新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4718号(2018/02/22発行)

豊田市18年当初予算案 わくわくと足元強固に
杯見据え都市整備に重点

20180222矢作川水辺プロジェクト整備イメージ
豊田市は16日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比1・1%(20億円)増の1803億円で、過去2番目の規模の積極的な予算編成となった。駅前再開発の集大成として今年度に「キタラ」が完成。ほぼハード面の目玉事業は終了したが、来年のラグビーワールドカップを契機とした将来にわたる市の発展を念頭に公共施設の整備など都心整備に重点を置いた。太田稔彦市長は「ラクビーW杯はゴールではなく合意形成しやすい契機に位置付けている。来訪者増加が見込まれる国際的なイベントを機に明るくわくわくするまちづくりを発展させるとともに、健全財政で足下を固め将来につけを残さない市政運営を目指す」との考えを示した。
【後藤】


豊田署管内青申会がイオンで街頭啓発 確定申告はお早めに
開始日16日 買い物客にe-TAXをPR

 確定申告がスタートした16日、豊田税務署管内青色申告会(小嶋三千男会長=三貴フラワーセンター)の会員が豊田市広路町のイオンスタイル豊田で買い物客にインターネットを使って確定申告できる「e-Tax」の利用などの啓発活動を行った。小嶋会長は「自宅からe-Taxで送信すれば本人確認書類の提示や写しの提出が不要。ピーク時には大変混むので早期の手続きをお願いします」と話した。
【後藤】


下山・研究開発施設の中工区引渡し 世界に勝てる拠点に 全体稼動は23年度
トヨタ自動車 総事業費3000億円 日本発の山岳路コース来年完成

20180222引渡し式
 ものづくり県の拡充のため愛知県企業庁が行ってきた豊田、岡崎市にまたがるトヨタ自動車の豊田・岡崎地区研究開発施設用地造成事業(約650㌶)のうち中央の中工区(約178㌶)の造成が終了し19日、引き渡し式が豊田市下山田代町(下山地区)の現地で行われた。
【鬼頭】


みよし市当初予算 「地区拠点施設」を整備 法人市民税は倍見込む
20180222みよし当初予算
みよし市は13日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比6・9%増の239億700万円で、過去3番目に多い積極的な予算を組んだ。地区拠点施設の建設や、わかば保育園(三好町)の大規模改修工事などが予算増の主因。市内自動車関連企業の好業績に伴い、法人市民税の倍増が見込まれることも追い風になった格好だ。
【九郎田】


杜若高で卒業式 初の女子生徒巣立つ
109人が進学、就職の道へ

20180222杜若高
 豊田市平戸橋町の杜若高校(鈴木利介校長、生徒837人)で16日、卒業式があり、3年生359人が学び舎を巣立った。2015年4月に男女共学化したが、開校以来、初めて女子生徒を卒業生として送り出した。
 卒業した女子生徒は国公立や難関私大合格を目指す「文理コース」と部活動、進学の両立を促す「特進コース」の109人。進学、就職し、それぞれの夢に向って新たな一歩を踏み出した。
【九郎田】


足助商工会青年部 酒屋と菓子店がタッグ
地元産「範公」使い土産品開発

20180222足助商工会青年部
 豊田市足助町一帯の民家や商家を雛人形で彩るイベント「中馬のおひなさん」に合わせ、足助商工会青年部(広瀬友門部長、会員18人)のメンバーが新たな土産品を開発した。村定酒店と和菓子店の両口屋、加東家がそれぞれ協力し、地酒の風味を効かせた団子とチョコレートを生み出した。イベント期間中の3月11日まで足助商店街本町通りにある旧田口家で販売している。
【九郎田】


