新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4696号(2017/09/14発行)

メグリア豊南店跡 ホームセンター出店 豊田市初 富士市地盤エンチョー
20170914メグリア
豊田市前山町の旧トヨタ生協メグリア豊南店跡地(前山小学校西側)にホームセンターのエンチョー(静岡県富士市、遠藤健夫社長、資本金29億295万円)の店舗が出店することが分かった。エンチョーは材木店から始まり静岡県を中心に愛知県内5店を含め24店のホームセンターやDIY、アウトドアショップなどを展開する企業で、豊田市内は初出店となる。開業は、来年3月末の予定。
【鬼頭】


北地区再開発ビル「キタラ」 11月25日オープン 市街地8駐車場 5時間無料
管理運営会社今年3月設立 準備整い次第順次テナント開業

20170914キタラ
豊田市は11月25日に市駅前通り北地区再開発ビル「KiTARA」が開業するのに合わせ、比較的稼働率が低く周辺部に点在する八つの駐車場に限定し、これまでの3時間にプラス2時間の最大5時間の無料駐車サービスを行う。市議会9月定例会で自民クラブ2期深津真一議員=三浦派、渡刈町=の質問に答えた。定例会は1日開会し、会期は25日までの25日間。一般質問は4日から3日間の日程で行われた。(関連2面)
【後藤】


ものづくり都市さらなる拡充へ 創造拠点センタン開所
17日 英二氏遺族寄付金活用

20170914センタン
 豊田市はものづくり企業や起業を志すものづくり団体による新たな事業展開とイノベーション創出の促進、次代を担うものづくり人材の育成を図る「ものづくり創造拠点SENTAN」を17日、挙母町に開く。市名誉市民豊田英二氏の遺族による寄付金を活用した。
【後藤】


駅東西に大屋根 停車場線に水盤
都市環境会議基本計画了承 キタラ開業時、歩行者天国試行

20170914駅前
豊田市の新都心づくりを目指す「都心環境計画推進会議」(会長・太田稔彦市長、関係団体代表32会員)の第6回会合が11日開かれ、都心空間デザイン基本計画案が示され、了承された。
 同案では豊田市駅西口へのバスターミナルの集約化、西口デッキの芝生化、東口広場に水盤の設置、停車場線の歩行者天国化、同駅1、2階東西通路の拡幅、同駅東西口の大屋根設置などの整備が示された。
【鬼頭】


地元の伝統文化の継承を 「挙母木綿伝承会」を発足
江戸時代の道具や染料使用

20170914木綿
 豊田市平戸橋町の民芸館の講座「挙母木綿手紡ぎ手織り講座」卒業生らが6月に「拳母木綿伝承会」を立ち上げ、熱心に活動している。
【岡田】


みよし南中1年 柴本さん剣詩舞で全国へ 祖母の影響で3歳から
20170914剣詩舞
みよし市南中1年の柴本佳乃愛さん(13)が17日に東京都で開催される全国剣詩舞コンクール決勝大会に出場する。7月に刈谷市で行われた中部地区大会で優勝して出場を決めた。
【岡田】


五輪銅羽根田選手に続け 児童向けカヌー教室 パドル漕ぎ水上散歩
20170914カヌー教室
 子ども向けのカヌー体験教室が2、3日、豊田市東山町の加茂川公園プールであり、市内の小学3年から6年生計22人が水上散歩を楽しんだ。
 三河湾でカヌー教室を開くインストラクターら4人が指導した。1人乗りのカヌーに乗り込んだ子どもたちは、水しぶきを上げながら懸命にパドルを動かし、25㍍プールの中を漕いで回った。
【後藤】


「学生の店みくさ」 卒業式用ブレザー貸出に争奪戦
来月7日受付 着付け不要のはかま新登場

20170914みくさ
豊田市西町の学生服販売店「学生の店みくさ」が毎年恒例の小学校卒業式用レンタルブレザーの貸出を来月7日、男女ともに先着順で開始する。お客の要望に応え、6年前から始めたサービスで、約900着の中には雑誌掲載の最新モデルのブレザーもあり、毎年争奪戦が繰り広げられる。近年、小学校の卒業式でも華やかな袴で着飾った女子が急増する中、経済的負担や着崩れなどの心配を理由に諦める人が少なくない。店主の得能康照さん(65)=東梅坪町=が2年前からメーカーに打診、今年から50着のレンタルが可能になった。「豊田では当店しか取り扱いがない。自分で5分もあれば着られるのでオススメ。数が少ないので早目に来てもらいたい」と呼びかける。
【高瀬】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する