新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4636号(2016/06/30発行)

豊田市体協会 24年会長を務めた小幡氏退任
後任に前副市長の幸村氏

20160630小幡さん
 豊田市体育協会は21日理事会を開き、24年間会長を務めた小幡鋹伸氏(79)の任期満了に伴い、新会長に前副市長幸村的美氏(61)の就任を決めた。副会長の8年間を含め長年要職を務めた小幡氏は在任中、市民に定着した豊田マラソンの開催や市総合体育館の中心市街地での建て替え、人脈を生かしてトヨタ自動車や中京大を巻き込むなど持ち前のバイタリティで事業を展開。「皆さんのお陰でいろいろなことにチャレンジさせていただいた」と感謝の言葉を述べている。
【後藤】


豊田市駅1,2階通路2倍に
9月まで協議 デザインは年内内定

20160630都心環境ビジョン
豊田市駅周辺の空間活用・再整備を進める同市や商工会議所、関係団体で構成する豊田市都心環境計画推進会議(会長-太田稔彦市長、関係33組織の代表で構成)の第1回会議が23日、西町の市役所で開かれた。会議は都心約196㌶を2027年度までに再整備するため昨年提示された「都心環境計画」を具体化する主体となる組織で、当面今秋までに委託業者のデザイン会社が提案する空間デザインに対し、意見交換などを行う。



中心市街地に新拠点
みよし三好町「サンライフ」7月2日開館

20160630サンライブ内観
みよし市三好町の市役所西隣に7月2日、図書館学習交流プラザ「サンライブ」が開館する。図書館と市内に点在していた生涯学習機能を集めた3階建複合施設。市は「にぎわいの創出」をコンセプトに交流拠点として位置付け、中心市街地活性化へ向けても期待がかかる。 
【九郎田】


豊田JC ラグビーW杯へ気運高める
元日本代表北川選手 現状を危惧 PRの場を

20160630豊田JC
2019年に豊田スタジアムで開催されるラグビーワールドカップへの機運を高めるため、シンポジウム「あなたが起こすスポーツムーブメント-スポーツの魅力からまちをつくる」が22日夜、豊田市小坂本町の豊田産業文化センターで開催された。タグラグビーなどを通じてスポーツによるまちづくり運動を展開する豊田青年会議所(松本章理事長)主催。会場にはW杯開催に関係する体育協会やホテル旅館組合、飲食業組合、スポーツ委員などの関係者も参加し、本番を見据え理解を深めた。
【後藤】


高齢者と子 ものづくりで交流
09年開始の教育プログラム 当初9校から50校へ拡大

20160630教育プログラム
豊田市では2009年度から子どもたちの創造性や感受性を育てる「ものづくり教育プログラム」を展開している。当初9校で始まったが、今年度は50校で実施。子どものものづくり活動を支援することを目的に設立されたサポーターがものづくりの魅力について語り、児童の製作を支援する。
【後藤】


地域サロンで住民交流 下山地区 リハビリデイ施設を開放
20160630スマイリングリハニティ
 豊田市花沢町(下山地区)の国道301号沿いにリハビリデイサービススタジオ「スマイリングリハニティー」が7月18日にオープンする。半日型で利用者を受け入れる一方、午後は地域サロンとして住民に開放するのが特徴。新たなデイ施設の形を提案する。
【九郎田】


上海四場路 開店以来 地域貢献に傾注 職場体験受入れ10年
20160630職場体験
 豊田市小坂本町の中華料理店「上海四馬路豊田店」では地域貢献に力を入れている。10年前から受け入れているのが中学生の職場体験。第一希望で目的意識がしっかりしている生徒しか受け入れないのが他の事業所にない方針だ。中川洋店長(39)は「親からもらっているこずかいがどこから出ているのか。働くことの厳しさや自覚、やりがいを感じ将来につなげてほしい」と話している。
【後藤】


豊田市三軒町 波多野渚砂さん
ミュンヘン国立バレエ団から東京バレエ団へ転進

20160630バレエ
ドイツ・ミュンヘン国立バレエ団で4年間活躍した豊田市三軒町出身の波多野渚砂さん(22)が東京バレエ団への入団を決め、帰国した。「海外で学んだからこそ今の自分がある。周りに流されることなく100%の力を出していきたい」と意気込む。
【岡田】


現代陶芸家 山岸大祐氏個展
6日から豊田画廊 鳥のオブジェ10点展示

20160630現代陶芸家
豊田市青木町の陶芸家山岸大祐さん(32)の個展が豊田画廊(喜多町)で6日に始まり、複雑なフォルムが美しく見るものに多様な印象を与える白陶のオブジェ約10点が並ぶ。12日まで。 
 山岸さんは、同市生まれ。猿投台中、豊田北高、愛知教育大、同大学院教育学研究科芸術教育専攻修了。2015年、時代を代表する陶芸家上位6人に選ばれ「第10回パラミタ陶芸大賞展」に出展。同年、市文化振興財団文化表彰で文化奨励賞、今年とよた育成財団助成の部表彰を受けた。
【岡田】


本城小 丹波大垣内流打ちはやし体験 児童ら熱心に練習
20160630打ちはやし体験
豊田市市場町の本城小学校(加藤鉱一校長、児童42人)で9日、丹波大垣内流打ちはやし保存会員16人を招いた体験会が行われた。県主催の伝統文化出張講座で同市では、2011年の足助棒の手に次ぐ2回目
【岡田】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する