FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4741号(2018/08/09発行)※08/16合併号

奈良の西垣林業 大型製材工場が本格稼動
地産地消掲げ地元材8割目指す

 豊田市域の7割を占める森林の有効活用を図るため御船町で整備を進めてきた大型製材工場が今月から本格稼働した。コンセプトとして木材の「地産地消」、そして実効性ある「地域との共生」を掲げて進出した西垣林業(奈良県桜井市)の西垣雅史社長は「豊田市産を中心に愛知県産の木材の価値を最大限引き上げ、地元市場に地元材を80%以上使用する。山から直接搬送するなど物流コストを下げ、皆さんの力を借りながら地元産材を市場に届けたい」と意欲を見せた。
【後藤】


「くずもちバー」でひんやり 近江屋 アイス感覚の和菓子人気
20180809くずもちバー
 35度を超える猛暑日が続く中、豊田市若林東町の老舗和菓子店「近江屋」が清涼感を前面に出した葛餅アイスバー=写真=の販売に力を入れている。葛餅特有のモチモチした口当たりと、シャーベットのようなシャリシャリした食感が味わえる夏の新定番商品で、和菓子離れが進む若者世代からも人気を集めている。
【九郎田】


前回上回る“世界一”勝ち取る 竜神中3年畔柳享丞選手 侍ジャパンU15選抜
20180809U15選抜
豊田市竜神中学校3年畔柳亨丞選手(15)=西田町、サスケ名古屋ヤング所属=が野球の日本代表(侍ジャパン)U-15に全国から選ばれ、11日から中南米・パナマ共和国で開催される「第4回WBSCベースボールワールドカップ」(18日まで)に出場する。豊田リトルで全国切符を手にした2年前に掲げた「U15で世界大会に出場する目標」を達成。全国各地から集結した将来プロ野球を志す同年代の選手たちと切磋琢磨しながら、メジャーリーグを目指す身長190㌢を超えるような世界基準の屈強な選手らと雌雄を競う。畔柳選手は「前回大会の準優勝を上回る成績で世界一をとって帰りたい」と意気込みを見せている。
【後藤】


インターハイ卓球選手権 豊田を初舞台に熱戦 地元の声援力に杜若が奮闘
20180809杜若卓球
 日本一を決める全国高校総体第87回卓球選手権が豊田市で初開催された。8日までの5日間、八幡町のスカイホール豊田を舞台に全国から集結した代表選手が熱戦を繰り広げた。豊田からも県代表として杜若(平戸橋町)が出場。学校対抗の団体戦では2回戦で敗退したものの、地元の大声援を力に奮闘した。
【九郎田】


県下1位の小菊産地 豊田で盆明け出荷ピーク 下山地区では年間1億円
20180809小菊出荷
 県下1位の小菊の出荷量を誇る豊田市で現在、お盆向け出荷のピークを迎えている。年間約350万本のうち約6割を7月下旬から8月上旬にかけて出荷。市内でも出荷量が多い下山地区では、23戸が共同で小菊を出荷する「下山高原生花生産組合」の組合員が早朝から出荷作業に追われている。梶孝光組合長(68)=大沼町=は「今年は気温が高く適度に降雨があったため、生育は例年に比べてやや進んでいる。組合員の努力で品質の高い小菊が多く出荷される見込み」と話している。
【後藤】


豊田市内で盆踊りや花火大会 夏真っ盛り 多彩な伝統行事
 夏真っ盛り。豊田市内では先祖をとむらう盆踊りや花火大会など昔から受け継がれてきた伝統的な夏祭りや、家族連れで楽しめるイベントなどが開かれる。
20180809花火
稲武で手筒や打ち上げ 夏の夜空200発で彩る 15日「宵まつり」
稲武まつりの「宵まつり」は桑原町の稲武中グランドで15日、午後6時から。誰でも参加できる手踊りや稲武太鼓などが楽しめる。花火は手筒や打ち上げ、スターマインなど約200発が打ち上げられる。「マス釣り大会」は16日、午前7時から。参加費竿1本1000円。
 問い合わせは同実行委☎83-3200


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4740号(2018/08/02発行)

最古参松井氏後継が本格始動 来年4月の豊田市議選
61歳 元保険会社社員 福岡靖純氏出馬

 来年4月の豊田市議選に向けて、市議会最大会派自民クラブ5期の最古参、松井正衛議員(72)=保見ケ丘=の後継者として元保険会社社員、福岡靖純(やすよし)氏(61)=保見町起間=が出馬することが本紙の取材で明らかになった。父親がPTA会長や自治区長、市区長会副会長、猿投や笹戸カントリーの役員を務めた名士の家系。保見地区は2005年には愛知万博が開かれ、名古屋東部からの豊田市との玄関口として重要な地域。福岡氏は「ひとつ、1人ひとりを大切に。安全で安心な暮らしやすい『保見の里』づくりに力を注ぎたい」と固い決意を誓っている。
【後藤】


ラグビーW杯会場豊田で披露 お祈りどこでも移動モスク
日野製で1台1億円 五輪までに10台整備

20180802どこでもモスク
大型トラックの内部でイスラム教徒が礼拝できる移動式モスクが23日、豊田市千石町の豊田スタジアムでお披露目された。豊スタは来年9月に開幕するラグビーワールドカップ日本会場の1つ。国内ではモスクが少ないため、2020年の東京オリ・パラリンピックも見据え、イスラム圏の選手や観客らが安心して祈られる場を提供する。現時点では1台1億円だが、今後値段を下げ、大会の組織委員会などに販売したり、全国の自治体に貸し出したりしたいとし「モバイルモスク」を制作する実行委員会の井上康治委員長は「選手も観客も落ち着いて祈りを捧げ合宿や試合に臨めるようにしたい」と話していた。
【後藤】


葬儀業フューネ 名古屋市に初進出
イオンモールナゴヤドーム前 現代仏壇店31日オープン

20180802ギャラリーメモリア
 豊田市小坂本町の葬儀業フューネ(三浦直樹社長)が名古屋市に初進出する。東区のショッピングモール「イオンモールナゴヤドーム前店」内に31日、同社直営の現代仏壇店「ギャラリーメモリア」をオープンする。イオンモール長久手内に次ぐ店舗展開で、全国からの集客が見込めるドーム前の好立地を生かし、企業認知度の浸透を図りたい考えだ。
【九郎田】


唄や踊り楽しむ「エイサーまつり」 沖縄文化の普及と交流を
19日豊スタ 石垣生まれのロッカー出演 ご当地グルメ並ぶ

20180802エイサー
伝統舞踊のエイサーを中心に沖縄文化の普及と交流を深める「第39回豊田沖縄ふれあいエイサーまつり」(舛田真由代表)が19日、豊田市千石町の豊田スタジアムで開かれる。入場無料。
【岡田】


豊田拠点の舞台人集結 11、12日「演劇祭」 美術テーマに3作品上演
20180802舞台
 豊田市を拠点に活動する舞台人が集結する「とよた演劇祭」が11、12日、小坂町の市民文化会館大会議室で開かれる。3回目となる今年は「美術がうみだす舞台」と題し、舞台美術イメージ図から想像して創作した中編の公募枠、短編の新人枠、ダンスパフォーマンスの招請枠の3作品を上演する。
【岡田】


市民芸館 西日本の郷土玩具展示 張子や凧、土人形など500点
20180802郷土玩具
 子どもの健やかな成長を願う祈りが込められた郷土玩具を展示する企画展「郷土玩具展-西日本を中心に」が豊田市平戸橋町の市民芸館で開かれ、市民らが訪れている。9月24日まで。
【岡田】


金魚すくいに3000匹 買い物客で賑わう 三貴フラワーセンター
20180802金魚すくい
園芸用品販売で東海地区最大の売り場面積と品揃えを誇るみよし市三好町の三貴フラワーセンター(小嶋美智代社長)のペット館で29日、金魚すくいが行われ、大勢の買い物客らで賑わった。
 500円以上購入した人に無料で参加券を配布する人気催し。リュウキンやデメキン、朱文金など約3000匹が用意された。「大きいのがとれた」などと歓声をあげながらすくい網を手に金魚すくいを楽しんでいた。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop