FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4737号(2018/07/12発行)

台湾企業受け入れ視察研修
中部森林研究会 リサイクル技術海外へ 支部設立目指す

20180712木くず処理工場
中部森林開発研究会(豊田市中金町の「鈴鍵」内、梅村正裕会長)が木くずのリサイクルに関心を持つ台湾企業を受け入れ、視察交流研修を行った。8月には研究会が台湾で現地調査し、10月にセミナーを開催予定。梅村会長は「交流会を契機に16番目の支部を作りたい。国内で長年培ってきたリサイクル技術を海外でも共有し、社会的な役割を果たしたい」と意欲を見せる。
【後藤】


企業の障害者雇用率改善へ みよし明知町 貸し農園11月プレオープン
20180712障害者農園
 障害のある人たちの就労を支援する「エスプールプラス」(東京)が知的、精神障害者らの雇用の受け皿となる農園をみよし市明知町鏡塚に整備する。障害者を雇用したい民間企業に農園を貸し、企業側は農園の賃料やサポート料を支払う仕組みで、定められた障害者の法定雇用率を満たせない企業のニーズに応える。県内では豊明市に次ぐ進出で、11月にプレオープンし、最終的に障害者60-70人が働く予定。
【九郎田】


青少年の非行防止地域の協力求める 杜若高
20180712杜若高校
 豊田市平戸橋町の杜若高校(鈴木利介校長)の生徒が10日、学校周辺の商業施設で「愛のパトロール運動」を行った。地域住民らに青少年の非行防止などへの協力を呼びかけた=写真。
【九郎田】


100年使われた巨大木桶解体 東京の飲食店入口に設置
桝塚西町の野田味噌商店

20180712野田味噌商店
 豊田市桝塚西町の野田味噌商店(野田清衛代表、資本金700万円)で5日、味噌を天然醸造するため100年以上使われた巨大な木桶が解体された。9月には長男好成さん(33)が東京・渋谷区代々木で営む味噌料理店の入口に設置し、人口の集積する首都で絶滅の危機に瀕している木桶文化に親しんでもらう。
【後藤】


3大夏まつりPRへフォトコン みよし「インスタ」コースも用意
20180712大提灯まつり
 みよし市は8月中に市内で開催される3大夏まつりを被写体としたフォトコンテストを初めて企画する。昨年ギネス世界記録に認定された三好稲荷閣の大提灯はじめ、いいじゃん踊りや三好池花火の魅力などをPRするのがねらいで、みよしに行ってみたいと感じさせる1枚を募集する。
【九郎田】


豊田の和出さんら西三河から出店 岡崎・園福寺で15,16日クラフトと職一堂に
20180712円福市
 豊田市の心と体のエナジーセラピスト和出真由美さんら西三河地方を中心にこだわりのハンドメイドのクラフトや食を一堂に集めた「円福市-己発見伝」が15、16日、豊田市の隣町、岡崎市岩津町の圓福寺で開かれる。主催者の安倍嘉乃さん=岡崎市岩津町在住=は「さまざまなこだわりを持って生きている皆さんとのふれ合い、交流を通じて人生を立ち止まって考えてもらう時間、空間にしてもらいたい」とPRしている。
【後藤】


浄水ひかりこども園 不審者進入想定し訓練 園児に命の大切さ伝える
職員と署員連携し防犯意識醸成

20180712浄水ひかりこども園
 豊田市浄水町の社会福祉法人正紀会浄水ひかりこども園(松葉純奈園長、園児140人)で3日、不審者対応訓練があり、全園児と職員、警察OB、豊田署員ら170人が参加した。
【岡田】


松平高 近隣園児と温もり交流 地元お年寄り 竹炭作り手ほどき
20180712松平高1
豊田市鵜ケ瀬町の松平高校(加藤敏実校長、生徒485人)の有志43人が2日、近隣の松平こども園(九久平町、小木曽雅代園長、園児155人)で5歳児46人と交流した。
20180712松平高2
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する