駅前開発ビル・キタラで初PV
地元中京大の堀島選手に声援 映画館の有効活用図る

20180222PV
 昨年11月末に開業した豊田市駅前通り北地区再開発ビル・キタラ(喜多町)で9日夜、初めてとなるパブリックビューイングが行われた。スキー・モーグル男子フリースタイルの世界選手権に優勝し韓国・平昌冬季五輪大会の金メダル候補の一人として期待された地元中京大2年堀島行真選手=岐阜県出身=が出場することから、市内の映画館で初めて実施。市民ら参加者80人はスティックバルーンを鳴らしながら堀島選手はじめ各国の代表選手の滑りに歓声を上げた。
【後藤】


藤嶋学長が松平中で講演 文化勲章受章 足助にゆかり 光触媒研究で熱弁振るう
20180222講演
小学生時代に旧足助町に疎開し昨年10月に文化勲章を受章した東京理科大学長藤嶋昭さん(75)が13日朝、豊田市九久平町の松平中学校で講演を行った。橋本哲生校長の前任校が藤嶋さんの出身校・佐切小学校だったことから、講演を依頼し実現した。
【後藤】


変幻自在のプレーで魅了 グラ風間監督誓う 観客動員40万人
20180222グランパス
 J1に1年で返り咲いた名古屋グランパスの風間八宏監督は14日夜、スポンサーの前で昨季を8万人上回る観客動員40万人をぶち上げた。名古屋市のナゴヤキャッスルであった開幕前のキックオフパーティーで「変化に富んだ形のないのが形。今日の選手は明日は違い、どんどん変わっていくのが楽しみ。常に満員で券が取れないようなワクワクするプレーを期待してほしい」と決意表明。キャンプを終え、間近に迫った大阪との開幕戦(パナソニック吹田スタジアム・24日午後2時30分)に向け、気合を入れた。
【後藤】


豊田市民の誓い40周年記念劇 「虹かかる街」上演
3月4日産文セで 家族や知育見つめ直し未来へ

20180222記念劇
豊田市民の誓い制定40周年記念連携事業として感動の玉手箱劇場「虹かかる街」が3月4日、小坂本町の豊田産業文化センターで上演される。「市民の心を未来につなぐ-感じて!気づいて!ふだんの暮しに息づく誓い」をテーマにしたシンポジウムと同日開催。
【岡田】


トヨタ合唱部 合唱の魅力伝える 25日定演 アカメラ編曲など披露
20180222トヨタ合唱部
トヨタ自動車合唱部が豊田市丸山町のカバハウスで25日、第41回定期演奏会を開催する。安藤真穂代表幹事(38)=春日井市=は「合唱の魅力を多くの人に知ってもらいたいという思いで一丸となって準備してきた。ぜひ会場に足を運び合唱の楽しさを知ってほしい」と呼びかけている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4717号(2018/02/15発行)

史上最年少で黄綬褒章 
親子で全国初 リーダーとしての期待込め祝う 茶農家 山内祥正さん

20180215山内さん
秋の叙勲で史上最年少49歳で黄綬褒章を受章した豊田市吉原町の茶業農家山内祥正さん(50)の受章を祝う会が12日、名鉄トヨタホテルであった。父希男氏も93年に受章しており、親子受章も全国初。山内さんは「皆さんの温かい支援のお陰で受章させていただいた。この栄誉に恥じないよう精進したい。変わらぬ指導をお願いしたい」と感謝の言葉を述べた。
【後藤】


大和ハウス豊田支店 小原と旭で地域貢献活動
地域住民と河畔林を整備

20180215大和ハウス
住宅建設業大手の大和ハウス工業豊田支店の社員が5日、高齢化で河畔林整備活動の担い手不足に悩む豊田市平畑町(小原地区)の河川敷で同地区で地域活動をする「里山和」(大内充代表)会員と植樹活動をした。参加者は地元住民の手ほどきを受けながら直径50㌢、深さ30㌢の穴を掘り、地区を代表する四季桜やモミジ、ツツジなどの苗木70株を植えた。
【後藤】


