新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4660号(2016/12/22発行号)

フェルナ前山町店 旧水源ボウル跡地に建設中
来年3月完成 市内では最大規模 豊田市内10店舗目

20161222フェルナ
格安小型スーパー「フェルナ」を豊田市内で積極展開しているカネスエ(一宮市)が市内10店舗目となる豊田前山町店を11月末から建設中。来年3月末オープン予定。同エリアでは地場大手のトヨタ生協が自動車学校と併設の「Мパーク」を開いたばかり。来年1月には地場えぷろんフーズが元宮町の複合商業施設に入るなど群雄割拠。流通競争が過熱する市内で最激震地と化している。


冬季限定の新酒発売 浦野酒造 新年を地元の日本酒で
新井杜氏「思い描いた通りの酒」と太鼓判 松坂屋で27日から試飲会

20161222浦野酒造
銘酒「菊石」で知られる豊田市四郷町の酒蔵「浦野酒造」(武内純子代表)が2種類の新酒を発売した。新年を地元の日本酒で迎えたい、今年の味を楽しみたい愛好家が訪れている。
 甘みがあってさらっとして飲みやすく、やさしく飲み続けられる「にごり酒しろうま菊石」(1・8㍑1850円)と、原料のコメの味わいが楽しめて後味がすっきりしている旨味とコクが特徴の「菊石本醸造もと初しぼり生酒」(1・8㍑2300円)の2種類。いずれも税別。
【後藤】


三河豊田駅前に23日元町次ぎ市内2ヶ所目 ABホテル
20161222ABホテル
ABホテル(安城市三河安城町、沓名一樹社長)は豊田市山之手4に23日、客室128室のABホテル三河豊田をオープンする。西三河地方を中心に名古屋、金沢、奈良などホテル事業を展開し、三河豊田は14カ所目。市内では2007年12月にオープンした東新町の「ABホテル豊田元町」に次いで2カ所目。同社は「今後も積極的に店舗展開を行うことを計画しており、全国各地にABホテルの出店を推進していく」としている。
【後藤】



「現場主義」でまい進
みよし市小山県議 在職10周年祝う 節目に支援者900人

20161222小山県議10周年
 みよし市の民進3期小山祐議員(38)=三好丘緑=の県議在職10周年を祝う会が17日、三好町の文化センター・サンアートで催された。大ホールを埋めた約900人の支援者らを前に小山県議は10年間の感謝の思いを伝えるとともに、改めて自身の政治信念を明確に掲げた。
【九郎田】


エイズへの理解を街頭啓発 SI豊田 歌で呼びかける
20161222エイズ啓発
 エイズウイルス(HIV)感染者やエイズ患者などへの理解を呼びかける「レッドリボンメッセージコンサート」が17日夜、豊田市駅前のペデスストリアンデッキで開かれ、豊田東高校の生徒がクリスマスソングや演奏を披露した。師走で賑わう買い物客や豊田スタジアムであったラグビー観戦者らが足を止め、ハーモニーに聞き入った。
【後藤】


太啓建設 障がい者を労いXマス会 フェンスに絵を採用 環境向上に貢献
20161222太啓建設
地場総合建設業最大手太啓建設(東梅坪町、大矢伸明社長)は工事現場のフェンスや卓上カレンダーなどで採用する絵の作者である知的障がい者とその保護者を招いたクリスマス会を18日、自社が営むステーキワン豊田元町店で開いた。感謝の気持ちを込め記念品も手渡した。知的障がい者の創作活動を支援するアティックアート(須藤伸枝理事長)の支援の下、西三河の特別支援学校に通う生徒の鮮やかな色遣いや独特な表現が話題を呼び、工事現場周辺の環境向上に大変役立っている。大矢社長は「地域の皆さんや取引先から心温まると大変好評を得ている。これからも創作活動に励んでもらいたい」とエールを送った。
【後藤】


「旭日双光章」受章 中村元市議喜び報告 引退後 地域SC会長として奮闘
20161222中村元市議
2016年の秋の叙勲で「旭日双光章」を受賞した豊田市岩滝町の元市議中村綋和さん(73)が9日、市役所に太田稔彦市長を訪ね、受章の喜びを報告した。市議として連続4期16年務め、幅広い識見で市政の発展や住民福祉の向上に貢献したことが認められた。
【後藤】


右足切断の大事故から再起 カートレースに情熱
東海学園大の井谷俊介さん リハビリに汗 優勝も経験

20161222カートレース
 「義足だからってどうということはなく、歯医者で差し歯を入れたのと同じ。多くの人に支えられているありがたさを感じ、今あることが幸せ」と語るカートレースで活躍する東海学園大3年の井谷俊介さん(21)=名古屋市天白区。今年2月にバイク事故で右足の膝から下を切断。「一番辛かったのは、義足をつければいろいろなことができると聞いていたのに実際つけてみると痛みが強く『好きだったスポーツはできるようになるのだろうか』と思ったころだった」と振り返る。
【岡田】


豊田少年少女合唱団 Xマスに定期演奏会 芝居やダンスも披露
20161222少年少女合唱団
豊田少年少女合唱団が25日午後3時、市コンサートホール(西町)で定期演奏会を行う。本番を前にメンバーは熱心に練習を続けている。
 前半は「あめつちのうた」や「ア・カペラ聖歌集」など合唱曲を披露。後半は「クリスマス☆アトラクションステージ」と銘打って、芝居やダンスを交えた楽しい構成となっている。
【岡田】


卓越した技術極める 現代の名工 受賞者が市長訪問
20161222現代の名工
今年度の「現代の名工」を受賞した小島プレス工業(下市場町)の杉浦利幸さん(53)と加納裕治さん(45)、テクノハマ(深見町鳥目)の永野秀雄さん(52)が2日、市役所を訪れ、太田稔彦市長に受賞の喜びや評価された技能を報告した。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する