新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4714号(2018/01/25発行)

支所と交流館整備 来年3月完成目指す
賑わいの中心・藤岡地区活力再生へ

20180125交流館とか
豊田市藤岡飯野町の市藤岡支所(山内真琴支所長)と市生涯学習センター藤岡交流館の合築による工事が22日始まった。旧豊田市と接し宅地開発で人口増が進む藤岡南地区。一方、古くから賑わいの中心だったものの活力低下が著しい藤岡地区(飯野)の再生を目指し、2016年度から「社会資本整備総合交付金」制度を活用した5カ年計画で街(一帯)の活性化を図る事業の一環。建設はトヨタT&S建設(亀首町、小山裕康社長)で事業費8億1000万円、電気設備は豊田・東和建設JV(元町、芳賀孝之社長)で事業費2億3100万円。建物は2019年3月末の完成を目指す。
【後藤】


豊田市が災害協定 アスベストや廃棄物を処理
太田市長「普段から顔が見える関係構築大切」

20180125廃棄物協定
 豊田市ではボランティア元年と言われる1995年(平成7年)1月17日に兵庫県南部地区で発生した阪神大震災にちなみ、17日を独自に「とよた防災とボランティアの日」と定めている。この地域で発生懸念が叫ばれる南海トラフ地震など大規模災害に備え、同日、市役所(西町)で倒壊建物からのアスベスト(石綿)飛散調査と廃棄物処理に関する協定をそれぞれ関係団体と結んだ。
【後藤】


みよし市南中が職場体験 記者の苦労や面白さ知る
中央図書館がリニューアル セルフ貸出機導入 処理スムーズ

20180125職場体験
みよし市打越町の市南中学校(水野克弘校長、生徒406人)の2年生が17日から3日間、恒例の職場体験学習を行った。新三河タイムスには18、19日、山本健太君=三好町弥生=と秋本晴音君=同町東山台=が参加。初日は午前中に新聞の書き方や情報の集め方を学び、午後は豊田JCの事業PRや障がい者支援で厚労省表彰を受けた関安彦さん(76)=明和町=の豊田市長表敬訪問を取材。翌日は太田市長から紹介された駅前再開発ビル・キタラの見学やICタグによるセルフ貸出機を導入した中央図書館のリニューアルオープンを取材した。取材メモや資料を見ながら頭をひねらせて記事を作成した。
【後藤】


豊田都心に4メートル巨大写真
美術館の企画展とコラボで初 波及効果に大きな期待

20180125美術館
 豊田市美術館(小坂町)で20日に始まった企画展「ビルディング・ロマンス 現代譚(ばなし)を紡ぐ」(朝日新聞社主催)の関連企画として、岡崎市出身の著名な写真家志賀理江子さんの写真作品が西町のコンテンツニシマチの外壁に展示され、通りすがりの人たちの目を引いている。同美術館の企画展でまちなかへ作品を展開するのは初の試み。
【後藤、高瀬】


ソウルフード松丈とコラボ
西町のパン屋リゾ限定販売 豊田産無農薬玄米を使用

20180125松丈と子ラボ
 豊田市西町のコンテンツニシマチのパン屋「Riso(リゾ)」で火・金曜のみ販売されるご当地グルメ「松丈」とのコラボ商品「コロッケサンド」が人気を呼んでいる。
 豊田っ子のソウルフードでカレー風味の松丈の「チキンコロッケ」を玄米食パンでサンド。豊田産の無農薬玄米を使用した食パンはざっくりとしたもちもち食感でコロッケとの相性がいい。オーナーの水谷緑さん(48)=日進市=は「できたてを食べてほしいが、冷めたらトースターで温めてパンの食感を感じてもらいたい」と話す。
【高瀬】


豊田舞台の映画27日から全国上映 黒土監督ら県庁訪れPR
20180125星めぐりの町
 27日に全国上映が始まる豊田が舞台の映画「星めぐりの町」で主役を演じる小林稔侍さんと黒土三男監督が19日、PRのため県庁を訪れた。
【後藤】