ペデッキでの物販提案 豊田高専学生5人 「カリヨン」の活用策研究
20180215豊田高専
 豊田高専(豊田市栄生町)環境都市工学科の生徒が1月30日、みよし市三好ケ丘駅前の2階建て公共施設「カリヨンハウス」の賑わい創出をテーマにした研究発表会を同施設多目的室で行った。地元区長や地域住民、市議や市職員らの前で多目的室やイベント広場の有効活用、ペデストリアンデッキでの商品販売を提案。駅利用者や通行人に足を止めてもらうことが活性化の第一歩になるとまとめた。
【九郎田】


光岡前市議 旭日小綬章 政官財など各界から280人が「誉」祝う

20180215光岡さん
豊田市政の発展と住民福祉の向上に多大な貢献を果たしたとして秋の叙勲で「旭日小綬章」を受章した前市議光岡保之さん(73)の受章を祝う会が11日、名鉄トヨタホテルであった。市議を7期28年務め地方自治に尽力する一方、環境保護や国際貢献にも精力的に取り組んできた光岡さんは「感謝の極み。一人で受章できたわけではなく、長年支えて頂いた皆さんの栄誉として受けさせて頂いた」と感慨深げに感謝の言葉を述べた。
【後藤】


みよし光明寺 敷地内に霊園 管理も請け負う 市内初 樹木葬に着手
20180215光明寺
最期は自然に還る-。みよし市明知町の浄土宗西山禅林寺派「光明寺」が、墓石を建てない新たな埋葬法の一つ樹木葬に着手した。本堂北側の敷地内に「えにしの丘浄苑」と名付けた樹木葬霊園を整備、4月から供養を始める。市内の寺院が同霊園を構えるのは初めて。単身者や夫婦2人世帯など墓地継承者がいない家庭に加え、墓参りへの負担軽減を望む声に応えた。
【九郎田】


綾渡の平勝寺で文化財防火訓練
20180215防火訓練
 豊田市の歴史的な文化遺産を火災から保護するため、綾渡町(足助地区)の平勝寺でこのほど防火訓練が行われた。
 訓練には足助消防署職員、文化財保護審議会委員、市文化財課職員ら総勢18人が参加。平勝寺の本堂付近で発生した火災から国指定文化財「木造観音菩薩坐像」、県指定文化財「木造二天立像」を守るという想定で行われた。
【後藤】


専門的主張を市政に みよし市議会広報公聴委が 商工会と意見交換
20180215みよし商工会
 みよし市議会広報広聴特別委員会はこのほど、広く市民の声に耳を傾けようと、みよし商工会との意見交換会を三好町の保田ケ池センターで開いた。議会改革の一環として初めて企画したもので、商工会の鰐部兼道会長はじめ、各部長から市内中小企業が直面する課題などについて説明を受けた。
【九郎田】


会社規模や世代越え交流 豊田RC 故岡田氏の意志受け継ぎ「日本酒の会」
20180215日本酒の会
 豊田ロータリークラブでは日本酒を楽しむ会を開いている。昨年12月に逝去したマルマン(御幸本町)の岡田勝美さんが呼びかけ数年前にスタート。だが、岡田さんがすぐに病を患ったためほぼ参加がないまま継続してきた。亡くなる1週間前に病院を訪れた稲垣写真館の稲垣利彦さんは「帰り際に『稲垣君、日本酒の会と野球を頼むぞ』と親指を立てて託された」。野球は齢を重ねて肉体的にも厳しいが、体にムチを売って遺志を受け継ぐ。
【後藤】


三好高スポーツ科学科 4グループが卒業発表
データを科学的に分析 メンタルと実績の関係などに着目

20180215三好高校
みよし市三好町の三好高校(藤嶋典弘校長、生徒895人)のスポーツ科学科が2日、同校で卒業研究発表会を行い、選ばれた4グループが発表した。
【岡田】


