FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4730号(2018/05/24発行)

賑わい創出!?歩行者3-5%増 再開発仕上げ キタラ開業から半年
20180524キタラ
 豊田市喜多町の豊田市駅前通り北地区再開発ビル「KiTARA」(マンション棟、高齢者棟、シネコン棟の3棟)が開業して25日で半年。平成に入る直前の昭和63(1988)年の旧豊田そごうビル建設に始まり、30年間もの長い年月をかけて整備されてきた豊田市の都心再開発の総仕上げと賑わい創出の切り札として期待されたが、果たして…
【鬼頭】


談合の消防救急無線契約 「5460万円の返還請求を」
尾三消防組合に住民監査請求

日進市・みよし市・東郷町・豊明市・長久手市でつくる尾三消防組合(東郷町大字諸輪)が2012年、業者と締結した消防救急デジタル無線施設契約(2億7300万円)は昨年2月、公正取引委員会が業者間の全国的談合によると認定しており、同組合は業者に5460万円を請求せよとみよし市民がこのほど、監査請求した。
【鬼頭】


コモとグランパス連携し賑わい 
スタジアムで公式戦開催日 サイン入りグッズ当たる抽選会など

20180524グランパス
 J1リーグ名古屋グランパスの公式戦(対柏レイソル)が豊田スタジアム(千石町)で開催された20日、豊田市喜多町の複合商業施設コモ・スクエア前でグランパス盛り上げイベント「グラコモワールド」があり、親子連れら熱心なサポーターらが参加した。
【後藤】


健康志向の高まりで女性に人気
みよし市東陣取山 昨年10月オープン 野菜と糀のカフェ このはな

20180524このはな
食に対する安全安心や健康志向、美容意識が高まる中、みよし市中心部の東陣取山に昨年10月オープンした「野菜と糀(こうじ)のカフェ このはな」が子連れなどの女性を中心に話題となっている。SNSや口コミなどで評判を呼び、リピート客が増加している。
【高瀬】


自治体との懸け橋目指す 行政書士会 岩崎支部長新たな決意
愛知県行政書士会豊田支部(会員141個人、2法人)の岩崎智也支部長=小坂町=は今年度の方針として「事務負担の増大、行政のスリム化の中で行政書士の役割はまだある。これからも行政に関する手続きの円滑な実施に貢献し、国民の利便に役立つことを目指し、行政書士制度の向上とより行政と結ぶ懸け橋になれるよう努力していきたい」との姿勢を示した。
【後藤】


近藤氏から沢田氏へバトンタッチ 下山商工会長17年
20180524下山商工会
愛知県行政書士会豊田支部(会員141個人、2法人)の岩崎智也支部長=小坂町=は今年度の方針として「事務負担の増大、行政のスリム化の中で行政書士の役割はまだある。これからも行政に関する手続きの円滑な実施に貢献し、国民の利便に役立つことを目指し、行政書士制度の向上とより行政と結ぶ懸け橋になれるよう努力していきたい」との姿勢を示した。
【後藤】


陸上やボール投げで障がい者ら熱戦展開 県スポーツ大会
20180524県障害者スポーツ大会
 身体と知的障害を持つ県民879人が参加した2018年度県障害者スポーツ大会(県、県社会福祉協議会主催)が20日、豊田市高町の市運動公園陸上競技場で開催された。
 県障害者スポーツ大会は、身体と知的障害者スポーツの発展を図り、障害者に対する理解と認識を深め、自立と社会参加の促進することを目的に毎年開かれている。
【後藤】


旭観光協会 新会長に鈴木正晴氏 ダムカレーカード制作
 旭観光協会(会員99人)の新会長に鈴木正晴氏(71)=太田町=が就いた。4期12年会長職を担った田沢真氏(78)=加塩町=の後任として18日に豊田市小渡町の旭商工会館で開催された2018年度通常総会で選出、承認された。任期は3年。
【九郎田】


稲武地区・黒田町 小ぶりな「おはぎ」人気 地産地消モットーに
作り置きせず販売分だけ手作り

20180524おはぎ
 豊田市黒田町(稲武地区)の「あんこ屋和来(わく)」のおはぎが小ぶりでかわいいと人気を集めている。店主の平松美和さん(48)はパート勤めをしながら6年前に自宅の敷地内にリラクゼーションサロン「癒し空間和来」を始め、今年3月その隣にオープンした。
【岡田】


瀬内・斎木組全日本連覇 日本代表で世界大会出場
20180524競技ダンス
2019年度世界10ダンス選手権日本代表選考会を兼ねた第18回プロフェッショナル統一全日本10ダンス選手権大会が6日、東京で行われ、豊田市貝津町出身の社交ダンサー瀬内英幸さん(31)と兵庫県出身の斎木智子さん(30)組が2連覇を果たした。
【岡田】


バラが見ごろ 今月下旬まで 西山公園
20180524西山公園
豊田市西山町の西山公園のバラ園が現在、見ごろを迎えている。5月下旬まで。
 赤や黄、ピンク、白、紫色のバラが園内を彩る。大きさはさまざまで、香り豊かな品種などもあり、約510品種、3000本が咲き誇っている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する