FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4796号(2019/09/26発行)

平戸橋下流で築堤、引堤 悲鳴あげる矢作川大改修
ネックはダム、土砂バイパスに白濁憂慮

昭和47年の「四七豪雨」や東海豪雨(2000年)で甚大な被害をもたらした豊田市民にとって母なる川、矢作川について、県の矢作川上流圏域流域委員会(委員長・松尾直規中部大学工学部長)は堤防のかさ上げや引堤などによる河川整備計画骨子案をまとめた。流域の安全を守りながらふるさとの大河、矢作川の環境を守るにはどのような方策があるのか、県や関係者らから話を聞いた。
【柴田】


喜多町めん処「三笠」 下町の老舗81年の歴史に幕 常連に惜しまれつつ28日閉店
20190926三笠
豊田市民に長年親しまれてきた1938(昭和13)年創業の老舗めん処「三笠」(喜多町)が28日、81年の歴史に幕を閉じる。店主の杉山桂子さん(79)は夫や息子の死後も、店を切り盛りし、原付バイクで配達する姿は「下町の顔」。桂子さんは「常連は五目中華、五目チャーシューなどメニューが決まっていて言わなくても分かった。多くの常連の皆さんに長い間支えていただき、ありがとうございました」と話す。ここ数年、焼きそばの元祖吉田屋や居酒屋のびっくりやなど挙母の下町の味を支えた老舗が相次ぎ店を畳んでおり、親から子、子から孫へと世代を超えて受け継がれた店の閉店に惜しむ声が広がっている。
【後藤】


杜若高 仮想の市職員に任命 まちの課題 解決策探る
20190926バーチャル市役所
 仮想の豊田市職員になってまちづくりを考える「バーチャル市役所」と題した授業に、杜若高校(平戸橋町)の生徒が取り組んでいる。市と連携し、高校生目線でまちの課題と向き合う取り組みで、生徒たちは12月までの3カ月間、資料集めや現地調査、市職員へのヒアリングなどを進め、政策立案に臨む。
【後藤】


豊田西RC 農村舞台「宝栄座」支援 協議会へ法被20着寄贈
20190926寶榮座②
回り舞台を持ち豊田市内で唯一滞在型楽屋を備える怒田沢町(足助地区)の農村舞台「宝栄座」を保存、運営する協議会に22日、国際奉仕団体・豊田西ロータリークラブ(松永郁也会長)から法被20着(10万円相当)が贈られた。協議会の青木信行会長(69)は「豊田の経済リーダーが山里に関心を持ち、支えてもらえることはありがたい。古くから残る舞台がただあるだけでなく、しっかりと活用し、魂を吹き込み続けていきたい」と感謝の気持ちを示した。
【後藤】


安全新鮮前面 地元食材を使用 名鉄トヨタホテルに中国料理16日オープン
ふっくら煮込んだ「フカヒレの姿煮」絶品

20190926万陽華入口
 名鉄トヨタホテルに(喜多町)に16日、中国料理レストラン「万陽華(まんようか)」がオープン。今年3月に開業以来愛され続けた「桂林」が閉店してから6カ月、待ちわびた市民らで賑わっている。市川幸治総支配人は「しばらくの間、ご愛顧いただいている皆さんにご迷惑をおかけしました。心行くまで本格的な中国料理をお楽しみいただきたい」と呼びかけている。11月末までオープン記念キャンペーンを開催中。
【後藤】


ラグビーW杯2800人熱狂 スカイホールにファンゾーン
20190926ラグビー
ラグビーW杯をみんなで観戦しようとスカイホール豊田(八幡町)に設置されたファンゾーンでは、開幕試合が行われた20日、日本-ロシア戦からパブリックビューイングが始まり、市民ら2800人が観戦、400㌅大型スクリーンをみながら興奮と感動をともにした。
【柴田】

※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4795号(2019/09/19発行)

