新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

親三河タイムス第4697号(2017/09/21発行)

飲食店中心に16店 
豊田市北地区再開発ビル「キタラ」 テナント出そろう

20170921キタラ
豊田市駅前のランドマークとして11月25日開業予定の喜多町、豊田市駅前通り北地区再開発ビル「KiTARA(キタラ)」のテナントがほぼ決まり、同再開発組合(河木照雄理事長)が15日、発表した。3棟ある同ビル1-4階の商業スペースの16テナントで、西棟1-4階を占める三菱東京UFJ銀行豊田支店と東棟1-2階の三重銀行豊田支店、中央棟2階の豊田信用金庫ATMコーナーを除くテナントは次の通り。
【鬼頭】


トヨタ系豊田共栄サービス 新事業所開設
ソフト、ハード両面 「働き方改革」提案実践

20170921共栄サービス
 事務用品の販売やデザイン、建装設備などを手がけるトヨタ系豊田共栄サービス(豊田市大成町、阪本守社長)が司町に新事務所を開設した。手狭だった宝町のプリントデザイン部と山之手の建装部を集約。今までの働き方やオフィスへのギャップや不満を解消し、オフィス環境やワークライフバランス重視、多様な人材活用と言ったこれからの働き方の目指すべき姿を自社のオフィスで提案。阪本社長は「一緒に働く人を起点に考え、チームの良好な関係を構築し、最大限の成果を発揮する環境を作っていきたい」と話している。
【後藤】


大学生が議員体験 政策立案も
水谷みよし市議 インターン活動 障がい者農園など視察「政治身近に」

20170621水谷議員インターン
みよし市の水谷正邦議員(36)=青雲クラブ、2期=が大学生2人と議員活動をともにしている。議員インターンシッププログラムを利用し8月上旬から2カ月間、市内外の各施設を視察訪問したり、勉強会などに同行したりして地域課題と向き合った。2人は活動報告を兼ねて10月8日に名古屋市内で開催される政策立案発表会に出場。インターンの学生が集う中、みよしの観光PR策を打ち出す。
【九郎田】


産業フェスタ 豊田の魅力アピール
スタジアム23、24日開催 東名LCが九州豪雨支援

20170921産業フェスタ
豊田市の産業や特産品を内外に発信する市最大の地域活性化イベント「とよた産業フェスタ」が23、24日、豊田スタジアム(千石町)で開かれる。「キックオフ!‐見て、感じて とよたの底力」をテーマに豊かな自然や観光資源、産業、最先端技術を紹介。オープニングには11月25日に駅前通り北地区再開発ビル「KiTARA」に入るシネコンのオープンに合わせ制作した豊田市が舞台の映画「星めぐりの町」をPRするため、黒土三男監督と主演の小林稔侍さんが登場。豊田の魅力をPRする「とよたPR大使」5期生が初お披露目される。三宅英臣実行委員長は「ミライへの足がかりとなる力を秘めたまちの魅力と可能性を体感してもらいたい」とPRしている。



挙母祭りの歴史学ぶ 崇化館中1年 保存会と交流館が企画
20170921水野祭り
 豊田の下町の秋の風物詩挙母祭りや挙母の歴史を学ぶ崇化館中学1年生の勉強会が14日午後1時半、栄町の崇化館中学体育館で行われた。
【鬼頭】


子どもの健やかな成長を 張子やこけしなど郷土玩具550点
資料館で10月9日まで 名古屋東照宮の山車見どころ

20170921民芸館
豊田市平戸橋町の市民芸館第2展示館で現在、子どもの無事な成長などを願う祈りが込められた郷土玩具を展示する企画展「郷土玩具展-東日本を中心に」が開かれ、多くの市民らが訪れている。10月9日まで。
【岡田】


="font-size:large;">シシ肉カレーに長蛇の列 豊田JCフェスタ おいでん仲介で商品化
20170921シシ肉カレー
豊田青年会議所(今野公介理事長)が豊田スタジアムで9日開いた「TUNAGARUフェスタ」で都市と田舎をつなぐ一般社団法人おいでんさんそんセンター(足助町)のコーディネートにより、カレー販売店をFC展開するワイズ(名古屋市)、地元足助高校、獣肉加工施設「山恵」(新盛町)が共同開発したCoCo壱番屋「とよた里山猪肉キーマカレー」がテイクアウト販売デビューした。
【後藤】


「バーチャル市役所」 学生目線で課題解決
杜若高1年 51人を仮想職員に任命

20170921杜若高
豊田市平戸橋町の杜若高校(鈴木利介校長)が市と連携し「バーチャル市役所」と題した取り組みを始めた。総合コースの1年生51人を仮想の市職員に任命、市が抱えるさまざまな課題に対して学生目線で解決策を探る。市内の高校初の試みで、生徒は12月までの3カ月間、資料集めや現地調査、市職員へのヒアリングなどを経て政策立案し、プレゼンテーションも行う予定。同校では「手探りだが生徒のモチベーションは高く、ICTも活用できている」と話している。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。


【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する