FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4749号(2018/10/11発行)

期間33年間 事業費1000億円 5市街地再開発完了
都心は刷新 賑わい創出は?

 豊田市中心市街地で1985年から続いた計5つの市街地再開発事業のフィナーレ・市駅前通り北地区再開発事業の工事が今月中旬に終了する。松坂屋豊田店、t-FACEなど入居の西地区ビルから始まり、ギャザビル(東地区)、とよた参合館(駅前)、コモ・スクエアビル(南地区)、最後のキタラまで昭和から平成をまたぐ33年間に行われた再開発事業の面積は計約7・5㌶、延床面積約29万3500平方㍍。事業費は計約1069億円。「土地の高度利用、都心機能を更新」する再開発だが、完了で都心はどう変わっていくのか…。
【鬼頭】


豊田の石川さん ユネスコパリ本部の茶会参加 臼持込み17日産地PR
豊田市内で有機抹茶を生産している石川龍樹さん(39)=豊栄町=が17日にユネスコのパリ本部で開催される茶会に参加する=写真。
 茶会はフランス・パリで現在開催中のジャポニズム2018公式企画「日本へのクリエイティブな旅展」の一環で行われる。呈茶イベントで石川さんは、てん茶(抹茶の原料)と臼を持ち込み、自ら抹茶を用意するほか、産地のPRを行う。抹茶は裏千家パリ支部の協力により来場者に振る舞われる。
【後藤】


トヨタ 堤工場に最大ビオトープ 環境保全活動を推進
20181011メダカ放流
 ハイブリッド車プリウスの主力工場、豊田市堤町のトヨタ自動車堤工場に「びおとーぷ堤」が完成し、4日、近くの市立竹村小学校(清水尚校長、児童673人)の5年生児童120人や地元区長、グループ会社関係者らも参加してメダカを放流し、完成を祝った。
【柴田】


トヨタ バレー部選手が来場 みよし体育祭 体力測定を補助
20181011サンホークス
トヨタ自動車男子バレーボール部「サンホークス」の選手が14日、みよし市の三好公園で開催される市体育祭にゲスト参加する。市と2017年にホームタウンパートナー協定を締結したのに伴い来場。総合体育館で実施する体力測定の補助員を務めながら、バレーボールの魅力をPRする。
【九郎田】


みよし ARで大提灯出現 7ヶ所に撮影スポット
20181011みよしAR
市内各地に大提灯が出現-。みよし市の三好稲荷閣に奉納される大提灯が「世界一大きな吊り下げ提灯」としてギネス記録に認定されたのに伴い、市はAR(拡張現実)技術を活用したスマートフォン、タブレット端末向けサイトを立ち上げた。カメラをかざすと大提灯が突如現れる機能が特徴で、市内7カ所に撮影スポットを用意した。
【九郎田】


豊田市中金町 岩倉神社「芸能まつり」 農村舞台で石野歌舞伎
13日 市内唯一の廻舞台 3演目披露

20181011岩倉神社
 農村舞台の保存と活用のため活動する石野歌舞伎保存会(安藤一義会長)は13日、豊田市中金町の岩倉神社農村舞台で「農村舞台芸能まつり」を行う。
【岡田】


旭・ぬくもりの里 アサギマダラの魅力紹介
20日まで企画展 林さんらが写真や絵画23点

20181011ぬくもりの里
豊田市池島町(旭地区)の老人福祉施設ぬくもりの里で現在、企画展「渡りの蝶 アサギマダラ展-旭と自然を愛する仲間たち」が開かれ、近隣住民らが足を運んでいる。20日まで。
 同地区榊野町在住の林房子さん(75)はじめアサギマダラを愛する12人の活動の記録や写真、絵画など23点が並ぶ。企画展は地域を結ぶ架け橋として2013年から同地区在住や出身者の作品を展示し30回目。
【岡田】


あんず茶屋 日本の風情大切に 26日まで 陣中の伊藤さんが和紙袋展
20181011あんず茶屋
豊田市陣中町の和紙細工作家伊藤恒子さん(67)の「和紙袋展」が現在、あんず茶屋(日南町)で開かれ、愛好家らが訪れている。26日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する