FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4743号(2018/08/30発行)

「対決より解決」望む玉木支持
国民民主党代表選 県11区支部緊急集会

20180830古本さん
 国民民主党代表選が22日告示されたのに合わせ、同愛知県第11区総支部(古本伸一郎総支部長)が27日夜、名鉄トヨタホテルで緊急集会を開いた。津村啓介元内閣府政務官が共産を含む野党共闘路線に軸足を移すのに対し、他の野党とは一線を画す党運営を推進する玉木雄一郎共同代表の推薦人に名を連ねる古本氏。「自民に代わる二大政党の一翼を狙うが、単に反対する万年野党体質から脱却し、是々非々で自民と組む時は組み国民のために政策を推し進めることが必要。離れて付いてを繰り返せば消えていくのみ。津村氏の共産とも共闘をは到底受け入れられない」と訴えた。
【後藤】


旧中部研修センター最低価7.9億円で売り出し
20180830中部事務所 (1)
主にアジア諸国の産業人材を受け入れ、研修などを行う財団法人海外産業人材育成協会(東京都中央区銀座、葉山信也理事長)の研修施設の一つ豊田市貝津町の中部事務所(旧中部研修センター、正職員6人)が最低価格約7億9000万円で売りに出されている。
【鬼頭】


豊田喜一郎氏 米国自動車殿堂
トヨタが記念式典 英二氏、章一郎氏に次ぎ3人目

20180830トヨタ自動車
トヨタ自動車は創業者豊田喜一郎が2018年の米国自動車殿堂入りを果たしたことを受け6日、同社事務本館ホール(トヨタ町1)で記念式典を開いた。トヨタ役員のほか販売店協会、協豊会・栄豊会、グループ各社の代表者に加え、喜一郎と創業メンバーの精神を継承すべくグループ各社の若手社員など100人が列席。豊田章男社長は「未来のモビリティ社会をもっと楽しく、もっと豊かなものにするため、私自身が先頭に立って闘い続ける。『自分のためではなく、社会のため、次世代の笑顔のために闘う』という創業の原点を若い人たちにしっかりと継承していく」と新たな決意を誓った。
【後藤】


予備日の設定 実行委で提案 豊田おいでんまつり21年ぶりの中止受け
20180830おいでん
豊田市の夏の一大イベント「おいでんまつり」について協議する実行委員会が27日、市役所であった。7月下旬に開催された第50回の実施報告を基に課題などを見直したほか、51回目のまつりに向けた提言も出された。
【九郎田】


大提灯、グランパスPR みよし 図柄入りナンバープレート交付
20180830みよしナンバープレート
 みよし市は、世界一大きな吊り下げ提灯としてギネス記録に認定された三好稲荷閣(三好町)の大提灯をモチーフにした原動機付自転車のナンバープレートを10月1日から交付する。サッカーJ1名古屋グランパスのマスコットキャラクターや市が展開するオリジナルロゴマークの図柄も散りばめ、みよしの観光資源をPRする。
【九郎田】


情の時代テーマ 社会性を強調
あいちトリエンナーレ企画スタッフ 豊田市美術館 能勢陽子さんに聞く

20180830能勢キュレーター
3年に1回開催のアートの祭典「あいちトリエンナーレ」の4回目が2019年8月から名古屋市などで催されるが、今回は豊田市がサブ会場の一つ。同年はラグビーW杯も同市であるため、アートとスポーツの祭典の同時開催で大いに盛り上げようと市は意気盛ん。またトリエンナーレの企画スタッフの1人に市美術館学芸員能勢陽子さんが参加している。能勢さんにトリエンナーレの趣旨や意気込みなどを聞いた。
【鬼頭】


本宮山の全参拝道踏破 豊田市下山地区も紹介 豊川・杉下さん出版
20180830本宮山本
 三河地方の古くからの信仰の山・本宮山。岡崎・豊川・新城市にまたがり、標高789㍍の頂には砥鹿神社の奥宮が鎮座し参拝者は東海道、姫街道、伊那街道から登坂している。だが、「古来の参拝ルートは他にもあったはず」と山好きで本宮山麓の豊川市内に住む元団体職員の著者杉下五十男さん(72)が古道ルートをくまなく探索、7年がかりでまとめ、このほど「本宮山-昔の参拝道を歩く」を自費出版した。
【鬼頭】


農村舞台などでストーリーテリング 心に残る「語り」届ける
9月 言葉や音楽演奏で想い表現

20180830農村舞台
伝えたい想いを言葉や音楽、語りに託して表現する公演「ストーリーテリングフェスティバル」が9月1、8、9日に豊田市の地域共有財産の農村舞台などで開かれる。18回目。市文化振興財団主催。
【岡田】


塾で創業後押し 証明書や優遇も みよし商工会
20180830みよし創業塾
みよし商工会は起業を目指している人などを後押しする創業塾を9月16日から、福谷町の東海学園大三好キャンパスで開催する=写真。中小企業診断士や大学教授、金融機関職員などを講師に迎え、創業時に必要なノウハウや人材育成、販路開拓法などを伝授する。
【九郎田】


足助からW杯盛り上げる 旧田口家 ラグビー用品や書籍展示
2019年開催のラグビーワールドカップを盛り上げるため豊田市足助町の旧田口家住宅で1日から、ラグビー展が初開催される。17日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する