FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4749号(2018/10/11発行)

期間33年間 事業費1000億円 5市街地再開発完了
都心は刷新 賑わい創出は?

 豊田市中心市街地で1985年から続いた計5つの市街地再開発事業のフィナーレ・市駅前通り北地区再開発事業の工事が今月中旬に終了する。松坂屋豊田店、t-FACEなど入居の西地区ビルから始まり、ギャザビル(東地区)、とよた参合館(駅前)、コモ・スクエアビル(南地区)、最後のキタラまで昭和から平成をまたぐ33年間に行われた再開発事業の面積は計約7・5㌶、延床面積約29万3500平方㍍。事業費は計約1069億円。「土地の高度利用、都心機能を更新」する再開発だが、完了で都心はどう変わっていくのか…。
【鬼頭】


豊田の石川さん ユネスコパリ本部の茶会参加 臼持込み17日産地PR
豊田市内で有機抹茶を生産している石川龍樹さん(39)=豊栄町=が17日にユネスコのパリ本部で開催される茶会に参加する=写真。
 茶会はフランス・パリで現在開催中のジャポニズム2018公式企画「日本へのクリエイティブな旅展」の一環で行われる。呈茶イベントで石川さんは、てん茶(抹茶の原料)と臼を持ち込み、自ら抹茶を用意するほか、産地のPRを行う。抹茶は裏千家パリ支部の協力により来場者に振る舞われる。
【後藤】


トヨタ 堤工場に最大ビオトープ 環境保全活動を推進
20181011メダカ放流
 ハイブリッド車プリウスの主力工場、豊田市堤町のトヨタ自動車堤工場に「びおとーぷ堤」が完成し、4日、近くの市立竹村小学校(清水尚校長、児童673人)の5年生児童120人や地元区長、グループ会社関係者らも参加してメダカを放流し、完成を祝った。
【柴田】


トヨタ バレー部選手が来場 みよし体育祭 体力測定を補助
20181011サンホークス
トヨタ自動車男子バレーボール部「サンホークス」の選手が14日、みよし市の三好公園で開催される市体育祭にゲスト参加する。市と2017年にホームタウンパートナー協定を締結したのに伴い来場。総合体育館で実施する体力測定の補助員を務めながら、バレーボールの魅力をPRする。
【九郎田】


みよし ARで大提灯出現 7ヶ所に撮影スポット
20181011みよしAR
市内各地に大提灯が出現-。みよし市の三好稲荷閣に奉納される大提灯が「世界一大きな吊り下げ提灯」としてギネス記録に認定されたのに伴い、市はAR(拡張現実)技術を活用したスマートフォン、タブレット端末向けサイトを立ち上げた。カメラをかざすと大提灯が突如現れる機能が特徴で、市内7カ所に撮影スポットを用意した。
【九郎田】


豊田市中金町 岩倉神社「芸能まつり」 農村舞台で石野歌舞伎
13日 市内唯一の廻舞台 3演目披露

20181011岩倉神社
 農村舞台の保存と活用のため活動する石野歌舞伎保存会(安藤一義会長)は13日、豊田市中金町の岩倉神社農村舞台で「農村舞台芸能まつり」を行う。
【岡田】


旭・ぬくもりの里 アサギマダラの魅力紹介
20日まで企画展 林さんらが写真や絵画23点

20181011ぬくもりの里
豊田市池島町(旭地区)の老人福祉施設ぬくもりの里で現在、企画展「渡りの蝶 アサギマダラ展-旭と自然を愛する仲間たち」が開かれ、近隣住民らが足を運んでいる。20日まで。
 同地区榊野町在住の林房子さん(75)はじめアサギマダラを愛する12人の活動の記録や写真、絵画など23点が並ぶ。企画展は地域を結ぶ架け橋として2013年から同地区在住や出身者の作品を展示し30回目。
【岡田】


あんず茶屋 日本の風情大切に 26日まで 陣中の伊藤さんが和紙袋展
20181011あんず茶屋
豊田市陣中町の和紙細工作家伊藤恒子さん(67)の「和紙袋展」が現在、あんず茶屋(日南町)で開かれ、愛好家らが訪れている。26日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4748号(2018/10/04発行)

