新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4666号(2017/02/09発行)

旧猿投町 豊田市と合併50周年
来年3月記念式典 実行委で会長に天野元市議

1967(昭和42)年4月1日の豊田市との合併から来年度50周年を迎える猿投地区が来年3月、猿投コミュニティセンターで記念式典を開催する。記念講演や棒の手などの郷土芸能の披露のほか、これまでを振り返る記念誌を発行する計画。このほど実行委員会があり、会長に決まった天野弘治元市議(77)は「猿投山、矢作川の自然や棒の手などの文化、花本の工業団地など多様性に富む地域。後世に受け継いでいくためにも有意義な会としたい」と話している。
 天野会長に話を聞いた。一問一答は次の通り。
 -どうして式典を開催することに。
 天野 上郷・高岡町が昨年、トヨタと豊田市の発展の礎を現場で知る張富士夫トヨタ名誉会長の講演を柱にやられたのに加え、高橋町は10年ほど前にすでに合併50周年を迎えていながら地域の発展の礎を振り返り継承する式典をしてなくて、八木代議士はじめ悔やむ声が聞こえたから。
 -会長を引き受けたのは。
 天野 私は高校入学時に父親が農業をやりたいと開拓で西尾から来た人間。生まれも育ちも地元の杉浦弘高市議にお願いしたが、現職だからということで辞退された。これまで市議時代からの経験や人のつながりが地域のために生かせるならと引き受けた。
 -この猿投駅周辺の当時の風景は。
 天野 父は将来を見越し駅に近く、学校や商店がある地を県内中歩いて回りここに決めた。農地は3丁5反。スイカやダイコン、トマトはカゴメに共同出荷していた。開拓農地だから家も少なく、私の家から平戸橋までに28戸しかなかった。70年に都市計画法が制定され、自動車関連に勤める人向けの住宅が一気に増えた。高町には先進的な福祉村や運動公園ができる一方、その後三河線の猿投駅以北の廃止も経験した。ただ豊田北バイパスも含め将来の展望が明るい地域。こういう歴史も振り返る機会としたい。
【後藤】


社団法人移行後6月に解散 豊田市観光協会
商議所に事務局開設

 豊田市観光協会は6日、市役所で臨時総会を開き、4月に一般社団法人「ツーリズムとよた」に移行した後、残務処理などを経て6月をめどに協会を解散することを決めた。ものづくりや自然、歴史といった資源を生かし市内7地区の観光協会と連携を強めるのに加え、県内外の観光地との協力も進めて観光振興を図り、「業」として収益を上げる仕組みを構築する。
【後藤】


豊田市 自動車学校2校に感謝状
送迎バス活用 高齢者の外出支援

20170209自動車学校
豊田市は2日、市役所市長室で高齢者や障がい者の外出手段としてスクールバスを利用した市の交通対策事業に協力している市内の自動車学校2校に2016年度の取り組みについて感謝状を贈った。太田稔彦市長は「利用者も外出機会が増えると大変喜んでおり、長年の協力ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。
【後藤】


玉競りで厄落としを
松平町「天下祭」 約200人の裸男が激突

20170209天下祭 松平観光協会
下帯姿の男たちが激しくぶつかり合う裸まつり「天下祭」が11、12日、豊田市松平町の松平東照宮一帯で催される。松平家初代・親氏公の偉業を称える冬の恒例行事で、約200人の参加者が清められた「水玉」に触れ、1年の厄落としや無病息災などを祈る。
【九郎田】


利用者増へ 豊田の観光施設が連携
第一弾 元気村ラスク商品化

20170209プレミアムホワイトショコラ
持ち株会社のとよた山里ホールディング(足助町)傘下の足助、旭、下山、稲武の市内4地区にある観光施設が、相互に商品開発や特産品販売などで連携する取り組みを始めた。互いの特徴やノウハウを生かし、利用者の増加を目指す。第一弾として雪そりで賑わう旭高原元気村(旭八幡町)で足助の百年草内のパン屋「バーバラハウス」と共同開発した独自商品のラスクを販売している。
【後藤】


A級リーグを2期制に
軟式野球連盟17年定時総会 県レベルのチーム輩出

20170209軟式野球連盟
豊田市軟式野球連盟(渡辺忠会長)の2017年定時総会が5日、丸山町のカバハウスであり、今年の試合日程などが発表された。A級リーグ戦を2期制に変更したほか、多くのチームが試合を楽しめるよう新たな大会の企画も視野に入れるとした。
【九郎田】


火災報知器義務化10年で菓子商品化 足助・加東屋
20170209ジューケーキ
豊田市足助地区の消防団員が住宅用火災報知器をモチーフにしたカップケーキ「ジューケーキ」を開発した=写真。豊田市消防本部(大内茂樹消防長)が市コンサートホール(豊田参合館内)で11日開くイベントで販売する。


豊田市消防音楽隊11日 40周年記念コンサート 防災を楽しく学んで
カラーガード隊協力 ファッションショーも

20170209消防音楽隊
豊田市消防音楽隊(福岡浩治隊長)が11日、豊田市コンサートホール(西町)で40周年記念コンサート「消防と市民が奏でるハーモニー まちを守る音」を開催する。
【岡田】


最後の立体作品展 レディースフォトクラブ20年間の思い出詰める
20170209レディースフォトクラブ
20回目を迎えるとよたレディースフォトクラブ国際交流写真展が10日から、豊田市民ギャラリー(西町)で開かれる。同会は写真家石田真典氏を指導者に韓国仁川女性文化写真会との交流を重ね毎年写真展を行ってきたが、昨年9月に石田氏が72歳で亡くなり、今回で幕を閉じる。12日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する