新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4676号(2017/04/20発行)

民間の発想で満足できるサービスを
豊田市中央図書館 前川新館長に聞く 地域連携も深めたい

20170420前川図書館長
 豊田市西町の豊田市中央図書館が今年度から、市直営から指定管理者(TRC・ホーメックス共同企業体)による運営に変わり、新館長に民間から前川千陽さんが就任した。「民間の自由な発想で満足できるサービスを行っていき、皆さんと相談しながら図書館をよりよくしていきたい」と話す前川さんに新しい図書館ビジョンなど話を聞いた。
【鬼頭】


平芝町「花成」 萩野、池江選手らの花束制作
水泳日本選手権の装飾など担当
ジャパン杯13準優勝 3男英之氏15年から担当 技術見込み実家に依頼

20170420花成
 世界選手権代表選考会を兼ねた水泳の第93回日本選手権が16日まで25年ぶりに名古屋市で開催。リオ五輪で活躍した萩野公介や瀬戸大也、池江璃花子選手ら昨年のリオ五輪で活躍した選手の出場や日本記録更新ラッシュで日本ガイシアリーナは盛り上がりを見せたが、豊田市平芝町の生花販売、花成が入賞者に手渡すビクトリーブーケや会場を彩る鉢花を提供した=写真㊦。
20170420花成2
【後藤】


魁夷大作の障壁画68面公開 豊田市美術館 唐招提寺開祖・鑑真の苦難表現
20170420《唐招提寺御影堂障壁画 山雲》(部分)1975(昭和50)年 唐招提寺蔵 (2)
 戦後の代表的日本画家、東山魁夷が10年かけて制作した唐招提寺御影堂の障壁画展が22日から、豊田市小坂本町の市美術館で開催される。多くの苦難を乗り越え中国から来日し唐招提寺を開基した鑑真和上に捧げるため、日本や中国各地を歩いてスケッチを重ね、全身全霊を持って臨んだ作品。豊田市、中日新聞社、日経新聞、ひまわりネットワークなど主催。6月11日まで。
【鬼頭】


関谷醸造 稲武工場で仕込みツアー 蔵見学や杜氏がレクチャー
20170420酒造り体験
銘酒「蓬莱泉」で知られる関谷醸造(北設楽郡設楽町田口、関谷健社長)が名古屋市西区で展開する人気の日本酒バー「圓谷」が22日、豊田市黒田町(稲武地区)の酒造工場「蓬莱泉吟醸工房」で仕込みツアーを催す。
【後藤】


観光庁優秀事例に 豊田プレステージ 清掃業務でカイゼン取り組む
2017420豊田プレステージ
 豊田プレステージホテル(喜多町、稲熊真佐子社長、資本金1000万円)は昨年から公益社団法人日本生産性本部講師から労働生産性向上のセミナーを受講、施設で取り組む課題を見つけ、参加者の前でプレゼンテーション。参加者投票で優秀と認められ、観光庁に参考となる「宿泊業の生産性向上事例集」として紹介されている。稲熊社長は「大変栄誉なこと。まだまだ社内で向上させることはたくさんあり、今後ともスタッフと取り組み、仕事の効率がアップするような環境づくりを継続していきたい」と話している。
【後藤】


豊田舞台の映画 「星めぐりの町」撮影快調 17、21日市民向け見学会
20170420小原ロケ
豊田市舞台の映画「星めぐりの町」(黒土三男脚本・監督)の撮影はほぼオールロケで3月末から始まり、4月末終了に向け大車輪。
 17日午前11時前から、小原地区の永太郎町洞の文化展示施設「和紙のふるさと」和紙工芸館裏で撮影見学会が行われ、主演・小林稔侍さんと一般オーディションで選ばれた豊田市在住の少年役、荒井陽太君(11)の絡みのシーンを撮影した。
【鬼頭】


「こめったくん」で農業PR JA LINEスタンプ販売
20170420LINEスタンプ
 JAあいち豊田(西町、柴田文志代表理事組合長)は3日、同JAキャラクターで宣伝部長として子どもたちに親しまれている「こめったくん」を生かしたスマートフォン向け通信アプリ「LINE」のスタンプの販売を開始した。
【後藤】


松坂屋屋上 ビアガーデン20日開店 4月中フェア クーポン提示60分延長
20170420ビアガーデン
 豊田市中心市街地に昨年初デビューし旋風を起こした屋上ビアガーデン「ザ・プレミアム ビアガーデン豊田」が20日、市駅前の複合商業施設T-FACEA館(若宮町)にオープンする。7月末に開店した昨年から3カ月前倒し、10月末までと1カ月間期間を延長し需要を取り込む。屋上ビアガーデンとしては、国内最大規模の1200席を用意し、都市の知名度はあっても外から人が集まらない豊田で誘客を図る。
【後藤】


セレクトCMB 全国百貨店で限定展開 オーダースニーカーで差別化
娘が中国留学 現地製造者と関係構築

20170420オーダースニーカー
豊田市若宮町のセレクトショップCMB(篠沢佐代子代表)のブランドIDXJapanのカスタムスニーカーなどが多数並ぶ期間限定ショップ(POPUP)が豊田市西町の豊田松坂屋で18日まで7日間行われ、多くの人が自分好みのスニーカーを注文した。       【岡田】


豊田・寺部町 江戸期の長屋門公開 池坊が生け花展示
20170420花展示
 歴史ある佇まいが残る豊田市高橋地区、寺部町に残る江戸時代の遊佐家と松本家の長屋門の春の特別公開が8、9日、開催された。華道家元池坊の青年部による花展や街並みを歩きながら地元ボランティアによる解説を聞き、多くの市民らが寺部の春のひとときを楽しんだ。
【後藤】


桃の産地猿投で受粉最盛期 満開を迎え春の風物詩 農家が雄しべに丁寧に
20170420授粉作業
 ピンクの花が満開を迎え桃源郷となっている桃の産地、豊田市猿投地区で栽培農家らが人工授粉作業に追われている。
 農家50戸でつくるJAあいち豊田桃部会では部会員が14日、舞木町にある桃のほ場で作業を行った。「白鳳」という品種の桃の花から採取した花粉を毛ばたきに付け、ピンク色に咲いた「川中島白桃」という品種の花の中央にある雄しべにやさしく丁寧に花粉を付けていった。
【後藤】


※記事の詳細は本紙にてご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する