新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4679号(2017/05/11発行)

「県森と緑づくり事業」完了 豊田市栃本町 地域住民ら桜記念植樹
20170511森作り事業
 豊田市栃本町(足助地区)で6日、あいち森と緑づくり事業完了記念式が開催され、鈴木雅博県議や鈴木章市議、地域住民らが桜の記念植樹を行った。
 あいち森と緑づくり事業は、森と緑の持つさまざまな公益的機能を発揮するため、2009年度から導入されている「あいち森と緑づくり税」と寄付金などを財源に県内各地で地域事情に合わせて森林、里山林、都市の緑を整備保全している。
【後藤】


入会規約を改正 少年院訪問継続 豊田保護区協力雇用主会
20170511協力雇用主会
 犯罪・非行の前歴で定職に就くのが困難な人の雇用を支援する事業者団体「豊田保護区協力雇用主会」の定期総会が4月28日、小坂本町の市青少年センターであり、2017年度の事業計画などが承認された。入会規約を改正したほか、新たに会費制度も導入した。
【九郎田】


自民党愛知県11区支部 次期衆院選へ結束 みよしで初の支部大会
前経済再生大臣・甘利氏が講演

 自民党愛知県第11区・みよし市支部の支部大会が4月30日、福谷町の福谷区民会館であり、前経済再生大臣の甘利明衆院議員が記念講演した。みよし支部が同大会を催すのは初めて。党員ら約170人に加え、藤川政人、酒井庸行参院議員らも来賓出席し、年内に予想される次期衆院選に向け足並みを揃えた。
【九郎田】


米国テネシー州ジョンソンシティ市長が来豊
元愛知みずお大学長 冨田輝司さんの長男 市民の生活ファーストが責務

20170511冨田家
 豊田市簗平町(小原地区)の元愛知みずほ大学長冨田輝司さん(86)宅に長男で米国テネシー州ジョンソンシティ市長のデビッドさん(58)が訪れ、大型連休中(30日-5月4日)滞在。パーキンソン病で療養中の冨田さんの見舞いに訪れた。
【鬼頭】


バザー収益金を寄付 SI豊田 創立20周年記念事業
20170511ソロプチミスト・チャリティバザー
国際奉仕団体の国際ソロプチミスト豊田(松岡由美子会長)がこのほど、豊田産業文化センター(小坂本町)でチャリティバザーを開催した。創立20周年記念事業の一環。会員はじめ協賛店、国際NGOのオイスカ、猿投農林高なども出品した。
 衣料品や食料品、日常雑貨などが並び、猿投農林は学校農園で収穫した梨を使った地産地消の焼肉のたれや卵を販売。Sクラブの豊田東高生徒も参加し、販売などを手伝った。
【後藤】


NPO法人・グリーングラスロッツ バラに囲まれ音楽鑑賞
12日から 光岡邸でチャリティカフェ

20170511バラ
 砂漠化防止支援と震災復興支援活動を行うNPO法人グリーングラスロッツ(光岡保之理事長)が本新町の光岡邸で12日、「ミュージック・ローズ・カフェ」を開催する。14日まで。
【岡田】


鞍ケ池公園 夏に向けサッパリ 恒例のヒツジの毛刈り
20170511ひつじ
 豊田市矢並町の鞍ケ池公園で恒例のヒツジの毛刈りが行われた。
 同公園では動物と触れ合ってもらうため園内観光牧場で7頭のヒツジを飼育。7頭ともニュージーランド原産の毛肉兼用種のコリデール種。オスもメスも角がないのが特徴で、頭から足の指先近くまで白い毛でおおわれている。
【岡田】


木と蝋で感覚表現 市東庁舎6月末まで 柄沢さんの作品展示
20170511ルミアールプロジェクト
豊田市稲武地区出身の作家柄沢健介さん(30)の作品が豊田市東庁舎1階の玄関脇展示スペース(西町)で展示されている。6月30日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙をご覧ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する