愛知中央JC 相撲大会で自治体間の絆を
本城理事長が所信表明 セレクタリー室新設 支部強化

みよし、日進、長久手市と東郷町をエリアに活動する愛知中央青年会議所(会員34人)の新年賀詞交歓会が15日、日進市の岩崎台倶楽部グラスグラスであり、2018年度のスタートを切った。「不易流行」のスローガンの下、本城学新理事長(38)=アイ・パートナーズフィナンシャル、名古屋市=が所信表明。会員拡大とメンバーの育成に力を注ぐ考えを示し、支部会の力を最大限に活用する方針も打ち出した。
【九郎田】


松平高 食物や経済テーマに研究発表
地域交流図り意思疎通能力育む

20180125松平高
 豊田市鵜ケ瀬町の松平高校(加藤敏実校長 生徒519人)の生活情報科3年38人が松平交流館(九久平町)で19日、講座ごとに取り組んだ学習や研究の成果を同科1、2年と保護者、地域住民などの前で発表した。
【岡田】


フォレスタヒルズ 将来は舞台の世界に 2月3日まで 子ども向け体験型講座
20180125ワークショップ
 豊田市岩倉町のフォレスタヒルズスポーツクラブでは現在、舞台出演のためのワークショップの参加者を募集している。2月3日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4713号(2018/01/18発行)

十六銀行 山之手支店3月オープン 豊田で2店舗目「個人向け」に特化
20180118十六銀行
 地方銀行の十六銀行(岐阜市神田町、村瀬幸雄頭取)は3月7日、豊田市山之手8に山之手支店を新店舗でオープンする。
 同行のホームページによると、新店舗は敷地面積約940平方㍍に建つ鉄骨2階建て延べ約499平方㍍のガラス張りのしょうしゃな建物。駐車場は13台分。市内では豊田支店(西町3)に続く2店舗目の支店で、行員は田口誠支店長以下6人。
 豊田支店では、事業向けと個人向け預貯金・融資業務を行っているが、山之手支店では個人向けのみに特化した業務を行う。なお現在、西町1の参合館1階で個人住宅融資を行っているローンサービスセンターは新店舗に移転するが、同センターとミックスさせる店舗は同銀行初。「住宅ローン、投資信託や保険などの相談にワンストップ対応する店舗を目指す」としている。
【鬼頭】


タイ山岳民族支える日本人女性 豊田の支援組織解散
ほづみ会 会員高齢化 今後も活動継続

20180118ほづみ会
 微笑みの国として親しまれているタイ・チェンライで学校に通えない山岳民族の子どもたちを支える活動を続ける三重県出身の日本人女性を支援する活動を続けてきた「ほづみ会」が今年度で解散した。30年弱の活動で会員の高齢化などが要因で初代会長の吉川暁美さん(80)=清水町=は「生涯をかけた日本人を助けられないかと始めた。今後はボランティア団体の一部として活動を続け、年に一度はタイを訪れ見守りたい」と話している。
【後藤】


飯野地区再生を 支所建替え起爆剤に 藤岡商工会・観光協会 阿垣会長 新年で決意
20180118阿垣会長
豊田市藤岡地区の経営者や事業主が一堂に会し新年の幕開けを祝う「新年交礼会」が13日夜、西中山町の全トヨタ労働組合連合会つどいの丘で催された。商工会と観光協会主催で会員ら200人が今年の健康と商売繁盛を確認し合った。
【後藤】


トヨタ所属の3選手が平昌五輪出場 メダル獲得を 意気込み語る
市役所で激励会 市民からエール

20180118トヨタ自動車スケート部
 2月に開催される第23回オリンピック冬季競技大会・平昌五輪にスケート・ショートトラック日本代表として出場するトヨタ自動車の3選手の激励会が15日朝、豊田市役所で行われ、市民や市職員ら150人からエールが送られた。
【後藤】