郷土資料館 唐箕の地域性紹介 開館50周年記念し展示
20180215郷土資料館
 豊田市陣中町の郷土資料館で現在、同館開館50周年記念企画「古い道具と昔のくらし 大唐箕展」が開かれ、多くの市民らが訪れている。3月4日まで。
 50年間で集めてきた資料の中でも「唐箕(とうみ)」は地域の特徴を反映する民俗資料として数多く所蔵している。今展ではかつて農家にとって大切な道具だったが、今は目にすることが少なくなった唐箕の役割や機能に加え、この地方の唐箕の特徴を紹介している。
【岡田】

※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4716号(2018/02/08発行)

ドンキが豊田で攻勢 メガを拡張 アピタを改装
全国でも珍しい市内3店舗体制へ

20180208ドンキ
カテゴリーキラーとして流通業界の風雲児でディスカウントストア最大手のドン・キホーテグループ(東京都目黒区、大原孝治社長)が豊田市内で攻めの展開を拍車させている。広路町の豊田本店を拡張し、土橋町のアピタ豊田元町店2階をドン・キに衣替えする。これで豊田青木を合わせて全国でも珍しい市内で3店舗体制となる。格安スーパー「フェルナ」や子育て世代に特化し好調の「イオンスタイル豊田」、食品に力を入れるドラッグストアなど競争が激しい市内の流通業界でさらなる激化は必至。各社とも得意分野を生かす一方、価格や求人面でも過当競争が増しそう。
【後藤、鬼頭】


前市議光岡さん 旭日小綬章受章 環境問題に人生注ぐ
11日 280人参加し祝う会

20180208光岡さん
市政の発展と住民福祉の向上に多大な貢献を果たしたとして秋の叙勲で「旭日小綬章」を受章した前豊田市議光岡保之さん(73)の受章を祝う会が11日、名鉄トヨタホテルで開かれる。市議を7期28年務め地方自治に尽力。光岡さんは「一人で受章できたわけではありません。支えていただいた多くの皆さんのお陰」と感謝の気持ちを示している。
【後藤】


都市と山村の交流促すシンポ開催
日本全体が人口減少 上手な集落の畳み方検討へ

20180208シンポ開催
 都市と山村の交流を促す市内外の取組について情報共有を図り、同じ課題に取り組む関係者とのネットワークを構築するシンポジウムが4日、豊田商工会議所であった。主催者のとよたおいでんさんそん・センター鈴木辰吉所長は「設立から5年。活動を通して『見えてきたミライ』は明るい確かな手応えのある未来。先進国、大都市中心のライフスタイルが破綻をきたしていることは誰の目からも明らかだが、転換を図る鍵は昔からの持続可能な田舎暮らしにあることだけは間違いないと改めて確信している」と強調した。
【後藤】


豊田北 市川裕高教諭 県教委表彰を受章
数学の指導法改善で貢献評価

20180208豊田北
 豊田北高校の数学科教諭市川裕高さん(42)=浄水町=が昨年11月に県の誇る優秀教員を称える「第11回県教育委員会教職員表彰」を受賞。数学教育の指導法の改善・教員の育成に多大な貢献をしたとして県立学校関係30人に選出された。さらに1月には文科大臣優秀教員15人にも選ばれ、東大安田講堂で表彰を受けた。「私なんかでいいのかなというのが率直な気持ち。今までやってきたことが評価され光栄に思った」と笑顔で語る。
【瓜生】

トヨタ生協メグリア 地元高校生と商品開発 節分に合わせて恵方巻きを2種
20180208メグリア
トヨタ生協メグリア(豊田市豊栄町)が地元の猿投農林高校(井上町)の生徒と2種類の恵方巻きを共同企画し、制作した。同校生活学科アグリフード班3年のアイデアをアレンジし、地産地消として産地で知られる豊田市産の松平シイタケを使って商品化した。
【後藤】


東京・銀座で「赤とんぼ米」PR 「星めぐりの町」公開に合わせ
20180208米PR
豊田市で全編撮影された小林稔侍さん(76)が映画初主演を果たした話題作の映画「星めぐりの町」が27日、全国公開された。JAあいち豊田(柴田文志代表理事組合長)は同日、東京・銀座の映画館などで環境に配慮して栽培した「赤とんぼ米」を来場者に配布し、豊田市の農産物をPRした。
【後藤】


「デトロイトでカムリを開発」 美里の正木さん出版
20180208正木さん
トヨタ自動車のエンジニアから米国トヨタテクニカルセンターに出向後、トップを10年間務めた豊田市美里の正木邦彦さん(77)が6冊目の著書『デトロイトでカムリを開発』(幻冬舎)を出版した。これまでは「本多正樹」の著書名で出版していたが、今回は初めて登場人物も全て実名で記した外史。米国の自動車産業を先導したビッグスリー(GM・フォード・クライスラー)の著名人らとの交流を重ね、広い人脈を糧に数々の功績を残した正木さんならではの一冊。
【高瀬】


松平郷亭の休憩室改修 スロープ設置 洋式トイレに
20180208松平郷亭
天下祭を前に、豊田市は松平東照宮西隣に建つ休憩所「松平郷亭」をこのほど改修した。施設入口に長さ約24㍍のスロープを設置するなどバリアフリー化したほか、休憩所内のトイレも洋式にし、高齢者や障害者が使いやすいよう配慮した。
【九郎田】


とよた演劇アカデミー コメディや2人芝居など3作
10期生が修了公演 11日 脚本製作 演出や美術も担う


20180208とよた劇団アカデミー
 豊田市の舞台芸術人材育成事業「とよた演劇アカデミー」10期生「team10+」の修了公演「10回唱えた、そのあとは」が11日、小坂本町の豊田産業文化センターで開かれる。本番を前に受講生らは熱の入った稽古を繰り返している。
【岡田】


豊田の今を後世に 記録写真展 入賞決まる
 後世に伝えたい今の豊田市内の姿を撮影した記録写真展「とよたフォト・ドキュメントファイナル」が2日から西町の市民ギャラリーで開かれ、最終日の4日に上位入賞者の表彰式が行われた。25回目の今回で最後の開催。市文化振興財団主催。


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4715号(2018/02/01発行)

旧UFJ豊田支店ビル解体 夏ごろ終了
ラグビーW杯開催時 イベント広場に
駅東ロベデッキ延長工事 民間ビル2棟は残存

20180201旧UFJ銀行支店ビル
豊田市喜多町2の旧三菱東京UFJ銀行豊田支店ビルの解体がこのほど始まった。夏ごろに更地になる予定だが、市前通り北地区再開発ビル「KiTARA」西隣の同再開発エリア内に建つ建物で、同再開発はこれでほぼ終了する。その後、同区画を含む一帯は駅前広場として市が整備予定で、駅東のペデストリアンデッキの「キタラ」までの延長工事も夏過ぎから行われる運びだが、課題も残されている。ラグビーW杯を視野に駅前も大きく生まれ変わる。 
【鬼頭】


議員個人から議会力に転換を みよし市議会 質問力向上へ研修会
「検討します」の答弁 追及が必要

20180201みよし市議会研修会
市議会に一般質問は必要か-。みよし市議会は26日、議会改革の一環として一般質問のあり方を見直す議員研修会を市役所議場で開いた。元三重県議会事務局次長で同県地方自治研究センターの高沖秀宣氏を講師に、質問力向上について学んだ。
【九郎田】


八木代議士 農村舞台を日本遺産に
地元の機運高まりを並々ならぬ決意示す 東京五輪まで時間がない

自身も陶芸に勤しむなど文化芸術の振興に力を入れる自民党八木哲也衆院議員(70)=高橋町=を囲む「新春文化サロン」が27日夜、豊田市西町の飲食店「大割烹だるま」であった。市内の農村舞台の発掘、育成に力を注ぎ日本遺産認定を目指す八木さんは「市も今年度中に『歴史文化基本構想』の作成に着手するなど機は熟している。問われているのは市民の民度や盛り上がり、未来に向けた大胆な構想力と行動で、東京五輪まで残された時間は少ない。我々はもっと声を上げるべきだ」と力を込めた。
【後藤】


