FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4747号(2018/09/27発行)

三浦県議今期で勇退 関係者強く慰留意志固く辞意 委員会発足 後継者選
 来年4月の県議選まで半年を切り進退問題が注目されていた県議会の重鎮、自民党5期の三浦孝司議員(75)=竹元町南嶋=が今期限りで退く意思を明らかにした。22日午前9時30分に豊田土地改良区(司町)であった非公開の後援会会長幹事長会で態度を示し、「政治は未来永劫続いていくもの、地域のために若い人たちにバトンタッチし継続していかなければならない。(前任の)寿さんは65で引退したが、私は現在75歳…」と述べた。正式に引退が決まったことで選考が本格的に動き出した。
【後藤】


みよし市議会 政策提言へ意見募る 10月13、28日 市民向け行政調査報告会
20180927みよし行政調査報告会
 みよし市議会は10月13、28日に市民向けの行政調査報告会を三好町の図書館学習交流プラザ・サンライブで開催する。各市議が所属する3常任委員会が今年7月に実施した行政視察の調査内容を発表する。議会活動のPRが目的で、他市町の先進的な取り組みを紹介するほか、市への政策提言につなげるため参加者から意見も募る。
【九郎田】


ラグビーW杯へ 市民スクラム 機運醸成へ 2586人でギネス記録
20180927ギネス
 2019年9月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の試合がある豊田市で23日昼、市民がスクラムの世界記録に挑戦した。2586人の参加でニュージランドが持つこれまでの記録1758人を上回り、「ギネス世界記録」に認められた。W杯を盛り上げようと豊田商工会議所青年部が企画。ギネス記録の認定証を受け取った井上和大会長(42)は「これを弾みに豊田市でのW杯開催を国内外にアピールし、経済効果も高めたい」と期待を込めた。
【後藤】


観光農園に着目 政策立案 水谷みよし市議インターン受入 大学生2人が議員活動
20180927水谷市議インターン
 豊田、みよし市の大学生2人が、水谷正邦みよし市議(青雲クラブ、2期)の下で議員活動を体験した。議員インターンシッププログラムを利用し、7月上旬から2カ月間活動。同市議会9月定例会を傍聴したり、市外の議員が集まる勉強会に参加し議会の役割を学んだほか、市内各地に足を運び、まちづくりの課題などを調査した。農業をテーマに学生目線で政策立案にも挑戦した。
【九郎田】


JA部会 地元和菓子店と連携 特産の桃と梨アピール 杏仁バー商品化
20180927杏仁バー
 JAあいち豊田桃部会と梨部会は地元和菓子店と連携して「桃杏仁バー」と「梨杏仁バー」を開発した。モモとナシのピューレ状のシャーベットをくず餅でできたもちもちの杏仁豆腐と合わせ、アイスキャンディーのように凍らせた今若者に人気のスティック状の和菓子。5-10分ほど常温に置き、半凍りで食べるとシャリっともちっとした新触感が同時に楽しめる。
【後藤】


全国Jr五輪 益富中1年岡田君日本一 3種目で自己ベスト更新
母の勧めで生後6ヶ月から兄とプールで遊泳

20180927水泳日本一
8月に東京都で開かれた全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会で豊田市益富中学校1年岡田弘斗君(13)=五ケ丘=が好成績を収めた。来年春にも同じ大会があり「まずは決勝に残ることが目標。毎大会ごとに自己ベストを更新できる選手になりたい」と力を込めた。
【後藤】


御内町の神越渓谷 マス釣り場で秋を堪能 30日まつり 手作り体験、スタンプラリーも
20180927マス釣り
 豊田市御内町(足助地区)の神越渓谷マス釣り場で30日、「秋まつり」が行われる。昨年は約300人が来場し今年も同数を見込んでいる。
【岡田】


30日猿投町のふれあい広場 棒の手団体集い演技 世界レベルの縄跳び披露
20180927ぼうのて
 県指定無形民俗文化財の棒の手の資料を展示・収蔵・研究する豊田市猿投町の資料館「猿投棒の手ふれあい広場」で30日、棒の手の発展と伝承、地域交流を目指したまつり「じゃんだら祭りん」が開かれる。指定管理するホーメックス(錦町、餅原幹也社長)が企画。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する