新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4633号(2016/06/09発行)

18年春開業 若葉病院9月着工
豊田東リハビリ病院 地域医療センター 計画も県承認

20160609リハビリ病院
 豊田市竹元町に250病床の「(仮称)豊田若葉病院」が新設される動きが昨年秋、分かったが、許可権者の愛知県はこのほど西三河北部医療圏(豊田、みよし市)に新設予定の同病院を含む3件の増床計画を承認した。医療施設の新設などは医療法により県医療計画の基準適合が必要で、3計画は昨年末、市を通じて県に提出された。県は今年3月末までに承認し、3件の具体的な申請が近く出される運び。計画によると同病院の着工は9月で開業は2018年4月予定。 
20160609若葉病院
【鬼頭】


小原地区北篠平町 主要道に念願の信号
20160609小原信号機
豊田市北篠平町(小原地区)の国道419号と県道沢田御作線が交わるT字路にこのほど信号機が取り付けられた。10日に供用開始する。地区内では10年以上前から信号機設置の要望があり、住民からは安堵の声が上がっている。
 国道419号と県道沢田御作線は共に、豊田市中心部方面から小原地区に入るための主要道路。両道が交わる場所は地区内で最も事故が多かったという。特に県道側から右折して419号に入るには鋭角で見通しが悪く、問題視されていた。信号機設置に伴い県道側の道路形状も一部改良、T字にして見通しも良くなった。
【九郎田】


オオキンケイギク撲滅へ 「三五」社員200人が駆除作業
20160609オオキンケイギク
自動車部品メーカー三五(みよし市福田町)は同社三好工場横を流れる境川沿いの土手で4日、特定外来生物オオキンケイギクの駆除作業を行った。社員約200人に加え、三好上行政区からもボランティア30人が参加し、作業に汗を流した。
【九郎田】



愛大同窓会支部総会 卒業生100人交流深める
会員数9番目 働き盛り目立つ

 豊田市職員や信金、JA職員などで一大勢力を誇る愛知大学同窓会豊田支部は27日、喜多町の名鉄トヨタホテルで2016年度総会を開き、事業計画、収支予算を承認した。参加者は約100人。鈴木伸介支部長(元市議)は「支部長に就いて2年が過ぎた。年齢は違えど同じ学び舎を過ごした者同士、交流を深めていきたい」と話した。昨年度同様ボウリング大会で交流を深める。
【後藤】


リオ五輪決勝目指す
西中山出身 ボート大石選手意気込み語る

20160609大石選手
8月のブラジル・リオデジャネイロ五輪のボート女子軽量級ダブルスカルに出場する豊田市西中山町(藤岡地区)の大石綾美選手(25)=中部電力所属=が2日、市役所に太田稔彦市長を訪れた。大石選手は「目標だった五輪は素晴らしい舞台なので地元の人の応援を励みにぜひとも決勝に進出したい」と意気込みを語った。
【後藤】


地元愛好家 手打ちそば振る舞う
老人ホーム若草苑 潤いある生活目指す

20160609そば打ち
 豊田市若草町の養護老人ホーム若草苑で31日、地元の手打ちそば愛好家らが入所するお年寄りにコシのある美味しいそばを振る舞った。
 かつては入所者やデイサービス利用者らは年齢が若く体力もあったので自由に外出できたが、現在では平均年齢が82歳とかなり高齢化が進んでいる。外出機会も減り、感受性や潤いがある生活を送ってもらうため初めて実施した。
【岡村】


おかみさん会 禁煙よびかけ 豊田市駅前
20160609おかみさん会
自身だけでなく周りの人の健康に害を与える喫煙による影響を知ってもらう「世界禁煙デー」の31日、豊田市中心市街で商売をしている「とよた下町おかみさん会」の女性や市職員ら20人が豊田市駅前で禁煙や受動喫煙防止を呼びかけるキャンペーンをした。
【後藤】


豊田の若手菓子職人の絶品160種
16店の力作9点とお茶満喫 7月18日トヨタキャッスル 第4回スイーツフェア

20160609スイーツフェア
 豊田プレミアムスイーツクラブ(砂原泰輔代表)は7月18日、豊田市喜多町のホテルトヨタキャッスルで「第4回とよた絶品スイーツフェア」を開催する。砂原代表は「ホテルの雰囲気の中で美味しいお菓子と素敵な時間を楽しんでほしい」と呼びかける。
【岡田】


水源・石川さん 動物や花 日本画18点
14日まで豊田画廊 「いのちのかたち」展

20160609日本画
豊田市水源町の石川裕梨さん(25)の日本画展「いのちのかたち」が、喜多町の豊田画廊で開かれ、愛好家らが訪れている。石川さんは「あらゆる環境の中で必死に命を紡ぐ姿に心奪われ、生きとし生けるものたちへの思いを描いてみた」と話している。14日まで。
 石川さんは豊南中、光ケ丘女子高、名古屋芸術大日本画専攻、同大学院美術研究科美術専攻日本画領域修了。2013年市文化振興財団文化新人賞、14年とよしん育英財団助成対象に選ばれた。現在は絵画関係の専門職として勤めながら、地道に創作活動を行っている。
【岡田】


くらし発見館 大型道具も初展示
7月3日まで 「まゆまつり」

20160609くらし発見館
豊田市近代の産業とくらし発見館(喜多町)で「企画展 まゆまつり-カイコと道具」が開催中で、市民らが足を運んでいる。7月3日まで。
 「カイコを間近に観察できる」と毎年好評の企画展。今年は養蚕農家で使われていた道具や実際に使っていた写真、ジオラマをまとめて展示。分かりやすく養蚕農家の様子を紹介している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する