年前から
鳥の木彫りに情熱傾ける 5日まで展示会 魅力伝え仲間増やしたい

20171102木彫り
 豊田市亀首町の内藤邦治さん(75)は、トヨタゴルフ(高町)で働きながらバードカービングや家具などの木工細工と庭の手入れに励んでいる。2日から仲間と展示会を開く。
【岡田】


夢を持ち続けて 岩倉小 ラリー運転手から学ぶ
20171102親子夢の教室
豊田市岩倉町の岩倉小学校の全校児童と保護者、教職員約300人が、トヨタ車体(刈谷市)のダカールラリー参戦ドライバー三浦昂さん(34)を講師に「親子夢の教室」を受講した。
【岡田】


小冊子作成 パワースポット紹介
小原地区の11カ所歴史や御利益掲載 1日から「四季桜まつり」

20171102小原パワースポット
秋に咲くシキザクラの名所、豊田市小原地区一帯で1日から始まった「四季桜まつり」に合わせ、小原観光協会は新たに「おばらのパワースポット」と題した小冊子を作成した。地区内に点在する11カ所の隠れた名所を紹介。永太郎町の小原交流館、和紙のふるさとで無料配布するほか10日にパワースポットを巡るイベントも打ち出す。協会では「シキザクラを楽しみながら小原の歴史や魅力に触れてほしい」と呼びかけている。
【九郎田】


道の駅交流市開催 「棒の手」の披露も 猿投温泉で紅葉まつり
20171102猿投温泉
豊田市加納町の宿泊、日帰り入浴施設「猿投温泉」で1日、紅葉まつりが始まった=写真。期間中は猿投山のトレッキングや香嵐渓の紅葉、小原の四季桜を巡るバスツアーなどを準備。早川政義総支配人は「猿投温泉は紅葉の穴場スポット。天然のラドン温泉に浸かり、秋の味覚を楽しみながらゆっくりと紅葉狩りを楽しんでほしい」と呼びかけている。12月3日まで。
【九郎田】


豊田産農産物の魅力知って 夢農人とよた 桜城址公園で4日収穫祭
20171102夢農人とよた
 豊田地域の若手農家でつくる夢農人とよたが4日、豊田市元城町の桜城址公園で「大収穫祭」(同実行委員会主催)を開催する。市商業観光課の豊田のさまざまな魅力を体験を通じて知ってもらう事業「まちさとミライ塾」とコラボし、石川龍樹会長(38)=豊栄町=は「一層の充実を図った。たくさんの人に足を運んでもらいたい」と来場を呼びかけている。
【後藤】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。


【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop