FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4854号(2020/11/26発行)

40歳以上の従業員14人退職 トヨタキャッスル グループのホテル再編も
新型コロナの嵐が直撃 自動車需要への依存に赤信号

20201126ホテル
豊田市内の経済界に激震が走った。豊田市駅前のランドマーク、ホテルトヨタキャッスル(喜多町)で40歳以上の中堅社員を対象に希望退職を募り、10月末で14人が退職した。当初から、興和グループ傘下のホテル運営会社ナゴヤキャッスル(名古屋市西区)が経営するグループのナゴヤキャッスル(同)の老朽化に伴う建て替えと、キャッスルプラザ(同市中村区名駅)の閉鎖に伴う損失と従業員の出向は織り込み済みだったが、新型コロナウイルス感染拡大により自粛が余儀なくされた宿泊、宴会とも急減したことが大打撃を与えたとみられる。
【後藤】



コロナ「ステージⅢ」か 市議、県議の6人も感染
20201126コロナ市議感染
新型コロナウイルスの第3波が襲来し、豊田市内でも23日までの2週間で市議5人、県議1人を含む95人が感染。20日には市内で過去最多の14人が発症し、14日から20日までの直近1週間では65人と、国が「感染急増」とするステージⅢに一時的に達していたことがわかった。
【柴田】


日清紡跡の話題のイオンへ ノノヤマ洋服 岡崎初進出
野々山社長「地域に愛される店目指す」

20201126ノノヤマ
学生服製造・販売のノノヤマ洋服(豊田市若林東町)が、27日にオープンするショッピングセンター「イオンタウン岡崎美合店」(岡崎市美合町)に出店する。同社にとって3店舗目だが、岡崎市には初出店。野々山雅博社長(51)は「豊田に拠点を置き岡崎では知られていない、一からのスタート。イオンスタイル豊田で蓄積した運営ノウハウを生かし、地域に親しまれ愛される店づくりに励みたい」と意気込む。
【後藤】


四郷スマートタウンで合同訓練 北消防署 科学物質災害備え
 愛知環状鉄道四郷駅東側の大型複合商業施設「四郷スマートタウン」(豊田市四郷町)内のホームセンター「カインズ豊田四郷店」で19日朝、市北消防署(福岡浩治署長)と合同で、サリンなど化学物質による災害を想定した特殊災害対応訓練が行われた。四郷駅周辺土地区画整理地内に今年オープンしたばかりのスマートタウンでの合同訓練は初めて。
【後藤】


神輿譲り受け「新しい歴史を」
みよし市の筯生行政区 秋祭りでの活用へ若手奮起

20201126あざぶの神輿
 地域を盛り上げる起爆剤にしようと、みよし市の莇生行政区が職業訓練法人岡崎技術工学院から神輿を譲り受けた。4人の宮大工が4年がかりで仕上げた神輿で、莇生町で建築業を営む渡辺貴志さん(45)が両者を橋渡しした。渡辺さんは「住民の絆を深めるツールとして莇生の新しい歴史をつくっていきたい」と意気込む。
【九郎田】


売れる色は?無人店舗の普及を 衣台高3年生が研究発表会
20201126発表会
 豊田市太平町の衣台高校(土屋秀弘校長、生徒581人)情報ビジネスコース3年生が20日、逢妻交流館(田町)で課題研究発表会を行った。 
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4853号(2020/11/19発行)

外国人理解の「プラスα」 異文化トレーニング 双方向で
20201119異聞_外国人p
豊田市内で先週末、市内在住の外国人をめぐって二つの注目すべきイベントがあった。一つは市国際交流協会(TIA、豊田彬子理事長)主催のシンポジウム「コロナウイルスとともにつむぐ新しい国際都市」。もう一つは日系ブラジル人などが多く住む保見団地で20年以上日本語教室を開いてきたNPО法人トルシーダに対する公益財団法人博報堂教育財団(東京・千代田区)からの第51回博報賞の授与。一方は表から、もう一方はいわば裏側から市内在住の外国人を支援してきたが、共通するのは日本語教育を通じて文化的背景の違う人たちとの相互理解をいかに図るかにあるようだ。
【柴田】



東海唯一の建設マスター顕彰 高岡造園の櫻井さん
20201119高岡造園土木
豊田市田代町の高岡造園土木(板倉重治社長)の櫻井寿昭さん(47)=みよし市三好町=が国土交通大臣から2020年度優秀施工者(建設マスター)の顕彰を受けた。本来東京で国交大臣から直接もらう予定が、コロナ禍で顕彰式が中止となり、代理で来社した県職員が顕彰状を手渡した。造園業種では東海3県で唯一の受賞。櫻井さんは「この業界に長く携わり素晴らしい賞をいただき嬉しい。受賞を機にさらにやる気が芽生え、携わっている周りの人に喜んでもらえる仕事をしていきたい」と喜びを現した。
【後藤】



参合館1階にフリーピアノ 「文化施設のPRに」 杜若高生が提案
20201119みんなのピアノ
 誰でも自由に演奏できるピアノが6日、豊田参合館(西町)1階のアトリウムに設置された。杜若高校(平戸橋町)の生徒が提案した企画を形にしたもので、「みんなのピアノ」と名付け、ロビーコンサートなどにも活用する。
【九郎田】



土偶かたどり縄文クッキー 足助町の風外 企画展で限定販売
20201119風外
豊田市足助町の和菓子店「風外」が、縄文時代の土偶や土器をかたどった「縄文クッキー」を販売している。足助中馬館などで12月16日まで開催されている企画展「ジョウモンの奇妙な文様-刻むぜ 縄目のビート」に合わせて商品化した。
【九郎田】



名古屋国税局長表彰 川崎氏など13人選出 豊田税務署管内
20201119豊田税務署
豊田税務署管内(豊田、みよし市)で納税意識の高揚と環境の整備に努め、功績が顕著な人を顕彰する2020年度納税表彰式が17日、豊田市常盤町の豊田税務署であり、名古屋国税局長表彰の川崎省治さん(69・川崎学園)はじめ計13人が選ばれた=写真。従来豊田商工会議所のホールで市幹部や税理士会、商工会議所などから来賓を招いて全体表彰を行ってきたが、コロナ禍で同署署長室で一人ひとりに入場してもらい賞状を手渡した。
【後藤】



希花亭 24日まで松坂屋で正月飾り販売会 新年を美しい花で迎えて
20201119きはなてい
豊田市保見町のフラワースクール希花亭の正月飾り受注販売会が18日、松坂屋豊田店で始まった。例年開くクリスマスや正月作品のワークショップは連日満席になる人気催事だが、今冬はコロナ禍で1クラス2席のみの少人数制に縮小し販売をメーンに置く。倉知希巳子代表は「新年をよい年にしたいと今年ほど強く願う時はないと2021年を美しい花で迎えてと迷わず正月花ショップに決めた。今、喜んでもらえることを考えたら正月花、リメイク、お供え花と欲張りな催しになった」と話す。24日まで。



三軒町の波多野さん 若手演奏会で恩返し 26日豊橋市
20201119コンサート
豊田市三軒町在住の声楽家・波多野千夏さん(23)が、穂の国とよはし芸術劇場(豊橋市)で26日に開かれる若手音楽家育成事業「プラット ワンコイン コンサート」に出演する。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。


【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg



PageTop

新三河タイムス第4851号(2020/11/05発行)

宙に舞う「拡張現実」アート作品 コロナ禍 非接触型究極の展覧会
「デカスプロジェクト」初登場

20201105デカス1
スマートフォンさえあれば非接触型の究極の方法で、豊田市内の街中から山奥まで、アートを楽しむことができる展覧会が8日から始まる。コロナウイルスの影響で「人と人とが接触することなく、実施できるプロジェクト」と条件が付けられた今年の「とよたデカスプロジェクト」(豊田市主催)の一環。トヨタ自動車の技術者らと、市内出身のアーティストらがコラボして実現した。スマホ音痴を自認する記者故なのか、やってみると何とも不思議な体験に「なんで!」と声を挙げそうになった。 
【柴田】



三好丘の萩野さん クモの観察15年 生活史を記録 息子の自由研究を機に興味
20201105萩野さん
 グロテスクな見た目などから嫌いな昆虫に挙げられることの多いクモだが、みよし市三好丘旭の萩野典子さん(56)は主婦業の傍ら15年以上、愛好家としてクモの調査を続けている。自宅近くの三好丘緑地を中心に、三好ケ丘駅北部や福谷町の棚田などに出向き、観察記録をブログや動画投稿サイト「ユーチューブ」などで発信している。
【九郎田】



広島ドラ1 栗林投手 社会人野球集大成 市民に元気を
都市対抗6年連続 トヨタ 市長に日本一約束

20201105野球
22日に始まる第91回都市対抗野球大会に出場するトヨタ自動車硬式野球部が2日、太田稔彦市長に意気込みを報告。ドラフト会議で広島カープから1位指名されたエース栗林良吏投手は「社会人の集大成を注ぎ恩返ししたい。市民に元気と勇気を届けたい」と意気込みを披露した。 
【後藤】


コモ・スクエア プレミアム商品券販売 第3弾 年末年始の利用を
20201105商品券販売
 豊田市中心市街地の複合施設コモ・スクエア(喜多町)で使えるプレミアム付き商品券第3弾の抽選販売が行われている。新型コロナウイルス感染拡大で消費の落ち込みが続く飲食店を支援するため、施設を運営する市駅前通り南開発(喜多町)が発行している。
【後藤】



お揃いマスクでグラ応援 みよし市 職員互助会が制作
20201105みよし市マスク
サッカーJ1リーグ名古屋グランパスを応援しようと、みよし市の職員がお揃いのオリジナルマスクを着用し業務に取り組んでいる。同チームのマスコット「グランパスくん」のイラストなどをあしらったマスクで、職員互助会が1000枚を製作した。
【九郎田】



園児と交流 縄跳び出前指導 三好高 体操競技部の生徒ら
20201105三好高
みよし市の三好高校(古井成之校長、生徒数823人)スポーツ科学科の教員と体操競技部などの生徒9人が23日、莇生町のまこと第二幼稚園(浅井博人園長、園児212人)を訪れ、年長児60人に縄跳びを指導した。
【岡田】


豊スタで7,8日 一般向けに見学会 コスモスの摘み取りも
20201105コスモス
豊田市千石町の豊田スタジアムで7、8日、「秋の小遠足」と題して「秋の親子スタジアム見学会」と「コスモス摘み取り体験」を開催する。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop