FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4866号(2021/02/25発行)

3セク22億支援で論議 豊田市議会 本格論議は26日に
松坂屋豊田店の撤退を受け、豊田市が同店が入居する商業ビルを運営する第3セクターの豊田まちづくり会社に対し大幅増資することを明らかにしている問題で、太田稔彦市長は22日の市議会代表質問で「責任の分担を明確にしつつ、投資効果が得られるよう慎重に進めたい」と答弁した。
 自民クラブ3期板垣清志議員=神谷派、松平志賀町=の質問に答えた。
 板垣議員は「平成28年3月に作成された都心環境計画は、松坂屋の撤退で大きく変化している。
【柴田】



杜若高卓球部 県外からの強化終了 「最後の寮生」送り出す
20210225杜若高卓球部
愛知の強豪として名を馳せる杜若高校(豊田市平戸橋町)卓球部の卒部式が19日にあり、〝最後の寮生〟を送り出した。創部以来、インターハイ(総体)に24回出場するなど全国大会の常連として実績を重ねてきたが、来年度以降は県外からの選手強化を一旦終了し、新たなチームづくりを進める。
【九郎田】


「おいでん市場」に新たな魅力 北海道のソフトクリームの販売始める
20210225おいでん広場
豊田市元宮町5丁目に12月にオープンした農産物直売施設「おいでん市場」が「地元の皆さんに全国の美味しいものを食べてもらいたい」と「十勝しんむら牧場」のソフトクリームの販売をスタートした。オーナーの大橋園芸・大橋鋭誌さん(45)=鴛鴨町=は「北海道の豊かな自然を想像するような本場の味で、とても美味しいので一度食べてもらいたい。コーヒーの提供も始めたので、つぼ焼の焼いもと、コーヒーとの相性も楽しんでほしい」と呼びかけている。
【高瀬】


市民参加で元気届ける創作劇 コロナ禍でも「生の舞台」を
26日 豊田市文 プロ俳優、演出家が後押し

20210225創作劇
演劇で市民を元気にしようと公募で集まった参加者が創り上げる演劇公演「あう つくる はじまる」が28日、豊田市小坂町の市民文化会館で開催される。コーディネーターの鹿目由紀さんは「参加者総出で創り上げるボリューム感と、一つのものを作るエネルギーのすごさ、美しさを観てほしい」と呼びかけている。
【岡田】


好天続き、イチゴも良好 品評会 金賞に若林西町の原田さん
20210225イチゴ品評会①
豊田市広路町のイオンスタイル豊田で18日、市農林畜産物品評会「いちごの部」が開かれた。選りすぐりのイチゴ10点が出品され、審査の結果、若林西町の原田真吉さんが金賞を受賞した。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

新三河タイムス第4863号(2021/02/04発行)

400年の時越え 「槍の半蔵」 市郷土資料館 寺部領主の渡邉半蔵家展 
手桶の紋章 「各々手を置け、一目置け」

20210204南蛮具足替え
「槍の半蔵」。徳川家康からその武功を讃えられ、その名を賜った渡邉守綱(1542~1620年)の足跡をたどる特別展「渡邉半蔵家-徳川を支えた忠義の槍」が豊田市陣中町の市郷土資料館で始まった。展示されているのは、関ケ原の合戦があった慶長5(1600)年、家康直々に拝領した南蛮胴具足や、渡邉家に伝来する「大身槍」(刃長64・5㌢)など約140点で、具足と槍の同時展示は市内初。幕府と尾張藩から寺部(現豊田市寺部町)など1万4000石を与えられて領主となり、幕末まで尾張藩を支えた渡邉半蔵家の全貌を知る貴重な展覧会となっている。
【柴田】


北海道発のパン屋進出 「オハナ」FC契約 浄水町の店舗を新業態に
20210204ペンギンベーカリー
北海道発祥のパン屋「ペンギンベーカリー」が1月22日、豊田市浄水町にオープンした。豊田市内でも飲食店を5店舗展開する「OHANA」(半田市)が手がけるフランチャイズ(FC)店で、長引くコロナ禍が経営を圧迫する中、新業態に乗り出した。
【九郎田】


ジビエ普及にシカ解体 シェフら20人が体験
20210204鹿肉の解体
プロの料理人らがシカの解体処理を学んでジビエ料理に生かす講座が26日、豊田市新盛町の猪鹿工房「山恵」で開かれた。
 シカ肉は高タンパク・低脂肪の健康や美容に役立つ優れた食材。山恵では年間シカ・イノシシの100頭前後を処理しているが、コロナ禍と豚コレラでこの1、2年厳しい状態が続いており、他県からも分けてもらい、営業を続けている。
【柴田】



農家が小売り業界に挑む オープン一カ月「おいでん市場」 常連を着実に獲得
20210204肉
 豊田市元宮町5丁目(焼肉食房炙屋跡地)に12月オープンした「おいでん市場」が順調にリピート客を増やしている。代表生産者でありオーナーの大橋園芸、大橋鋭誌さん(45)=鴛鴨町=は「自分が納得した全国の美味しいものを豊田に集結させたセレクトショップ。コロナ禍で外食できない分、家でいいものを食べたいというニーズに応えたい」と意気込む。
【高瀬】



新たな生産者の畑巡回 カボチャ栽培 21年度から5人が開始
20210204JAあいち豊田
JAあいち豊田(石川尚人代表理事組合長)は25日、消費者に人気の高い「味平かぼちゃ」の新規栽培希望者を対象に説明会を開いた。
【後藤】


「応援ダンス」で笑顔届け 豊田大谷高 11日発表会
20210204ダンス
 全国大会常連校の豊田大谷高校(加藤了介校長)ダンス部の発表会が11日、豊田市錦町の福祉センターで開かれる。メンバーらは本番に向けて熱心に練習に励んでいる。
【岡田】


松坂屋豊田店 パフェにサンドウィッチ カノン珈琲がイチゴフェア
20210204カノン
 昨年9月にオープンした松坂屋豊田店(豊田市西町)3階のカノン珈琲で現在、「いちごフェア」が行われ、買い物客らが休憩がてら楽しんでいる。5月ごろまで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop