新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4528号(2014/05/08発行)

加藤飽昭孝氏後継 分振職員北川敏崇氏
来年4月豊田市議選 父・吉久氏6期務めた

20140508北川さん
来年4月の豊田市議選で自民クラブ無派閥4期の加藤昭孝議員(53)=今町=の後継に、市文化振興財団総務課長の北川敏崇氏(56)=明和町=が決まった。父吉久氏も元トヨタ労組市議などを6期務めた。連休明け後、各自治区長に出向き、新たに立ち上げる後援会で正式に披露される予定。北川氏は「愛する古里のため、現地現物で現場に出向き、地域の声を市政に届けられるよう頑張りたい」と意気込んでいる。
【後藤】


「旭日双光章」受章の太田元稲武町長
合併、温泉など基盤整備奔走

20140508太田さん
 春の叙勲(29日付)で元稲武町長の太田雅清氏(70)=押山町=が「旭日双光章」を受章した。町議1期を経て、当時の議長との一騎打ちで初当選後、町民の悲願だった北設楽郡から脱退して東加茂郡への郡区域編入や豊田市との合併。通過の街から交流・滞在の街へと町営温泉や農林水産物直売施設、町営住宅、農業集落排水事業を整備するなど任期の3期10年間で現在の稲武地区の基盤を整えた。市町村合併から10周年の節目の年に叙勲の栄を受けた太田氏に話を聞いた。
【後藤】


巨大こいのぼりに子どもたちが手形 下山地区で春まつり
20140508巨大こいのぼり
豊田市下山地区の春の一大イベント「香恋の里鯉恋(こいこい)まつり」が29日、大沼町の下山支所駐車場で開かれ、市内外から多くの人で賑わった。子どもたちが巨大こいのぼりづくりに挑戦したほか、同地区特産のしいたけの菌打ち体験などが催された。
【九郎田】


今夏取り壊し予定 北街区舞台に映画撮影
MIFなど 年末までに上映会予定

20140508撮影風景
予定では早ければ今年夏にも解体が始まる豊田市駅前通り北地区再開発事業(河木照雄理事長)の同地区商店街を舞台にした自主映画の撮影が行われている。
 豊田市の自主映画製作団体M・I・F(清水雅人代表=梅坪町)などの主催で昨年末、15分前後の短編映画を撮りたい人を募集したところ、市内外の15人が応募し、その後、シナリオなどを書いてもらい、10人が撮影することになった。
【鬼頭】


元豊田市校長 遠山さん みよしで「拓本展」
20140508遠山さん
豊田市で長年教職を務め逢妻中校長で定年を迎えた遠山彌(白舟)さん(84)=挙母町=がみよし市黒笹町の「カーデン」ギャラリーで「拓本展」を開き愛好家らが足を運んでいる。13日まで。
【岡田】


地域に笑顔の輪を 「恋チュン」参加募る
フリースペースk

20140508恋チュン
地域や世代を超えたつながりを大切にさまざまな場の提供をする豊田市久保町のフリースペースK(釘宮順子代表)が全国の自治体や企業、団体で企画されている「『恋チュン』踊って元気になろう」の豊田市バージョンを制作している。担当の井上真由美さんは「人と活動が笑顔でつながり、人の輪が広がれば」と話す。
【岡田】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する