新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4638号(2016/07/14発行)

民進2「王国」の面目維持 自民トップ当選 野党乱立 共産かすむ
 10日投開票の第24回参院選は安倍晋三首相総裁率いる自民と公明の与党、改憲に前向きなおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の改憲4党と同調する無所属議員ら改憲勢力が、非改選を含めて改憲の発議に必要な3分の2以上(162議席)の議員を獲得した。改憲を発議する要件が衆参両院で整ったことで、戦後一度も行われなかった改憲が現実の政治課題となりそうだ。改選数が1増えて9人が争った愛知選挙区(改選数4)では自民現の藤川政人氏と公明新の里見隆治氏が勝ち、与党で2議席を獲得。民進は現職の斎藤嘉隆氏と新人の伊藤孝恵氏が現有2議席を守った。
【後藤】


国内最大級のビアガーデン 松坂屋豊田店屋上に1200席
26日オープン 都心の賑わい創出

20160714ビアガーデン
豊田市若宮町1の松坂屋豊田店屋上に客席約1200の国内日本最大級ビアガーデンが26日、オープンする。「ザ・プレミアムビアガーデン豊田」で地上9階建ての松坂屋豊田店などが入居するT―FACEA館屋上約3500平方㍍の敷地に約1200席の客席と屋台、ステージを設置する。ビルを管理する豊田まちづくり会社では「これだけ大規模なビアガーデンは名古屋地区はもちろん全国的にもない。料金も割安。オープンが遅れたが、複数年契約で市民に愛される施設にしたい」と話している。9月30日まで。
【鬼頭】


みずみずしい紫色の実たわわ
鈴鍵経営 下山の農園 今季16日オープン

20160714ブルーベリー農園
 豊田市和合町(下山地区)の「下山ブルーベリー農園」が16日、開店する。すでにたわわに実りみずみずしい香りが辺りに漂う。土木造園業「鈴鍵」(中金町、鈴木元弘社長)が、造成工事などで伐採した樹木やせん定枝のチップ化再生工場で、環境を遊びから学ぶテーマパーク「下山バークパーク」内に開園以来有数の観光地に成長。9月4日までの開園期間中、5000人の来場を見込む。
【後藤】


豊田市美術館 ジブリの建造物展
15日から 最多の来館者期待

20160714ジブリ
 多くの名作を生んだ日本を代表するアニメ制作会社スタジオジブリ(東京)の作品に登場した建造物の模型、原画を展示する「ジブリの立体建造物展」が15日から、豊田市美術館(村田真宏館長)で開かれる。東京から始まった巡回展。6月下旬まで催された長野信濃美術館では来観者が12万人を超え、豊田市でもそれ以上の来観者を期待している。
【鬼頭】


東山区民会館が新設 10月末完成 長年の間借りから脱却
20160714東山区民会館完成予想図
豊田市東山自治区の区民会館が新設される。市営住宅集会所を利用してきたが、市内で独自の区民会館がなかったのは同自治区と水源自治区のみ。10月末完成予定で11月に竣工式が行われる。元トヨタ自動車勤務の越本政雄区長(72)は「全国から移り住んできた地域で2年前に50周年を迎え記念式典を行った。これまでの仮住まいから自分の住まいができるようで嬉しい」と話している。
【後藤】


夢と感動を 登山家講演会
遊都が企画 福祉セ26日 地域貢献で企画

20160714遊都
 エベレストで凍傷になり手の指9本を失いながらブロードピーク8047㍍に単独・無酸素で登頂したことで知られる登山家栗城史多さんの講演会が26日、豊田市錦町の市福祉センターで開かれる。遊技業の遊都(喜多町)が企画。同社の都筑益恵さんは「若い人や子どもたちに力強く前を向いて歩き、夢や目標を掲げてつかんでもらいたい。そのために栗城さんの講演を通じて『勇気と感動』を届けたい」と呼びかけている。
【後藤】


事故ワースト1脱却を 夏の交通安全市民運動で街頭活動
20160714交通安全
夏の交通安全市民運動に合わせ、豊田市内で全市一斉の街頭活動が11日に行われた。御立町1丁目交差点では近くの豊田東高生徒をはじめ、地域住民100人が参加し、行き交うドライバーらに交通安全を呼びかけた。


杜若卓球部 表彰台目指す 高校総体16年連続 強豪として胸張り挑む
20160714杜若卓球部
8月開催の全国高校総体に地元の強豪杜若卓球部(平戸橋町)が出場する。16年連続18回目。学校対抗の団体戦に加え、ダブルスに1組が挑む。2018年のインターハイ卓球競技は豊田市のスカイホール豊田が会場。現在の高1が3年時に開催されるだけに上位進出が期待される。
【後藤】


みよし商工会 特産品認定へ 「みよちゃん」マーク完成
20160714みよし商工会
みよし商工会(鰐部兼道会長)は市内の優れた商品にお墨付きを与える特産品認定制度を5月から展開しているが、このほど認定マークが完成した。キツネの女の子をモチーフにした同商工会のオリジナルキャラクター「みよちゃん」をあしらったデザイン。特産品に認定された商品に貼り付けてもらい「みよしブランド」を広くPRする。
【九郎田】


三好高 米コロンバス高生 武道体験 「ライト」「ショルダー」
ホームステイしながら日本文化学ぶ

20160714三好高校
みよし市の友好都市、米国コロンバス市の高校生12人が6、7日、三好高校(藤嶋典弘校長、生徒951人)で武道、弓道、書道などを体験した。
【岡田】


初の「応急啓発校」指定 足助小 救命率向上図る
20160714足助小
 豊田市内初の「応急手当普及啓発小学校」に指定された足助町の足助小学校(山田敦校長、児童82人)で指定式と救命入門コースがあった。
 応急手当普及啓発小学校は応急手当の普及と救命率向上を図るのが目的。指定校で心肺蘇生法などの初期対応が行える小学生の育成と小学生による普及啓発活動を通じて救命講習受講率を高める。救命講習を積極的に取り組んでいることや児童数が多く、街頭での普及活動に参加しやすいことから選ばれた。
【岡田】


非行防止呼びかける 豊田市少年補導委1日 JKビズ犯罪NO
20160714非行防止
「な・い」の語呂合わせで独自に「非行のない日」としている豊田市で1日夕、豊田少年補導委員会(川合勝美会長)が市駅前でチラシや啓発グッズを配って子どもの非行防止を呼びかけた。夏休みを前に解放感が高まる時期に合わせ、同委メンバー86人と豊田署員10人が参加し、学校帰りの女子高生や小さな子供を持つ母親に喚起を促した。
【後藤】


カノン珈琲 桃丸ごと1個のかき氷
20160714桃かき氷
桃パフェとランチが人気のみよし市福谷町のカノン珈琲で8日から、夏季限定新メニュー「桃かき氷」が登場し、話題を呼んでいる。オーナーの鏡友子さんは「やっと納得できるシロップができた」とPRする。
 「桃かき氷」はまるごと1個の生の桃と半分の桃コンポートが入ったぜいたくさ。きめ細かいフワフワの氷に、桃半分はそのまま乗せ、残りの半分はミキサーでトロトロにしてシロップとしてかけ、中にはバニラアイスと練乳、桃コンポート。桃パフェ、桃ワッフルに並ぶモモの風味満点の逸品。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する