新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4625号(2016/04/14発行)

パークタワー豊田 8日1次分完売 最多価格4000万円台
豊田市喜多町に建築中の駅前通り北地区再開発事業の東棟・三井不動産レジデンシャル中部支店(名古屋市)の分譲マンション「パークタワー豊田」の第1期1次・104戸の販売が8日、抽選で行われ、すべて完売した。販売価格は3030万円-6670万円、最多価格帯4000万円台だった。
【鬼頭】


遊戯業「善都」 売上げ高2000億円達成
第29期決算 名古屋北、猪高店が好調

20160414善都決算報告会
遊技業大手の善都(豊田市若宮町、都筑善雄社長)は5日、売上高が初めて2000億円を突破したと発表した。取引金融機関を対象に、本社会議室で開いた第29期(2015年1-12月)決算報告会で明らかにした。
【九郎田】


近郊の大学、高専と再協定 ラグビーW杯支援へ
県芸大加わる 芸術・文化 強化

20160414包括連携協定
豊田市は市内や近郊に学舎がある5大学、1高専と「ラグビーW杯19豊田市開催に関する連携協定」と「包括連携に関する協定」を締結した。新たに参加した長久手市の県芸術大の松村公嗣学長は「美術館との連携は今までもあったが、W杯開催についても文化・芸術の観点から役立ちたい」と抱負を述べた。
【後藤】


おもてなし通じ感謝の心を
プレミアムスイーツクラブの職人5人 養護施設で菓子作り手ほどき

20160414菓子作り1
豊田市梅坪町の児童養護施設「梅ケ丘学園」で4日行われた「花見会」で市内の和洋菓子店でつくる「とよたプレミアムスイーツクラブ」の菓子職人が子どもらに和菓子作りを手ほどきした。代表でお菓子処花月(竹生町)の砂原泰輔さん(44)は「お菓子作りだけでなく和菓子に伴うおもてなしの心や日本の礼儀作法も教えさせていただいた。もてなす喜びを感じることで感謝の気持ちにつながれば」と話した。
20160414菓子作り2
【後藤】


フィギュア 村上選手 笑顔で受章
豊田市体協表彰 商議所会頭賞に「豊鉄

20160414村上選手
スポーツ振興に貢献した人を称える2015年度豊田市体育協会表彰式が、喜多町の名鉄トヨタホテルで開かれ、世界大会やアジア大会、全国大会に出場するなど優秀な成績を収めた148個人・団体を表彰した。豊田市を代表して全国大会で優秀成績を上げた選手団体に贈られる「渡辺賞」には全日本中学校陸上大会男子3000㍍優勝の大上颯麻選手=猿投台中=と同男子800㍍優勝の鳥居風樹選手=末野原中=に贈られた(本紙今年元旦号で掲載)。
20160414宝田社長



「準・準々決開催可能性あり」 WR総括責任者豊スタを高評価 ラグビーW杯へ始動
20160414ラグビー
2019年のラグビーW杯日本大会に向け、試合会場の豊田スタジアム(千石町)を視察した国際統括団体ワールドラグビー(WR)のアラン・ギルビン統括責任者(42)が7日会見に応じ、「準決勝、準々決勝を行う可能性があるスタジアムはいくつかあり、豊田スタジアムもその1つと考えている」と述べた。
【後藤】


シニア向け講座拡充 豊スタ 健康づくり教室記者が体験
姿勢改善 きれいな身体づくり 120本に汗

20160414きれいな身体づくり
春は新たに何かを始める絶好のチャンス。豊田スタジアム(千石町)では「みる」だけでなく、仲間と一緒に体を動かし気持ちよく汗をかく、「健康づくり教室S-フィット」がある。企業内フィットネスなどに取り組む総合体力研究所(知立市)が運営。月会費で毎月約120本受講できるのが特徴。30以上あるプログラムの中から「ボディー&フットセラピー」と「姿勢改善きれいな身体づくり」を記者が体験した。
【岡田】


御作の陶芸家 石黒氏の陶展 みよしで15日から
20160414陶芸家石黒さん
豊田市御作町の石黒美行さん(57)の陶展が15日から、みよし市黒笹町のカーデンで開かれる。19日まで。
 石黒さんは藤岡中、猿投農林高卒業後、瀬戸窯業高専攻科で陶芸の基本的な知識を身に着け、御作窯の2代目として父・正之さんの下、陶芸家として歩み出した。伝統を重視するとともに、近代的感覚を取り入れ個性のある作品に取り組んできた。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する