FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4735号(201806/28発行)

選考方法、人気で自治区に格差 古川利孝区長会長に聞く
 豊田市区長会長に益富地区の元トヨタ自動車社員古川利孝さん(72)=大見町=が就いた。2010年以来2度目の会長は区長会の歴史上初。定年延長で区長の担い手不足を市全体の課題に挙げる一方、地元ではトヨタの下山地区研究開発施設のアクセスとして301号拡幅の事業化決定が控える。古瀬間や五ケ丘などトヨタ系社員
戸建てを求める中で急発展を遂げ豊田市の縮図ともいえる地区が地元の古川会長に聞いた。
【後藤】


豊田市で20年 国際紙会議 実行委会長 豊田彬子氏が就任
20180628国際紙会議
豊田国際紙フォーラムが東京オリ・パラリンピックイヤーの2020年に豊田市にやって来る。9月18日から5日間で、市駅前周辺施設、和紙のふるさとなど4会場で開催。市では来年9月のラグビーワールドカップや20年の東京オリ・パラと国際的なイベントが目白押しで、都市の国際化や活性化、国際交流促進につなげる。
【後藤】


「カリヨンハウス」イベント広場を無料開放 机とイス設置 利用実態探る
豊田高専学生6人 三好ヶ丘駅前で実証実験

20180628カリヨンハウス
 豊田高専(栄生町)環境都市工学科の学生が、みよし市三好ケ丘駅前の活性化を目的とした実証実験を行っている。駅前にある2階建て市営施設「カリヨンハウス」のイベント広場を無料開放する実験で、利用実態を調査し賑わいに欠ける施設の利用促進策を探る。
【九郎田】


市内唯一の楽屋付農村舞台 豊田市怒田沢町「宝栄座」で地域再生
20180628農村舞台
 豊田市内の中山間地に残る農村舞台84棟の一つ怒田沢町平岩の「宝栄座」は市内唯一の楽屋併設舞台で昨年4月、舞台を管理する「農村舞台宝栄座協議会」が設立。以来、記念歌舞伎公演など多彩なイベントが催され、6月には会報も創刊。29日には中国映画を観る会、7月8日はスーパー歌舞伎公演も行われる。協議会長の青木信行さん(68)=川面町=は「文化資源として活用し、同地区を文化芸術村として再生させたい」と話している。
【鬼頭】


ラグビー代表テストマッチ 地元姫野選手トライ ファンゾーンに1万2000人
20180628ラグビー
ラグビーワールドカップまで1年3カ月。豊田スタジアムで23日に開かれた日本代表戦に合わせ、スカイホール豊田で試合を盛り上げるイベント「愛知・豊田ラグビーファンゾーン」があり、地元トヨタ自動車ラグビー部ヴェルブリッツ選手が子ども連れらに手ほどきした。駅前では日本文化やものづくり体験、豊スタ対岸の白浜公園では水辺空間を活用した催しを企画。スタジアムでは無料招待した市内小中学生、市職員で大応援団を結成し、トヨタ所属の姫野和樹選手らに声援を送った。懸念された観客も1万4776人を集めた。
【後藤】


豊田西高野球部 チーム力で一戦必勝誓う
夏の甲子園初の出場へ OB、父母会の激励胸に

20180628豊田西 激励会
30日開幕の夏の甲子園大会出場校を決める「第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会」を前に、初出場を目指す豊田西高野球部(小坂町、部員34人)の激励会が20日、西町のJAあいち豊田で開かれた。野球部OB会のメンバーが選手、監督らを力強く鼓舞し、選手の親らでつくる父母会も全力サポートを約束した。
【九郎田】


能楽堂が笑いの渦 SI豊田 狂言の会に満席の430人
20180628能楽堂
 京都を拠点とする著名な狂言師一家茂山家から狂言の楽しみ方を学ぶ「狂言の会」が豊田市西町の市能楽堂であり、市内外から満席となる430人の観客が詰めかけた。愛好家も多かったためか、会場は笑いで包まれた。
【後藤】


