FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4750号(2018/010/18発行)

メガ・ドンキ豊田本店 改装から1カ月 生鮮3品加え業態キラーの面目躍如
地域1番店目指しさらに挑戦

20181018精肉コーナー
 愛知県初の「MEGA」業態、24時間営業の店として2011年11月にオープンした豊田市広路町の「MEGAドン・キホーテ豊田本店」が9月19日のリニューアルから1カ月。売り場面積を従来の1・3倍に増床し、新たに生鮮3品(鮮魚、精肉、青果)を提供するなど新たに食品スーパーが進出したほど大きく変貌した。トヨタ自動車のお膝元として活気がある地域の店舗を率いる沢田貢行店長(34)に話を聞いた。
【後藤】


三好ヶ丘駅前のカリヨンハウス 新売店も苦戦気味
営業時間や品数に不満 住民から見直し求める声も

20181018カリヨンハウス売店
みよし市の三好ケ丘駅前の2階建て市営施設カリヨンハウスに2日、新たな売店がオープンした。5年間営業し今年8月10日に閉店したコンビニエンスストアに替わりテナント入居した。一方、以前のコンビニに比べ、現状で営業時間は短縮、取り扱い品数が大幅に減ったため、地域住民からは利用法の見直しを求める声も出始めている。
【九郎田】


直しは入念、井上町で評判 洋服リフォーム 姉妹で奮戦
「お気に入り、長く使って」

20181018洋服リフォーム
手ごろな価格の量販衣料品が世の大勢を占める中、洋服なら仕立て直しから丈詰めまで、腕利き姉妹が何でもこなす豊田市井上町のリフォーム店「エラボレート・カンパニー」が女性たちの間で見直されている。「気に入っていたり、体になじんでいたりする洋服を捨てずに長く使うお手伝いができれば」と宮沢昌永(まさえ)さん(62)、加藤多子(かずこ)さん(60)は姉妹で口をそろえる。
【柴田】


豊田市駅前にフィットネス整骨院
柔道整復師 瀧本英樹さん 同フロアで多業態経営 業界初の医療用美容器導入

20181018フィットネス整骨院
 豊田市駅前のファッションビルT-FACE(若宮町)の30周年イベントに合わせて先月28日、7階にフィットネス整骨院「Vivace」(ヴィヴァーチェ)が開院した。トレーニングと治療の融合を図る施術所は豊田初。店内には6種の筋トレマシーンや4室の個室を完備。柔道整復師・瀧本英樹院長(54)=名古屋市=は「筋肉が劣ると、腰痛などを引き起こす。体を支えるには筋肉を鍛える必要がある。トータルでサポートできるので気軽に来てほしい」と熱心に呼びかけている。
【高瀬】


開館20周年 椎名誠氏が講演 11月18日まで 豊田市中央図書館で記念催し
20181018図書館
豊田市西町の市中央図書館で開館20周年記念の各種イベントが11月18日まで開催され、普段と違った賑わいを見せている。
 図書館は1998年11月3日、陣中町にあった施設(現市郷土資料館)から参合館3-7階に移設。蔵書114万冊で県内有数の図書館だが、運営は昨年4月市直轄から指定管理者に移行。20周年記念の催しは14日-11月18日、図書館のPRをと企画された。
【鬼頭】


日本民芸館創始者 柳宗悦との師弟関係探る 棟方志功の版画に物語
民芸館で特別展 記念講演も

20181018民芸館
豊田市平戸橋町の民芸館で特別展「棟方志功と柳宗悦」が開かれ、多くの市民らが訪れている。今年1月から3月に日本民芸館で開催された展覧会を再構成した。出会いから柳が没するまでの25年間で、柳の目に叶った棟方の代表作品を展示。12月16日まで。
【岡田】


挙母木綿の心感じて 豊田市民芸館 伝承会など作品130点展示
20181018挙母木綿
豊田市平戸橋町の民芸館で現在、「伝承挙母木綿展」が開かれ、年間を通じて開講する挙母木綿手紡ぎ手織り講座の受講生と講師、挙母木綿伝承会会員の挙母木綿、手紡ぎ糸、詩歌など約130点が並び、愛好家らが足を運んでいる。11月25日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する