新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4536号(2014/07/03発行)

後継選考 水面下で活発
前回民主で落選 自治労役員伊藤氏出馬に意欲

 来年4月の豊田市議選で与党自民クラブでは後継新人の擁立に向け、後援会幹部による水面下での動きが活発化している。梅坪台地区では先日、前回選で民主系で出馬した自治労役員(元市職員)伊藤和寿氏=梅坪町=が前区長を伴って杉浦昇市議に協力を要請したり、ある自治区から若手擁立の声が出るなど生みの苦しみの最中。自民系で引退を表明しているものの後継が決まっていない大林小学校区の4期河合芳弘市議、梅坪台地区の3期杉浦昇市議、旭地区の3期稲垣幸保市議の後継擁立の動向を追った。 
 【後藤】


加藤康市議入院 事情聴取を欠席
みよし政治倫理審査会

 みよし市の加藤康之市議(68)が経営するミヨシモンド社(黒笹町)の事務所兼工場に違法建築の疑いがあるとして市議会政治倫理審査会は6月24日、4回目の審査会を開いた。加藤市議本人の事情聴取を予定していたが、入院治療中のため欠席すると同市議から文書報告。弁明書での説明もできない病状とした。
 議会事務局によると、加藤市議から8月末まで入院、療養により議会欠席する旨の届出が提出されたという。審査会は診断書を求めた上で、病状回復を待って再度事情聴取する方針だが、療養が長引く可能性もあり、最終措置判断には時間がかかりそう。
【九郎田】


スイーツフェア20日開催 菓子職人が“豊田産”彩る
20140703スイーツフェス
 旬のモモやブドウ、ナシなど豊田市特産のフルーツなどを使用したスイーツが大集合する「第2回とよた絶品スイーツフェア」が20日、豊田産業文化センター(小坂本町)で開催される。パティシエや菓子職人が創作したスイーツ100種類以上の中から14種類を選べるなど、参加者に楽しんでもらうよう工夫した。


特別学級生徒28日 豊スタで自作の商品販売
市民交流で活動に光

20140703逢妻中
豊田スタジアム(千石町)で28日開かれた「プレおいでん」で、市内の中学校の特別支援学級の生徒らが自立のためにカリキュラムに採り入れられている作業活動で製作したキーホルダーやマグネットなどの雑貨や自ら稲武地区で田植えした幻の米ミネアサヒなどの商品を普通学級の生徒ボランティアや父兄らと販売した。 
 【後藤】


親子で歯磨き 染め出し体験
小清水小3年児童

20140703小清水小
歯と口の健康について親子で学ぶ講習会が26日、豊田市田町の小清水小学校(和田裕枝校長、児童919人)で開かれた。学校医の永田歯科(永田一夫院長、天王町)の指導の下、3年児童と保護者284人が虫歯になりにくい歯磨き法などを学んだ。
【九郎田】


「山の幸」が勢揃い
19日恵那市 奥矢作森林フェス

20140703炭焼き体験
 毎年大盛況の奥矢作森林フェスティバルが19日、奥矢作レクリエーションセンター(岐阜県恵那市)で開かれる。地域住民と3県4自治体(豊田市旭・稲武地区、岐阜県恵那市の串原、上矢作町、長野県の根羽村、平谷村)と矢作ダム管理所から成る「矢作水源フォレストランド協議会」(荒田雅晴会長)が矢作川流域地域の交流・水源地域の活性化のため2007年から毎年行っている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する