新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4734号(2018/06/21発行)

自治区ごとの定住化計画策定必要 鈴木章議長に聞く
 豊田市議会第63代議長に自民クラブ4期鈴木章議員(54)=足助町=が昨年の三江弘海議員に続き2年連続で合併町村から選ばれた。「山里を守る」を掲げ2期連続で地盤の有権者を超える票数でトップ当選。合併後の山間部のリーダーとしての期待を背負う鈴木新議長に話を聞いた。すでに地元の自治区や祭りの山車・消防団などから祝福を受けているが、7月27日に石破茂代議士を招き足助交流館飯森座で祝賀会を開く。
【後藤】


視察報告書自費作成 引退後は神職を全う 旭日双光章 中根元市議
豊田市政の発展と住民福祉の向上に多大な貢献を果たしたことが評価され春の叙勲で「旭日双光章」を受章した元市議中根大氏(73)=坂上町=が太田稔彦市長を15日訪ね、喜びを報告。「思ってもいなかった。支えていただいた皆さんのお陰で一緒にいただいたと思っている」と感謝の言葉を述べた。
【後藤】


スポーツで国際交流 150人が汗 共通の目標へ国籍越えて
20180621豊田JC
 外国人と日本人がスポーツにより一緒に心地いい汗をかきながら国際交流を深める運動会「トヨタスポーツフェスティバル-世界とつながろう」が16日朝、豊田市貝津町の中京大であった。豊田青年会議所(山田洋介理事長)主催。今年完成した新体育館を会場に市内外からブラジル、中国、日本の出身者150人が参加した。
【後藤】


歌って動いて元気に ミュージックケアの会 初の介護予防教室24日
20180621ミュージックケア
音楽の持つさまざまな効用を活用して健康づくりにつなげようとシニア・シルバー世代を対象にした介護予防教室が24日、豊田市若宮町のとよた市民活動センターで開かれる。
【後藤】


劇団ドラマスタジオ 団員追悼し公演 感謝の思い出舞台で
家族、故人のつながり表現

20180621追悼公演
豊田市を拠点に活動する演劇団体「劇団ドラマスタジオ」が23、24日、小坂町の市民文化会館で堤泰之作「煙が目にしみる」を岡田隆弘代表演出で上演する。昨年5月に亡くなった団員・近藤博さん(享年70)の追悼公演。
【岡田】


西中山町の森さん 身近なもの絵に 高橋コミセンで小作品展
20180621作品展
豊田市西中山町の主体美術協会会員の森伊津子さん(59)が現在、高橋コミュニティーセンター市民ギャラリー(東山町)で小作品展を行い、愛好家らが足を運んでいる。29日まで。
【岡田】


地元農家に米作り学ぶ みよし三吉小 5年生が田植え体験
20180621三吉小田植え
みよし市三好町の三吉小学校の5年生児童73人が5日、田植えを体験した。校舎東側にある約1000平方㍍の田んぼで、もち米の苗差しに汗を流した。
【九郎田】


障害あっても頑張る姿を 22日から市文化会館 玉越さん親子の作品展示
20180621親子作品展
 豊田市平戸橋町の自閉症の玉越哲也さん(48)と母の靖子さん(78)の習字、刻字、手工芸作品などを展示する「親子展」が22日から、小坂町の市民文化会館B展示室で開かれる。24日まで。
【岡田】


小清水小3年 親子で正しい歯磨き学ぶ 汚れを「染め出し」で確認
20180621歯磨き
100%磨きを目指そうと14日、豊田市田町の市小清水小学校(太田高史校長、児童847人)体育館で同小3年児童143人と保護者が歯の健康と正しい歯磨きを学ぶ催しが行われた。
【鬼頭】


県内75チームが激突 少年野球大会 積水カップ開幕
20180621積水カップ
小学5年生以下の軟式野球チームが集う大会「積水ハウスカップ」が10日、開幕した。豊田市高町の市運動公園で開会式があり、県内から75チーム約1200人の選手が顔を揃え、全力プレーを誓った。
【九郎田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する