ラグビーW杯20日開幕 英語ガイド60人も万端 世界と出会うチャンス
20190919ラグビー
 豊田市始まって以来の公式国際スポーツ大会「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。20日の開会式、23日の豊田スタジアムでの開幕第1戦を目前に控え、市民の関心も盛り上がってきた。海外からのラグビーファンのおもてなしを通じ、豊田を世界に知ってもらうと同時に、市民が世界と出会うまたとないチャンス。そしてそれこそが未来に向け、大人から子どもまでが街を開く「レガシー」となる。3年前から世界各地からやってくるラグビーファンのおもてなしをと準備を進めてきた豊田市国際交流協会の英語ガイドボランティアの参加者に大会に向けた意気込みを聞いた。
【柴田】


豊スタに最も近い プレステージホテル ユニフォーム着用し開催機運盛り上げる
20190919プレステージホテル
 豊田市駅前の民間事業者も盛り上げ役に一役買う。開催会場である豊田スタジアムから最も近いホテル、豊田プレステージホテル(喜多町)では8月19日からスタッフが豊スタ出場国のユニフォームを着て宿泊者らをおもてなししている。同ホテルの稲熊徳磨さん(33)は「観光地ではないので初めて豊田市を訪れる人も多いはず。地域の魅力にふれて帰ってもらいたい」とPRする。
【後藤】


交流型施設「kabo.」オープン1カ月口コミで予約数伸ばす ラグビーW杯関連イベント23日開催
20190919ゲストハウス
豊田市の中心市街地では初のゲストハウスを有する交流型複合施設「kabo 」(カボ)が先月4日、竹生町にオープンした。オープン当日は待ち焦がれた地元住民や友人、SNS(交流サイト)などで応援し続けてきた人らで大変賑わった。1カ月経って認知度も口コミなどで上がり、予約数を着実に伸ばしているという。
【高瀬】


「会場は違っても最高」 中止のおいでん総踊り代替催し 1358人が熱く舞う
20190919情熱おいでん
 台風の影響で2年連続中止になった豊田市駅前を踊り歩く夏の一大イベント「おいでん総踊り」。その代替イベント「情熱!おいでんまつり」が14日、八幡町のスカイホール豊田であり、1358人の踊り手が鬱憤を吹き飛ばすように熱く舞った。
【九郎田】


老後を豊かに終活フェア フューネ企画 遺影撮影会が人気
20190919終活フェア
葬儀の準備など自分の意思を家族に伝え、老後の人生をより豊かにする「終活フェア」が16日まで、豊田市西町の松坂屋豊田店であり、6日間の期間中、多くの市民らか足を運んだ。葬祭業地場最大手のフューネ(小坂本町、三浦直樹社長)が企画。今年2月に松坂屋との合同企画で開催したが、好評だったため、同社独自のプロデュースで初めて企画した。
【後藤】


懐かしの映画 音楽と共に 団塊世代の思い出語る
 豊田市在住の映画評論家都築義高さん(81)=宮口町=をナビゲーターに、懐かしの映画と映画音楽を鑑賞する催しが喜多町のイオンシネマ豊田KiTARAで開かれる。10月1日、11月5日、12月17日、2月18日の全4回。 
【岡田】


足助地区 旧鈴木家住宅特別公開 28日 修理現場を見学
20190919旧鈴木家住宅公開
 豊田市足助地区の古い街並みが連なる重要伝統的建造物群保存地区の核を成す国の重要文化財「旧鈴木家住宅」の修理現場が28日、一般公開される。普段見ることができない重要文化財の修理現場や、現場の職人に教えてもらうカンナがけなどのミニ大工体験をすることができる。豊田市教育委員会主催。
【後藤】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4793号(2019/09/05発行)

来年2月の豊田市長選 太田市長3選出馬表明
任期満了に伴う来年2月の豊田市長選に向け、太田稔彦市長(65)=住吉町=が3選を目指して出馬する強い意志を示した。市議会最大会派の自民クラブ議員団の鈴木章団長=足助町=と第2与党の市民フォーラム古木吉昭代表=市木町=の一般質問に対し、「市政の発展に全力を注いでいく決意で次の市長選に臨みたい。活力ある持続可能なまちづくりのかじ取りを引き続き担わせていただくために挑戦したい」と明らかにした。太田市長は自身が策定段階から関わった市の第8次総合計画(2017年4月から25年3月)を「道半ば。道筋をつけなければならない」と力を込めた。
【後藤】