棒の手クッキー販売 地域の伝統芸能PR 猿投温泉
20180628猿投温泉
豊田市加納町の猿投温泉が棒の手をイメージしたクッキーを新たな土産品として売り出している=写真。地域の伝統芸能を宿泊客や施設利用者にPRしようと開発した。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4734号(2018/06/21発行)

自治区ごとの定住化計画策定必要 鈴木章議長に聞く
 豊田市議会第63代議長に自民クラブ4期鈴木章議員(54)=足助町=が昨年の三江弘海議員に続き2年連続で合併町村から選ばれた。「山里を守る」を掲げ2期連続で地盤の有権者を超える票数でトップ当選。合併後の山間部のリーダーとしての期待を背負う鈴木新議長に話を聞いた。すでに地元の自治区や祭りの山車・消防団などから祝福を受けているが、7月27日に石破茂代議士を招き足助交流館飯森座で祝賀会を開く。
【後藤】


視察報告書自費作成 引退後は神職を全う 旭日双光章 中根元市議
豊田市政の発展と住民福祉の向上に多大な貢献を果たしたことが評価され春の叙勲で「旭日双光章」を受章した元市議中根大氏(73)=坂上町=が太田稔彦市長を15日訪ね、喜びを報告。「思ってもいなかった。支えていただいた皆さんのお陰で一緒にいただいたと思っている」と感謝の言葉を述べた。
【後藤】


スポーツで国際交流 150人が汗 共通の目標へ国籍越えて
20180621豊田JC
 外国人と日本人がスポーツにより一緒に心地いい汗をかきながら国際交流を深める運動会「トヨタスポーツフェスティバル-世界とつながろう」が16日朝、豊田市貝津町の中京大であった。豊田青年会議所(山田洋介理事長)主催。今年完成した新体育館を会場に市内外からブラジル、中国、日本の出身者150人が参加した。
【後藤】


歌って動いて元気に ミュージックケアの会 初の介護予防教室24日
20180621ミュージックケア
音楽の持つさまざまな効用を活用して健康づくりにつなげようとシニア・シルバー世代を対象にした介護予防教室が24日、豊田市若宮町のとよた市民活動センターで開かれる。
【後藤】


劇団ドラマスタジオ 団員追悼し公演 感謝の思い出舞台で
家族、故人のつながり表現

20180621追悼公演
豊田市を拠点に活動する演劇団体「劇団ドラマスタジオ」が23、24日、小坂町の市民文化会館で堤泰之作「煙が目にしみる」を岡田隆弘代表演出で上演する。昨年5月に亡くなった団員・近藤博さん(享年70)の追悼公演。
【岡田】


西中山町の森さん 身近なもの絵に 高橋コミセンで小作品展
20180621作品展
豊田市西中山町の主体美術協会会員の森伊津子さん(59)が現在、高橋コミュニティーセンター市民ギャラリー(東山町)で小作品展を行い、愛好家らが足を運んでいる。29日まで。
【岡田】


地元農家に米作り学ぶ みよし三吉小 5年生が田植え体験
20180621三吉小田植え
みよし市三好町の三吉小学校の5年生児童73人が5日、田植えを体験した。校舎東側にある約1000平方㍍の田んぼで、もち米の苗差しに汗を流した。
【九郎田】


障害あっても頑張る姿を 22日から市文化会館 玉越さん親子の作品展示
20180621親子作品展
 豊田市平戸橋町の自閉症の玉越哲也さん(48)と母の靖子さん(78)の習字、刻字、手工芸作品などを展示する「親子展」が22日から、小坂町の市民文化会館B展示室で開かれる。24日まで。
【岡田】


小清水小3年 親子で正しい歯磨き学ぶ 汚れを「染め出し」で確認
20180621歯磨き
100%磨きを目指そうと14日、豊田市田町の市小清水小学校(太田高史校長、児童847人)体育館で同小3年児童143人と保護者が歯の健康と正しい歯磨きを学ぶ催しが行われた。
【鬼頭】


県内75チームが激突 少年野球大会 積水カップ開幕
20180621積水カップ
小学5年生以下の軟式野球チームが集う大会「積水ハウスカップ」が10日、開幕した。豊田市高町の市運動公園で開会式があり、県内から75チーム約1200人の選手が顔を揃え、全力プレーを誓った。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4733号(2018/06/14発行)

阿垣藤岡商工会長 県連副会長に就任
廃業による会員減少 自主財源確保目指す 永井氏以来10数年ぶり

豊田市藤岡地区の商工業者などでつくる藤岡商工会の阿垣剛史会長(73)=上渡合=が今年度、愛知県商工会連合会副会長に就任した。任期は3年。副会長はこの地域では同じ藤岡の永井光彦氏(東京自動車)以来10数年ぶり。「全国的な傾向で高齢化、後継者不足など廃業による会員減少が課題。行政による補助金が減額される中、新会長の下会員増強など自主財源確保に行動を起したい」と意欲を見せる。
【後藤】


豊田市消防本部や地元市議2人を取材
やりがいや苦労知る 逢妻中2年生が職場体験

20180614社会体験
 豊田市新町の逢妻中学校(榊原益夫校長)の2年生が6日から3日間、職場体験学習を行った。新三河タイムスには7、8日、関根拓巳君、小林加弦君=いずれも田中町、深谷羽君=田代町=が参加。初日は午前中に新聞の書き方や情報の集め方を学び、午後は市消防本部(長興寺)で地震や暴風、火災の体験を取材。午後から地元の神谷和利・浅井保孝市議にインタビューをした。翌日は地元逢妻地区で長らく市議を務めた弊社の渡久地政司社長から地域の歴史や特徴を聞いた。生徒らは取材メモや資料を見ながら頭をひねらせて記事を作成した。
【後藤】


豊田市双美町の伊藤よし子さん 文化功労賞受賞を記念
「生命」テーマに個展 17日まで市美術館 無機質な世界を擬人化

20180614個展
豊田文化功労賞受賞と二科会会員推挙を記念して豊田市双美町の伊藤よし子さんの個展が、小坂本町の豊田市美術館ギャラリーで開かれ、愛好家らが足を運んでいる。17日まで。
【岡田】


養蚕農家の営み紹介 近代の産業とくらし発見館 7月1日まで企画展
20180614蚕
豊田市の近代の産業とくらし発見館(喜多町)で現在開催中の企画展「まゆまつり」の「ギャラリートークとカイコの餌やり」が9日に行われ、訪れた親子連れらがカイコに桑の葉を与えていた。7月1日まで展示。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4732号(2018/06/07発行)

故加茂氏 後継者決まる 42歳信金マン 杉浦健史氏擁立
来年4月の豊田市議選 PTA会長、祭りなど地域密着 7月21日産文で後援会設立式

 来年4月の豊田市議選に向けていよいよ動きが活発化してきた。昨年2月に急逝した自民系6期加茂三樹雄氏=小坂本町=の後継者として42歳の若手信金マン杉浦健史氏=小坂町=の擁立が決まった。7月21日には地元豊田産業文化センター(小坂本町)で後援会設立式があり、正式に地元住民らに披露される。父親が四郷町の杉浦弘高議員と同じ“杉浦一党”。健史氏は「生まれ育った地元、地域のため安全安心や住んでよかったと思ってもらうことに役に立てるよう頑張りたい」と決意を誓っている。
【後藤】


ALS闘病 みよしの大津さん ips細胞に望み託す
目で文字入力 全国に思い発信

20180607大津さん
 治療法がない原因不明の難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患うみよし市福谷町の大津泰弘さん(50)が、再生医療や創薬への応用が期待されるiPS細胞の早期実用化を訴えている。2015年11月、研究費の助成拡大を求める約23万人分の署名を添えた要望書を厚労省へ提出したが、全身の筋肉が細り、体の自由が利かなくなった現在は自身のHPに闘病記録や日々の生活、切実な胸の内などを綴り、全国へ拡散することに心血を注ぐ。地元の友人らも寄付活動を展開し、募金箱を設置するなどして大津さんの思いを後押ししている。
【九郎田】


豊田市 小中学生と市議、職員ら1500人 日本代表戦へ大応援団結成
20180607ラグビー大応援団
 豊田スタジアム(千石町)で23日に開催されるラグビー日本代表とジョージア代表によるテストマッチに向けて、豊田市は市内の小中学生や市職員らでつくる1500人規模の大応援団を結成する。国内ではマイナー競技のため全国的に盛り上がりに欠ける中、試合当日はトヨタ自動車ヴェルブリッツから日本代表に選ばれた地元出身の姫野和樹選手=春日丘高、帝京大出身=への応援ボードを掲げるなど一丸となって客席から熱い声援を送る。
【後藤】


和菓子でラグビーW杯をPR 足助「風外」 ボール型の焼きまんじゅう販売
20180607風外
ラグビーワールドカップが2019年に豊田市で開催されるのを見据え、足助町の和菓子店、風外が新たな土産品の販売を6月から始めた。ラグビーボールを模した焼きまんじゅうで、和のテイストを強調した一品。市内外から足助に訪れる観光客などへW杯をPRする。
【九郎田】


スポーツで国際交流 16日中京大で運動会 豊田JC
20180607豊田JC
 豊田青年会議所(山田洋介理事長)がスポーツを通じて日本人と外国人が交流を深める運動会「トヨタスポーツフェスティバル-世界とつながろう」を16日、豊田市貝津町の中京大学で開催する。スポーツ民間外交推進委員会の市川晶一委員長は「同じまちで暮らす市民同士であることを認識してもらいたい。スポーツを手始めに国際交流の活性化に」と意気込んでいる。9時30分開会。
【後藤】


豊田美里の作曲家 塚本さん活動30年の軌跡
詩と音楽の融合作品披露 10日コンサートホール 縁ある奏者が出演

 豊田市美里の作曲家塚本一成さん(56)のコンサート「作曲活動35年の軌跡 塚本一成 作品展」が10日、市コンサートホール(西町)で開かれる。塚本さんは「ソロや小編成の合奏作品を選び、温かく親しみのある会になるよう選曲した」と話している。
【岡田】


矢作川流域の交流促進 24日 恵那市で森林フェア
20180607ダム
矢作川流域地域の交流と水源地域の活性化を図る「奥矢作森林フェスティバル」が24日、岐阜県恵那市の奥矢作レクリエーションセンターを主会場に開かれ、現在参加者を募集している。8日午後5時まで。
【岡田】


ミロの会 油絵、水彩など40点展示 8日から 花や人物表現
20180607ミロの会
豊田市崇化館交流館(昭和町)を拠点に活動する絵画グループ「ミロの会」の作品展が8日、豊田市民文化会館B展示室(小坂町)で始まる。10日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4731号(2018/05/31発行)

豊田市駅前 ビジネスホテル競争激化
市役所西側に 来年2月「リブマックス愛知豊田駅前」 7月24日に最大手東横インが開業

20180531外観パース
 豊田市神田町1の市役所南庁舎すぐ西でビジネスホテルが28日、着工された。従来市が地権者から公用車用に借りていた土地で、目の前にはビジネスホテルの「α1」が長年構える。市内では2019年ラグビーW杯も控え、7月24日に初進出の国内最大手東横インが松坂屋豊田店南に開業するなどビジネスホテル業界は競争が激化しているが、さらに拍車がかかり差別化に迫られる。
【後藤】


