新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

和紙工芸作家 山内一生氏 衆院議長公邸を表敬訪問
ロータリー友情関係が「縁」

20160922山内さん
 9月15日午後、小原和紙の和紙工芸作家山内一生氏(87)が豊田市西町の新三河タイムス社を訪問、覇気ある「一生節(いっせいぶし)」で快気炎。今年冬に足首骨折の大けがは完治、大長老としての存在は健在であった。
【渡久地】


みよし 同型パソコン購入額に「差」 
「高過ぎ」と反対も 昨年は割安で購入 加藤議員「業者との関係 疑われかねない」

みよし市6月議会で市が購入を決めた中学校の校務用ノートパソコン100台の価格が高すぎると加藤芳文議員(67)が反対していたが、市は昨年12月、給食センターの職員用としてほぼ同型のノートパソコン4台を今年度より割安で購入していたことが分かった。9日の9月議会議案質疑で加藤議員が追求し明らかになった。単純計算で1台あたり約12万円の差。市はルーターの導入や搬入・設定経費などに加え、定価にも違いがあると理由を説明したが、購入額の「差」を事前に議員が把握していれば、6月議会のパソコン購入議案が否決した可能性もあり、加藤議員は不信感を露わにしている。
【九郎田】


産業フェスタ 豊田の産業や特産PR
スタジアムで24・25日 リオ銅 羽根田選手来場

20160922産業フェスタ
豊田市の産業や特産品を内外に発信する市最大の地域活性化イベント「とよた産業フェスタ」が24、25日、豊田スタジアム(千石町)で開かれる。「スクラムとよた-チカラをあわせて」をテーマに豊かな自然や観光資源、産業、最先端技術を紹介。オープニングにはリオ五輪のカヌー競技で銅メダルを獲得した地元小川町出身羽根田卓也選手(杜若高卒)が来場し、豊田の魅力をPRする「とよたPR大使」4期生が初披露される。三宅英臣実行委員長は「ミライへの足がかりとなる力を秘めたまちの魅力と可能性を体感してもらいたい」とPRしている。
【後藤】


「ころもはにぃ」商品 松坂屋で販売
都心の草花からのハチミツ 27日まで

20160922はちみつ
 豊田市中心市街地の草花から蜜を採取した蜂蜜「ころもはにぃ」などを使用したスイーツや中華を販売する「秋の食品祭」が現在、松坂屋豊田店(渡辺智邦店長)で行われ、買い物客らで賑わっている。27日まで。
【岡田】


みずほこども園 ジャガイモ植え付け
豊田東RC 産フェスで活動紹介

20160922じゃがいも
豊田市瑞穂町のみずほこども園(島村鈴代園長、園児156人)の5歳児37人が12日、園近くの畑でジャガイモの植え付けを行った。豊田東ロータリークラブ(河合芳弘会長)が豊田農ライフの会(八木道徳会長)の協力を得て行う食育事業「キッズ・ファーム・チャレンジ」の一環。
【岡田】


55枚の新聞ドレス アート作家と生徒コラボ 豊野高
20160922新聞ドレス
豊田市渡刈町の豊野高校(大石益美校長)の文化発表会が7日、市民文化会館(小坂町)であり、1年5組の生徒40人が古新聞を身にまとうユニークな現代美術家「新聞女」、西沢みゆきさん(48)=大阪市=と一緒にパフォーマンスを披露した。
 太鼓の音に合わせて55枚をつないだ50本の新聞の帯が舞台から客席に広げられ、客席に座る全校生徒の手を借りながら一面新聞で埋め尽くされていった。舞台上で西沢さんが新聞の端をまとうと会場中に広がるドレスが完成した。
【岡田】


地球に抱かれる感じ フォレスタヒルズで「夜ヨガ」
20160922夜ヨガ
豊田市岩倉町のフォレスタヒルズスポーツクラブは6日、敷地内の芝生ガーデンで「夜ヨガ」を行い、参加者10人が秋の風を感じながら虫の声をBGMに身体を動かした。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する