新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4547号(2014/09/25発行)

北地区再開発 地元商店
閉店セール相次ぐ 工期遅れても予定通り?

20140925北地区
昨今の建設業界事情などから豊田市駅前北地区再開発の着工遅れが明らかになったが、一方で同地区再開発の地権者でもある商店の閉店セールが9月に入って相次ぎ、仮店舗への移転も進んでいる。解体・着工は来年3月に同時スタートの運びだが、11月解体予定だったため仮店舗営業や閉店セールが長引くケースもあり、戸惑う店主もいる。


呉服の川平屋創業120周年 
池坊美佳さん記念トーク 「守る強さ 変えていく強さ大切」

20140925川平屋
豊田市挙母町の呉服店「和ギャラリー川平屋」(伊藤正人社長)は創業120年を記念した特別企画「華物語」の一環として19、20日、「和の心と日本の文化」をテーマにトークショーを行い、大勢の愛好家らが訪れた。 
 【岡田】


レースクイーンが盛り上げる
善都 名古屋北区の交通博に協賛

20140925乗車体験&フォトセッション風景
遊技業大手の善都(豊田市若宮町、都筑善雄社長)は19日、4月にグランドオープンした「ZENT名古屋北店」に隣接する「あいち自動車学校」(名古屋市北区)で開かれた「ふれあい交通博14」に協賛。「ZENT CERUMO SC430」の乗車体験やレースクイーンの「ZENTsweeties」2人が1日女性警察官に扮して会場を盛り上げた。
【後藤】


おいでんGP3部門に15店
ご当地グルメ王者 栄冠はどこの店に

豊田市の食材を使ったご当地グルメの王者を決める「おいでんグランプリ」が27、28日に豊田スタジアムで開かれる。豊田産業フェスタと同日開催で、4年目の今年は部門が3つに分かれ、多彩な15種類の料理が集結する。
20140925おいでんGP
市内には自動車以外にもさまざまな魅力がありながら、知られていないのが現状。おいでんグランプリは、市民が誇れる料理を創造することで地域を活性化することを目指したイベントとして豊田青年会議所(横山栄介理事長)設立50周年の2011年に始まった。
【後藤】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する