太啓建設 工事現場でICT見学会 豊田高専生と市技術職員ら160人が参加
20180531太啓建設
 建設業地場最大手の太啓建設(豊田市東梅坪町、大矢伸明社長)は22日、市土地開発公社発注で高原町で進めている「(仮称)梅坪台運動広場」整備工事の現場で「ICT技術の活用見学会」を開いた。豊田高専の学生100人と市土木・建築職職員60人が参加した。
【後藤】


知的障害者のオリンピック 9月の全国大会PR 豊田で聖火リレー
20180531スペシャル五輪
 9月に愛知県内で開催される知的障害者のスポーツの全国大会「スペシャルオリンピックス(SO)日本夏季ナショナルゲーム・愛知」に向けて、「ふれあいフェスタ」の開催で歩行者天国となった豊田市中心市街地で27日、出場選手らがトーチを掲げて街中を巡り歩き、大会をPRするトーチランが行われた。
【後藤】


親子50人が田植え体験 みよしのNPO企画
20180531田植え体験会
子どもたちに米作りの過程を知ってもらおうと26日、NPO法人・みよしの自然環境を守る会(鳥居鐐一理事長)が田植え体験会を開いた。黒笹町の境川源流域で同会が管理する田んぼに親子連れを招待。約50人が作業に汗を流した。
【九郎田】


木の姿に人生重ねる 中垣内町の伊藤昭嗣さん 銘木集めロビー展
20180531銘木ロビー展
クワやケヤキ、トチノキなどの銘木作品を並べたロビー展が29日まで、豊田市岩倉町のフォレスタヒルズで開催された。中垣内町の伊藤昭嗣さん(67)が趣味で収集し、心を込めて磨いた大小さまざまな作品約30点が会場を彩った。
【九郎田】


トヨテツ野菜工場稼動 年間85万パック 年商1・2億円目標
トヨタ方式で産業型農業目指す

20180531トヨテツ
トヨタ系自動車部品製造業の豊田鉄工(豊田市細谷町、宝田和彦社長)の野菜工場「アグリカルチャーR&Dセンター」(青木真センター長)が日之出町1に完成し、28日竣工式が行われた。トヨタ生産方式を活用した完全人工光、無農薬の同社初の野菜工場で同日から稼働しベビーリーフ(幼葉)パックを年間85万パック出荷、年商1億2000万円を見込む。
【鬼頭】


豊田市駅前商協会 新理事長に神谷芳之氏
8期16年務めた吉村達也氏 店移転で資格失い退任

 豊田市駅前商業協同組合の2018年度通常総会が23日行われ、8期16年にわたり理事長を務めた吉村達也氏(59)=カメラの店白樺=の後任にメンテック社長、神谷芳之氏が選出・承認された。神谷新理事長は「豊田市駅前目抜き通りの市の顔として中心市街地の商店街をリードする大変注目されている場所。まだ入会したばかりでの大役に身の引き締まる思いで一杯。皆さんの理解と協力を得ながら中心市街地活性化のエンジンとしての役割を担っていきたい」と新たに決意した。
【後藤】


三貴フラワーセンター 果樹、肥料売り場が移転 買い物客の利便性アップ
2080531新第二売場画像
園芸用品販売で東海地区最大の売り場面積と品揃えを誇るみよし市三好町の三貴フラワーセンター(小嶋美智代社長)で12日、新しい売り場がオープンし、さらに買い物が便利になった。
【岡田】


演劇を身近に感じて 豊田産文センター 若手グループが3日出演
20180531演劇
演劇を間近で楽しんでもらう「演劇ショートストーリー」が3日、豊田産業文化センター(小坂本町)来館者の交流と憩いの場の「サロン」で開催される。
 出演は市青少年センター登録サークル「劇団栞ちゃんのしおり(田村優太代表)」。演劇を通して市民の芸術性を高めようと活動するとよた演劇アカデミー9期生の集まりで、演目は現代の若者の悩みがテーマの「オフィシャルアンサーアドバイザー碧」。決断が苦手な人をサポートするクスッと笑える話を届ける。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop