FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4721号(2018/03/15発行)

リブマックス 市役所西にビジネスホテル
豊田初11月竣工 W杯控え商戦激化

20180315リブマックス (2)
豊田市神田町1の市役所南庁舎すぐ西にビジネスホテルが建設される。従来市が地権者から公用車用に借りていた土地で、目の前には同じくビジネスホテルの「α1」が長年構える。2019年ラグビーW杯開催も控え、市内では7月に初進出の国内最大手東横インが松坂屋豊田店南にオープンするなどビジネスホテル業界は競争が激化しているが、さらに拍車がかかりそう。
【鬼頭】


十六銀行 山之手支店7日開業 個人向け 初のクイック式
20180315十六銀行
地方銀行の十六銀行(岐阜市、村瀬幸雄頭取)山之手支店(田口誠支店長)が7日、豊田市山之手8にオープンした。開店前にテープカットがあり、村瀬頭取ら関係者が出席、開業を祝った。
【鬼頭】


豊田高と日赤看護大が協定 医療・看護コース生徒を教育支援
今夏は演習 19年度から出張授業

20180315豊田高校
 愛知県立普通科高校として初の「医療・看護コース」を持つ豊田市伊保町の豊田高校(野村徹校長)に白山町の日本赤十字看護大学(鎌倉やよい学長)が授業協力などでコース支援することになり、13日、同看護大学で高大連携協定の締結式が行われた。
【鬼頭】


豊田の花成 昨年4月の水泳日本選手に続き 名古屋ウィメンズ優勝者のブーケ提供
20180315花成
 春の風が吹く名古屋をギネス記録を更新する2万人以上の女性ランナーが駆け抜けた11日の「名古屋ウィメンズマラソン2018」で豊田市平芝町の生花販売業花成(丹羽宣之社長)が優勝者のオリーブ冠とヴィクトリーブーケの製作をした。三男で、東京でフラワーアーティストとして活躍する英之氏の監修で、地元愛知県産のオリーブとマムを使用した素敵なビクトリーブーケ。丹羽社長は「勝者だけに贈られる冠とブーケの重みを感じながら緊張して製作した。関係者の皆さま、この機会をいただきありがとうございました」と話している。
【後藤】


一歩前へ積極的に自立心育む 足助高生 留学生と交流

20180315藍染め
アメリカ、フランス、中国など出身の南山大学の留学生18人が3日、豊田市岩神町の足助高校生徒の案内で軒先をおひなさんで飾る活性化イベント「中馬のおひなさん」で賑わう足助町の古い町並みを散策。三州足助屋敷では紙漉きや鍛冶屋など昔から山里に受け継がれている貴重な手仕事を体験した。初めてふれる日本文化や街並みに感動していた。
【後藤】


杜若高ダンス部 1年間の成長示す 18日発表会 星と月テーマに披露
20180315杜若高ダンス部
豊田市平戸橋町の杜若高校女子ダンス部が18日、逢妻交流館(田町)多目的ホールで自主発表会を開く。ジャズやヒップホップ、創作ダンスなど11作を披露する。顧問の石川美樹教諭(32)は「新たなナンバーにも挑戦した。生徒たちの1年間の成長を感じてほしい」と呼びかけている。
【九郎田】


人とのつながりで人生に明かり 豊田JC お笑い芸人入江さんが講演
20180315豊田JC②
「友だち5000人」と並はずれた社交性を持ち本業より副業で稼ぐユニークなお笑い芸人カラテカの入江慎也さんの講演会が2月24日、豊田市錦町の市福祉センターで行われた。自身の経験を交えSNSやアプリを活用した人脈形成の手法を切り口にしてなぜ人と人とがつながっていないといけないのか分かりやすく伝えた。豊田青年会議所(山田洋介理事長)主催。
【後藤】


ビジネスホテルこさなぎ 土橋駅前に新築オープン
20180315こさなぎ
ビジネスホテル「こさなぎ」(豊田市曙町5、永山淑子社長)は、従来あった旧館を解体し、6日新装オープンした。土橋駅から徒歩5分、トヨタ関連工場へのアクセスも良好な田園地域にあり、予約客も多く好スタートとなった。
【渡久地】


保見町の「希花亭」 松坂屋名古屋店に期間限定店 高級フロアに「花」添える
21日から 豊田店に出品 鉢物や壁掛けなど並ぶ

20180315希花亭
豊田市保見町のフラワーデザイン希花亭(倉知季巳子主宰)が6日まで7日間、松坂屋名古屋店のロレックス、フランクミュラー、銀座和光、バカラなど世界の宝飾ブランドが並ぶ高級フロアの北館5階で期間限定(ポップアップ)ショップを出店した。
【岡田】


上鷹見小 和紙製証書に思い 中島校長 卒業式へ名前書き込む
20180315卒業証書
豊田市上高町の上鷹見小学校で20日の卒業式に向け、和紙で作られた卒業証書に中島文子校長が卒業生4人の氏名や生年月日を毛筆で書き込んだ。
【岡田】


家族で雪ソリ楽しんで 31日まで 旭・元気村 専用ゲレンデ賑わう
20180315元気村
 豊田市旭八幡町の(旭地区)の交流体験施設・旭高原元気村の雪ソリゲレンデは週末を中心に多くの家族連れらで賑わっている。31日まで。
【岡田】

※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する