新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4640号(2016/07/28発行)

八草地区でまちづくり計画 豊田市組合施行想定 区画整理事業に向け
20160728八草駅
 豊田市は新興著しい長久手市、日進市などと接し名古屋東部との玄関口、八草地区の新たなまちづくりに向けて、土地区画整理事業による事業展開を図る方針。市では組合施行を想定しており、事業手法などに対する地元説明などによりコンセンサスを図り早期の事業化を目指す。
【後藤】


リニア開通視野に名古屋40分圏へ
若林駅付近高架化事業が指導 説明会2日間350人活発意見

20160728若林駅
 リニア中央新幹線開通に合わせ豊田-名古屋間40分構想が既成事実化している中、2010年度に完了した三河八橋駅付近に続き、若林駅付近約2・3㌔を鉄道高架化する立体交差化事業が3月の都市計画決定を受け、事実上動き出した。21、22日に豊田市若林交流館で事業説明会があり、2日間で立ち見が出る地域住民約350人が参加。まちが大きく変わるとともに移転住民も出てくるだけに、今後のスケジュール、補償問題で活発な意見が出された。
【後藤】


国内最大1200席ビアガーデン 35歳社長率いる飲食店運営
コミュニティスペースとして無料貸出

20160728ビアガーデン
 豊田市中心市街地で初の屋上ビアガーデン『ザ・プレミアム ビアガーデン豊田』が26日、豊田市駅西口の大型商業施設「T-FACE」A館(若宮町)にオープンした。屋上ビアガーデンとしては、国内最大の1200席。昨今駅前の公共空間で飲食店やクラフト販売、音楽演奏などが展開されるなど賑わいづくりを強化する同市。都市の知名度はあっても外から人が集まらない豊田市にあって、西三河一帯から人の流れがどう変わるかが注目される。
【後藤】


バイオリン隊が地域の魅力PR 三好丘夏祭り
20160728三好丘夏祭り
 みよし市三好丘小で23日、夏祭りが催され、地域の子どもたちがバイオリンを演奏した=写真。祭りの目玉として三好丘行政区が初めて企画した。
【九郎田】


北部に潜む昆虫探す みよし 境川源流域で調査会
20160728昆虫観察会
 みよし市黒笹町の境川源流域で23日、昆虫調査会が開かれた。NPO法人みよしの自然環境を守る会(鳥居鐐一理事長)が企画。親子連れら約40人が川沿いや田んぼ、林の中に潜む昆虫を探して歩き、採集もした。
【九郎田】


全日本選手権6年ぶり出場 豊田リトルリーグ 全国制覇し米世界大会へ
初戦は30日 エースには甲子園常連からスカウト

20160728豊田リトル
 豊田リトルリーグ(倉知俊彦会長)が29日に長野県上田市で始まる「全日本リトルリーグ野球選手権大会」に出場する。6年ぶり6度目。世古政弘副会長(70)は「中京大中京で夏の甲子園を制した堂林君がいたチームも含め30年間見てきた中で最強。全国に知られる大エースに加え、1番から9番まで本塁打が打てる。持てる力を発揮してきたい」と意気込みを語った。
【後藤】


30日土用丑の日 鰻を食べて暑気払い 創業50年満福支店 表面パリパリ中はふんわり
20160728満福支店
30日は栄養満点な鰻を食べて暑気払いする「土用丑の日」。長年愛され続ける豊田市小坂本町の創業50年の老舗鰻店「満福支店」では伝統の味と温かいサービスで客を出迎える。



足助でニコニコ作戦 祭り通じて交流 8月6日定住化説明会
20160728足助
過疎化・高齢化が進む豊田市足助地区の冷田小学校区で8月6日、定住希望者を対象とした地域住民との交流会が開かれる。地元の風習や祭り、清掃活動などの定期的なお役など地域の特徴、人間関係への理解を深めてもらいながら1つの地区に2戸程度の定住を促す「2戸2戸(ニコニコ)作戦」の一環。申し込みは5日まで。
【後藤】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する