松井氏後継 福岡靖純氏 後援会設立 本格スタート
来年4月の豊田市議選 「保見の里」づくりへ決意

 豊田市議会最大会派自民クラブ5期の最古参松井正衛議員(72)=保見ケ丘=の後継者として来年4月の市議選に出馬する元保険会社社員福岡靖純氏(61)=保見町=の後援会が29日に市教職員会館で設立され、選挙戦に向けて本格的なスタートを切った。保見地区は2005年に愛知万博が開かれ、名古屋東部からの玄関口として重要地域。福岡氏は「一つひとつ、1人ひとりを大切に。安全で安心な暮らしやすい『保見の里』づくりに力を注ぐ」と固い決意を誓った。
【後藤】


新SC来年10月開業 ユニクロ、セリアも入店 旧フランテ館
20181004フランテ解体現場
 豊田市陣中町1の旧豊田フランテ館跡地に総合スーパー「(仮称)豊田陣中ショッピングセンター」が建設されることが分かった。着工は来年2月で開業は同年10月予定。
 ショッピングセンターは9740平方㍍の敷地に建築面積5652平方㍍、延べ1万360平方㍍の鉄骨2階建て店舗を建設するもの。
【鬼頭】


開館2周年まつり リサイクル本頒布 みよし・サンライブ
20181004サンライブまつり
開館2周年を迎えたみよし市三好町の図書館学習交流プラザ・サンライブの記念まつりが30日、開催された。初めての周年イベントで、リサイクル本の頒布はじめ各種体験教室やスタンプラリーなどが企画された。
【九郎田】


「トヨロック」復活 全国から50組超参加
13,14日豊スタ外周 昨年台風で借財もネット募金で返済

20181004トヨロック
豊田市千石町の豊田スタジアム外周にロックバンドやアーティストなどが集まる野外音楽フェス「第12回トヨタロックフェスティバル(通称トヨロック)」が13、14日に開かれる。地元の音楽好き有志が手造り運営する入場無料祭典だが、昨年は台風直撃で2日目が中止となり、借財で危機に見舞われたものの、クラウドファンディングなどでピンチをチャンスに変えることができたという。
【鬼頭】


日本酒介して交流 故岡田勝美氏呼びかけ発足 友人が遺志受け継ぐ
20181004日本酒を楽しむ会
豊田ロータリークラブ主催の日本酒を楽しむ会が西町の「小料理まめあん駅西店」で開催された。日本酒を介して哲学や豊田のまちづくり、人の心をつかむ話し方などの話題に花を咲かせた。
【後藤】


豊田市テコンドー協会所属の選手 Jr選手権で「足技」日本一
世界一目指し日々練習 東京五輪も視野

20181004テコンドー
 豊田市テコンドー協会所属の選手らが7月に長野県松本市で開かれたJOCジュニアオリンピックカップ第11回全日本ジュニアテコンドー選手権大会で優勝を含む好成績を収めた。選手らはJOC専任コーチとしてトップアスリートを指導する大上忠伸さん(46)=四郷町=が代表を務める大上会(京町)で将来の五輪など世界を目指して日々練習に励んでいる。
【岡田】


香恋の里しもやま 冒険家気分で物語の中へ 14日まで こうむらさんが絵本展
20181004青い金魚
豊田市金谷町にアトリエを構えるピアニストで絵本作家、創作パフォーム「青い金魚」代表のこうむらゆきなさん(45)の読み物絵本展が4日から、羽布町の香恋の里しもやま香恋の館で開かれる。14日まで。
【岡田】


磯崎神社 現代芸術とコラボ 7日農村舞台で演奏会
20181004磯崎神社
豊田市文化振興財団(大山輝美理事長)は7日、深見町(藤岡地区)の磯崎神社の農村舞台で農村舞台アートプロジェクト2018「名古屋フィルハーモニー交響楽団員によるアンサンブルコンサート」を開く。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop