新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4590号(2015/07/30発行)

恒例「夏の視察」ほぼ終了 2泊3日1人9万円以内
先進例、新人市議は「驚きや疑問」
豊田市議長除く44議員参加 国内計15ヵ所 空路は1ヵ所

20150730教育次世代委員会
豊田市議会各常任委員会の〝先生〟による恒例「夏の行政視察」がほぼ終了した=表。視察は市政の課題や先進事例の調査を行うため国内の自治体などへ出向くものだが、例年、6月と9月の議会のないこの時期に行われることから夏の研修旅行とも言われている。議長の神谷和利市議を除く、全44議員が参加するが、新人議員には初体験となり、どれだけ勉強になったのか…。
【鬼頭、後藤】


16年日本JC愛知ブロック会長に横山栄介氏
思考力と実践力を形にしたい 役割をいただいたことに感謝

20150730日本JC愛知ブロック
 2016年度の青年会議所東海地区愛知ブロック協議会会長に豊田JCの横山栄介氏(38)=横山興業=が就任する。01年の神谷和利氏=豊田市議=以来15年ぶり。今年度は日本JCに出向し、事業の大きな柱に位置付けられている地域再興会議議長として先進的な取り組みをする各地に精力的に足を運ぶほか、石破茂地方創生大臣の講演を企画した。横山氏は「大臣と直接会ったり、運動が全国に広がっているダイナミズムを体感した。その中で愛知県の道標として世界的に競争力の高い産業を中心に魅力は十分。思考力と実践力を形にしたい」と話している。任期は来年1月から1年間。
【後藤】


みよし「きぼう」がピアサポートセンター開設 当事者目線で相談応じる
20150730「きぼう」
 みよし市三好町上の地域活動支援センター「きぼう」が開設から3年を迎えた。市内唯一の精神障がい者施設で、4月にはセンター内に「茶処ピアサポートセンター」をオープン。地域住民が気軽に立ち寄れる場所として自主製品や飲み物を販売する一方、同じ障がいで苦しむ人の相談にも力を入れている。
【九郎田】


100人が飛び入り おいでんファイナル ディスコ調楽しむ
20150730おいでん
豊田市の夏の一大イベント第47回おいでんまつりファイナルが25日、市駅前一帯で開かれ、74連2368人が熱気のこもった踊りを披露した。基本の振り付けを踊るディスコ調・民謡調部門で「A-girs~たいせつなともだち~」、自由に踊るアレンジ部門では「HOPE STAR」が大賞に輝いた。
【九郎田】


「無病息災」願い茅の輪くぐる
挙母神社 おいでん開始前に1000人

20150730茅の輪くぐり
無事に夏の暑さを乗り越え、元気に何事もなく無病息災を願う伝統神事「茅の輪くぐり」が25日、豊田市挙母町の挙母神社であり、豊田の夏の祭典「おいでんまつり」へ訪れた若者ら約1000人が日本の文化を体験した。
【後藤】


8月5日は「発酵の日」
老舗麹製造ヤマキ糀店 健康志向で若者に人気

20150730発酵の日上
 夏の電力消費が上がる時間帯に涼しい場所に集まり、家庭での節電を推進する「クールシェア」が豊田市内で展開されている。公共施設だけでなく民間の飲食店など153の協力店が参加し、9月30日まで実施。涼しい場所を提供するだけでなく、お得な特典が受けられる協力店も増えており、利用が高まっている。
20157030発酵の日下
【後藤】


ベリーダンス夏祭り プロダンサーがエキゾチックな踊り
8日福祉センター 地元ダンススクール主催

20150730ベリーダンス
 プロのベリーダンサーを招き夏を盛り上げる「ニコル夏祭り」が8日、豊田福祉センター(錦町)で開かれる。豊田市を中心に活動するAMIベリーダンススクール(土屋亜由美代表)主催で3回目。
【岡田】


キングパンとスギモト 米カレーパン好評
21日まで松坂屋豊田店 大人の味に仕上げる

20150730キングパン
 プロのベリーダンサーを招き夏を盛り上げる「ニコル夏祭り」が8日、豊田福祉センター(錦町)で開かれる。豊田市を中心に活動するAMIベリーダンススクール(土屋亜由美代表)主催で3回目。
【岡田】


恒例「金魚すくい」人気 2日も 三貴フラワーセンター
20150730みきふらわー
県下有数の売り場面積と品揃えを誇る園芸店、三貴フラワーセンター(みよし市三好町、小嶋美智代社長)のペット館で26日、恒例の金魚すくいが行われ、家族連れらで賑わった。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する