子育てコール啓発ポスター 最優秀賞に竜神中伊藤さん 学校や病院に配布
20180118豊田市竜神中3年
 豊田市は2016年9月に開設した救急医療と子育てのことについて相談できるコールセンター「とよた急病・子育てコール24-育救(いっきゅう)さんコール」を啓発するポスターの入賞作品を決定した。
【後藤】


トヨタ80周年記念し企画展 『未来の日本画』23点並ぶ 28日まで 鞍ケ池アートサロン
20180118アートサロン
 トヨタ自動車所蔵の絵画を展覧する豊田市池田町鞍ケ池アートサロンで現在、トヨタ自動車80周年記念企画 「日本画の創造と未来」が開かれている。日本画の未来を見据え設立され、新しい表現方法を追求する創画会員の作品23点を展示。28日まで。
【岡田】


公道初のFMX実演 プロライダーが喜び披露
クルマのまち モータースポーツのまちに

20180118FMX
昨年11月に豊田市中心市街地一帯で開催された「あそべるとよた4DAYS」のファイナルイベントFMX(フリースタイルモトクロス)に出演したFMXプロライダーの鈴木大助さんが市役所を訪れ、太田稔彦市長にイベントの報告を行った。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4712号(2018/01/11発行)

来春の統一地方選 県議選に大村市議擁立
共産党 無投票阻止 政策論争必要

来年4月の統一地方選まで1年3カ月。後援会組織に意思を表明するなど選挙に向けて水面下で動き始めている。日本共産党県委員会は県議選豊田市選挙区(定数5)で豊田市議5期大村義則議員(61)=梅坪町9=の擁立を決めた。大村議員の後継には衆院選愛知11区に出馬した地元出身の本多信弘氏(42)を決めた。大村議員は「前回選から無投票阻止をと県議選での擁立を模索。後継者も決まり、元々意思のあった私が出ることになった」と経緯を話している。
【後藤】


みよし 協働のまちづくりを 小野田市長 新年に抱負語る
 官公庁や多くの企業の仕事始めに合わせ4日、みよし市は新年を祝うあいさつ会を市役所で開いた。市職員や市議、行政区長はじめ各団体の代表者ら約100人が集い、意見交換しながら一年の抱負を語り合った。
【九郎田】


スポーツクラブ大手「アイレクス」 エムパークに豊田市内3番目
トヨタ本社近く アッパー層ターゲット

スポーツクラブのアイレクスを展開するアイレクススポーツライフ(豊川市、笠原盛泰社長)は豊田市前山町1に13店舗目となる大人向けの「アイレクス・ザ・クラブ」と子ども向けの「アイレクス・ジュニアスクール」の初めての複合業態「(仮称)アイレクススポーツクラブ豊田南」に着工した。今年6月に開業予定。
【後藤】


豊田JC 山田理事長方針示す つながりから共創社会へ
ラグビーW杯通じ民間外交推進

20180111豊田JC
昨年9月に愛知ブロック会員大会を主管した豊田青年会議所の新年度の幕開けを告げる新年賀詞交歓会が8日、名鉄トヨタホテル(喜多町)であり、出席者270人の前で第59代理事長山田洋介氏が「戦後続いた人口増加、経済成長は過渡期を迎え、将来的に消滅の危機にさらされている地方から独創的なまちづくりに着手する機運が高まっている。財政豊かな豊田市も対岸の火事ではなく当事者意識を持って新たなつながりから新たな価値を共に創り、新たな豊田の未来を強い意志で切り拓いていかなければならない」と意欲を見せた。
【後藤】


豊田地区5RC新年会 健康と商売繁盛確認
豊田三好 久野会長 新たな奉仕の経験積み自身磨く

20180111ロータリークラブ
自動車関連や建設業、サービス業などこの地域の経済界のリーダーが新年に一堂に会する豊田地区の国際奉仕団体5ロータリークラブの2018年度新年合同例会が5日昼、喜多町の名鉄トヨタホテルで開かれた。「職業奉仕」を実践する豊田、みよし市の経営者300人が参加。自動運転や電気自動車などに対する懸念がある一方、ポスト・ラグビーワールドカップイヤーと明るい光も見える中、互いの健康と今の意気込みを確認し合った。
【後藤】



東海総体卓球 開幕まであと何日 トヨタ工業生徒 ホワイトボード作成
20180111ホワイトボード
今年8月に豊田市八幡町のスカイホール豊田で2018年度全国高校総合体育大会東海総体の卓球競技(実行委員会会長-福嶋兼光市教育委員会教育長)が開催される。大会に向けて同大会愛知県実行委員会から依頼を受け、地元豊田工業高校(竹元町、神谷弘一校長)の生徒が開催までのカウントボードを制作し、豊田市に贈呈した。カウントボードは市役所南庁舎2階のスポーツコーナーに設置されている。
【後藤】


豊田市百々町の戸井優貴さん 障害者の個性に目を 就労支援の手法記す
20180111戸井さん
豊田市百々町の戸井優貴さん(31)が障害者の学習、就労支援の手法をまとめた著書をこのほどギャラクシーブックス(大阪市)から出版した。自身がみよし市三好丘緑で展開する知的、発達障害のある小中高生を対象にした放課後等デイサービス「てぃーせる」での取り組みや体験を「等身大の福祉」と題し紹介している。
【九郎田】


初の世界大会で金メダル 知的障害者水泳選手権 みよしの小川春菜さん
20180111小川春菜さん
みよし市三好町の小川春菜さん(19)=トヨタループス=が国際知的障害者スポーツ連盟主催の水泳世界選手権大会のリレー種目で、金メダルを獲得した。昨年末、市役所を訪れ小野田賢治市長らに喜びを語った。初めて日の丸を背負った小川さんは「アジアパラに出場するのが18年の目標。東京パラリンピックの舞台に立てるよう頑張りたい」と決意を新たにした。
【九郎田】


豊田市貝津町 社交ダンサー瀬内英幸さん
全日本選手権で総合優勝 世界大会へ「プロとして魅力伝える」

20180111社交ダンサー
 豊田市貝津町出身の社交ダンサー瀬内英幸さん(31)=スタジオWithテライダンスカンパニー所属=がこのほど、東京で開かれた統一全日本10ダンス選手権大会で総合優勝した。瀬内さんは「各種目全て優勝した総合優勝、世界に向けていいスタートが切れた」と喜びを語り、今年の世界大会出場が決まっている。
【岡田】


梅坪こども園 地元の特産品知って 豊田東RC支援 ダイコン、カブを収穫
20180111梅坪こども園
豊田市梅坪町の梅坪こども園(加納好江園長、園児245人)の5歳児79人が豊田農ライフの会、八木道徳会長(72)の田んぼ(栄生町)でこのほど、ダイコンとカブを収穫した。 
【岡田】


足助重伝建地区に消火器 景観に配慮し木製に20180111足助の消火器
豊田市は年末に、足助伝統的建造物群保存地区(伝建地区)の区域内34カ所に町並みの景観に配慮した収納箱に収納した消火器を設置した。
【後藤】


大災害備輸送訓練 豊田市 荷下ろし、仕分けを検証
豊田市は年末に、足助伝統的建造物群保存地区(伝建地区)の区域内34カ所に町並みの景観に配慮した収納箱に収納した消火器を設置した。



公設市場 初せり市 威勢のいいかけ声響く
20180111初せり
豊田市高崎町の市公設地方卸売市場で5日午前7時、新年の幕開けを告げる初せりが行われた。ハクサイやダイコンなどの青果物が取り扱われ、競り人の威勢のよいかけ声が鳴り響いた。
【後藤】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop