新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4732号(2018/06/07発行)

故加茂氏 後継者決まる 42歳信金マン 杉浦健史氏擁立
来年4月の豊田市議選 PTA会長、祭りなど地域密着 7月21日産文で後援会設立式

 来年4月の豊田市議選に向けていよいよ動きが活発化してきた。昨年2月に急逝した自民系6期加茂三樹雄氏=小坂本町=の後継者として42歳の若手信金マン杉浦健史氏=小坂町=の擁立が決まった。7月21日には地元豊田産業文化センター(小坂本町)で後援会設立式があり、正式に地元住民らに披露される。父親が四郷町の杉浦弘高議員と同じ“杉浦一党”。健史氏は「生まれ育った地元、地域のため安全安心や住んでよかったと思ってもらうことに役に立てるよう頑張りたい」と決意を誓っている。
【後藤】


ALS闘病 みよしの大津さん ips細胞に望み託す
目で文字入力 全国に思い発信

20180607大津さん
 治療法がない原因不明の難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患うみよし市福谷町の大津泰弘さん(50)が、再生医療や創薬への応用が期待されるiPS細胞の早期実用化を訴えている。2015年11月、研究費の助成拡大を求める約23万人分の署名を添えた要望書を厚労省へ提出したが、全身の筋肉が細り、体の自由が利かなくなった現在は自身のHPに闘病記録や日々の生活、切実な胸の内などを綴り、全国へ拡散することに心血を注ぐ。地元の友人らも寄付活動を展開し、募金箱を設置するなどして大津さんの思いを後押ししている。
【九郎田】


豊田市 小中学生と市議、職員ら1500人 日本代表戦へ大応援団結成
20180607ラグビー大応援団
 豊田スタジアム(千石町)で23日に開催されるラグビー日本代表とジョージア代表によるテストマッチに向けて、豊田市は市内の小中学生や市職員らでつくる1500人規模の大応援団を結成する。国内ではマイナー競技のため全国的に盛り上がりに欠ける中、試合当日はトヨタ自動車ヴェルブリッツから日本代表に選ばれた地元出身の姫野和樹選手=春日丘高、帝京大出身=への応援ボードを掲げるなど一丸となって客席から熱い声援を送る。
【後藤】


和菓子でラグビーW杯をPR 足助「風外」 ボール型の焼きまんじゅう販売
20180607風外
ラグビーワールドカップが2019年に豊田市で開催されるのを見据え、足助町の和菓子店、風外が新たな土産品の販売を6月から始めた。ラグビーボールを模した焼きまんじゅうで、和のテイストを強調した一品。市内外から足助に訪れる観光客などへW杯をPRする。
【九郎田】


スポーツで国際交流 16日中京大で運動会 豊田JC
20180607豊田JC
 豊田青年会議所(山田洋介理事長)がスポーツを通じて日本人と外国人が交流を深める運動会「トヨタスポーツフェスティバル-世界とつながろう」を16日、豊田市貝津町の中京大学で開催する。スポーツ民間外交推進委員会の市川晶一委員長は「同じまちで暮らす市民同士であることを認識してもらいたい。スポーツを手始めに国際交流の活性化に」と意気込んでいる。9時30分開会。
【後藤】


豊田美里の作曲家 塚本さん活動30年の軌跡
詩と音楽の融合作品披露 10日コンサートホール 縁ある奏者が出演

 豊田市美里の作曲家塚本一成さん(56)のコンサート「作曲活動35年の軌跡 塚本一成 作品展」が10日、市コンサートホール(西町)で開かれる。塚本さんは「ソロや小編成の合奏作品を選び、温かく親しみのある会になるよう選曲した」と話している。
【岡田】


矢作川流域の交流促進 24日 恵那市で森林フェア
20180607ダム
矢作川流域地域の交流と水源地域の活性化を図る「奥矢作森林フェスティバル」が24日、岐阜県恵那市の奥矢作レクリエーションセンターを主会場に開かれ、現在参加者を募集している。8日午後5時まで。
【岡田】


ミロの会 油絵、水彩など40点展示 8日から 花や人物表現
20180607ミロの会
豊田市崇化館交流館(昭和町)を拠点に活動する絵画グループ「ミロの会」の作品展が8日、豊田市民文化会館B展示室(小坂町)で始まる。10日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する