新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4582号(2015/06/04発行)

地域内経済循環の徹底を 豊田市新議長 神谷氏に聞く
20150604神谷和利
 豊田市議会第60代議長に最大会派・自民クラブ4期神谷和利議員(54)=柿本町=が就いた。父幸雄氏も1998年から1年間議長を務めた。「選考委員の委員長である団長が自ら自分を議長選ぶのはおかしい」という新たなルールと今年度中核市議長会の会長職が回ってくる中で若手ホープの神谷議員が同期の年上近藤光良議員(67)より早く就任した。市議会を代表して対外的に市外に出ていく機会が例年以上増えるなど多忙が予想される中、意気込みなど聞いた。 
【後藤】


太啓建設 メガソーラー事業参入
保見地区用地確保 来年1月発電開始

20150604太啓建設
 建設業地場最大手の太啓建設(東梅坪町、大矢伸明社長)は、メガソーラー事業に参入する。保見地区で自治区組合が管理する約1万8000平方㍍の用地を確保、発電容量1000㌔㍗の太陽光発電施設を建設する。早ければ来年1月に発電を開始し、全量を中部電力に売電する計画。中長期的には第2号以降の施設を建設し、発電事業自体を業務の柱の一つに育てることも視野に入れる。
【後藤】


豊田・若林東町 バーベキュー店 三幸園が5月末
惜しまれつつ45年の歴史に幕
価格競争や多額の経費 将来見据え決断

45年間にわたり豊田市南部の住民に愛され続けた若林東町の炭焼バーベキュー「三幸園」が5月一杯で惜しまれつつ店を閉じた。外食焼肉店が今のように隆盛になる前に家族で肉を食べに行くと言えばバーベキュー。PTAや自治区、消防団などは会合の後の懇親会として頻繁に利用。今月に入り閉店を知ったかつてのなじみ客が家族らと懐かしむように訪れ連日盛況。2代目の竹内義往さん(49)は「今後は違う形で地域に関わり恩返ししていきたい」としみじみ話す。
20150604三幸園
跡地にはアパートを建設する予定。若林神興盛和会の事務局長も務める義往さんは「本当はもっと閉める時期が早かったと思うが、地域の人に可愛がってもらいここまで来た。今後も地域貢献していきたい」と前に進む。
【瓜生】


ストップ不法投棄 豊田市廃棄物対策課
オレンジ隊が監視強化

20150604オレンジ隊
豊田市環境部廃棄物対策課(河合逸人課長)は「全国ごみ不法投棄監視ウィーク」に合わせ、オレンジ隊を結成し、不法投機の監視を強化する=写真。出発式の29日、警察OB職員2人とともに新たに作った「はいたいガールズ」4人もデビューし、市内の要監視場所で監視カメラの調整や現場確認を行った。期間は「ごみゼロの日」の5月30日から「環境の日」の6月5日まで。
 【後藤】


親族以外に会社を継承 指南書売り上げ好調
著者 宮田則夫宮田電工会長

「バカ息子より猫に会社を継がせたいと考えている経営者へ」という型破りのタイトルで3月、豊田市若宮町の宮田電工会長、宮田則夫さん(69)が事業承継本を著したが、承継に悩む経営者に好評で、現在第2刷を印刷中。5月には元国交相の石原伸晃衆院議員から「承継円滑化のための法案を今国会に上程予定で参考にしたい」という書状も届いた。
20150604宮田電工
 市内の書店では4月初めには完売で2刷が5月末に店頭に。八木哲也衆院議員の仲介で自民党中小企業小規模事業者政策調査会長、石原議員の知るところとなり、「今国会に提出予定の親族以外の事業承継に軽減税率を盛り込む『承継円滑化法案』作りの参考にさせてもらう」と礼状が。「さらなる社会問題化は必至で参考になるはず」と話す。
【鬼頭】


農事功労者に選ばれる
大日本農会 みよし市の近藤義広さん

20150604近藤さん農事功労
みよし市三好町の農家「近藤果樹園」の近藤義広さん(65)が2014年度農事功績者表彰「緑白綬有功章」を公益財団法人・大日本農会から受章した。農業に従事して47年。農事改良の実績に加え、地域への貢献や担い手育成などが評価された。 
【九郎田】


飯野こども園 園児が泥んこ遊び
JAあいち豊田 はじめてサポート

豊田市藤岡飯野町の飯野こども園(宇野茂子園長、園児97人)の5歳児24人が21日、園近くの田植え前の水田で「泥んこ遊び」を行った。
20150604飯野こども園
稲作体験は5月末に田植えを終え、散歩を兼ねた定期的な見守りを続け、10月に稲刈り、12月に収穫したもち米で餅つきをする。
 【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する