新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4605号(2015/11/19発行)

こども発達センター20周年
28日記念式典 三浦清邦センター長に聞く

障がいのある子の総合通園施設、豊田市こども発達センター(西山町2)が今年で20周年を迎える。障がいの心配のある子すべてに対応できるよう医療・相談・保育を行う全国でもユニークな施設で豊田、みよし地区の親子への支援を続け、信頼を育んできた。28日午前9時半から市福祉センター(錦町)で記念式典・公開セミナー「共にひらこう すてきな未来」を開催するのを前に三浦清邦センター長に話を聞いた。    
20151119発達センター
センター20周年記念式典・公開セミナー「共にひらこう すてきな未来」は28日午前9時半から午後3時まで福祉センターで開催。参加無料。
 午前の部=式典、記念鼎談(太田稔彦市長、市福祉事業団、高橋脩理事長、三浦センター長)など。午後の部=豊田高特別支援学校音楽部の演奏、公開セミナー「子どもの発達支援の今と未来Ⅰ」
講演、野邑健二名大心の発達支援研究実践センター特任准教授。「同Ⅱ」三浦センター長
 定員500人。要事前申し込み。希望者は必要事項記入の上、℻(32-8987)でセミナー事務局へ24日まで申し込む。
 問い合わせは同センター(溝口・西脇さん)☎32-8980
【鬼頭】


スーパー戦争激化の一途 フェルナの9店目「志賀店」19日開店
トミーも小坂店来年2月開業

20151119フェルナ志賀
豊田市内で驚異的にミニスーパー「フェルナ」の出店を進める食品スーパー「カネスエ」(牛田彰社長、資本金4800万円)の市内で9店目となる「志賀店」(五ケ丘)が19日開店。関係者によると同店は藤岡地区での10店目建設も模索し市内の激化するスーパー戦争は止まらない様相だ。
【鬼頭】


小渡小5年生 地元米をPR
20151119小渡小
豊田市笹戸町(旭地区)の笹戸会館と公園で21、22日に開催される「じねんじょもみじまつり」を前に地元小渡小学校(酒井容子校長、児童41人)の5年生児童が来場者に配る米の袋詰め作業を進めている。地区の特産品を知ってもらおうと学校田で収穫したミネアサヒ約60㌔を150袋に分け無料で振る舞う。
【九郎田】


半年の基礎履修終え 志を胸に秘め戴帽式
12月から医療センターで実習

20151119看護学校
豊田地域看護専門学校(西山町、近藤貴史学校長)の新入生40人が4日、同校で戴帽式を迎えた。看護の道を志す4月に入学し半年間の基礎履修を終え、医療現場での実習を前に行われた。
【岡田】


ウィーン・フィル主席奏者と名フィル出演 豊スタでディナーショー
名門ウィーン・フィル首席クラリネット奏者エルンスト・オッテンザマー氏と名フィル奏者の絶妙なアンサンブルが12月7日、豊田市千石町の豊田スタジアムのレスロランヴェルデロッソで行われる。ディナー&コンサート「名フィルの仲間たちVol5」。
コンサートは午後6時、ディナーは7時から。40人。ディナーと飲物付7000円。コンサートのみ20人。3000円。
 問い合わせは同施設☎87-5208

【岡田】


新三河賞に沼崎さんら 豊田加茂LC写生大会 21日まで産文で展示
豊田加茂ライオンズクラブ(大谷理身会長)主催の第40回親と子で楽しむ写生大会(新三河タイムス社後援)の入賞者が決まった。新三河タイムス社賞に堤小3年沼崎千昂さん、松平こども園年中市川心芭ちゃんが選ばれた。
20151119新三河タイムス社賞 (2)(沼崎千昴さんの作品)
20151119新三河タイムス社賞 (1)(市川心芭ちゃんの作品)


豊田西ロータリー 輝き放ち創立45周年
職業通じ社会貢献 28日文化会館で記念式典

 国際奉仕団体の豊田西ロータリークラブ(野田清衛会長、会員96人)が創立45周年を迎え、28日に豊田市民文化会館(小坂町)で記念式典を開催する。記念事業では、地域の伝統文化を継承しようと後継者を育てるこども歌舞伎など支援。野田会長は「ロータリアンとしてこれまで同様、常に他人に対する思いやりや他人のために尽くすことを理念に己の『職業』を通じて社会に貢献していきたい」と決意を新たにしている。
【後藤】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する