新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4569号(2015/03/05発行)

倉知県議後継に鈴木(八木代議士)秘書
後援会で不出馬決定「後進に譲る」

県議会史上最長タイで最高齢の自民11期倉知俊彦県議(83)=保見町=が、4月12日投開票の県議選に立候補せず、今期限りで引退する。倉知県議が常任顧問を務める自民党豊田市支部(支部長-八木哲也衆院議員)が2日、県議選で後継となる新人候補として八木衆院議員の秘書、鈴木雅博氏(35)の公認申請を党県連に提出した。ラグビーW杯発表セレモニー会場で本紙の取材に対し、倉知県議は「世代交代を進め、後進の育成に力を注ぎたい」と話している。選挙戦に向けた体制づくりが急がれる。 

倉知県議の後援会組織「くらち会」(岩松文一会長=元市議)と「豊田新地方自治研究会」(川合直道会長=元JA組合長)が28日午後2時から、JAあいち豊田で「合同緊急役員会」を開催し、倉知県議の不出馬を後援会組織として承認・決定した。
【後藤、鬼頭】


地盤、看板持たず市内全域を回る
みよし市議選 新人・河合氏が名乗り

4月26日投開票のみよし市議選に三好町蜂ケ池の会社員、河合利彦氏(52)が新人候補として名乗りを上げた。地盤、看板はないものの、市内全域を一から回り支援を訴える。
 河合氏は名古屋市生まれ。小学2年で豊田市へ移住し、2000年にみよし市で居を構えた。豊南中、三好高、愛工大建築工学科卒業後、現在まで豊田市東新町の「中山不動産」に勤務。
【九郎田】


ラグビー19W杯開催地 豊田決定
国際化とまちづくりの起爆剤に期待

20150305ラグビー
ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開催都市に東海3県から愛知県豊田市が選ばれた。2日夜豊田スタジアム(千石町)でアイルランド・タブリンからの発表生中継を見守った招致関係者ら200人は「愛知県豊田市」の名前が読み上げられると、大きな歓声を上げた。太田稔彦市長は「外国からのお客さまのおもてなしと街の国際化を積極的に進めたい。4年間はあっという間」と意欲を見せた。
【後藤】


建築業ニッポー 井上町にモデルハウス
7日開場式 自然素材で健康配慮

豊田市若宮町の住宅建設のニッポー(近田知晃社長)はこのほど井上町10に健康住宅展示場を設置、7日に開場式が行われる。
20150305ニッポー
オープニングは、井上町の同地内で大谷高吹奏楽部の演奏、菓子詰め放題など楽しいイベントも。
【鬼頭】


東海6大学ダンスを披露 7日
20150305ダンス部
東海学生舞踊連盟(デメロ香織代表、愛知教育大)が7日、岡崎女子大・短大SKホール(岡崎市中町)でダンス発表会「Knock-5つ目の扉-」を行う。
 愛知教育大、岡崎女子大・短大、至学館大、静岡大、中京大、豊橋創造大の6つのダンス部がそれぞれの作品と合同作品4作品を披露する=写真。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する