三河はアレルギー診断の過疎地?! 尾張に集中、専門医は半分以下 豊田で講演会
20190905アレルギー講演会
三河はアレルギー診断の過疎地-。講演前に聞いたひと言は強烈だった。これほどアトピー性皮膚炎や食物アレルギーで悩んでいる人が多いのに、過疎地とはどういうこと?豊田市産業文化センターで8月24日開かれた県主催のアレルギー講演会を聴いて「なるほど」と納得した。だが、それだけで済まされていいのか、〝過疎地〟返上のため医療機関や行政はどう対策を練っていこうとしているのだろうか。現状や課題を探った。 
【柴田】


大学生が小山県議と活動 みよし市の野々山さん 政治家めざしインターン
20190905小山県議インターン
将来の政治家を目指し、みよし市三好町の名城大3年野々山滉人さん(22)が、同市の4期小山祐県議(41)の下でインターン活動に励んだ。大学の夏休み期間を利用し、小山県議の活動に同行しながら、議員としての心構えなどを間近で学んだ。野々山さんは「小山県議の東奔西走する姿勢に感銘を受けたし、さまざまな立場の人の意見を聞くことの大切さも学んだ。政治家だけにとらわれず、まずは自分の核になるものを見つけたい」と振り返った。
【九郎田】


学生服販売 みくさ14日 20メートル南に移転オープン
売り場が2倍拡大 従来以上の品揃え実現

20190905みくさ
 豊田市西町の学生服販売店「学生の店みくさ」が14日、20㍍南のめーぷる薬局跡地に移転オープンする。青い三角屋根がランドマーク。オーナーの得能康照さん(67)=東梅坪町=は「地域の皆さまに愛されて42年。手狭になり以前から物件を探していたが、至近距離で良縁に巡り合うことができた。かなり広くなったので長年やりたかった展示がようやく実現できる」と意気込みを見せる。
【高瀬】


豊田三好RC 里山の草刈りに汗 市民活動を後押し
20190905豊田三好RC
みよし市を拠点に活動する国際奉仕団体、豊田三好ロータリークラブ(金沢永柱会長)は8月31日、黒笹町の境川沿いにある里山の整備作業に取り組んだ。
【九郎田】



間伐材初代カローラ コモに12月まで展示 豊田の魅力PR
20190905初代木製カローラ
公益財団法人あすて(豊田彬子理事長)が市内の間伐材を利用して製作した原寸大のカローラを3日から、豊田市喜多町のコモ・スクエア1階に展示している=写真。12月中旬まで、あいちトリエンナーレやラグビーワールドカップで市外からの多くの来訪者にクルマの街や森林資源の豊かさ、市民ボランティアが活躍する豊田市の魅力をアピールする。
【後藤】


着物でパントマイム公演 平和の喜び届ける
文化会館11日 松井朝子さん初来豊 「本物見て」

20190905パントマイム
 豊田市内で活動する紙芝居まーるの会(青山和子代表)が11日、小坂町の豊田市民文化会館で「松井朝子のオリジナルパントマイム-平和といのちの輝き」を開催する。青山代表は「この機会に本物のパントマイムを見て欲しい」と呼びかけている。 
【岡田】


アトリエアイリス 12日まで教室展 ガラス工芸を身近に
20190905教室展
 豊田市大林町のすまいる館イベントスペース「すまいるスタジオ」で現在、豊田を拠点に活動するステンドグラス教室「アトリエ アイリス」の教室展が開かれている。12日まで。
【岡田】


中央図書館 修復の十王像公開 16日まで 豊田のお宝紹介
20190905図書館
豊田市西町の市中央図書館5階展示コーナーで「市内のお宝紹介-仏教美術編」が開かれ、来館者が足を止めている。市内にある仏像などの展示と講演会を通じて新修豊田市史編さん事業を紹介しようと、市教育委員会が開催。16日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop