新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4616号(2016/02/11発行)

豊田市長 圧勝で太田氏再選 前回無投票「一票の重さ感じる」
20160211市長選
7日に投開票の豊田市長選は、現職の太田稔彦氏(61)=住吉町=が、新人の元共産党県議団事務局長の田中勝美氏(70)=畝部東町=を大差で破り再選を果たした。当選の知らせが届くとくす玉が割られバンザイの声が響き渡った。太田氏は「皆さんのお陰で2期目を担うことができた。今後の施策に自信を持って次の4年間にあたれます」と深々と頭を下げ、支援者から受けた花束を高々と掲げた。太田氏は政党からの推薦や支持はなかったが、自民、民主両党の地元市議が支援し、全国屈指の組織力を持つ労組やJA、経済団体など「オール豊田」の後押しで盤石な選挙戦を展開し、当初掲げた前回を上回る「得票13万票」を達成した。一方田中氏は箱もの行政でなく「少人数学級の拡大」「市民病院整備」など教育や福祉を充実させる政策を掲げ、市政に対する批判票を集めようとしたが惨敗した。
【後藤】


北街区再開発ビル 17年11月25日開業
タワマン発売は3月下旬にずれ込む

20160211北街区
 豊田市喜多町に同市駅前通り北地区市街地再開発組合(河木照雄理事長)が建設中の北地区再発ビルの開業日は2017年11月25日予定とこのほど発表された。
【鬼頭】


東海3県初 キャンパスで一票
中京大に期日前投票所 「成人の責任感じた」

20160211中京大期日前投票
 市長選期間中の4、5日、中京大豊田キャンパス(貝津町)に期日前投票所が設置された。夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられるのを見据えた措置で、大学の期日前投票所は東海3県初の試み。
【九郎田】


下町の味 コロッケの「松丈」
18日移転オープン地域盛り上げたい 新食感の新メニュー考案中

20160211松丈
豊田市駅下で昨年7月から仮店舗営業を続けてきた下町の老舗、コロッケの「松丈」が6日で閉店し、18日の新店舗オープンに向け大詰めを迎えている。3代目加藤祥平さん(47)は「駅から少し離れてしまうため、お客さまが来てくれるか不安はあるが、現在コロッケに次ぐ新メニューも開発中。新食感の鶏料理を試行錯誤しているので新しくなった松丈へぜひ足を運んでもらいたい」と思いを伝える。
【高瀬】


2年生が「染め出し」体験 小清水小で歯磨き教室
20160211小清水小
 豊田市田町の小清水小学校で5日、歯磨き教室があり、2年生児童が虫歯になりにくい歯磨きの仕方などを学んだ。30年以上学校医を務める永田歯科(天王町)が出前授業。小学2年ごろは永久歯に生え替わるため虫歯になりやすく、15年間毎年指導に出向いている。
【九郎田】


勉強の成果出てうれしい トヨタで生かしたい
合格率7.7%超難関 第2種電気主任技術者 豊田工業高3年 山本廉志君

20160211豊田工高
「よかった。今までやってきた勉強の結果が出て嬉しかった」。昨年秋の「第3種電気主任技術者試験」に合格した豊田工業高電子工学科3年山本廉志君(17)=今町=は卒業を前に喜びを露わにする。受験者数4万5000人のうち合格者はわずか3500人。合格率7・7%の超難関を一発合格で突破した。
【瓜生】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する