豊田市 貸客混載で収入増期待 利用者少ない路線の維持を
20180201ヤマト運輸①
 豊田市が運行するおいでんバス「稲武・足助線」で乗客と宅配物を一緒に運ぶ「貨客混載」事業が26日、本格的にスタートした。定期運行する既定の公共バスにより収入が確保できる「市」とドライバー不足が深刻な「運送業者」と思惑が一致。5カ月間の実証実験を経て、実現した。市では中山間地などを走る他の路線でもできないか可能性を探っていくという。公営バスで初めて。
【後藤】


社員ドライバーダカール初優勝 トヨタ車体
20180201優勝した337号⾞の三浦ドライバーローランナビ
 社員ドライバーが快挙-。南米大陸のペルー、ボリビア、アルゼンチンを舞台に1月6-20日に開催された「ダカールラリー」でトヨタ車体(刈谷市、増井敬二社長)が5連覇を果たした。改造や部品交換が制限される市販車部門にエントリーし、同社の社員ドライバー三浦昂さん(35)が初優勝を飾った=写真。
【九郎田】


豊田の日舞をリードする霞流 新春の幕開け祝う「舞初会」
20180201舞初会
豊田市の日本舞踊界をリードする霞流かすみ会の新春の幕開けを告げる「舞初会」が28日昼、喜多町の名鉄トヨタホテルであり、弟子ら約150人が日ごろの稽古の成果を披露した。霞花遊家元(67)=上丘町=は「現実主義だったが並びの数字の年齢の昨年は災難が起き無視してはいけないと反省。ただ夫は今年69歳、娘と孫は並びの数字の44歳、11歳。どの年も災難は続く。どう向き合い切り替え立ち直るか本人の意識次第。前向きに生きていきたい」と新年を迎え、決意を新たにした。
【後藤】


国内初の車両登録 中山間地の超小型EV 高齢者に乗りやすく改良
20180201コムス
豊田市足助、旭地区で貸し出されている1人乗り用の超小型電気自動車「コムス」2台を高齢者が使いやすいよう住民が改良した。乗り降りしやすいよう屋根を高くし、1台には後部座席を新たに取り付けて2人乗りにした。原付扱いの1人乗りと違い、普通乗用車としての車両登録が必要なため2人乗り超小型モビリティとして初めて中部運輸局の認可も受けた。
【後藤】


渡辺会長が再任 C級リーグ新設 豊田市軟式野球連盟
豊田市軟式野球連盟の会長に渡辺忠氏(72)=十塚町=が再任された。4期連続で任期は2年。28日に丸山町のカバハウスであった定時総会で承認された。
【九郎田】


コース料理にファッションショー 美の特別コラボ
24日トヨタキャッスル 豊田のブティック2店が衣装提供

20180201ファッションショー
豊田市喜多町のホテルトヨタキャッスル中国料理「桃園」で24日、美食コースと美のスペシャリストたちの華麗なるコラボレーション「華を彩るファッションショー」が開かれる。
【岡田】


発見館で企画展 中心市街地の変遷紹介
豊田市 挙母町鳥瞰図や写真100点並ぶ

20180201発見館
 豊田市喜多町の近代の産業とくらしの発見館で企画展「街中から覗く-今のとよた昔のとよた」が開かれ、多くの市民らが訪れている。25日まで。
【岡田】


和紙作りの伝統作業カンゾカシキ体験 小原地区小中学生 卒業証書に活用
20180201カンゾカシキ
和紙工芸で知られる豊田市小原地区の小中学生65人がこのほど、和紙作りの工程の一つで原料となる楮(こうぞ)を蒸して皮をはぐ伝統作業「カンゾカシキ」を体験した。今回はいだ皮で27㌔ほどの和紙が製作でき、市内の小中学校の卒業証書などに使われる。
【後藤】

※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop