新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4701号(2017/10/19発行)

工場一筋 トヨタ副社長車作りの真髄語る
手作業の重要性リーマンで気付く 匠の姿に憧れ 過酷な現場耐え抜く

 「手作業こそ技能の原点だ」-中学校卒業後にトヨタ自動車の技能職養成校に入り、製造現場のたたき上げとして初めて役員まで上り詰めた河合満副社長がこのほど、ものづくり企業や団体の新たな事業の展開や人材を支援する拠点として豊田市挙母町にオープンした「ものづくり創造拠点SENTAN」のオープニングイベントで、中小企業の経営者や市職員ら約200人の前でIT化やロボット化が進んでもいかにモノづくりの現場が大事かを熱く語った。
【後藤】


行政調査報告会 市民へのPR活動 みよし市議会
20171019広報広聴特別委
議会活動を広く市民に知ってもらおうと、みよし市議会広報広聴特別委員会が6日、三好ケ丘駅前でPR活動を展開した。市議会が21、28、29日に開催する「行政調査報告会」への参加を呼びかけるとともに、アンケート調査も実施した=写真。
【九郎田】


地元猿投山との縁に感謝
練り製品かねまさ ラグビーW杯PR 新商品キャンペーン

20171019タックルはんバーグ
 魚肉練り製品の企画・製造と販売の「かねまさ」(豊田市亀首町、梅村長史社長)が14日から、地元猿投山の頂上でガッツポーズをして撮影した写真を直売店で見せると無料で商品を一つプレゼントするキャンペーンを始めた。「タックルハンバーグ」は9月末にあったご当地グルメ決定戦「おいでんグランプリ」で特別賞を獲得した新商品で、梅村社長は「これから紅葉が楽しめる秋の行楽シーズン。猿投山麓で商いをさせていただく者として多くの人に足を運んで」とPRしている。11月30日まで。
【後藤】


美山小 親子で防犯学ぶ 不審者対策に護身術
20171019美山小学校
親子で学ぶ防犯教室が14日、豊田市美山町の美山小学校(川上泰弘校長、児童781人)で開催された。自分の身は自分で守ってほしいと、全校児童とその保護者が簡単な護身術などを学んだ。
【九郎田】


名古屋トヨペット イオンスタイルに出店 家族連れらに好評
20171019かねまさ
トヨタ系自動車販売店の名古屋トヨペットがイオンスタイル豊田(広路町)にオープンした自動車販売ショップ「NTP-ark」(エヌティーパーク)が幼い子ども連れらで人気を集めている。トヨタが誇る往年の名車「トヨタ2000GT」型子供用カートを貸し出しており、ランチや夕食時に大変賑わうフードコートで親が子どもを乗せている微笑ましい光景が各所で見ることができる。
【後藤】


豊田北高華道部 地区優勝で全国へ 決勝目指し稽古に熱
生け花通じ道端に咲く花に興味

20171019豊田北高校
豊田市千石町の豊田北高(藤井達也校長、生徒992人)華道部が11月12日に京都で開催される「Ikenobo 花の甲子園2017」に出場し、高校華道日本一を競う。
【岡田】


来場者に湿地の魅力紹介 矢並小児童 一般公開に合わせ企画
20171019八並小
 豊田市矢並町の矢並小学校(児童41人)の5、6年児童12人が地元矢並湿地で来場者に湿地の魅力を紹介した。
【後藤】


50年前の生活を再現?! 郷土資料館「ぼくらの1967」展
20171019郷土資料館
 豊田市陣中町の市郷土資料館で開館50周年記念の「ぼくらの1967」展が開かれている。現代史資料の展示会は初めて。
 63年豊田大塚古墳から出土した6世紀ころの装飾須恵器の保存・展示施設として67年1月開館。高度成長期から経済大国へ進む日本・豊田の生活がしのばれる家電製品や自動車など身の回り品225点を展示。
【鬼頭】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。


【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する